2018年2月15日 

執筆:遠藤みき

冬の札幌観光おすすめモデルコース。4つの鉄板観光スポットを半日で巡って雪景色を満喫してこよう

北海道旅行に来たら、やっぱりはずせないのが札幌です。

札幌観光に行きたいけれど、どこに行ったらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか?ガイドブックを片手にウロウロしていたら、あっという間に1日が終わってしまいます。

今回、札幌に来たなら「ここは絶対はずせない!」という観光スポットを4つ巡ってきました。

冬の札幌を効率よく楽しめる観光モデルコースを、ご紹介したいと思います。

4つの観光スポット巡りは半日で廻れるモデルコース

今回はJR札幌駅から出発し、徒歩約10分以内で行ける4つの観光名所を巡ってくるコースです。

札幌の観光スポットは、札幌駅と地下鉄大通駅を中心とした徒歩圏内に集中していることが特徴で、効率のいい巡り方やそれぞれの見どころを押さえておくことがポイントです。

冬の札幌観光おすすめモデルコースはこちら!

冬の札幌観光に行ったらぜひ巡っておきたい、おすすめのモデルコースはこちらです。

1.国指定の重要文化財!北海道庁旧本庁舎

JR札幌駅から徒歩約7分の地に、赤い色で厳かな風格を持つのが「北海道庁旧本庁舎」です。なんと約250万個の色鮮やかなれんがが使用されているとか!

「赤れんが」の愛称で親しまれており、絶対立ち寄りたい札幌観光の超定番スポットです。

明治21年(1888)から約80年にわたり、北海道行政の中心を担った北海道開拓時代のシンボルです。アメリカ風ネオ・バロック様式の建物は、国の重要文化財に指定されています。

 

旧本庁舎は、なんと館内に入ることができます。しかも無料!!これは入らないわけにはいきません。

正面ホールには美しい三連アーチが印象的で、とっても美しいです。

 

2階には北海道の自然や歴史、開拓の歩みをさまざまな展示で紹介されています。シカなどの野生動物のはく製もあります。

 

かつて実際に使用されていた執務室があります。今でも十分使えそうです。

 

壁には、歴代長官と知事の写真や肖像画がズラリと並んでいます。

 

赤レンガは雪まつりシーズンに行くと、プロジェクションマッピングを楽しむことができますよ!

外で見ているとブルブル寒いのですが、その中で見る美しい光景は、一生目に焼きついて忘れないことでしょう。

北海道庁旧本庁舎のくわしい情報はこちら

  • 住所:札幌市中央区北3西6
  • 電話:(平日)011-204-5019(土日)011-204-5000
  • 交通:JR札幌駅南口から徒歩約7分
  • 料金:無料
  • 時間:8時45分〜18時
  • 休日:無休
  • 駐車場:なし

2.国内最古の塔時計!札幌市時計台

赤レンガから歩くこと約7分、今も正確に時を刻む国内最古の塔時計があります。

クラーク博士の提言により、札幌農学校(現北海道大学)演武場として明治11年(1878)に完成しました。

現存するものでは最古の振り子塔時計で、なんと運転から130年以上経った今でも現役というところがすごい歴史を感じます。

鐘の音で街に時を知らせてくれるなんて、ノスタルジックな気分にさせてくれます。

 

時計台の中は赤レンガと同じく、中に入ることができます。

入館料200円がかかりますが、円山動物園の入場券提示、「JAF」の会員証、レジャーでお得になる「エポスカード」の提示で割引価格で入ることができます。

 

大展示室ではパネルとジオラマの展示で、時計台や札幌農学校の歴史・エピソードなどを知ることができます。

 

1Fには大展示室があり、時計台の模型も置いてあります。

 

2Fにはハワード社製の時計機械、大ホールなどもあり、お金を払ってでも見る価値は十分にあります。

 

札幌市時計台は撮影のベストポジションがあって、建物斜め前の撮影台を少しあおり気味に撮るのがおすすめ!

夜に撮ると、雪にライトアップの光が映えてさらに幻想的な時計台を撮影できます。

札幌市時計台のくわしい情報はこちら

  • 住所:札幌市中央区北1西2
  • 電話:011-231-0838
  • 交通:JR札幌駅前通地下歩行空間9番出口から徒歩1分
  • 入館料:200円
  • 時間:8時45分〜17時
  • 休日:無休
  • 駐車場:なし

3.札幌のランドマーク!さっぽろテレビ塔

東京のランドマークが東京タワーなら、札幌のランドマークはさっぽろテレビ塔です。時計台から徒歩約5分で到着します。

大通公園の東側にそびえる電波塔で、高さ147.2mの札幌のシンボルタワーとなっており、真っ赤なタワーは街歩きの目印にもなっていて、札幌を代表する観光名所のひとつです。

 

1階エントランスにて展望フロアへの入場券を購入し、3階フロアに向かいます。そこからエレベーターで展望台へ。

 

地上約90mのテレビ塔展望台西側から、大通公園の全景が見られます。真っ白い雪化粧がどこまでも広がっていて、見ているだけでうっとり!雪まつり開催時は、まつり会場全体が見られます。

 

夜景は別格です!

日本新三大夜景に選ばれた札幌の夜景を一望することができます。街ナカの色とりどりのネオンとふんわりした雪景色のコラボは、ずっと見ていたい光景でした。

さっぽろテレビ塔のくわしい情報はこちら

  • 住所:札幌市中央区大通西1
  • 電話:011-241-1131
  • 交通:地下鉄大通駅27番出口からすぐ
  • 料金:展望台:720円
  • 時間:9時〜22時(季節・イベントにより延長あり)
  • 休日:年中無休
  • 駐車場:なし

4.さっぽろ雪まつりをゆっくり見学!大通公園

さっぽろテレビ塔に来たなら、目の前に広がる大通公園を歩いてみましょう。

大通公園は市内随一の観光名所で、札幌市内の中心部を東西約1.5キロに渡る公園です。

春から秋にかけて、西1~12丁目の各区間には花壇や芝生、多くの噴水や彫刻作品もあり、目を楽しませてくれます。

 

冬の間は「さっぽろ雪まつり」の会場に変身します。大雪像や氷像を見ているだけでもうっとりしてきちゃいます。

大通会場はとっても広いですので、4時間ぐらいで巡る予定を立てておくと、スムーズに見学することができますよ。

さっぽろ雪まつり大通会場おすすめモデル4時間コース。食事やトイレ、休憩場所や狙い目時間は?

 

さっぽろテレビ塔をバックに、氷像と一緒に記念写真も撮ることができます。

冬の大通公園で大雪像と共に、グルメやスケートも一緒に楽しんできちゃいましょう!

さっぽろ雪まつり会場の魅力と攻略ポイント。大雪像・グルメスポット・服装で気をつけたいこと

大通公園のくわしい情報はこちら

  • 住所:札幌市中央区大通西1〜12
  • 交通:地下鉄東西線大通駅〜西11丁目駅、地下鉄南北線・東豊線大通駅からすぐ
  • 時間:24時間見学可(ライトアップは日没〜22時)

観光スポットを巡ったら、おいしいランチを食べるのもよし!

4つの観光スポットを巡って歩いていたら、お腹がペコペコになりますよね。札幌はおいしいグルメが多数集結しています。

JR札幌駅から地下鉄すすきの駅まで、地下道がつながっているため、雪が降る寒い地上を歩かなくて済む点がポイントです。

 

今回は体がかなり冷え切ってしまいましたので、熱々のラーメンを繁華街「すすきの」に食べに行ってみることに!

すすきのにある札幌味噌ラーメンで有名な「すみれ」に行き、おいしいラーメンを食べてきました。本場の味噌ラーメンを食べられて感動!

冷え切っていた体がポカポカになりました。

 

他にも海鮮居酒屋がたくさんあり、新鮮な海の幸を味わうことができます。

 

札幌市内をウロウロする時間がなかったら、空港内にもおいしいグルメスポットが多数あります。私はいくらとウニとサーモンのトリプル海鮮丼をいただいてきました。

「こんなおいしいウニ、食べたことがない!」と叫んでしまったほど、最高においしかったです。

 

札幌味噌ラーメンの王道とも言えるラーメンにも出会えます。

空港内にはおいしいラーメンが大集結していますので、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

新千歳空港 ラーメン道場で食べるなら「けやき」が人気でおすすめ!札幌味噌ラーメンの王道に出会える

4つの鉄板スポットを巡るモデルコースで、札幌を満喫してこよう

時計台、赤れんが、テレビ塔、大通公園を回ってきましたが、朝9時30分ぐらいから出発して、ゆっくり見学しても、お昼前にはすべて見終わることができました。

館内を見ない場合は、2時間もあれば回りきれてしまいます。この他にも札幌にはたくさんの観光スポットがありますので、次の予定を立てておくとより充実した観光を楽しむことができるでしょう。

観光し終わったら、札幌で食べられるおいしいランチスポットも一緒に考えておくと、お腹もいっぱいに満たすことができます。

寒いから夏休みに行こうと考えていましたが、室内や駅構内に入ると想像以上に暖かく、厚着していくと結構蒸し暑いかもしれません。

事前にしっかりと準備して、観光をより一層楽しめるようにしましょう。

冬の北海道旅行の服装はどうしたらいい?札幌観光に行く時に持っていってよかったもの10選

札幌の王道観光スポットを押さえて巡ることで、旅行も思う存分楽しめます。

予め計画を立てて、半日で効率よく札幌市内を廻って、冬の大地を大いに楽しんできてくださいね。

お得に北海道旅行に行きたい方は、じゃらんで宿を予約しよう!

日本国内の宿やホテルの予約をしたい方は、「じゃらん」がとっても便利です。国内15,000軒の宿をネットで予約ができて、なんと5%のポイントが還元されます。

それぞれの宿には、過去の旅行者の口コミ情報がいっぱい書かれていますので、安心して宿を選ぶことができます。

JR札幌駅から徒歩8分、地下鉄札幌駅22番出口より徒歩1分の地にある「ニューオータニイン札幌」は、時計台まで3分、大通公園のテレビ塔まで5分、旧道庁まで4分とアクセス良好です。

朝食は札幌名物味噌ラーメンや三ツ星暮らすの北海道食材の和洋中ビュッフェを楽しむことができますよ!

観光スポットから好アクセス!「ニューオータニイン札幌」のじゃらんの予約はこちらから

 

札幌駅近くにはたくさんのホテルがあり、私は今回「札幌グランドホテル」に泊まってきたのですが、食事もおいしくて、とってもオシャレな室内で落ち着いて泊まることができました。

札幌駅から地下歩行空間直結で、雪が降っていても濡れることなく、抜群にアクセスがいい好立地に建っていてとてもおすすめですよ!

お得で楽しい旅行でたくさんの笑顔を作るために、ぜひ早めに予約をして出かけましょう。

札幌駅から地下歩行空間直結!「札幌グランドホテル」のじゃらんでの予約はこちらから

札幌市内の観光は工場見学ができる「白い恋人パーク」もおすすめ

白い恋人パークの入場料を割引クーポンでおトクにする方法。冬はイルミネーション・プロジェクションマッピングも楽しめる!

札幌に移住できるかどうか?メリット・デメリットを考えてみた

 東京から札幌に移住できるのか?都内に住む私が実際に見てきてわかったメリットとデメリット

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう