2018年8月20日 

美瑛「展望花畑 四季彩の丘」の8月中旬の開花状況。ストライプカーペットの花畑をカートで駆け巡ってきた

北海道旅行に行ったら1度は行きたかったのが、北海道美瑛町にある「展望花畑 四季彩(しきさい)の丘」です。

広大な敷地内にラベンダーやサルビアなど、約50種類の花が咲く、楽しみいっぱいの観光スポットです。

ダイナミックでカラフルな花畑の様子が、SNSやメディアで映し出されているのを見て、こんなにキレイな場所が実際にあるのかと!

気温20度前後と過ごしやすい8月中旬に行って、美しすぎるストライプカーペットの花畑を見てきました。

SNS映えするような美しい花畑は、本当にあるのでしょうか?

8月中旬の四季彩の丘は、こんなお花畑が広がっていました。

美瑛「展望花畑 四季彩の丘」の駐車場も受付も大混雑!

今回は北海道旭川町にある「旭山動物園」の帰りに、レンタカーに乗って向かいました。

旭川方面からですと、国道237号線から道道824号線に入り、美馬牛駅方向へ進んでいくと辿り着きます。旭山動物園からは約40分で到着しました。

札幌駅前のニッポンレンタカーで借りて朝から1日巡った観光ルートと金額。乗り捨てもできて超便利

 

こちらが「展望花畑 四季彩の丘」の駐車場です。大型バス20台、乗用車100台停められる広大な駐車場が、なんと無料で利用することができます。

 

観光バスもたくさん停まっていてびっくり!

広い北海道の大地で、多くの観光客が一点集中するかのように、ひときわ賑わっていました。

 

敷地内は歩いて回ることもできますが、園内を一周できるトラクターバスやカートで回ることもできます。

 

乗り物券売り場で券を買う必要があるのですが、観光バスが来たばかりの時間帯は大混雑!

 

今回は2人乗りのカートに乗って回ることに。乗る前に操作手順の説明を受けたら、いざお花畑に出発です。

ガタガタ道を走るカートに乗って、いざお花畑へ行ってみると

カートに乗って快適に行けるかと思いきや、土の道がガタガタしていて、スピードを出すとお尻が痛い!遊園地のゴーカートより数倍怖いです(泣)

怖いのですが、この乗り物がとても楽しい!

 

「キャー!」と言いながら少し走って行くと、すぐ目の前にお花畑が広がっているではないですか!

まるで童話の中の世界にいるかのような気分になり、カートの怖さなんて一気に忘れてしまいました。

 

少しカートに慣れてきたところに、赤、白、黄色、茶色、オレンジ色など、色とりどりのストライプカーペットが広がってきました。

本当にSNSで見た光景が広がっているのですねぇ!

 

カートは道の空いている場所に、自由に停めておくことができます。

 

ブルースカイの青と白と、グラデーションのように広がる花畑は、見ているだけでうっとり!

 

上の方に登っていくと、敷地内の花を一望できるスポットに。

 

黄金色に輝くマリーゴールドが、キラキラしています。

 

赤いろうそくの炎のように咲くケイト草が、風でゆらゆら揺れていました。

 

多くのトラクターバスやカートが停まっている場所がありますよね。ここがまさにSNS映えする写真が撮れるスポットです。

 

SNS映えスポットでカメラを向ければ、お花畑のコラボ写真を撮ることができます。

まさにフォトジェニック!

まるで絵の具のパレットのように色が分かれている景色に、思わずうっとりしてしまうほど見とれてしまったのでした。

8月中旬の開花状況を見てちょっぴり残念だったこと

8月中旬に来て開花状況を見て思ったことは、7月が旬である花がすでに枯れてしまっていたことです。スターチスやひまわりは、茎ごと倒れていました。

 

メインフラワーとも言えるラベンダーが、この通り・・。うす紫色がうす茶色に枯れていることで、ちょっぴりさびしい感じ。

8月中旬でも多くの花を楽しめますが、北海道と言ったらラベンダーが欠かせないだけに、どことなく心の中まで枯れてしまった気がしました。

愛くるしいアルパカにエサやり体験もすることができる

四季彩の丘では、お花畑を見るだけではなく、もこもこで愛くるしいアルパカにエサやり体験をすることができる「アルパカ牧場」があります。

 

アルパカのエサは、ガチャガチャから購入できます。

 

たくさんのアルパカたちが柵からヒョコッと顔を出し、手のひらの上のエサをパクパクッと食べてくれます。

 

おしっこをかけられる危険性もありますが(汗)、愛くるしいアルパカと触れ合うことができて、とても楽しいひとときを過ごすことができました。

お土産やおいしい特産品が食べられる売店あり

観光地らしくお土産もたくさん充実しています。ラベンダー製品がとても多く、香りがとてもステキ!

 

四季彩の丘では、農園で作られた「特製コロッケ」が食べられます。

ちょっぴり甘めの北あかりとあっさりホクホクの男爵の2種類は、何もつけなくてもおいしくてあっという間に食べてしまいました。

8月中旬でも十分に楽しめる!ラベンダーを見たいなら7月中に

7月に咲き誇るラベンダーが見られなかったのはとても残念でしたが、8月中旬でも十分にストライプカーペットのお花畑を存分に楽しむことができました。

カートに乗っていた時間は約15分でしたが、敷地内を回るには十分な時間でした。

トラクターバスでもいいですが、運転できる方は、自由に動き回れるカートの方がおすすめです。

四季彩の丘の1番の見頃シーズンは、多くの花が咲く6月下旬から7月下旬ですが、9月下旬まで楽しむことができます。

ただ、観光シーズンは海外からの観光客がとても多く、トイレもカートも売店も、激混みしています!「花」より「人」状態です・・。

そんな人混みにも負けないぐらい、色とりどりの花を見に行く価値は存分にあります。

人混みだけは覚悟して、美しすぎるストライプカーペットのお花畑を楽しんできてくださいね。

展望花畑「四季彩の丘」のくわしい情報はこちら

  • 住所:北海道上川郡美瑛町新星第三
  • 電話:0166-95-2758
  • 営業時間(6月〜9月):8:30〜18:00
  • 展望花畑「四季彩の丘」の公式ホームページはこちら

北海道に行くなら、ニッポンレンタカーで借りて楽しく回ろう!

北海道の観光名所は、広大な大地に点在していることもあり、JRや観光バスでは自由に行動することがむずかしくなります。

北海道の観光スポット巡りには、レンタカーがあると便利です。レンタカーを借りるなら、日本でトップクラスの営業所を持つ「ニッポンレンタカー」がおすすめです。

入会時に会員登録すると、通常シーズンは約10%、ハイシーズン時は約5%割引になってお得です。

プレミアムレッドメンバーになれば、通常期約20%、ハイシーズン約10%、クレジット機能付きSRMプラスカード・PRMプラスカードで支払うと5%割引と、最大約25%割引になります。

入会金・年会費は無料ですので、入っておいてまったく損はありません。

 

空港や新幹線駅近くに多数の営業所があり、今回は札幌駅前にある「ニッポンレンタカー」で、スポーティーでかっこいい日産「エクストレイル」を借りました。

2泊3日の旅行でガソリン代も含めて、約12,000円で済ますことができました。禁煙車で臭いもなく、とても快適でしたよ!レンタカーの旅もいいものです。

札幌駅前のニッポンレンタカーで借りて朝から1日巡った観光ルートと金額。乗り捨てもできて超便利

とってもお得なのに、利用の1時間前まで利用することが可能です。別営業所での乗捨利用もOKと、 利便性もとてもいいですよね。

お金は最大限節約し、楽しさは最大限アップするように、賢くレンタカーを利用してカードライブを楽しんできましょう。

初回利用で約20%割引とお得!「ニッポンレンタカー」の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう