2018年7月26日 

コードレス掃除機を色々比較してきた中でダイソンよりも何よりもパナソニックがNo.1におすすめである理由

「こんなにラクな掃除機があるなんて!もっと早く買えばよかった。」

家事に育児に仕事に目まぐるしい生活の中で、ふとコードレス掃除機を買って使いだしたら、一気に家事がラクラク快適に!

コードレス掃除機にすっかりハマってしまい、何台もコードレス掃除機を比較してしまうほど、気がついたら「コードレス掃除機マニア」と化してしまった私(汗)

コードレススティック掃除機おすすめ人気ランキング2018秋冬&メーカー6社比較

ダイソンやダイソンキラーと呼ばれているシャークニンジャなど、海外メーカーが続々と日本に押し寄せる中、色々と人気機種を比較してみた結果、「パナソニックのコードレスがもっとも最強ではないか!」という結論に達したのです。

なぜパナソニックがNo.1におすすめなのか?

パナソニックの中の人でも知り合いでも何でもありませんが、実際に使ってきておすすめしたい理由を、ここでご紹介したいと思います。

パナソソニックのコードレス掃除機がおすすめな理由

コードレス掃除機と聞くと、「コードレス掃除機 = ダイソン」というイメージが、日本でも浸透してきています。

“吸引力の変わらないただ一つの掃除機”という、ダイソンの掃除機のCMで使われているキャッチコピーが強烈だからこそ、「ダイソンがいいのかなぁ?」と思ってしまいますよね。

 

私もダイソン一押し派だったのですが、色んなメーカーの機種を使ってみた結果、やはりパナソニックのコードレス掃除機「IT(イット)  MC-SBU510J」が1番だわ!と思うことが7つあるのです。

1.高さがちょうどいい

私は身長が約161cmあるのですが、持って掃除をするのにちょうどいい高さなのです。

ダイソンだとちょっと高さがありすぎて長時間使用できるのに、長時間使っているとヘトヘトに疲れてしまうのですよ。

高さがちょうどよく、使っていて疲れない点が素晴らしいです。

2.デザインがステキ

ダイソンのデザインはごっついイメージがありますが、シャープから売り出していたらマッチしていたのにと思えるほど、デザインがシャープ(笑)

スーッと伸びた直線ラインが、他のインテリアとよく馴染み、シンプルな作りがステキです。

3.ヘッドの滑りがスムーズ

ダイソンは吸引力は確かにスゴいのですが、ヘッドがふらついてイライラすることがあるんですね・・。しかし、パナソニックのヘッドは裏切りません。

人間の意思通りにヘッドがスムーズに動いてくれることで、今までストレスを感じたことがありません。

4.とにかく軽い

ダイソンのコードレス掃除機は約2.61kgでイットは約2.2kgとそれほど変わらないのですが、おそらく重心が上にないからとても軽いと感じるのです。

小学校低学年の子が持っても「軽いよ〜!」って言うぐらい、女性にも子供にも使いやすいのが特徴です。

5.ヘッドの付け替えが不要

コードレス掃除機というと、ヘッドがあれこれついてきて、掃除する場所によって付け替えなきゃ〜!という使命感でいっぱいになるじゃないですか。

しかし「IT(イット)」は、「I字型」「T字型」と、ノズルがくるっと自由自在に動くのです。

 

こんな狭い場所もスイスイ掃除ができちゃいます。

冷蔵庫やタンスのすき間などに、ノズル交換不要で、ストレス知らずで掃除することができています。

6.イヤな音じゃない

吸引力が上がれば音が大きくなるもの。

ダイソンの店員さんに「私はこれぐらいの音は静かだと思いますけれどね。」と言われても、実際に使ってみると、ブイーンと結構な高い音がします!高いので耳が痛くなることも。

パナソニックもウィィーンと音がするものの、決してイヤな音ではありません。

音に関しては個人差があるかと思いますが、ダイソンに比べたらはるかに心地よい音であることは確かです。

7.充電台がなくても立てかけられる

ダイソンは壁掛けを推奨されているため、壁に穴を開けなければなりません。もしくは市販品の充電台を買うか、スタンドとセットの商品を買うかです。

ダイソンコードレスクリーナー「Dyson Cyclone V10」を買えばスタンドがついてお得。実際にストアで見てきた

しかし、パナソニックは「壁ピタゴム」が本体の裏側についていて、指が張りつくぐらいしっかりとした素材のゴムがついています。

 

大きな地震や子供が蹴飛ばしたら倒れますが、充電台という場所を取る必要がないことが大変すばらしいです。

いい部分もあるけれど、やっぱりダメな部分は2つ!

とにかく使いやすいのが特徴のパナソニックのコードレス掃除機ですが、やっぱり「ここを変えて!」という部分もあります。

1.使っているうちに吸引力が下がってくる

吸引力と言ったらダイソンと言うとおり、パワフルにゴミを吸い取る性能面では、ダイソンの方が上と感じました。

ハウスダストもイットは20マイクロメートルまで検知するのに対し、ダイソンは0.3マイクロメートルもの微細な粒子を99.97%以上捕らえます。全然違う!

もう少し、改良して欲しいぃ〜!

2.連続運転時間が短い

連続運転時間もイットは最大約30分ですが、ダイソンは最大60分もパワーが落とさずに掃除をすることができます。

と言っても、連続で30分も掃除をしていたら大変ですけれどね。

最大◯◯分という数字には弱いのが人間ですから、もう少し運転時間を長くすると売れるのではないかと思います(何様じゃ!

おすすめのパナソニックから最強のスゴいヤツが発売される!

色々なコードレス掃除機を使ってきた中で、とにかく最強だと思っているパナソニックのコードレス掃除機ですので、今でも快適に使っています。

今でもまあまあ使えると思っていたのに、さらに軽量化とパワーアップされ、最長65分も連続運転ができる最強のコードレス掃除機「パワーコードレス(MC-SBU820J)」が発売されます。

現在使っている「IT(イット)」からも同じく新型「MC-SBU520J」が出る予定です。どちらも2018年8月30日に発売が開始されます。

パワーコードレスに関しては、パナソニックのコードレス掃除機史上、最強の吸引力を誇るのだとか!

高い吸引力と長時間運転の2つが両立された、まさにダイソンの対抗馬とも言える日本版ダイソンキラーが出現するのです。

ええと、私がやっぱりダメな点と言った部分を見事に改良してきているじゃないですか・・?

コードレス掃除機の中では、パナソニックの大ファンであるからこそ、最強に進化したパワーコードレスが気になって仕方がありません。

これは要注目ですね。試したい気持ちがウズウズ(笑)

これからのコードレス掃除機は、パナソニックから目が離せませんよ!

実際に「パワーコードレス」を購入してレビューしてみました

パワーコードレス

パナソニックコードレススティック掃除機「パワーコードレス(MC-SBU820J)」レビュー。国内メーカーの侍魂を感じる

私が使っている最強のおすすめのコードレス掃除機はこちら

ダストボックスまで清潔に水洗いできるタイプはこちら

ゴミが舞い散らない紙パックタイプはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう