2018年6月7日 

昭和記念公園花火大会2018 有料席チケットをお得に手に入れる方法。場所取りいらずで日中楽しんじゃおう

夏の風物詩と言えば、夜空にバーン!と打ち上がる花火ですよね。

東京都立川市と昭島市にまたがる日本の国営公園である「昭和記念公園」では、2018年の今年、60回目の節目年を迎えました。

「60」にちなんでか?去年よりも1,000発も多い、約6,000発が打ち上げられる予定です。

来場者数は毎年約85万人と、隅田川花火大会の約95万人と比べても都内で最大級規模の花火大会です。

会場は大混雑で、席を取るのも毎年大変な事態に・・。会場に入れず、穴場スポットを必死に探し回っている方もとても多いです。

昭和記念公園花火大会2018の穴場スポットでよく見える場所8選!混雑を避けて入る場所取りテクニック

人混みあふれる中で、席取り合戦を繰り広げることなく、ゆったりと鑑賞できる有料の「指定観覧エリア」があります。

毎年6月上旬頃に発売されますが、これも大人気ですぐに売り切れ!

でも、実はもっとお得に手に入れる方法がありますので、ここでこっそりお教えしたいと思います。

昭和記念公園の花火大会の開催概要と有料観覧席について

昭和記念公園 花火大会の概要

花火大会の開催日時と会場は、以下の通りです。

  • 開催日時:2018年7月28日(土)19時20分~20時20分
  • 観覧場所:みんなの原っぱ(東京ドーム2個分の広さ)

小雨でも決行されますが、突然ゲリラ豪雨に襲われたりと、毎年ハプニングだらけの花火大会ですので、今年こそ晴れて欲しい!

花火大会当日の18時以降は、入園料が無料になる予定ですが、17時以降は毎年園内がたいへん混雑します。場所取り合戦で熱中症にならないように、熱中症対策は必須です。

暑すぎる!熱中症対策グッズでおすすめはこれ!夏本番前にそろえたいグッズランキングTOP10

 

暑さでガマンしながら無料時間まで待つことなく、冷たいプールに入りながらのんびり待った方が楽しめるかもしれません。

しかし、プールも大混雑で、午後はぬるま湯になりますので、外にいるのとあまり変わらないかもしれません(笑)

昭和記念公園のレインボープールは大混雑で駐車場から場所取り合戦!お得な割引クーポン情報有

有料観覧席のチケットについて

場所取りすることなくゆったり楽しむために、団体、イス、レジャーシートの3種類の有料観覧席が用意されています。

 

有料観覧席で見るためには、以下の3種類のうち、いづれかのチケットを購入する必要があります。

種別定員金額販売数備考
レジャーシート付チケット2名6,000円1,6000.9m×1.6m
イス席チケット1名4,000円2,160
団体シートチケット10名40,000円305m×5m

今回より、有料観覧エリアのチケットを買うと「公園入園券」という別チケットが同時に発券されます。

このチケットで入ると、有料時間帯でも入園料無料で入園が可能です。(花火観覧チケット単体では無料入園ができませんのでご注意ください)

インターネットまたは電話で予約することもできますが、チケットの発券はローソン・ミニストップ・セブンイレブン店頭での発券となります。

ただし、このチケット、実は大、大、大人気!

発売日時と同時にあっという間に売り切れてしまうぐらい、大人気のプラチナチケットなのです。

昭和記念公園花火大会の有料席チケットをお得にゲットする方法

売り切れ必須の昭和記念公園の花火大会の有料席チケットですが、レジャーシート付きペアチケットをお得にゲットする方法があります。

その方法は、ふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」にて、東京都立川市に「ふるさと納税」することです。

え?なに?ふるさとに納税するってなに?というあなた!

地方自治体に寄付をすることで、税金が控除されて、実質2,000円の負担で豪華な返礼品がもらえるお得な制度です。

寄付した金額から自己負担額2,000円分を除いた金額が、今年の所得税と次年度の住民税から安くなります。2,000円は事務手数料と考えた方がわかりやすいでしょう。

例えば10,000円分を寄付したら、8,000円分の所得税と住民税が安くなります。実質2,000円分の自己負担額で寄付することができる、お得な節税制度なのです。

ふるさと納税の仕組みを簡単にわかりやすく解説!魅力的なポイント3つと申し込みからお礼品受け取りまでの流れ

 

東京都立川市でもふるさと納税を行っており、採れたて野菜の詰め合わせや地ビール、地元のおいしいステーキランチなど、多彩なお礼品がそろっています。

東京都立川市のお礼の品はこちら

 

この中に、指定観覧エリア内で花火鑑賞ができる、レジャーシート付きペアチケット(2名1組用レジャーシート付き)がふるさと納税のお礼品としてあるのです。

クレジットカード払い限定となりますが、20,000円の寄付で、ペアチケットが1枚お礼品としてもらえます。

例えばですが、独身の方もしくは配偶者控除のない共働き夫婦の方で、年間の給与収入が300万円の方であれば、実質負担2,000円でできる寄附金の上限額が28,000円です。

年収300万円あれば、6,000円のペアチケットが実質2,000円と、4,000円もお得に手に入っちゃうのです。

1人あたり1,000円と考えると、映画のファーストデーと同じ価格です。

2Dの映像ではなく、3Dのリアルな打ち上げ花火が同じ価格で見られるなんて、お得すぎると思いませんか?

私も立川市に寄附しましたよ!品切れしてなくてよかった(汗)

4,000円もあれば、花火大会に行くまでの交通費や食事、飲み物代に当てることができ、食費やレジャー費を節約することができます。

 実質2,000円とお得すぎる!「ふるさとチョイス」昭和記念公園花火大会のレジャーシート付チケットのお礼品はこちら

昭和記念公園は花火大会以外も楽しめる!1日遊ぶつもりで楽しもう

昭和記念公園の花火大会は大混雑するゆえに、うだるように暑い中で場所取りすると、花火大会本番前にクタクタになってしまいます。

「花火をゆっくり見られる場所がある」と心にゆとりがあることで、日中も楽しく過ごせることでしょう。

昭和記念公園はプールがあるだけではなく、四季折々の花が咲き誇ります。春はチューリップ、初夏はあじさい、夏はひまわり、秋はコスモスと、散歩しているだけでも楽しいです。

サイクリングコースもあり、自転車で回るのも楽しいですし、園内を走るパークトレインもあります。疲れたらたくさんある木々の木陰で休むこともできる、大自然いっぱいの公園です。

花火大会以外にも楽しめる場所がたくさんありますので、1日遊ぶつもりで楽しんじゃいましょう。

事前に「席」を用意しておくだけで、心に余裕の「席」ができます。

ふるさと納税でお得にゲットできるチケットを事前に入手し、夏の風物詩を思いっきり楽しみたいですね。

ふるさと納税】昭和記念公園花火大会のレジャーシート付チケットのお礼品はこちら

昭和記念公園の花火大会のくわしい情報はこちら

  • 開催日時:2018年7月28日(土) 19時20分 ~ 20時20分
  • 開催場所:国営昭和記念公園 みんなの原っぱ
  • 入園料:大人(15歳以上)450円、小人(6歳以上15歳未満 )無料、18時以降は無料
  • アクセス:JR中央線 立川駅下車 徒歩15分
  • 昭和記念公園花火大会の公式サイトはこちら
  • 昭和記念公園の公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう