昭和記念公園のレインボープールは大混雑でお盆の時期は場所取り争奪戦は必須!割引券を持って出かけよう

「夏休みこそ、おもいっきりプールに入りたい!」

暑い夏こそ、思いっきり水の中で遊びたくなってきますよね。

東京都立川市にある国営昭和記念公園の「レインボープール」は、東京ドーム約1.4倍の広さに9種類のプールが並ぶ首都圏最大級のプールです。

レインボープールは、車からも電車からもアクセスが抜群に良い場所にあるため、すごい人出が多いプールなのです。

大人気のレインボープールに、夏休みが始まって間もない休日に家族4人で行ってきました。

実際に行ってみたら、ものすごい大混雑でびっくりしてきました。

昭和記念公園の駐車場は大混雑でまったく入れなかった

mm_2016-07-24 09.37.55

車で公園に着いた時刻は、9時ちょっと過ぎです。
9時30分開園なのに、すでに駐車場は満車です。

昭和記念公園の駐車場は、「立川口」「砂川口」「西立川口」があるのですが、プールの時期はプールに1番近い「西立川口」が大混雑します。

「駐車場って、9時30分からじゃないの?」

「昭和記念公園管理センター」に問い合わせをしてみたら、休日は大混雑過ぎて道路に列ができて警察から指導が入るようです。

そんな理由で、早目に駐車場を開けるようにしているそうです。

それだったら、もっと早く行けばよかったと大反省です。

30台以上の列がどの入口からも出来ていて、待っていたらお昼になっちゃう!ということで、近くの有料コインパーキングに止めることに。

それでも我が家の1台が入ったら、すぐに満車になってしまいました。

車で行かれる方は、休日は早起きしてから行くようにしましょう。

 

mm_2016-07-24 09.36.06

ちなみに自転車専用の入り口があるのですが、こちらも開園前から大行列でした。

ご近所にお住まいの方も、早めに出発するようにしましょう。

プールに入るためのチケット入り口も、多くの人で大混雑だった

mm_2016-07-24 09.39.18

やっと駐車場に入れて安心していたら、今度はプールのチケット売り場が大混雑でした。

割引を受けたい方は、有人の売り場に並ぶ必要があります。
ここがもう30分以上は待つかと思うぐらいの大行列です。

この行列を抜けてさらに驚いたのが、チケットを持っている人が並ぶ列です。

こちらはチケットを渡すだけなので、わりとスムーズに流れていくのですが、それでも15分以上は待ちました。

早朝から30度超えの日は、もうプールに入る前から汗だくになってしまいました。

更衣室は1度閉めてしまったら、再びお金が必要なので要注意!

m_2016-07-18 14.35.35

「お母さん、汗だくで水着が上がらない!」

汗だくでベトベトでギューッって引っ張らないと、なかなか水着が着られません。

奥の方には、扉が閉まる更衣室がたくさんありました。

ようやく着られて更衣室のロッカーを確認すると、このロッカーは100円が戻らないシステムになっています。

1度閉めて開けようとしたら、再度100円を入れないといけませんので、閉める時は注意するようにしましょう。

 

m_2016-07-18 15.33.25

外に貴重品ロッカーがありまして、リターン式で100円を何度でも取り出すことが可能です。

しかし私が確認したところ、10時の時点で満室になってしまいましたので、早めに確保するようにしましょう。

 

m_2016-07-18 16.07.54

浮き輪やボール、水着やレジャーシート、サンダルなど、プールに必要なグッズが売られているお店が入り口付近にあります。

 

kapuseru_2016-07-18-14.30.15

水中でも濡れない防水小物入れ「マリンカプセル」は、プールサイドで買い物するときの必需品です。

色々とお金を使う機会がありますから、事前に準備をしてからプールに行くようにしましょう。

空気入れにも大行列が!可能なら自宅で入れてこよう

m_2016-07-18 14.38.24

どこもかしこも大行列ですが、なんと空気入れまでにも大行列です。

浮き輪に空気を入れるだけで、おそらく20分以上は待つはずです。

ときどきバン!って破裂している人がいますが、行列でイライラして頭までバン!と破裂してしまいますよ?

もし車でお越しになるなら、自宅から入れてきた方が賢明です。
電車の中でもお子さんだったら、浮き輪着たままでいいのでは?

空気を入れるだけで、無駄な時間を作らないように注意するようにしましょう。

場所取りも大混雑!10時の時点で日除けの部分は満席

m_2016-07-18 14.39.31

肝心の場所取りですが、こんなふうにワンタッチで広げられるテントがびっしりと並べられていました。

すでに10時の時点で、日陰の部分は満席です。
灼熱の太陽の元、この場所取りは超重要です。

場所取りだけは、早めに行って確保することが大事なポイントでしょう。

 

m_2016-07-18 15.21.28

場所取りがイヤだったら、こんな有料席があります。
土日で1番高いところで、6,200円で借りられます。

こちらは比較的空いていましたが、予算と相談して利用するようにしましょう。

スライダーも大混雑!30分以上待つことは覚悟が必要

m_2016-07-18 15.14.47

レインボープールには、大小のカラフルな4つのスライダーがあります。

小さなお子さんでも安心して滑ることができるレーンや、専用の浮き輪を使って滑るレーンなどがあります。

 

m_2016-07-18 15.16.42

しかし、1番長いスライダーは大人気のようでして、長蛇の列が絶えず出来ておりました。

スライダーに乗りたい方は、長時間並ぶ覚悟をしてから、熱中症に気をつけて並びようにしましょう。

プールサイドにフードコーナーはたくさんあるけれど高い

m_2016-07-18 14.51.21

今回我が家は何も食べ物を持っていくことを忘れてしまったのですが、プールサイドにはおいしそうなフードコーナーがたくさんありました。

 

yatai_2016-07-18 14.51.26

どれもとってもおいしかったのですが、1食600〜800円は覚悟をしなければなりません。

レジャー価格ですので、出来る限りお弁当をクーラーボックスに入れて持参するか、コンビニで買って来た方がお得です。

 

m_2016-07-18 15.22.03

ハワイ生まれのかき氷もあって、とってもおいしそうですし、ここで買って食べるから楽しいんですけれどね。

あとでお財布の中身で、後悔しないように注意しましょう。

レインボープールはたくさんの種類のプールがあって楽しい!

m_2016-07-18 15.13.28

レインボープールの最大の目玉と言ったら、やっぱり「流れるプール」です。

ゆっくり、ゆったり流れる1周360mのプールでして、のんびりと泳いだあとは、中の島でこんがり日光浴を楽しむこともできます。

ちなみにシャチ、イルカなどの大型遊具は禁止していますと、ずっとアナウンスが流れていました。

 

m_2016-07-18 14.41.54

「大波プール」は、全長180mの広い渚に、30cm~40cmの波が打ち寄せて、まるでビーチ気分を思う存分満喫できるプールです。

 

clover_2016-07-18 14.39.48 21.56.10

「クローバープール」は、幸運を呼ぶ四葉のクローバーを形どったロマンチックなプールです。

 

m_2016-07-18 15.27.39

水深15cmで魚の噴水があってとっても楽しそうな「幼児プール」では、小さい子供たちがパパやママと楽しそうにはしゃいで遊んでいました。

 

m_2016-07-18 15.24.04

滑り台や噴水などが冒険心をかきたてるエキサイティングな「冒険プール」では、いろんな遊び方が体験できます。

 

m_2016-07-18 15.26.30

水深25cmの「モニュメントプール」では、水ぐるまがカラカラまわるプールです。

噴水のしぶきの中で、楽しそうに小さな子供たちが遊んでおりました。

 

m_2016-07-18 15.28.26

遊びすぎて子供が迷子になってしまったら、「プール管理棟」に行ってみましょう。

大人から子供から誰でも楽しめる作りになっていて、入っているだけでひんやりと癒やされてきました。

大混雑で大変だったし、遊びすぎてこんがりと日焼けをして帰ってきましたが、体も心もとっても気持ちよく楽しむことができました。

お得に入れる割引チケットは、ネットかコンビニで買える

レインボープールに入るための利用料金は、公園入園料を含めて以下の通りです。

  • 大人(15歳以上)・・・2,300円
  • 小・中学生・・・1,200円
  • 幼児(4歳以上)・・・300円

このプールにお得に入る方法として、以下の方法があります。

年間パスポートを買う

プール期間中何度でも使えるパスポートが販売されていまして、3回以上利用すれば元を取ることが可能です。

  • 大人(15歳以上)・・・6,200円
  • 小・中学生・・・3,100円
  • 幼児(4歳以上)・・・700円

ボート、レンタサイクル、レストランの割引サービスも受けられますよ。

公式サイトにあるインターネットクーポンを印刷して行く

m_waribki_2016-07-18 22.04.21

昭和記念公園の公式サイト上に、期間限定のインターネットクーポンがあります。

利用料金は、以下のとおりになります。

  • 大人(15歳以上)・・・2,300円  →  2,100円
  • 小・中学生・・・1,200円  →  1,000円
  • 幼児(4歳以上)・・・300円  →  200円

ちょっとでも安くなるとうれしいですから、プリントアウトして出かけましょう。

Suica、PASMOなど各種カードで払うと割引料金に!

mm_2016-07-24 09.40.49

以下の各種カードを提示すると、1枚につき5名まで割引料金になります。

  • Suica(スイカ)
  • PASMO(パスモ)
  • セブン/アイワイカード
  • イオンカード
  • えらべる倶楽部
  • 高島屋カード
  • モリタウンカード
  • グランデュオカード
  • OMCカード
  • JAF

料金は、以下の金額になります。

  • 大人(15歳以上)・・・2,300円 → 2,100円
  • 小・中学生・・・1,200円 → 1,000円
  • 幼児(4歳以上)・・・300円 → 200円

ただし、割引チケット発券窓口で並ぶようですから、ご注意ください。

小学生になったら「PASMO(パスモ)」か「Suica(スイカ)」を作っておくと、プールが割引になりますので、ぜひ1枚作っておきましょう。

こども用SuicaとPASMO(パスモ)の作り方。小学生になったらマネー教育のために電車にGO!

午後2時から入れる「サンセット」チケットで入ると半額に!

m_2016-07-18 14.22.28

何も朝から入らなくても、午後から入ると半額になります。

  • 大人(15歳以上)・・・2,300円  →  1,150円
  • 小・中学生・・・1,200円  →  600円
  • 幼児(4歳以上)・・・300円  →  150円

さて、午後2時の入り口の状態をお見せいたしましょう。

 

m_2016-07-18 16.15.25

「朝の行列は何だったの?」と思うぐらい、入り口はガラガラでした。

朝から来ている人は帰る時間だったりしますので、ロッカーも空いてきたりします。

「泳ぐ時間は午後だけで十分だわ!」という方は、とっても空いている午後から来ることを検討してみましょう。

JTB旅行チケットでコンビニ端末で買うのが1番早い!

セブン-イレブン、ローソン、ファミマ、サークルKの各種コンビニ端末で発券出来るJTB旅行チケットがあります。

  • 大人(15歳以上)・・・2,300円  →  2,100円
  • 小・中学生・・・1,200円 →  1,000円
  • 幼児(4歳以上)・・・300円 →  200円

このチケットがあれば、わざわざ割引券の引き換え窓口に並ばなくても済みますから、1番お得で時短な買い方です。

レインボープールに行く時はコンビニに立ち寄ってから、向かうようにしましょう。

レインボープールは大混雑だけれど、1日遊べるスポット!

pool_2016-07-18-14.42.08

このように大混雑で、入る前からイヤになってしまうような場所ですが、そんなイヤな気分もプールにプカプカと浮かんでいると忘れてしまいました。

それぐらい暑い日に入るプールって、最高に楽しいですよね。

レインボープールを楽しむコツは、午前中から行くなら8時台には到着、それ以外は14時から入ることです。

特にお盆の時期(8月11〜16日)は、大変混雑が予想されて、人の中に入るようで、ほとんど泳げないかもしれません。

プールの中も人の熱で温まってしまい、ゆるいお湯につかりに来るようかもしれません。

お盆の時期をなるべく避けたり平日に来た方が、ゆったりと楽しめるかもしれませんね(汗)

暑さも吹っ飛ぶプールに、お友達、カップル、ご家族で楽しくお出かけしてみてくださいね。

昭和記念公園 レインボープールのくわしい情報はこちら

  • 住所:東京都立川市緑町3173
  • 電話:042-528-1751
  • 開催期間:2016年7月16日(土)〜 2016年9月4日(日)
  • 開園時間:7月16日(土)~ 8月21日(日):9:30 ~ 18:30  ※ 7月の平日は17:30まで。8月22日(月) ~ 9月4日(日):9:30 ~ 18:00  ※ 9月の平日は17:00まで
  • 休日:期間中無休
  • 駐車場:2531台(1日820円)
  • 交通:JR西立川駅からすぐ

夏のレジャーを快適に過ごしたいあなたはこちらも要チェック

レジャー代を節約したいあなたは、こちらの記事も要チェック!

家族で旅行・おでかけ&レジャー費の節約術。割引クーポンや無料施設を利用してみよう

うだるような暑さ対策に!熱中症対策グッズでおすすめはこちら

暑すぎる!熱中症対策グッズでおすすめはこれ!夏本番前にそろえたいグッズランキングTOP10

プールに子供と一緒に行った時に、必需品だと思うグッズ10選!

プールグッズで必需品10選!子供と一緒に行く時に持って行くべきだったと後悔したもの

夏は焼きたくない!紫外線レベル別のおすすめの日焼け止めはこちら

おすすめの日焼け止め5選!顔にも子供にもOKで海や日常にも使える紫外線レベル別UVカットアイテム

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。