お金がない人の特徴はお金に嫌われる行動をする人。1円の重みも大切にしない人はお金に嫌われていく

私は、人に自慢できるようなお金の使い方をしてきませんでした。

特にひどかったのは20代前半の独身の時でして、入ったお金をすぐに使ってしまうような生活を送っていました。

アルバイトで稼いだお金や入った給料の使い方がよくわからず、お金にはさんざん嫌われた生活を送っていました。

貯金ゼロ円で結婚した後に、住宅の購入失敗で借金500万円を抱えてしまい、お金に嫌われっぱなしの人生を送ってきました。

我が家が新築一戸建て購入を失敗し、借金500万円を作った理由

しかし今となっては、貯金1,000万円以上も貯められる人に生まれ変わりました。

お金がない人からお金がある人に生まれ変わった今、こんな行動をするとお金に嫌われる人になることが経験上わかってきました。

1円というお金を大切にしない人

あなたは1円の重みをわかっていますか?

「1円ぐらい使っちゃってもいいや。」

たしかに1円なんて大したお金なんかじゃないと思って、「使ってしまえ〜!」という気持ちになると思います。

でも1円を大事にしない人こそ、お金には好かれません。

そういう人は価格を比較なんてしないで、買いたいものをすぐに買ってしまう浪費体質であることが多いです。

1円を大事にする人は、欲しい商品があれば徹底的に比べて納得してから買います。

徹底的に店舗の価格を比べて買ったからこそ、買った商品への愛着はものすごい強いですし、買った後もモノを大切にしていくことでしょう。

なぜ1円を大事にしないと、お金に嫌われていくのでしょうか?

「うーん、気に入らないから買い換えよう。」

1円を大事にする精神がない人は、気に入らないとすぐに捨てて違うものを買い求めていくからです。

脳の中が浪費家の脳になってしまうのです。

100万円貯めたいと思った時に、1円足りなければ99万9,999円なのです。

100万円貯めたー!って堂々と言えないのですよ。
1円の重みってこういう数値でモロに出てきます。

1円という現代のお金の最小単位を大事にしてこそ、お金に好かれる人になっていきます。

働いている人に大して感謝の気持ちがない人

あなたは現在専業主婦ですか?
お金はどこから得ていますか?

「今月もこれだけ?また節約しなきゃいけないじゃない。」

旦那さんが毎日汗水垂らして働いてきても、「これだけ?」って言ってしまっていませんか?

働いている人に大して、お金を運んできてくれたことに感謝の気持ちを持てない人は、お金にも人にも嫌われる人です。

生活していくだけでもキツイですから、当然収入が少ないことにイライラして人に当たってしまう気持ちもわかります。

私も一時期これで夫に当たってしまって、毎晩罵声が飛ぶようなケンカの日々で、家出も何回もして離婚危機にもなりました。

まったく良いことなんてありませんでした。

専業主婦の方でもそうじゃなくても、旦那さんが稼いできてくれたということだけに感謝するようにしましょう。

「毎日お仕事おつかれさま。毎日上司に怒られながらも働いてくれてありがとう。」

ありがとうと言われて、イヤな気分になる人なんていません。

こういう風に声をかけられることで、人はがんばろう!って気になれるのです。

感謝の気持ちをかけつづけることによって、金運パワーが身についてお金を引き寄せられる人になっていくのです。

人にお金をいただいていることに感謝の気持ちを持たない人

会社の中にいると、ブーブー文句を言いながら働いている人っていませんか?

「こんな安月給でやってられないよ。人を何だと思っているんだ。」

文句を言うのは間違っています。

その会社を選んだのはあなたですし、お金をいただいて雇われているのもあなたです。

文句があってイヤなら、そこの会社がどうしたら良くなるのかについて改善策を考えてください。

そういう気持ちになれなかったら、とっとと会社を辞めてください。相手にもとても失礼ですし、あなたにはまったくお金は引き寄せられません。

仕事中にグーグー昼寝をしている人なんて、失礼極まりない行動です。

お金にならないようなことでも、進んでやろうとする、そして雇われていることに大して感謝をしながら働く。

こういう人には、どんどんとお金が舞い込んできます。

たとえ今の仕事を失っても、すぐにチャンスはやってくるでしょう。

人からお金をいただいているならどんなことでも感謝をする人が、お金に好かれる人になっていきます。

お金を稼ぐ方法は人の力に比例する。お金持ちになりたい人はお金にならない仕事を進んでやることが大事

自分よりお金を稼いでいる人、お金を持ってる人を妬むだけで終わる人

「あいつの給料はオレより多いんだ。なぜあいつだけが昇給するんだ。」

同僚でしかも同期入社で、自分より早く昇給する人を見ると、すごい妬ましい気持ちになりますよね。

私も同期入社の子が私より先に仕事をもらっていたり、資格に受かったりしただけで、妬みの気持ちでいっぱいになってしまった時期がありました。

でも妬んだり恨んだり、嫉妬する気持ちがあることは普通のことなのです。

むしろない人の方が、心配です。

妬みの気持ちが自己改善をしようというパワーになり、より自分が成長できるエネルギー源になるからです。

「なぜあの人は1,000万円もお金を持っているんだ。」

悔しい!自分もお金持ちになりたい!

私も借金を抱えていたり、貯金がないことで相当お金を稼いでいる人やお金持ちの人を見るだけで、妬みパワーが炸裂していました。

でもその負の妬みの感情を、そのまま負の気もちのままで終わらせてしまう人は、いつまで経ってもお金持ちになんてなれません。

どうやったら自分がお金持ちになれるかどうか、そのパワーを心の中にぶつけて熱いエネルギーに変えられる人がお金持ちに生まれ変わります。

負の感情をパワーに変えよ!

恨みのパワーを正のエネルギーに変えられる人が、お金をどんどん引き寄せられる人になれるのです。

お金を節約して貯めこむだけを考えている人

「お金がない人は、お金を使わなければいいんでしょ?」

私もお金を貯めるためには、お金を使わずにひたすら節約をして貯めることだけを考えていました。

確かに極貧生活の時は、ひたすらガマンするときも必要かもしれません。
でもただ使わない人になってしまうと、ますますお金は寄って来ません。

どういうことかというと、入ったお金以上のお金は寄ってこない人になってしまうということです。

20万円入ったお金だけで考えていたら、20万円のお金だけで生きていくようになります。

だからカツカツの生活になるのです。

20万円のお金が入ったら、10万円は投資してお金に働いてもらう、自己投資をしてさらにお金を稼げる人になっていく。

そうすることで、20万円が、25万円、30万円と稼げる力に変わっていくのです。

ひたすら節約ではなく、投資をしていき増やすマインドを持つ。

これがお金を掛け算で増やしていける人に、どんどん生まれ変わっていくのです。

いきなりお金持ちになんてなれない。小さなことを大事にする人がお金に好かれる人

私も借金500万円の状態から、いきなり貯金1,000万円以上を貯められたワケではありません。

1円なんて大したことがないと言い訳して、買いたいものをすぐに買って誘惑に負けてばかりでした。

浪費家という部類でした。

でもお金がないと言うことはやめて、お金持ちになれる思考を試していった結果、どんどんお金が寄ってくる人になれました。

貯金がない、お金がないと言ってはいけない。貯金なしの貧乏生活を脱出したければ自分の思考を変えよ

ただお金を貯めているだけではなく、お金をどんどん使うことによって、2倍にも3倍にもお金が増えることがわかりました。

あなたはお金に嫌われる行動をしていませんか?

今そこでこれを読みながらハッとさせられた人は、今すぐ行動を変えていきましょう。

小さなことを大事にしない人は、お金に好かれる人になれません。

1円からコツコツと大事にする気持ち、磁石のように強力なパワーがある人が、いつの間にかお金を引き寄せられる人に生まれ変われるのです。

上手な貯金の仕方は貯金100万円貯まれば加速する。お金は「貯まる」のではなく「貯める」行動が大事