2017年1月26日 

お金がもっと欲しいと思ったなら、あなたの物欲エネルギーを素直に肯定して欲張りになれ!

「お金がもっと欲しい、もっとお金が欲しい。」

お金をたくさん持っているお金持ちの人が、とってもうらやましい!自分も、もっとお金が欲しい!と思ってしまいますよね。

貧乏生活なんて誰でもイヤですし、一生お金に困らない生活を送ってみたいのは、人間誰もが同じです。

でもなぜお金持ちの人って昔からお金を持っていて、自分の所にはお金ってないんだろう?と不思議に思ったことってないですか?

「私は、お金持ちの家に生まれたかった!」

ずっと子供の頃から貧乏生活が続いていて、貧乏な家柄に生まれた事に対して、先祖代々を恨んでしまったこともあったぐらいです。

色んな主婦向けの節約雑誌、お金に関する本や投資などのテクニック本を読みまくったけれど、結局どれも効果なし・・。

でも、自分自身が今までお金に失敗してきた実体験から、お金持ちになる方法が今頃になって少しずつわかってきた気がします。

お金持ちになれる人、お金持ちになれない人、一体どこが違っているのでしょうか?

お金にスピリチュアルな事を言われても、全く不安が解消されない

よく「お金から自由になる方法」「お金の事なんて考えなくなる方法」っていう本などが売っていたりするじゃないですか?

お金のことなんてずっと考えているのって不安でいっぱいになりますし、毎日生きている生活の中で、お金のことなんて一切心配せずに生きられたら、この上なく幸せじゃないですか?

だから、そんなお金の幸運を呼び寄せるようなスピリチュアルな本や心理学的な本を、私は結構読み漁りました・・。

夫が突然リストラされて引越しを余儀なくされるし、それに伴って夫がうつ病になるし、私は不安定な派遣社員で片働きで、心が押しつぶされてしまいそうだったからです。

「あなたの未来は、強く願えば必ずよくなります。そのためには、お金に対する気持ちを今すぐに手放し、執着心を捨てなさい。」

ハイ!!お金のことなんて考えないで、執着心なんて持ってはいけないんですね。と、自分自身に言い聞かせてきました。

でも、一向にお金持ちになんて、私はなることができませんでした・・。

一体なぜなのでしょうか?

お金は現実的だからこそ、考えない生活なんてできるわけがない!

執着心か・・、お金のこと考えない生活か。家計簿も財布も銀行のことも、考えないようにするのか。

お金のことを考えない生活なんて、あなたは送ることなんてすぐにできますか?

マイホームを買おうとした時、車を買おうとした時、出産費用や赤ちゃんの洋服代、旅行代にレジャー・・。毎日生きていくために大切な食事を取ることだって、お金が必要です。

お金というものは、毎日生きていく上で「現実的」に欠かせない大切なパートナーだからです。

未来の幸せエネルギーを信じて、お金から心を開放されるために、現実に就いている仕事なんて、今すぐに辞められないですよね?

「好きな仕事をすればいい」なんて言われても、人間関係もイヤだし、泣きたくなるほどキツくて大変だけれど、大切な家族との生活を考えたら絶対に辞められないです。

ましてかわいい子供が貧困に陥ったら、自分のわがままのせいです。

自分にとって、大切に守るものがいる。

そんな厳しい現実を直視した時、ふわふわ〜ッとキラキラッとするスピリチュアルなものばかりなんて、見ていられないのです。

私は怖いです。お金のことを考えることをやめるなんて、決してできませんでした。

お金に対する不安がない人って、1,000人いたら1人?2人?きっとそれぐらいの確率ですよ。きっとそんな神や仙人のような考え方を持てた人だけが、真のお金持ちになれるのかもしれません・・。

普通は、お金の不安なんて消えないのが当たり前なのではないでしょうか?

お金は現実的な要素がものすごい強いからこそ、不安になる。

だからこそ、ふわふわ〜ッとしたスピリチュアルな考え方を持っているだけでは、決してお金持ちになることなんてできないのです。

お金がなくても私は幸せだなんて言ってられますか?

“お金がなくても、不自由なく暮らせれば、私は幸せである。”

なんていう事もよく本などに書いてあったりするのですが、本当に「お金がない」生活で、果たして生きていけるのでしょうか・・?

私は父親が作った借金3,000万円がありました。本気で父を恨みました。お昼も夜も食べるヒマもなく、大学生活を送りながら、週7日間みっちりと夜中までアルバイトに明け暮れました。

私の父が借金地獄で3,000万円を作ってしまった理由。消費者金融にハマってしまうと身を滅ぼすハメに

お金がなくても、理解してくれる人がいるだけで幸せだ、家族だけが幸せに暮らせるようなお金さえあればいいのだ、生きているだけで幸せだ〜、なんて考えは、

そんな感情は、一切持てないのですよ!!

「お金がない」という生活では、水1滴も米の1粒も買えないのです。住む所だってドンドン!っと、怖い人がやってきて奪われちゃいそうになるのです。

「お金がない」は、現実に起こっている事実です。現世が生きられなくて、未来なんて生きられません。

でもこんなドロドロでネガティブな真っ黒い気持ちのままだと、この死にそうでつらい状態からいつまで経っても抜け出せないわけです。

「お金がない状態から、脱出するにはどうしたらいい?」

貧乏で邪悪なエネルギーを断つために、私は考え方を変えていくことにしたのです。

お金に対するネガティブなエネルギーをポジティブに変えていった

「私は、お金持ちになりたい!」「自分だけの家が欲しい!」「自分だけの車が欲しい!」

私だって、お金持ちをうらやましがってばかりいないで、自分がなってやるんだ〜!っていう、ウジウジ感情を取っ払って、ポジティブな明るいエネルギー感情へと変えていきました。

えぇ、これもスピリチュアルですって?(笑)そうかもしれないですね・・。やっぱりお金はマインド重視派ですから・・。

いやー、もうぶっちゃけた話、自分の中に眠っていた「物欲」を全面的にオープンにしたのです。「物欲」に対するイメージを肯定的にしていったのです。

自分なんてもう生まれからしてダメだぁ〜なんて思わずに、「お金をもっと欲しい!」「私はお金が大好き!」って、お金に対する感情をむき出しにするようになっていきました。

マイホームが欲しい!→ お金が欲しい!です。物欲バリバリです。

お金が欲しいと思っていると、心がとってもワクワクしてくるじゃないですか?

ワクワクするエネルギーが心の活性炭となり、生きるエンジンをボーボーに点火してくれるのです。

お金を持つことに対して、否定しない。お金は生きていく上で絶対必要だからこそ、お金を私はずっと考え、死ぬほど見つめるぐらい考え、執着していくようにしました。

お金のことを考えることを、ネガティブなことではなくポジティブに考えていきました。

あの人はお金持ちでうらやましい。良いねたみと悪いねたみの違いを知って自分の嫉妬心をマネーパワーに変えよ

お金のことを考えて、何が悪いんだぁ〜!って。私はお金のことが大好きだぁ〜!って。

このエネルギーが燃え上がっていき、私は働くことの大切さに目覚め、子供を産んでも働く意欲がバリバリと続いて、どうしたらお金がもっともっと入る仕組みができるのかを、必死に考えるようになりました。

老後の不安をなくしていくためには、一生働き続けることであることがわかりました。

貯金なしで老後破産の不安をなくすには、たくさんの貯蓄額を貯めるのではなく一生働き続けること

お金のことを考えないのではなく、お金のことを真剣に考えてみるのです。

お金のことを知らないことが、こんなにも損することなのか、人生を破滅に向かわすのかと、父を反面教師にしていったのです。父と同じ道を私は歩いてたまるもんかと・・。

毎日、毎日お金のことばかり必死で勉強し、お金のことを絶えず考えてきたからこそ、膨大にあった借金を返すことができ、現在貯金もたくさん貯められるようになっていったのです。

お金は困っている人を救える。お金に対してポジティブになろう

「お金から執着心をなくしていけば、お金がなくても幸せな暮らしを送れる」という考えを持っている人とは、私はきっと正反対の性格かもしれません・・。

必要ないモノは買う必要はまったくないですし、モノを持たない暮らしを否定するつもりは、まったくありません。

しかし、私自身はモノを持たない暮らしにはまったく憧れたことがなく、むしろ欲しいモノを持ったるぜ〜!絶対手に入れてやる!って強く思っていたことが、欲しい家や車を手に入れられた秘訣かもしれません。

無駄な買い物をしないことが大切ですが、無駄な買い物、無駄なことをしてきたからこそ、色んな失敗から得られたこともありました。チクチクと痛い失敗経験が、人生の可能性を広げていきました。

家は欲しかったです。「モノ」を所有してみたかったです。人間の帰巣本能が働いただけで、難しい理由なんて一切なかったです。

お金だけが幸せではない、お金なんてそこそこに持っていればいいとは思うことなく、「お金のことをもっと考えていいんだ!」という素直な気持ちが、貧乏脳から少しずつ脱出することができました。

「お金だけが、人生すべてじゃない。」は、もちろん正解です。正しいです。こればっかりは価値観の相違ですが、私もそう思っています。

しかし「お金がなくてもいい。」という考えを持っていると、お金のいい流れを止めてしまうことは、経験上間違ってないと思います。「お金がない、ない!」という言葉は使わない方がいいですよ。

貯金がない、お金がないと言ってはいけない。貯金なしの貧乏生活を脱出したければ自分の思考を変えよ

でも本当にお金持ちになりたいと思ったなら、お金に対する嫌悪感なんて取っ払ってしまった方がいいと思います。お金をがっつりと稼ぐ人に対して、偏見の目を持つことをやめることから始めませんか?

お金があれば、お金がなくて困っている人を助けてあげることもできます。自分のためだけにお金を使うことだけが、お金の使い道ではありませんよね。

お金は独り占めしないで、お金を持ったらどんどん必要なところへ回してあげる。入ってきたら、貯めこまずにどんどん「人に投資」をしてあげるのです。

お金って人の役に立つんだって思えば、お金に対する嫌悪感もなくなって、心がポカポカと温まってきませんか?

「私はお金が欲しい!」と思い、お金を大好きになろう!

「お金がなくてもいい。」と「お金を1億円持ちたい。」さて、あなたはどちらの考え方を選択して生きていきますか?

私もまだまだダメ人間だし、貧乏性なところもいっぱいあるし、こうやって自分にポジティブになろうって言い聞かせながら書いていますよ(汗)不完全で凸凹でも、人生ポジティブならいいや〜!と思っています。

あなたももし今、お金に対するネガティブなイメージがあるのであれば、今からお金に対してもっと明るいイメージを抱いて、一緒に人生をポジティブに生きていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう