上手な貯金の仕方は貯金100万円貯まれば加速する。お金は「貯まる」のではなく「貯める」行動が大事

お金はいくらでも欲しいものですよね。

貯金なんてほとんどゼロの状態で結婚した我が家は、あまりのお金のなさに生きるだけで精一杯でした。

新婚時はまったく貯められなかったばかりか、20代の時に買った新築一戸建て購入の失敗で、大量の借金となって降ってきました。

我が家が新築一戸建て購入を失敗し、借金500万円を作った理由

それでも貯金100万円が貯まり始めたぐらいから、一気に加速してお金が貯まっていきました。

お金ってどうしたら、上手に貯めることが出来るのでしょうか?

家計簿はレシートの金額をつけるだけになっていませんか?

家計管理を考える中で、やみくもにかかったお金だけを管理していたりしませんか?

とくに家計簿は、レシートを眺めてかかったお金だけをつけているパターンです。

私もよく家計簿をつけるときに片っ端からレシートを転記して、貯まった気になっていました・・・。

えぇ、手が疲れただけでした(笑)

つけるだけで意味がないと思い、最近は家計簿をつけることをやめました。

我が家が家計簿をつけない方法でお金を貯められる理由。感情をコントロール出来ればお金は貯まる

私が貯金100万円を達成した時は、まず使う前に使うお金について考えたことがきっかけです。

どうやって使うかを考える事が、実はとても大事なことに気がついたのです。

生活の中で「かかるお金」と「かけるお金」に分けてみる

すぐに実践して欲しいことがあります。

生きている中で「かかるお金」「かけるお金」に分けてみましょう。

かかるお金とは、生命を維持していくためにどうしても必要であるお金です。

人間は食べたり飲んだりしないと生きていけません。
外出時に何か1枚でも着ないと逮捕されてしまいます。

どうしても削ることが難しいお金である「食費」「日用品費」「被服費」などが「かかるお金」です。

それとは反対に「かけるお金」とは、生きていくにはそれほど必要がないお金のことです。

例えばお米はどうしても必要だけれど、ケーキやお菓子は必要でもないですよね。

食費のうち5万円は「かかるお金」だけれど、1万円は外食やお酒などのお楽しみなどに「かけるお金」として使っているなどです。

自動車は田舎には必要不可欠かもしれませんが、都心では別になくても電車でどうにかなります。

このように「かかるお金」と「かけるお金」に分けるのです。
支出のムダは「かけるお金」の中に実は潜んでいるのです。

「パーティーの服は必要だけれど、アクセサリーは持っているもので代用するわ。」

頭の中で「かかるお金」と「かけるお金」を仕分けできるトレーニングをすることが、貯めるためのコツなのです。

貯金は「貯まる」のを待つのではなく、「貯める」しくみを作る

支出のトレーニングをすると言っても、そう簡単には出来ません。

だっておいしいものもたくさんありますし、新しいスイーツが出たりかわいい子供服が売っていたら買いたくなってしまいますからね。

世の中「買ってくれー!」とばかりの誘惑であふれかえっているのです。

買わないでいる方が、実は大変な時代です。

いつか貯まるかな?と貯まるのを待っているだけでは、一向に貯まりません。

このような誘惑に負けないためには、自分で意識的に「貯まる」しくみを作ってしまうことが貯金のコツです。

私も貯金0円から100万円貯められた時は、積立貯金を強制的に始めたからでした。

給料日のすぐあとに強制的に別口座に一定額を積立をしてしまったことで、いつの間にか100万円が貯まっていました。

ストレスなく貯められたと思います。
貯まっていた時はびっくりしました。

貯金100万円を貯められた後は、加速して貯金が貯まっていきました。

誘惑についつい負けて自分で貯めることが出来ない人は、「貯める」しくみを作ってしまうことが加速して貯まる秘訣なのです。

軌道に乗せるまでが大変ですが、軌道に乗ればぐんぐん貯まっていきます。

私もそんな貯金ゼロ円生活から脱出した時のことを見習って、最近とある積立定期をはじめてみたのです。

一体それは、どんな積立定期なのでしょうか?

私が最近はじめた積立定期は強制的に貯まる「住宅ローン積立」

chokingaku_20150821

私は最近なんと「ソニー銀行」に口座を開設しました。

だってポストペットがとってもかわいいからです。

そんなどうでもいい理由もあったのですが、それ以上に「積み立て定期」で住宅ローン積立をはじめたかったからです。

ソニー銀行の積立定期は、預け入れ金額が1,000円以上、1,000円単位と気軽に始めることが出来ます。

ネット銀行ならではで、ネットで申し込みから積立まですべてが完結します。

金利も現在1年もので運用して0.12%(税引前)と、すばらしく高い金利です。

私は毎月10万円を住宅ローン積立として積立をしています。

口座開設から7ヶ月経って、気がついたらすでに70万円も貯めることが出来ました。

tumitate_20150821

ソニー銀行の積み立て定期を利用している年代が、30代40代と多いのが特徴です。

子育てや家にお金がかかる世代だからこそ、すべて使ってしまう前に上手にお金が「貯まる」しくみを作ってあげることが必要なのです。

お金を貯めるしくみはとてもシンプル。石の上にも3年で100万円に

お金を貯めるためのしくみは、とてもシンプルです。

入ったお金 − 出て行くお金 = 貯まるお金です。
月収20万円 − 支出17万円 = 3万円貯まります。

貯まらない方は、すぐに「貯まる」しくみを作ってみましょう。

毎月3万円を給料日直後(給料日が25日なら27日など)に、積み立て定期に預けてしまうのです。

毎月3万円 × 12ヶ月 × 3年 = 108万円です。

石の上にも100万円の発想で、貯めることが出来るのです。
ダイエットも継続ですが、貯金もコツコツ継続が大切なのです。

自分軸を持ち、貯める行動を継続することが大事

人間なんでもそうですが、意識しながら継続することってとっても大変です。

ダイエットと食費の節約が長く続かないのと同じで、貯金も「貯めよう!」って意識をしても3日も持たないことってありませんか?

「なんだか家計簿めんどくさい。やーめた。」

一度限りで止めてしまう前に、「貯めるための仕組み」作りをしてみましょう。

支出に関しては、他の人と同じ流行りのものを買っていたら一向に貯まりません。

自分にとって「かかるお金」ではなく「かけるお金」だと思ったら、買わない意志力が必要です。

お金を貯める上で1番大切なことがあります。
お金を貯めることを頑張り過ぎないことです。

貯めるためだけの人生なんて、とってもつまらないです。

貯めるしくみ作りは大切ですが、その貯める量を調節して自分の心のバランスを大切にしながら楽しく貯めていきましょう。

入ってきたお金に多大なる感謝をして、必要なときに楽しく旅立ってもらいましょう。

お金に対する感謝の連続が、金運を少しずつよくしていきます。

それがお金にどんどん好かれる人になり、幸せになれる上手な貯金の仕方を身につけられる人になれるのです。

お金を貯めたいなら「お金の教養講座」でお金の知識を!

mo_okanekyouyou_2016-02-28 09.35.18

「毎月節約をしているのに、なかなか貯金できない。」

「お金の貯め方、使い方、増やし方を学びたい。」

お金がどうしても貯められなくて、不安で困っていらっしゃいませんか?

そんなあなたにとってもおすすめなのが、ファイナンシャルアカデミーの人気講座「お金の教養講座」です。

私も実際に行って講義を聞いてきて、目からウロコが落ちるほどの衝撃を受けてきました。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に行ってきた。お金の貯め方を学びたい人は1度聞いて来よう

お金の正しい管理の管理の仕方が、なんと無料で学べてしまうとっても貴重なチャンスです。

お金のことって、学校では決して教えてはくれませし、周りの人になかなか相談しづらいものです。

だからこそ、自分自身でお金の知識を増やして行く必要があるのです。

間違ったお金の管理をしているあなたこそ、「お金の教養講座」を聞いて正しい知識をつけてきましょう。

なんと講義は無料で聞けますので、あなたが損することはまったくありません。

今すぐに行動した人が、お金持ちになれるチャンスをつかめるのです。

ここでなにもしなければ、あなたの「将来の不安」はずっと消えませんよ?

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」を無料で聞いてお金の知識をつけてくる

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。