2015年10月3日 

専業主婦で仕事復帰出来るか不安で自信のないあなたへ。仕事と育児を両立しながら出来る働き方のすすめ

せっかく就職活動を必死でがんばっていい会社に入っても、女性はどうしても仕事ができない時期があります。

結婚や出産によってやむを得ず、大好きだった仕事も諦めなければいけなくなるからです。

専業主婦になって幸せなんだけれど、何だか物足りないことってありませんか?

反対に仕事を続けたいがために、結婚や子供を諦める人も多くいるのが現実です。

「専業主婦になったけれど、再就職できるか不安でしかたがない。」

「もう1度仕事探しをして、社会復帰して働きたい。」

専業主婦になったけれど、もう1度働いてみたい。

でもまた昔と同じように仕事が出来るか自信がないし、不安でいっぱいになってしまいます。

専業主婦のあなたは、一体どうしたら上手に両立して働いていけるのでしょうか?

自分自身はどうしていきたいかを、真剣に考えてみよう

自分自身は、どんな生き方をしたいと思っていますか?

女性には、2つのタイプがあると思います。

仕事をバリバリとこなして、キャリアアップを目指して生きていく方が幸せだと思うタイプと、家事や育児、趣味などのプライベートを充実させた方が幸せだと思うタイプです。

会社員で働くメリットはおおいにありますから、働き続けられる人は続けていくことをおすすめします。

仕事と育児の両立が不安だけれど、正社員でずっと働き続けたいあなたへ。働くママの苦悩と魅力とは

自分の希望はどちらなのかをよく考えないと、後で思わぬ後悔することになります。

専業主婦になって幸せなんだけれど、モヤモヤと不安な人は、どちらのタイプでもないかもしれません。

働きたい気持ちと女性としての幸せも手に入れたい気持ちと、両方とも捨てられないと思っていませんか?

何かを得たいと思ったら、何かを捨てる勇気も必要です。

自分自身が何を持って幸せと感じるかどうかを、しっかりと胸に手を当てて考えてみましょう。

やっぱり私は働きたいと思ったら、それが働くサイン

「家事と育児だけだと毎日が退屈だしお金も不安。やっぱり仕事がしたい。」

毎日家事と育児の繰り返しで何だか退屈な日々と感じ始めたら、それは仕事を始めるサインです。

子供がどんどん大きくなってきて、心に余裕が出てきたから、また働き出したいと思ってきたのではありませんか?

子供って生まれてから小さい時はものすごいしんどくてイライラしますが、小学生になると随分とラクになってきます。

学校に行っている時間って、結構ヒマになってきます。
最近になって、私がものすごく実感していることです。

ママ友とお茶をして他人のウワサ話をする時間があったら、その時間を働く時間に変えてお金を得る時間に変えていきましょう。

仕事と育児と家事を両立出来るかとっても不安。どうしたらいい?

「働きたいけれど、育児と家事と両立出来るかとっても不安。」

自分自身が働きに出ると、家のことや育児がおろそかにならないか、すごい不安になります。

私も子供を産んで仕事に復帰する時に、不安と恐怖の気持ちでいっぱいでした。

赤ちゃんの時はほんとうにしんどくて、どうやって生きていたか覚えてないぐらいです。

やっぱり1人ではどうしても頑張れないので、仕事をするには家族の理解と協力が必要になってきます。

「私はやっぱり働きたいの。あなたも仕事で大変だけれど、家も子育ても出来る限り協力して欲しい。」

パートナーに「自分は仕事がしたい!」という意思を、しっかりと伝えることが大切です。

時によっては実家や外部機関のサポートを得るなどすることも大切ですが、そこまでして働きたいのかよく考えましょう。

共働きの家事分担で外注化はダメ?夫にイライラとケンカがなくなった我が家のストレスフリー時短家事分担術

家事と育児と両立しながら在宅ワークで働くことを考える

「フルタイムじゃなくて、家事と育児の合間に働くような働き方ってないかしら?」

女性って、やっぱり外に出て働くことってとっても難しいです。

何が難しいかというと時間です。

長時間の通勤や残業なんてしたら、子供のお迎え時間になんて間に合わないんですよね。

待機児童が多くて保育園なんて、働いていないと預けられません。
働きたいために保育園に預けるのに、順序が逆だと無理なのです。

だったら、外じゃなくて家の中で働けばいいのです。

在宅ワークになると、時間の融通がかなりきくというメリットがあります。

せめて子供が幼稚園や学校に行っている間に、昼ドラを見ていた時間をおこづかい稼ぎに充ててみてください。

あなたは料理をすることって、大好きですか?
それなら料理を作ってお金にする方法があります。

在宅で出来る主婦のお小遣い稼ぎ。料理が大好きな方必見!毎日料理を作って1,500円食費を節約する方法

世の中に色んな不満を持っていたら、不満もお金になります。

「不満買取センター」はおいしいお小遣い稼ぎ。生活のイライラやお店への不満やクレームを買い取ってもらおう!

「お小遣い程度じゃ、私は足りないのよ!」

家でも自分の手でお金を稼ぎたい方は、在宅ワークに登録してみましょう。

「週1回でもいいから働きたい。」

「パソコンで在宅ワークがしたい。」

そんなあなたにぴったりなのが、在宅・時短の仕事がたくさんある主婦のための求人サイト「ママワークス」です。

在宅ワークの求人多数!「ママワークス」は家事と育児の両立可能なぴったりの仕事が見つかる主婦応援サイト

在宅ワークの例では1記事300円〜1,000円の報酬が得られますから、毎日頑張れば月3万円も夢ではありません。

在宅か出社か、働く「時間」と「場所」を自由に選ぶことが可能です。

データ入力や文章作成など事務系作業がメインの仕事がいっぱいで、ちょっとした時間に取り組める在宅ワーク「シュフティ」などがあります。

1日1,000円稼げば1ヶ月で30,000円1年間で36万円にもなります。

とっても大きいですよね。

少額でもバカに出来ませんから、空いている時間をマネー時間に活用するようにしましょう。

自分の特技である家事を仕事にしてしまうことを考える

「私はずっと専業主婦だった。仕事なんて出来るわけがない。」

そんなことはありません。

その長年の主婦パワーが、お金にもなるのです。

掃除をする時間の取れない共働き家庭の家に行って掃除をすれば、お金に変えることが出来ます。

昔は「家政婦は見た!」と言われていたかもしれませんが、今は「家事代行」というサービスで、忙しい人の強いミカタなのです。

家事代行サービスの「CaSy(カジー)」は、時給はなんと1,450円以上で交通費が支給されます。

派遣社員の事務職並みに時給が高いです!

しかもやる気次第で昇給ありなんて、働きがいが出てきます。

週1回、2時間でもOKですが、週3日勤務すれば月10万円以上も夢ではありません。

お恥ずかしながら、私が年子育児でてんてこまいになっている時に利用したことがあります。

年子育児はイライラとストレスで記憶がないほど壮絶だったけれど、下の娘が5歳になって楽になったこと

クタクタになっていたときでしたので、すごい救われたのです。

今となっては心が救われて、メチャクチャ感謝しています。

勤務地は東京・神奈川県内ですが、週1日1日2時間から可能ですので、子育てに一段落された方はぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

週3日の勤務で月10万円も可能に!自分の得意を仕事にするために、「家事代行」を早速始めてみる

女性は自らお金を稼ぐ時代。心のバランスを考えて幸せを得よう

mo_hands-woman-laptop-notebook 2

仕事を取るか、子供を取るか。

女性の永遠のテーマですが、今はどちらかを選ばなくちゃいけない時代ではありません。

女性も自立して自分でお金を得て、人に依存しない生き方をしていくことが大事です。

人に依存していると、心までが人に依存するようになってしまって、自分にまったく自信が持てなくなっていきます。

仕事もプライベートも両方共同じように頑張るのではなく、自分の心の声を聞きながらバランスを取ることが大切です。

私もですね、全部頑張ろうとして倒れてしんどくて、カラダを思いっきり壊したこともありました。

でも全部頑張ろうとしない、完璧な人なんていないとわかったら、とっても気がラクになりました。

全部同じようにこなすことなんて、人間無理に決まっています。

20代で仕事をがんばって、30代前半でちょっとお休みしたら、また徐々に仕事をしていってもいいのではないでしょうか?

人生はほんと1度きりしかありません。
モヤモヤしていたら動き出しましょう。

幸せの源は、あなた自身で作り出すものです。

お金も自分自身で稼ぐことで、自分自身のやる気にもつながっていき、お金がない不安なんてどこかに吹っ飛んでしまいます。

人生の選択肢で、もう迷っている時間なんてないですよ?

働くと決めたら、前に力強く進みましょう!

今の自分がどのように生きていきたいのか、これからの事だけを考えていきましょう。

未来の運命は、自分自身で変えていけるのです。

今の人生を変えたい!自分らしい働き方や市場価値を知りたい方はこちら

もう1度働きたいと思ったあなたは、こちらも合わせて読みたい

もう1度専業主婦で働きたいあなたは、子育て経験を武器にしよう!

もう1度働きたい専業主婦の履歴書と職務経歴書の書き方と面接術。子育て経験は決してムダではない

30代や40代になっても、事務職で働きたい方におすすめの職種はこれ

40代主婦の仕事探しは諦めてはいけない。未経験でも激戦区の事務職に就くためにおすすめの職種とは

専業主婦で再就職したいけれど、何だかとっても不安なあなたへ

専業主婦で再就職したいけれど不安なあなたへ。復職後に仕事と育児と両立するイメージを描こう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう