契約社員から正社員化が決まっているけれど会社を辞めたい。他にやりたい事がある場合どうしたらいい?

「会社を辞めて、未経験の仕事に挑戦したい。でも逃げなんじゃないか・・。」

今の会社にいるのがつらいから辞めてやりたいことをやりたい、でもつらいから転職したいなんて、ただの逃げなんじゃないか?

現在32歳の女性で、大手企業で契約社員で事務職に就き、来年から正社員化が決まっているのに、会社と考え方が合わなくて、やっぱり今の会社を辞めたい。

やりたいことをやるために、会社を辞めることは甘えであり逃げなんじゃないのか?という、転職相談をいただきました。

やりたいことがあって転職したいと考えている時、一体どうしたらいいのでしょうか?

会社と考え方が合わないから今のままじゃイヤ!と思って当然

会社の体質が古い体質。サービス残業が横行していてメンタル疾患の人も多い。

大手企業で創業者のカラーが色濃く、24時間365日、創業者の訓示に従って同じ価値観を持つことが求められ、職場でストレスしか感じられない。

会社の体質に不満がいっぱいで、ストレスフルなのですよね。自分の価値観と違う環境にいることで、あなた以外にもメンタル疾患の方が多くいらっしゃるとのこと。

「会社なんてみんなイヤなのは同じ。どこに行っても同じだからガマンしたら?」

「正社員になれない人が多い中で、契約社員から正社員になれるだけでうらやましい!」

会社の体質がイヤだから転職したいと身近な人に相談すると、周りにはこのように言われるかもしれません。

超不景気の時代だったら、わがままと捉えられるほどです。

確かにガマンして耐えて冷静になって考えることも、もちろん大切です。正社員になれるだけマシでありがたいと思うことも、社会人として必要な要素かもしれません。

でも私は、心がつらくなるような過酷な労働環境の中でガマンして耐え続けるなんて、まったく必要ないと思っています。

「仕事を辞めたいなんていう自分は弱い人間で、忍耐力がない人間なんだ。」と、自分を責め続けていると、メンタルがやられてしまいます。

でも真剣に考えているからこそ、この先の道に悩んでしまうのですよね。

本当に逃げる人は、何も考えることなくパッと辞めてしまいます。だから逃げて、逃げて「逃げグセ」ができてしまうのです。

あぁ、私、1日で逃げて辞めた経験があるので(汗)、ものすごいよくわかります。周りのことなんて何にも考えずに、自分勝手に辞めるのはやっぱりよくないでしょう。

転職して1日で辞めてうつになるほど悩んだ失敗談。失敗してもすぐに行動したことで救われたこと

逃げとか弱いとかそんなことよりも、やりがいや生きがいを感じられない環境下で、何も考えずに変わろうとしない方がよっぽど問題ありです。

「今の会社を辞めるかどうか?」と考えることは逃げでも弱いことでもなく、別の違う選択肢を考えているに過ぎません。

今の会社の体質がイヤだから辞めたいと思うことは、悪いことでも何でもなく、今の自分と向き合う「転機」が訪れただけなのです。

会社を辞めたら子育てと両立して在宅で働きたいけれどお金が不安。今後の働き方はどうしたらいい?

やりたいことがある時、年齢を気にして不安になるのも当然

今後は結婚や出産もしたいけれど、この年齢で未経験の仕事にリスクを感じている。

やりたいことがあるのに、年齢がネックで思い切ってやりたいことにチャレンジ出来ない時、やっぱり諦めて現状のままでいいやと思ってしまいます。

「20代前半だったら未経験で就けたのに。」

「35歳までに転職しておけばよかった。」

どこかしら年齢を気にして、もう手後れだからと前に進めなくなることがあります。

私も年齢のせいばかりにして、ずっと後悔して生きてきましたが、だんだんと年齢が気にならなくなりました。

最近は50代の女性の方とお会いすることが多いのですが、色んな人の話を聞いていると、2パターンに分かれることがあります。

「もう50歳だから、これから再就職は無理かも。」と言う人と、「まだ50歳だし、これから起業しようと思うの。」という人です。

やっぱり後者の方が、全然イキイキとしています。

「もう○歳」という人と「まだ○歳」という人とでは、やっぱり「まだ」と思う人の方が前向きに人生を歩める可能性が高いです。

どうしても年齢のせいでできない、結婚や出産があるから諦めようという気持ちになってしまうかもしれません。

確かに年齢が高くなったり、結婚や出産を経て復帰すると守るものも増えてくるし、1度辞めると復帰へのハードルが高くなってくることは間違いありません。

以前より前に進むのが怖くなってしまい、最初の一歩が重くなってくるからです。

だから少しずつ進んでみる。私はいつも1歩が出ないなら、0.1歩でもいいから進んでみることをおすすめしています。

自分を変えたいけれど行動するのが怖い!やりたい仕事がよくわからなくて1歩も動けない時の対処法

変わらないじゃなくて、ちょっと変えてみるのです。

いきなり辞めるのが怖いのであれば、副業や週末起業をして、別事業が安定してくるまで待ってみる。

一気に起業や専門スキルの習得を目指すのではなく、1日30分でもいいので続けられるスキルアップをしてみるのです。

「これぐらい稼げてきたら、もう会社を辞めても大丈夫かな?」

現状がつらいから、何かを変えたい。

そう心が叫んだ時、私も本業中にがむしゃらに副業を頑張って、なんとか軌道に乗ってきたなと思った時に、会社を辞める決意を固めました。

「こんな歳でも、少しずつやってみようかな。」

年齢や結婚や出産や親やお金のことが気になっている時は、真剣に自分の人生を考えている証拠です。やりたいと思う気持ちが少しでもあれば、少しずつ前に進んでみるのです。

「やる」か「やらないか」の2択で迷った時、まずはやってみる。

迷いに迷っていつの間にか歳を取って後悔している自分が見えてきたら、おのずとどちらの選択肢を選んだらいいのかが、ハッキリと見えてくることでしょう。

不安があっても1歩前に進むことができたら勇気

私も幼稚園の時は、笑顔がステキで天使のような幼稚園の先生や保育士さんになりたいと思ったことがあります。

でも大人になると「給料が安い」とか「待遇面が悪い」とか色んなことがわかってきて、ふわふわっと虹色に輝いていたシャボン玉が、いつの間にかパチン!って割れてしまいました。

好きなことを仕事にするなんて、甘ったれたこと言ってんじゃねぇ!とか、世の中の誰かが言っていることを聞いてしまうと、他人の言動ばかりが気になってまったく動けなくなってしまいます。

人と違うことをすることって、とっても不安です。
新しいことを始めることって、やっぱり恐怖です。

不安や恐怖を避けようとすると、どうなってしまうのでしょうか?

親の意見とか世間体とかレッテルを自分にベタベタッと貼って、身動きできない「いい子」の自分が出来上がってしまうのです。

周りの意見を気にして批判を恐れて怯えてばかりでは、同じような人生を繰り返してしまいます。

でも繰り返してしまうのは、当たり前のことです。怖いことに立ち向かって行動することって、とっても怖くて勇気がいる行動だからです。

でも、こんな声が心の中から聞こえてきませんか?

自分の人生を変えたい。

「このままじっとしていては、いつかダメになってしまう。」と思ったのなら、細すぎて震えが止まらなくなりそうな橋でも、まずは歩いてみる。

いきなりバンジージャンプなんて怖くてできませんから、ちょっと橋を渡るぐらいやってみませんか?

不安があって当然。でも止まったままだとただ歳を重ねていくだけです。

橋を渡る時は怖いけれど、向こう側に透き通るようなブルースカイが待っているかもしれません。反対に身動き取れないような砂漠が、ただ一面に広がっているかもしれません。

わからない不安がありますが、わからないからこそ見えない先にワクワク感を楽しむことができます。

まずは上手くいくかどうかなんてまったく気にせずに、心の赴くままに楽しんでみる。

0.1歩でも進めたら、あなたには十分に勇気があるということです。

私も未知の世界に飛び込むことはとっても怖かったですし、飛び込んで失敗ばかりしていますが、今は前に進んでよかったと思っていますよ〜!

暗い未来じゃなくて、明るい未来を信じてみる。ただそれだけで、自然と勇気も出てくるのです。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

このブログは家計管理や貯金などお金との向き合い方、自分らしい生き方や働き方を見つけて人生をプラスに変えていける方法を誰にでもわかりやすくお届けしていきます。