2023年2月3日 -PR-

本当?アイフルホームで300万円の家の真相とおすすめローコスト住宅

ローコスト住宅で有名なアイフルホームを調べていると、300万円の家が建つという情報が!

ローコストの中でも超ローコストですよね。

真相が気になりませんか?

本当に夢のマイホームが300万円で建つのかと気になり調べてみました。

そこでこの記事では、

  • アイフルホームで300万円の家が建てられるなら、どんな家なのか。
  • アイフルホーム以外で、ローコストで建てられる工務店がないのか。

など、低予算でもお気に入りの家を建てて、理想の暮らしができる方法 をお伝えします。

マイホームを建てる時の参考にしていただけると幸いです。

注文住宅の一括見積もりはどこか良い?【5社を比較】おすすめや注意点も紹介

本当にアイフルホームで300万円の家を建てられるか

では早速、結論からお伝えすると、アイフルホームで300万円の家は建てられないです。

アイフルホームで300万円の家が建つ情報は、フランチャイズ加盟店である東和総合住宅株式会社が、独自で打ち出した過去のキャンペーンのようです。

ただ現在、該当のページは削除されており、真相はわかりません。

ですが、300万円の家は非常にキャッチーですし、気になる内容なので、たくさんの方が調べているようです。

注文住宅を簡単比較(PR)
  • 無料で手続きがスピーディー: わずか3分でネットで申し込みが可能で、料金(手数料)は一切不要
  • 豊富な選択肢: 1,050社以上のハウスメーカーから選ぶことが可能、大手34社も含まれています。
  • 充実の情報提供: 注文住宅の間取り図や資金計画、土地情報、補助金制度の情報が手に入り家づくり計画に役立ちます。
  • 大幅な値引きのチャンス: 他社の見積もりを提出することで、相見積もりを通じて300万円の値引きも可能です。
  • 特典とサポート: 限定のプレゼント実施中、専門のアドバイザーと電話で相談できます。家づくりをサポートします。サービスは土地探しにも利用できます。

300万円で建つ家とは?

出典:無印良品

アイフルホームではないのですが、実は300万円でも家は立ちます

ただイメージしているような家ではなく、小屋のような『タイニーハウス』と言われている家です。

タイニーハウスとは、シンプルで小屋のようなサイズの家のこと。タイニー(tiny)とは「ちっぽけな」「ちっちゃな」「とても小さい」の意味で、10m2から20m2ほどの平屋の家が多く、居住可能な人数は1~2名ほどである。内部はキッチン、トイレ、シャワーなど生活に必要な最低限の設備が設置されている。引用:suumo

家族で住むというよりも、庭に建てて趣味に使うような小さな家です。

コンパクトに暮らしたい方におすすめで、無印良品などで販売されています。

アイフルホーム最新の最安値プランは?

2022年11月19日に発売された『Lodina(ロディナ)』で、設計・デザインの合理化をを追求した、定額制のセミオーダースタイルの住宅 です。

価格は以下のように、公表されています。

販売価格 : 2階建て(27坪) : 1,485万円 平屋(21坪) : 1,320万円
2階建て : 延床面積85.29㎡、3LDK、G仕様
平屋      : 延床面積64.59㎡、2LDK、G仕様
引用:PRTIMES

以前は、ネット限定住宅『i-Prime7』が、本体価格約1000万円で販売されていました。

完全規格化住宅を実現し、インターネットを利用して人件費などをカット、品質と価格のバランスを重視した家で好評でした。

ただ現在は販売を一時休止しています。

注文住宅を簡単比較(PR)
  • 無料で手続きがスピーディー: わずか3分でネットで申し込みが可能で、料金(手数料)は一切不要
  • 豊富な選択肢: 1,050社以上のハウスメーカーから選ぶことが可能、大手34社も含まれています。
  • 充実の情報提供: 注文住宅の間取り図や資金計画、土地情報、補助金制度の情報が手に入り家づくり計画に役立ちます。
  • 大幅な値引きのチャンス: 他社の見積もりを提出することで、相見積もりを通じて300万円の値引きも可能です。
  • 特典とサポート: 限定のプレゼント実施中、専門のアドバイザーと電話で相談できます。家づくりをサポートします。サービスは土地探しにも利用できます。

アイフルホームが安い理由をお伝えします!

アイフルホームが安い理由は、リクシル住宅研究所が運営するフランチャイズだからです。

ウッドショックなどによる木材の価格高騰でも、まとめて仕入れし無駄を省き、価格を抑えられます

また大手ハウスメーカーで発生する下請けや外部発注による、中間マージンも発生したないため、無駄なコストがかかりません

住宅FC(フランチャイズ)とは、運営本部の看板や商品を使うことで、ロイヤリティを本部に支払う事業契約のこと。

個人経営の工務店などが、アイフルホームの看板や商品を販売し、販売手数料をリクシル住宅研究所に支払います。

アイフルホーム以外ローコストハウスメーカー3選!

ローコストで家が建てられるように、企業努力をしている工務店やハウスメーカーのおすすめ3社を紹介します。

耐震基準3をクリアしており、保証やアフターサービスもしっかりした3社です。

タマホーム

タマホームの20代でも購入できる『シフクノのいえ』は、初期保証・長期保証・点検システムなどを含んだコミコミ価格を実現した商品です。

  • 平屋の販売価格1,087万円(税込)~
  • 2階建てを1,149万円(税込)~

本体価格以外も含まれたコミコミ価格なので、金額がわかりやすいですね。

ただし、断熱材の関係で地域によって金額が変わることや、住宅ローンや外構費など必要な費用がありますので注意してください。

特徴

  • 施工管理・木材流通・住宅設備など独自の生産体制を構築している
  • 基礎部分を強化した地震に強い家を実現している

タマホームで注文住宅の坪単価は?特徴や口コミ評判も徹底解説!

アイダ設計

アイダ設計は「あったらいいな」をカタチにした『ALL IN ONE plus』の、WEB限定プランがコミコミ価格で1,530万円(税込)~です。

本体価格だけでなく、申請費や付帯工事などの必要経費も含まれた価格で、各部屋にエアコン・照明・カーテンまで付いています

しかもしっかりとヒアリングした上での自由設計なので、注文住宅をローコストで建てたい方におすすめ です!

特徴

  • 狭小地の設計が得意
  • 車内検査だけでなく第三者住宅検査期間による施工品質チェックを行っている
  • いい家をつくるために大工の育成を行なっている

ユニバーサルホーム

ユニバーサルホームの『UI セブン』は、手が届くリーズナブルな価格でも、家族みんなが快適に暮らせる、等身大のフリープランです。

これまでの実績から選び抜かれた間取り・外観・内装をセレクトするセミオーダーで、時間をかけずにお家づくりが楽しめます

ただし先行販売店舗が限られています。

価格の非公開なのか、公式サイトにも開示されていませんでした。

ですが、注文住宅の商品の坪単価が約50万円~なので、それよりも安いでしょう。

注文住宅の商品ラインナップはたくさんあり、ローコストながらも高級路線のポジションです。

特徴

  • 地域密着の地元の工務店を加盟店に持ちフランチャイズ展開している
  • 地熱を活用した『地熱床暖房システム』や『高性能外壁材ALC』の技術が強み

500万円の超ローコスト住宅は実現する?

300万円の家を建てるのは難しいですが、500万円からの超ローコスト住宅は建てられるのでしょうか。

調べてみると地域密着の工務店で、平屋の10~20坪程度の家が500万円~1000万円以下で建てられる ようです。

ただし価格の表示に気をつけましょう。

「本体価格」と表示されていると、付帯工事費・諸費用・消費税などもかかりますので、トータルでいくらになるのかをシュミレーションするのが大切です。

安い家を建てられる理由

ローコスト住宅を実現しているのは、徹底的なコストカットをおこなっているからです。
具体的には以下の5点です。

  • 宣伝、広告費を削減する
  • 仕様や施工を合理化する企画住宅
  • 建材や設備のグレードを統一する
  • 下請けを使わず一括で自社管理
  • 人件費のカット

宣伝・広告費を削減する

できるだけ宣伝や広告費にお金をかけないように、下記のような工夫をしています。

  • 全国放送のCMでの宣伝を行わず、地方限定のCMやインターネットを使う
  • 住宅展示場にモデルハウスを建てずに、自社の土地に建てる

仕様や施工を合理化する企画住宅

間取りプランや外観のデザインなどを統一すると、設計や工期にかかる時間が短くなります。

一から決めている注文住宅のように時間や手間がかからないことで、営業や設計、職人さんの負担が減り、人件削減につながります

建材や設備のグレードを統一する

建材や設備のグレードで金額が大きく変わります。

  • 使いたいメーカーがある
  • 欲しい機能がある

などこだわりがあれば、それだけ予算が上がります。

ローコスト住宅では、使う建材や設備のグレードを統一して、同じものを大量に仕入れコストカットを実現しています。

下請けを使わず一括で自社管理

会社の規模にもよりますが、施工や仕入れ、木材のカットなど下請けにお願いすると外注費がかかります。

ですので、外注をせず自社で行うと、不要な中間マージンが発生しません。

自社で一括管理をして、コスト削減に繋げています

人件費のカット

通常、営業・設計・コーディネーターなど、ハウスメーカーは、たくさんの人が関わって家を作って行きます。

企画住宅にすることで関わる人や負担が少なくなり、人件費のカットにつなげています。

賢く安く家を建てられる方法を知っておこう!

ローコスト住宅を選ぶと、安く家を建てられます。
ハウスメーカーや工務店は、企業努力でローコストにしていますが、中にはグレードの低い建材を使ったりや手抜き工事をしたりと、選んではいけない会社もあります。

そこでおすすめしたいのが『タウンライフ家づくり』

タウンライフ家づくりでは、一括で複数のハウスメーカーや工務店の『オリジナルの家づくり計画書』がもらえます

1つのローコスト住宅だけでなく、他のローコスト住宅を比較することで選ぼうとしている会社のメリットデメリットが見えます。

自分の知らなかった新しいローコスト住宅に出会えることも。

そして何より、タウンライフ家づくりに登録している会社は、厳選された会社のみ

自分で探した会社だと、悪質な工務店という場合もあり、見分けることが難しいです。

人生においても大きな買い物で「失敗した!」なんてことにならないように、利用してみてください。

あらかじめ厳選された中から選ぶだけで、失敗する確率がグッと下がりますよ。

納得した理想のローコスト住宅を手に入れよう

残念ながらアイフルホームで300万円の家は難しいですが、あなたの予算の中で納得いくローコスト住宅は選べます

アイフルホーム以外でおすすめのローコスト住宅は、下記の3社です。

  • タマホーム
  • アイダ設計
  • ユニバーサルホーム

ただ地元密着の工務店もおすすめです!

厳選されが会社のあなただけの「オリジナルの家づくり計画書」が、複数会社一括でもらえるタウンライフ家づくりを利用するのが賢い選択ですよ^^

無駄な時間を使わず、無料で使える便利なサービスを利用して、賢くマイホームを持ってくださいね。

 
注文住宅の一括見積もりはどこか良い?【5社を比較】おすすめや注意点も紹介
タマホームで注文住宅の坪単価は?特徴や口コミ評判も徹底解説!
福岡で注文住宅を建てるなら【おすすめハウスメーカー7選】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう