やっぱり都心に住みたい!痛勤電車で消耗していた私にとって、都心は結局メリット大でコスパがとってもいい

「なんでこんなつらい思いをしてまで、仕事しなきゃいけないの?」

私が20代の時に口グセのように言っていた、日々の心の悲痛な叫び声です。

あまりにも叫びすぎて、未だに脳裏に焼き付いています・・。

日本の中でもっとも人口が集まっている首都「東京都」ですが、東京と言っても、高層ビルが立ち並ぶ都心だけが東京都ではありません。

山や川、時にはイノシシやたぬきや鹿が出没するような東京郊外に住んでいた私にとって、都心の職場に通うことは、地獄の耐久レース以外の何ものでもありませんでした。

「やっぱり都心に住みたい!」

生まれてからずっと東京郊外で暮らしていますが、今頃になって超絶に都心の良さを発見してしまったのです。

通勤特快は痛勤特快!長時間人にプレスされた状態で地獄のよう

中央線の平日の朝に走っている通勤特快に乗って、東京郊外の山奥から銀座近くの海のそばまで、毎朝約2時間半かけて通勤していました。

JR中央線立川駅から乗って、国分寺駅から新宿駅まで乗っていくのですが、ノロノロ運転で地獄そのもの

ギューギュー詰めの中で長時間人にプレスされた状態で、ひどい時は遅延で1時間以上もの間、ギューギュー詰めの缶詰の中に閉じ込められてしまうことも多々ありました。

時々耐えられなくて、座り込んでしまうことも・・。

通勤特快は、まさに痛勤特快!

通勤時間が長いことを利用して、本を読んだり参考書を開いて勉強すればいいかと思いますが、本なんて全然電車の中で読めないです。本がビリビリに破れてしまいます(汗)

「なんで東京郊外なんかに家を買ったの?」と、親に対して恨みつらみを毎朝ぶつくさ言いながら通っていました。

終電間際の満員電車の中は、異臭を放つスラム街と化す!

朝の通勤電車も大変すぎるのに、終電間際の満員電車の中は酔っぱらいの人達で溢れかえっています。

そこらじゅうから色んなお酒のニオイがしてきて、ものすごいクサイです。夜遅くまで残業をしてきた人にとっては、まるで罰ゲームを与えられた監獄のようです。

フラフラの足でつり革を両手で捕まりながらグルグル回っている人がいても、みんなヘットヘトに疲れているから、誰も席を譲ろうとしません。

たまに見かけますが、上からも下からも出しちゃう人がいて、車内中パニックになることも・・。

終電間際の満員電車の中は、異臭を放つスラム街と化してしまうのです。

終電時間を気にしすぎてしまい、全然飲み会が楽しめない

銀座とか池袋や新宿辺りに勤めていた私としては、会社の飲み会も都心で開かれることが多いです。

でも、2時間半かけて家に帰らないといけない・・。

時計をチラチラ見ながらの飲み会は、全然楽しむことができないです。ほとんどの人が2次会に向かう中で、1次会で必ず帰宅。22時がリミットの生活を送っていました。

イヤイヤながら行く2次会に出席しなくてもいいメリットがありますが、毎週のように飲み会が開かれていた会社に勤めていた時はしんどかったですね。

友達との飲み会も断らないといけないし、ハメをはずして22時を過ぎてしまったことも何度もあって、飲み代+タクシー代だけで軽く1万円が吹っ飛んでしまったことも。

「都心に住んでいたら、もっと心の底から楽しめたのに。」

なんで郊外!なんで2時間半もかかるのよ!

終電時間ばかり気にしていた私は、飲み会重視派の会社ではほとんど相手にされることも減り、それが原因で転職に至ったことさえありました。

1時間の通勤時間だけでも、人生でこれだけの時間を消耗する

20代の時に後悔していることは、都心の会社の近くに思い切って住んでしまえばよかったということです。

なんであんなに意地を張って、片道2時間半もかけて通勤に消耗していたのでしょうか・・?今から考えると、頑張ることが美徳と体育会系のノリで通っていました。

満員電車じゃなくても、長時間移動するってだけでヘトヘトになって仕事どころではなくなってしまいます。移動時間も本当にもったいないですよね。

例えばですが、片道1時間の通勤を続けてみるとなると、週5日で10時間、1カ月辺り40時間もかかります。1年間にすると、なんと480時間も通勤に使っていることになります。

時給1,500円だとすると、なんと72万円ものお金になります。

これが2時間となると倍の960時間つまり、40日間ずーっと電車に乗っていることになるのです。

恐ろしい、恐ろしすぎる・・。

もはや、電車の中に住んでいるのと変わりません。たった片道1時間の通勤でこんなにも人生を消耗していたとは、計算してみてびっくりしてしまいました。

電車の中で何かを作業するなんてほぼ無理ですので、移動時間を極力短くして、降りてからカフェなどでゆっくりくつろげる環境で仕事や読書をした方がマシです。

時間でお金を生み出すことを考えた時に、貴重な自分の時間を単なる「移動」に捧げる価値があるのかどうか、しっかりと考える必要があるのです。

都心の家賃は思っているほど高くない!

「でもさ、都心は家賃が高いから住むには無理!」

時間が無駄になることぐらいわかっている!でも家賃が高いから、都心に住むなんて無理なんだよと思うかもしれません。

確かに3〜4人暮らしで広い間取りの家だったら、かなりの金額は覚悟しなければなりません。

しかし、20代で1〜2人暮らしをする程度だったら、都心はとってもコスパがいいですしメリット大です。

例えば、住みたい沿線ランキングで不動の1位である「山手線」の最寄り駅まで徒歩2分程度の地に住めば、東京、新宿、渋谷、池袋、上野なんかにスイスイと行くことができます。

1DKでも7〜8万円は覚悟しなければなりません。しかし、条件によってはもう1〜2万円下げることができます。

築年数が古くても自分でDIYなど工夫して住むことで、築浅物件並みの快適な空間を作り出すことができます。

例えば同じ1DKで間取りや築年数が同じでも、渋谷や新宿まで約1時間ぐらいの場所の家賃相場を調べても6〜7万円はします。

渋谷駅まで徒歩5分で8万円と、電車で1時間かけて渋谷駅まで6万円と、どちらが高いか安いか?

個人的な差はでてきますが、2万円ぐらいの差だったら、交通費でほとんど元が取れてしまうのではないかと思います。

電車で月5,000円の交通費がかかるものが、基本的に移動は徒歩か自転車で済んでしまいます。電車に乗るとしても、都心エリアに30分以内で行ける場所がほとんどです。

お金だけではなく、時間の差も生まれてきます。

通勤時間が15分と1時間の場合を比べても、往復時間だけで1日1時間30分もの差が生まれます。週5日で7時間30分、月で30時間、年間360時間もの差です。

時給1,500円に換算すると、年間で54万円もの差が生まれます。

単純に家賃だけを比べると、家賃6万円と8万円とでは年間24万円の差です。しかし、交通費や時間のことを考えると、実は家賃8万円の方がトータルでお得であることがわかります。

近場の海外旅行も夢じゃない?!勉強時間や愛する家族との時間に使った方が、よっぽど人生の中で有意義に使えるかと思います。

人生という時間を生み出せると考えれば、かなりお得なのではないでしょうか?

都内一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツ。ネットに貼り付いて探すだけでは思わぬ落とし穴にハマる

都心新築マンションは憧れだけれど、レベルを上げたらキリがない

現在私は、東京郊外の中古マンションに住んでいます。

やっぱりファミリーには、都心の物件は高すぎて手が出せません。1DKにはとても住めない・・。

今現在でも都心に行くのに時間を消耗していることもあり、やっぱり都心に住んでみたいです。

ピッカピッカの高層マンションに住みたーい!(心の底からの叫び)

確かに都心のピカピカの高層マンションは眺めがとてもよくて、憧れの住まいです。首都圏は「駅」で場所を認識しているため、都内の有名な駅ほど価値が下がりません。

多くのお金を使って、ブランド力のある駅チカに住めば、資産価値を落とさないステキな暮らしを送っていくことができるでしょう。

ホテル並みの24時間コンシェルジュサービスがあって、フィットネススタジオがあって、宅配サービスやコンビニがあってと、たしかに憧れです。

でもですね、生活レベルを上げだしたらキリがないです。

憧れで住んでみたものの、固定資産税が払いきれなかったり、豪華過ぎる共用設備が実は不要だったりして無駄な管理費を払っていたりというのをよく聞きます。

憧れだけれど、毎日の満足度はむしろお金がかかることでストレスフルな生活になることもあります。

いると便利だけれど、実際はいらないものであることが多いのです。

住む家は、自分に合った家であればいい。

満足度は「自分の中」にあります。

人生で貴重な時間とお金とのバランスを考えながら、どうしたら1番満足度が高い暮らしを送ることができるのか?

新築や設備にこだわることなく、自分自身が1番納得してワクワクすることを考えたら、色んな「暮らしの選択肢」が見えてくるはずです。

社会はなかなか変わらない。だから自分から変わっていこう!

通勤電車が苦痛すぎて消耗し過ぎてしまった私は、一体どうしたのか?

自宅を変えるのではなく、職場を変えました(笑)

自宅から徒歩3分の地にある会社へ積極的に転職活動をした結果、見事転職を果たし、10年間勤めて退職した後は在宅勤務にシフトして、ついに通勤時間ゼロを達成しました!

まだ東京の通勤時間で消耗しているの?駅近、保育園、通勤時間全てを手に入れた我が家の家探し体験記

通勤しないと仕事ができないとか、台風だろうと大雪だろうとまじめに会社に向かうことが評価されるとか、頑張る精神がえらいみたいな価値観が私は変だなと思います。

文句を言いたくなりますが、やっぱり社会はそんなにすぐには変わりません。

私も何度も会社の就業規則に文句をつけて暴動さえ起こしましたが(汗)、結局何も変えることができませんでした。

会社に行かなきゃいけないってルールがあるならば、それに従わなければならない。それが、社会ってものです。

ルールに従えないほどイヤなら、自分から移ればいい。自分から変わればいい。

そう思って、自分から行動して動きました。

通勤地獄で自分の時間を大切にしたい、通勤時間ってものすごい無駄だなと思ったのであれば、自ら行動して住む場所を変えればいいだけです。私みたいに会社を変えるパターンもありますけれどね。

徒歩で会社に行くことができれば、飲み会で終電も気にしなくていいですし、満員電車の異臭スラム街からも解放されます。痴漢にも合わないですし、電車の遅延トラブルもないです。

私、都心が大好きなのです!

いや、思い切って発想を転換して、移住も考えてはいるんですけれどね・・。仕事の関係もありますし、なかなか思い通りにはいかないです。

都内に住む我が家の国内移住先ランキングTOP5。東京都を脱出して住むならこの県に行きたい!

東京郊外でまだ消耗していますが・・、私、都心の街歩きが大好きなのです。都心に行くと1mmも消耗しないです。いつもワクワクしながら「未来の住む街」を探索していますよ。

社会はなかなか変わらないからこそ、自ら変わっていこう!

巨大な都市ですが、小さな私でも大きな夢を忘れることなく、自分らしい住み家を見つけるために、また近いうちにワクワク楽しい都心の街歩きに出かけてみたいです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう