新築購入を大失敗して後悔した私が告ぐ!家を買って幸せになるはずが反対に貧乏になる大きなリスク

20代の時に新築一戸建てを買って、環境選びに失敗。

たった1ヶ月でピカピカの家を売却し、たった1ヶ月で500万円の借金を背負ってしまって人生のどん底を味わってきました。

我が家が新築一戸建て購入を失敗し、借金500万円を作った理由

これから家を買いたいと思っている人に、私と同じ思いをして欲しくなんてありません。

「家を買いたいけれど、家選びに失敗して後悔なんてしたくない!」

人生の中で1番と言えるぐらい高いお金を出して家を買うのですから、買って失敗して後悔なんてしたくないですよね?

新しい家を買うことはワクワクしてとっても楽しいことですが、家を買うことで負わなければならない「リスク」もあることを、十分に知っておいて欲しいのです。

空き家が増え続けているのに、新築が増え続けているミステリー

mm_20160723_072620

「家を買いたいけれど、失敗したくない」と思っているのであれば、厳しい現実を直視してください。

あなたが結婚したり子供を持ったら、親世代から「家を買うことが一人前」「家を買うことがステータス」と何気なく言われたことがあるかもしれません。

日本人は総じて、「新築」が大好きです。

都心では新築タワーマンション、郊外では新築一戸建て。

新築か中古かと迷った時に、「どうせ高いお金を出して買うなら新築がいい」という結論に至る人が、まだまだ日本には多いのが現実です。

新築が大好きな人が多いために、新築住宅が毎年過剰なぐらいどんどん作られていっています。

しかし、あなたの周りをよく見てください。

住む家がなくて困っている人なんていなくて、住む家がどんどん余ってきている時代なのです。

「空き家」がどんどん増えてきているのに、どんどん新築が増えていくミステリーが起きているのです。

「空き家」は維持するにも壊すにもお金がかかりますので、そのまま老朽化して残ってしまっているという社会問題にまで発展していっています。

新築の持ち家を手に入れることが幸せのステータスと思っている人が多いために、作る側も売れることで、どんどん作っているという悪循環が起きているのです。

売れればいい。

売る側としても売れないより売れた方がいいに決まっていますから、家が余っているというのに、どんどん新しい家を作り続けてしまっているのです。

より新しいものを買えば安心と思うのは、大きな間違い

家のスペックは、新しい方がいいに決まっている。

「古い家」は「汚い家」だからダメと結びつけているあなたは、「新築至上主義」に洗脳されています。

築100年以上経つ京都のお寺や伝統的な日本の建物を見て、古くて汚いと思ったことってありますか?

古くて美しいと思うことって、多くないですか?

家は新しいから価値があるのではなくて、しっかりと建物の維持・メンテンナンスがされていることに、本当の家の価値があるのです。

日本の新築の家って、約30年ぐらいで資産価値がなくなると言われています。

でも欧米諸国では、築100年を超えた中古住宅が、新築以上の高値で取引されているというから驚きです。

長期的に資産価値が維持されてきたような古くて、メンテナンスに実績がある建物は今後も価値が持続する可能性が高いのです。

反対に考えると、何も実績データがない新築を買う方が、実績がないからこそリスクが高いのです。

10年後に維持されているかわからない。
3年後に瑕疵が見つかるかもしれない。

耐震性能や最新の設備のスペックだけでいい家だと判断して、より新しい建物であれば安心だと判断するには、あまりにも楽観的すぎるのです。

一生かけて頑張って払い終わった頃に、建物の価値がゼロ円に

ほとんどの方が、家を買う時に35年の長期にわたる住宅ローンを組んで買う方が多いかと思います。

32歳で35年の住宅ローンを組めば、67歳までローンを払い続けなければなりません。

35年後までローンを払い続ける確信なんてもって家を買える人なんて、ほとんどいないことでしょう。

新築の家を35年ローンで買っても、35年間一生かけて必死で払い続けた後の建物の価値は「ゼロ円」となる事がほとんどです。

悲しすぎる現実ですよね・・。

高いお金を払って「資産」を買うために買ったはずなのに、ならないという現実が、新しい家を買うことで貧乏になってしまう悪いスパイラルなのです。

古くても高い価値ある家を買っておくことで、価格が上がるのを待って買い換えていくことで、より高い家に住み替えることだってできるのです。

新築は買った途端に一気に2割価格が下がります。
我が家がたった1ヶ月で借金を背負った理由です。

長期的に住宅ローンを組むことによって、毎日汗水垂らして働いて払い終わった頃に、何も価値が残らないリスクだってあるのです。

結局儲かるのは買った本人ではなく、売り主さんでもなく、長期的にお金を貸す銀行なのです。

不動産売却時に思ったことですが、銀行って貸す時はニコニコでも、売る時はとっても冷たい対応で「ただの金儲け主義の機関」だなと、しみじみと感じたものです・・。

長期ローンを組むことで人生の柔軟性が奪われるリスク

今は終身雇用制度が崩壊していますから、同じ会社に一生勤める人は本当に少なくなってきました。

家を買った時はよくても、5年後10年後に会社を辞めたくなってしまった時でも、転職して給料がダウンしたらローンが払えなくなってしまうリスクがあります。

結婚して家を買った時は幸せだったのに、人生なんてどうなるかわかったものではありません。

離婚して家を売ってしまいたいのに、買った価格より売る時の価格が安すぎて、売りたくても売れないリスクだってあるのです。

家を買ったばかりに、人生のやりたいことをあきらめたり、人生の柔軟性が奪われることほど悲しいことなんてありません。

長期的なローンを組むほど、長期的な人生が固定されていってしまいます。

本当に大切なことは「家」自体ではなく、あなたの「人生」ではありませんか?

住宅ローン破綻は人ごとではない。4,500万円の借入れはゼッタイやめた方がいいとの指摘に感謝した日

家を買うリスクをチャンスに変えていく

「家を買いたかったのに、家を買うことが怖くなってきた。」

何だか新しい家を買っても資産価値が落ちるかもしれないし、家を買うと人生縛られるしで悪いことばかりのようです・・。

新築購入に大失敗して後悔しまくった私ですが、それじゃあ家を買うことをやめたのか?

いえ、再び家を買いました。

でも新築の怖さを知っていたので、建物評価が高い中古を買いました。

リスクは危険で怖いものではなくて、リスクを理解した上でチャンスに変えていったのです。

リスクの本質をきちんと理解した上で購入すれば、そこからチャンスが生まれてくるのです。

新築の家を購入することで家の価値は減ってしまうかもしれないけれど、住環境を向上させるチャンスにもなります。

田舎に家を買うことなんて、お金のことを考えるとリスクだけれど、夢の田舎暮らしが実現できるチャンスにもなります。

リスクはある人にとっては「悪」かもしれませんが、すべての人にとって「悪」ではないのです。

自分が実現したいライフスタイルを新しい家を買うことで実現できるのであれば、買うことで幸せになれるのです。

自分が許容できるリスクなのかをきちんと見極めてから家を買うことが、家を購入する上でとっても大切な事なのです。

家を買うリスクを十分に知った上で、自分の幸せを手に入れよう

ienonaka_20160725

日本では家を買うことが、人生の幸せのゴール。

この考えを持っている限り、あなたはずっと幸せになんてなれません。

新築の方がいいと決めつけて買ってしまうことで、無理をしてでも買ってしまうのが人間の弱い所です。

家購入後の人生で何が起ころうとも、買ってしまった後にはそこから逃げたくてもなかなか逃げることができず、最悪の場合は破綻してしまうこともあります。

やっとの思いで買った家のローンが完済した後に、老後の資産となるかと思ったら、反対に空き家になって負債となることもあります。

でも家のリスクをきちんと理解した上で、精神的にも経済的にも無理をしない家を買うことで、貧乏を買うことなく幸せを買うことができます。

家を買う時に自分の理想とするライフスタイルが決まっていれば、最小限のリスクで買うことができます。

でも人生なんて、何が起こるかなんてさっぱりわかりません。

リスクが100%ない家の買い方なんてできませんから、リスクが少しでも減るような身の丈にあった家を買うことで、リスクをチャンスに変えていけます。

新築がリスクとわかっていても、精神的な幸せを買う事の方が幸せになれると思うのであれば、それは幸せを買えたことになります。

価値ある場所に新築を買っても、きちんと管理・メンテナンスをしていけば、家の価値は自分で守っていくことだってできるのです。

リスクは自分の手で、どんどん減らしていくことだってできます。

誰もが貧乏なんて買いたくないですし、できれば幸せな人生を送っていきたいものです。

住まいを買う「リスク」を知ることが、「幸せ」を買える

周りのすすめや世間の常識に振り回されるのではなく、自分の幸せ基準を1番大切にした家探しをしてみてくださいね。

未公開物件多数!自分の希望にぴったりの家探しをしませんか?

niwa_20160605

「家を買いたいけれど、どうやって選んだらいいかわからない。」

家選びは一生に1度あるかないかの大事な高額な買い物なのに、どうやって選んだらいいのかわからない方が多いかと思います。

住みたい街の大切な情報は、心から信頼できる不動産会社から届けてもらいたくありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめなのが、信頼できる不動産会社が全国で300社以上も登録されている「タウンライフ不動産売買」です。

ここには、世の中にはまだ出てきていない「未公開物件」が多数掲載されているのです。

実は、広く知られている大手不動産検索サイトなんて、売れ残りの物件ばかりが公開されています。

本当に売れる物件は、世の中にわざわざ公開なんてしません。

誰もが欲しいと思えるような家は、宣伝なんてしなくてもすぐに売れてしまうからです。

一戸建てやマンション、土地や投資用の収益物件まで、不動産検索サイトにはない物件選びができるのです。

あなたの希望条件にぴったりな物件情報を届けてくれます。

不動産選びに失敗している私は、もっと早くこのサイト知りたかったです!

このサイトは信頼性抜群なのに、ほとんど知られていないサイトですので、本気で家探しをしているなら登録しないと後悔してしまいますよ?

住みたい都道府県を選ぶだけで、あとはたったの60秒で簡単に無料で登録することができます。

誰よりも先に物件情報を知ることが、家選びに成功するコツです。

まだ誰も知らないような新しい未公開物件情報を受け取って、どこの誰よりもいい家探しをしてみてくださいね。

無料会員登録はたったの60秒!信頼できる不動産会社からまだ誰も知らない未公開物件情報を送ってもらう