何もしたくない時に主婦の私がしている対処法。燃え尽きて落ち込んだ時こそ人間の原点に帰る

最近の私、とっても疲れているんでしょうか?

20代の頃の私は、深夜遅くまで働き詰めの毎日でも、ぐっずりと寝たらまたすぐに元気になり、満員電車に乗って出社するのもそれほど苦痛じゃありませんでした。

しかし、30歳でワーキングマザーになってから、さらに目が回りそうに・・。

子育てしなきゃ!
家事をしなきゃ!
仕事をしなきゃ!

主婦の私は家のことだけでも精一杯なのに、巣でピーピー泣いている「小鳥」の命を守ることに必死だったと思います。

「何だかもう、疲れ果てた・・。」

ピーン!と張り詰めたゴムが切れることが度々起こって、何もする気がなくなってしまい、心がズドーンと落ちてしまうことがよくあるのです。

必死に働いてきたけれど、最近はふと燃え尽きてしまうことも

『働かざる者食うべからず』ということわざが、私の心に呪いをかけているかのような人生でした。

10代の頃から週1で休めればいい方でした。ほとんど不眠不休で、1円でも多くのお金を稼ぐことだけを考えて必死に働いて生きてきた気がします。

20代と30代は、働かなかった期間ってあったかな?

「生きるために働かなきゃ。休むヒマなんてない。」

20年間もの間、足のウラから血がにじみ出るほど全力疾走で働き続けてきた私自身は、足首にずっとつけていた黒いゴムが伸び切ってしまい、最近になってプツン!と切れてしまったかのようでした。

ただ目の前にあるのは、仕事だけ。

夢の中まで仕事ばかりで、24時間走り続けてきた私でしたが、40歳手前になって一気に疲れを感じてしまうように・・。

年齢のせいなのか?走りきって、心のガソリンが燃え尽きてしまったのか?

「私、何のために働いているんだろう?」

何のために働いているんだろうから、何のために生きているんだろうに考えが発展していってしまうことも・・。

仕事漬けの日々でヘトヘトに疲れ切っていた私でしたが、人生が後半に差し掛かったタイミングで、ふと立ち止まってしまい、何もする気が起きなくなってしまうことがあるのです。

仕事漬けの日々で生きることに疲れてしまった人に贈りたい。ストレスをためないための本当の仕事術とは

子育てが一段落して、急に緊張の糸がほぐれてしまった

子育てなんて、誰にも教わってないからわからないですよ・・。

親と一緒に住んでないから気軽に聞くこともできないし、代わりを頼めないし、無我夢中で子育てをしてきた気がします。

2人の年子を別々の保育園に預ける壮絶な日々をずっと続けてきましたが、待機児童のニュースを見る度に「保育園に預けられるだけマシ!」「働けるだけマシ!」と、必死に自分の声を抑えて生きてきました。

赤ちゃん時代の頃なんて、どうやって子育てをしてきたのかまったく覚えておらず、保育園が終わる頃になってようやく落ち着いてきました。

2人の娘が小学校に上がり、下の子が小2の夏ぐらいの今になってお友達とよく遊ぶようになり、だんだん親といる時間が減ってきたためか、急にラクになった気がします。

私が1日中家にいなくても、夏休みなどの長期休暇中は姉妹で協力し合って、ご飯作りや家事もしてくれるようになりました。まさに家の中では立派な頼もしい存在です。

「友達と遊びに行ってくる!」

「一人で買い物に行ってくる!」

1人でほとんどのことを何でもできるようになり、「親がいなきゃ!」と思う瞬間が急に減ってきたのですよね。

あぁ、私が必死になって「小鳥」のためにエサを探しに行かなくても、自分たちでエサを探しに行くようになったのかと・・。

これがまさに、子育てが一段落したという瞬間なのでしょうか?

約10年弱の間、必死に張り詰めていた糸が急にほぐれてきてしまい、私自身の存在意義がよくわからなくなってきた気がするのです。

燃え尽きてしまった私に手を差し伸べてくれる人がいた

仕事にも子育てにも、何もかも必死になって頑張ってきてしまったために、何もする気が起きなくなってしまった私、

まさしく、燃え尽き症候群です・・。

気持ちまで落ち込んでしまい、家の中でもウツウツとしてきてしまっていたのですが、そんな時ってやっぱり手を差し伸べてくれる人がいるのですね。

「桃音さん、どこかおいしい所に食べに行こう!」

オモテでは元気そうにしている私ですが、ウソは顔に出てしまうほどすぐにバレてしまう私です。昔からの私を知っている人は、メンタルが落ち込んでいることがわかるのでしょう。

そういう時にふと、温かい言葉と手を差し伸べてくれる人がいるのです。

もうそれだけで気分が盛り上がってしまいますけれどね。

いつも1人で食べることが多い私ですが、気心許せた人に誘われることほど、燃え尽きていた心が癒されるものはないなとつくづく感じているのです。

燃え尽きて落ち込んでいる時に私がしていること

普段のランチなんて、夕飯の残りか冷凍食品を温めるだけしかしていないのに、気分が落ち込んでいる時こそ、とくにおいしい料理を食べに行きます。

気分が盛り上がるようなオシャレなお店に入り、そのお店の中で1番テンションが上がりそうな料理をオーダーします。

これが、メチャクチャにおいしい!

天空にいるかのような料理店で、ひと口ずつおいしい料理を噛みしめながら食べると、この上ない幸せな気持ちになれるのです。

ゆっくり、ゆっくり。楽しい会話をしながらおいしい料理を食べるのって、この上なく幸せです。

 

もし友人に誘われていなくても、私は1人でもよくおいしいランチに行くようにしています。

なるべく栄養バランスが整った和食を食べるようにし、いつも以上にゆっくり時間をかけて食べるようにしています。

まるで自分の心と、じっくりと対話しているかのように・・。

「おいしかった!何だかとっても元気になれた〜!」

お腹がいっぱいになることで、この上ない幸せなひとときに心をどっぷりと浸せることができるのです。

落ち込んで元気がない時の方法は単純。おいしいものを食べること

何もしたくないほど落ち込んでしまった時は、よく寝ることはとっても大切ですが、寝て起きれば明日も頑張れそうというノリでの回復術は、最近はほとんどできなくなりました。

言われるがままに、体と心が欲するままに、気心しれた人とのおいしいランチに行くことで、自然と元気がでてくるから不思議です。

人間は、食べないと生きていくことができません。

食べることは、人間の原点です。生きることの原点の欲求を心ゆくまで満たしてあげましょう。

食べることは生きること。親がいなくなっても自らの手で作って生き抜く力を身につけさせたい

元気がないから食べないでいると、食べないから元気がでないという悪循環に陥ってしまいます。

でも、心の底からおいしいものを食べることで、悪循環も断ち切ることができます。

無理してまで、たくさん食べなくてもいいのです。

食べる量なんて少なくてもいいので、心がウルウルと感動するほどおいしい料理を食べに行くようにしてみましょう。

燃え尽きてしまい、やる気がでなくて落ち込んでしまった時でも、おいしさに感動することで元気になり、おなかと心がいっぱいに満たされることで元気になっていきます。

もし友達が元気がなくて落ち込んでいる時は、「おいしいご飯を食べに行こう!」とぜひ誘ってみてください。行くお店も、友達が1番好きな料理を選んでみるのです。

お金はかかりますが、出来る限りおごりにすることで友達の元気もパワーアップし、あなたへの人望もよりパワーアップしていくことでしょう。いざという時に心強いミカタになってくれます。

やはり人間、お互い様の精神で生きていくことが大切ですね。おいしいものを介して、実は人からの温かいエネルギーまでいただいているのです。

落ち込んで元気がない時は、とっても単純です。人間の原点に立ち返ることで、沈んでいた心を救ってあげることができます。

とことん落ち込んでしまった時こそ、とことんおいしいものを食べよう!

落ち込みから救いたい時は、おいしいものをたっぷりと食べて、お互い元気いっぱいになってくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう