貯金1,000万円からたった1年で2,000万円達成!お金を貯めて増やすためにやってきた5つのこと

自分自身、お金なんてまったく貯められない人間だと思っていました。

幼少期から愛情に飢えて育ってきた私は、お金でその愛情を埋めようと必死にもがいて生きてきました。

お金が自分の手で稼げるようになってからは、お金が入るごとに使い、浪費しまくり借金だらけに。

何も考えずに買いたいものを買いたいだけ買っていた私は、貯金なんてできる体質ではないと、劣等感いっぱいに生きてきました。

貯金ほぼゼロ円で結婚し、子供ができてからお金に危機感を持って生きてきた私は、貯金100万、300万、500万円と少しずつ貯められる人に変わっていきました。

そして37歳で念願の1,000万円が貯まり、ついにつぎの大台を突破することができたのです。

たった1年間で、貯金2,000万円を貯められるように!

37歳の3月に、私は最初の大台である貯金1,000万円を貯めることができました。

30代後半で貯金1,000万円がいつの間にか貯まっていた!お金を貯めるために必要な4つの基本的なこと

借金体質だった私でも、お金を貯めようと思えば貯められるものなのでしょうか?

mm_chokingaku_2016-07-12 15.09.36

38歳の4月時点で、なんと貯金2,000万円を達成することができました。

2,200万円貯まっていますが、200万円は今後出て行く先が決まっているお金ですので、正確には貯金ではありません。

たった1年間で1,000万円も貯められるなんて、自分でもびっくりしています。

貯金できなかった私が、どうやって貯金できるようになったのか、あなたは知りたいですか?

色んなお金を貯める方法やコツがありますが、今まで主に実践してきた5つの事をご紹介いたしましょう。

ゆるくでいいので家計簿はつける。貯蓄簿でマインドを強化

お金を貯めるためのツールとして、家計簿を真っ先に思い浮かべるかと思いますが、つけた方が貯まるかと言えばやはり貯まります。

結婚してから14年間、家計簿のツールやカタチは変えつつも、家計簿はずっとつけ続けています。

家計簿ってとってもめんどくさいですけれど、お金が貯まらない人はお金の流れが把握できていない人がとても多いです。

家計の実態を把握し、日々のお金の動きを見るためにも、まずはざっくりとゆるくでいいので3ヶ月間続けてみましょう。

1円単位まで細かくつけることが大切なのではなく、家計簿は長く続けることがポイントなのです。

今は自動でつけてくれるお助け家計簿アプリもありますので、手書きで続かない人はそういった便利ツールに頼るのも1つの手です。

無料の家計簿アプリでおすすめ度No.1はこれ!レシートを撮影するだけなのに自動仕分けでラクラク管理

家計の流れが把握できてきたら、あとは「貯金簿」だけでもOKです。

私は貯金簿を毎月の夫の給料日に合わせて更新しているのですが、見るたびにお金を貯めたいマインドが強化されて、ぐんぐん貯まるようになりました。

1年間で500万円貯金出来たのはExcel家計簿「貯金簿」がヒケツ。未来のお金を貯めるマインドを強化せよ

無駄な固定費だと思ったものは、ザクザク切る

お金を貯めるためにもっとも基本的で当たり前のことですが、収入の範囲内で暮らすことがもっとも大切なことです。

収入額をオーバーして赤字になっている時は、無駄な固定費がないかどうかを随時チェックする習慣をつけるようにしていました。

月払いになっている支払いで、年払いにした方がお得なものは切り替える。

通信費では、家族間同士で同じキャリアに統一して通話料の無駄がないかどうかをチェックする。

意味がない、ただグダグダになるような飲み会、まして2次会や3次会なんて行ってタクシーのお世話になるのはやめる。

毎日の習慣になっているようなコンビニやカフェ、酒やたばこなどの嗜好品はやめる。

家賃や光熱費以外にも、日々無意識に習慣になって使っているお金は、立派な固定費です。

毎日少しずつこういった無駄な支出を見直していくことで、収入の範囲内で家計もおさまるようになっていきました。

貯金習慣を1日1つずつ身につけていけばお金は貯められる。今すぐ貯まらない浪費行動をチェックせよ

収入が増えていっても、見栄やプライドをはらない

共働きで長年働いていると、収入も少しずつですがアップしていきました。

世帯年収800万円だったのが、世帯年収1,000万円世帯になってくると、さすがに見栄やプライドがでてきてしまいます。

いいマンションやいいクルマ、オシャレや美容代、子供の教育への投資など、どうしてもいい暮らしやいい教育がしたくなってくるはずです。

「同じクラスのあのママにだけは、負けたくない。」

誰かと比較して妬み、誰よりも上になりたいという見栄やプライドが邪魔をして、「自慢菌」へと変貌し、お金を浪費へとむしばんでいきます。

私も車にどんどんお金をつぎ込んでしまったのは、この自慢菌がついていたからでした。

20代でこの自慢菌に対する耐性菌がついたからか、30代になってからは収入が200万円増えても、支出は現状維持するようにしていきました。

「誰かに見せびらかしたくて、生きているわけではない。」

収入が増えても、見栄やプライドは増やさない。

収入で感覚がマヒしないような生活をトレーニングしていったことで、お金の貯まる速度が加速度的に増えていきました。

お金持ちになりたい人はお金の自慢はするな。お金が自らの身を滅ぼして破滅する凶器に変わる

節約だけでは増えていかない。お金を運用して増やした

お金を節約し、無駄なものは買わない倹約生活を送ることは、貯金をする上ではとっても大事で基本的なことです。

私も食費や日用品、固定費まで頑張って見直してきましたが、やはり節約だけではぐんぐんお金は増えていきませんでした。

銀行に預けたって、今はタンス預金とほとんど変わりませんし、ATMの使い方を一歩間違えたら、むしろ貯金がマイナスになってしまう時代です。

節約が最初のステージだったら、次のステージでは貯めたお金を増やすことを考えてみたのです。

節約のステージが、

収入 − 支出

だけだとしたら、お金を増やすステージは、

(収入 − 支出)×  運用

というステージです。

正直に言って、私はあまり投資にはくわしくありません。

自分で運用する自信がないために、「投信積立」という毎月自動で引き落として、プロが運用していくというスタイルを取って、長年じっくりかけてお金を増やしていく方法を取っています。

銀行では金利が0.001%なのに対して、投信積立の金利は平均3〜5%はいくと言われています。

予定通りになんていかないですが、長年じっくりと待つことも大切です。

それだけハイリスクハイリターンですが、大きく増やすためには「攻める姿勢」が必要です。

と言っても、投資に回しているお金は今のところ全体の貯金額の5%と、かなりセーブしていて、もっと攻めていかないといけないなと、猛反省中です・・。

お金を貯めることができるようになってから、お金を増やすステージに進むことで増やしていくことができているのです。

セゾン投信でゼッタイ貯める1億円!年金なんてもうアテにならない!自分の将来は自分の手で守りぬく

お金を大好きになって、お金儲けに対する心のブロックを取る

実は最後のこれが、たった1年で1,000万円貯められた1番大きなコツかもしれません。

お金を大好きになることです。

世の中では、お金のことを話すことがあまりにもタブー視されています。

なぜですか?

お金のことって人生でもっとも密接で欠かせない存在なのに、お金の話は控えろ、お金儲けなんて考えるなと言われて、私達は育っていきます。

だから大人になってから、お金の使い方で失敗するのです。
お金のことを誰も教えてくれないし、考えないからです。

人を騙してお金をぶんどることは、ハッキリ言って正しいお金儲けの方法ではありません。

そんな悪いニュースや狭い情報ばかり見ているから、あなたのお金に対するイメージがどんどん悪くなっていくのです。

お金に対する悪いイメージを取っ払らい、正しいお金儲けの方法をしっかりと学び、お金のエネルギーをもっともっと引き寄せていくのです。

ただお金を貯めるだけでは、お金って増えないんですよ。

お金を稼ぐためにお金をどんどん使い、それ以上にお金を引き寄せる循環サイクルを作るようにしていきました。

お金を使わない脳ではなく、お金をどんどん稼いで増やしていく脳に切り変えていったのです。

そのためにはお金を大好きになり、お金に好かれるために猛勉強をし、お金儲けに対する上限のブロックをはずして正しいエネルギーを持つ。

お金儲けにクリーンなイメージを持って稼ぐエネルギーを身につけていくことで、どんどんお金を引き寄せられる人に変わっていきました。

2,000万円貯まったけれど、ただ貯めるだけの人生にはしたくない

mm_2016-07-28 18.03.23

たった1年間で1,000万円貯められる人になってきましたが、今まで簡単に順調に貯められてきたわけではありません。

ここで書いた5つの方法以外にも、色々お金のことで試して失敗しながらも、メンタルと家計改善の両方を実践しながら、少しずつ貯めることができました。

2,000万円貯まったら、次は3,000万円とどんどん貯めるだけが目的になってしまいますが、目的がない貯金はただの死に金です。

お金は使ってみて、はじめて生き金に変わります。

我が家には、まだ住宅ローンが2,500万円程度残っています。

最優先に住宅ローンの返済を考えないといけませんが、今のところ金利も低いですし、繰り上げ返済のメリットがないため、特に早急には考えておりません。

住宅ローン返済のために今は貯金を頑張っている次第ですが、貯めるだけの人生にはなりたくはありません。

お金を貯める達人ではなく、自分の心が満足できるような使い方ができる「お金を使える達人」になっていきたい。

ただ貯めるだけのお金持ちではなく、幸せの泉であふれる「心持ち」になりたい。

正しくお金を儲けて、人にどんどん使って感謝される人になっていきたい。

次のステージに向けて、お金を貯める目的を見失わず、質素で心地よいシンプルな暮らしを心がけていきたい。

お金が貯められないあなたは、お金が貯まる講座を受けてみよう

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に行ってきた。お金の貯め方を学びたい人は1度聞いて来よう

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。