20代で貯金を300万円貯めるコツ。お金を貯めるか使うか迷った時にこれだけは身につけて欲しいと思うこと

「給料をもらったはいいけれど、お金ってどうやって貯めたらいいんだろう?」

社会人になって初任給をもらえるようになると、アルバイトとは違ったお金の重みを感じる方も多いかと思います。

だからこそ、お金に対して不安になりますよね。

学校ではたくさん勉強してきたはずなのに、貯金の仕方なんて先生が教えてくれた人はいたでしょうか?

お金が手元に入ったはいいけれど、お金のことなんて会社では誰も教えてはくれません。

今の会社では取引先の機嫌の取り方とかあの先輩とあの子はデキているとか、余計なことはたくさん教えてくれたりします。

「給料って貯金した方がいいのかな?使っちゃった方がいいのかな?」

お金をもらえる立場になると、決まって悩んでくるかと思います。

20代でお金の管理や使い方に悩んだ時、どうやってお金と向き合ったらいいのでしょうか?

20代ではお金を貯めた方がいいのかに対する30代の私の考え

「お金はコツコツと貯めた方がいい。」

「若いうちにお金なんて貯めなくてい。」

社会人になると「貯めろ」と言われたり、「貯めるな」って言われたり。

一体どっちなんだよ!と、不安になってしまいますよね。

私が20代を通り過ごして30代になった今となって思うことは、貯金はある程度した方がいいと思っています。

貯金をしなくてもいいというのは、やはり20代は「体験」にお金を使った方がいいということですよね。

人生は、生きているうちに何を体験してきたかで決まります。

確かに人脈を作るためにどんどんお金を使えば、人望ができて30代になっても人に助けられる人になれることでしょう。

私も20代の前半は、お札をジョッキに入れたかのようにゴクゴクと無くなっちゃうまで飲み干していました(笑)

貯金なんて何のこと?と言うぐらい、全然お金なんて貯まりませんでした。

確かにお金を貯めるよりは体験を優先した方がいいのですが、お金に関してはこれを大切にして欲しいと思うことがあるのです。

お金を貯める習慣だけは、20代のうちにつけた方がいい

私が思うには、20代では無理やり貯金する必要はありませんが、お金を貯める習慣だけはつけた方がいいと思っています。

20代と言わずに、10代からコツコツと定期的にお金を貯める習慣をつけることは、これから生きていく上でとっても大切だと思っています。

私は「貯金なんて仕事に余裕ができて、少し給料が余ってからでいいや。」と、勝手に思っていました。

しかし20代というエネルギーがあふれる時期に、そんな余裕なんてまったく訪れなかったのです。

洋服代や化粧品などの美容代。
交通費やランチ代に飲み代。

終電を逃してしまって、メーターの料金が上がるのをビクビクしながら乗るタクシー代。

20代のうちに無計画に使ったすべてのお金が、無駄遣いだったとは思ってはいません。

しかし明らかに20代の私はストレス発散のために浪費に走ってしまい、貯金ゼロ街道まっしぐらでした。

「お金に余裕ができる日」なんて、まったく訪れなかったのです。

貯める習慣が毎月1,000円でもあったら違っていたのになと、今頃になってものすごい後悔しているのです。

やはり20代から給料の一部でもコツコツとお金を貯める習慣をつけておくことは、お金と向き合うという意味ではとっても大切なことではないかと思うのです。

20代で貯めるコツは、お金を増やす順番を間違わないこと

お金を急いで増やそうと思っても、なかなか増えていきません。

急いで増やそうと思っていると、ギャンブルのように一瞬で紙くずになってしまうことだってあります。

お金を増やすには、大きく3つの段階があると思っています。

  1. お金を貯めて元本を増やす
  2. まとまったお金で勝負して増やす
  3. 増やしたお金で安定運用する

貯金がまったくない20代は、1.のお金を貯めて元本を増やすことが1番先にやることです。

元本を増やす時期に、パチンコだ競馬だショッピングだと娯楽にお金を使っていたら、元本がいつまで経っても貯まっていきません。

今は銀行の金利がほとんどつきませんので、元本を増やすことだけをしていたら、いつまで経ってもお金持ちになんてなれません。

親世代の「銀行にお金をコツコツと貯めなさい」という言葉だけを聞いていたら、まったく増えていかないのです。

勝負ができる20代では、どんどん勝負をしてお金を増やすチャレンジをしていける時期です。

30代になると貯めたお金が結婚や子育て費用へと消えていって、家計はやりくりがますます大変になっていきます。

なかなかお金を勝負したくても、自分のために自由に使えるお金がどんどん減っていってしまうのです。

子供にお金がかかるからと、お父さんのお小遣いはどんどん少なくなっていくし・・。

20代で体験にどんどん使った方がいいというのは、「人生の拘束」が増えてくるからかもしれませんね。

でも何と言っても「元本」がなければ、お金は増えていきません。

20代では、まず元本を増やすために何をしていけばいいのでしょうか?

20代では、いくらぐらいの貯金を貯めたらいいのか?

「20代では、一体いくらぐらいの貯金を貯めたらいいのかしら?」

私が貯金をしてきた経験上では、月収の6ヶ月分ぐらいあった方がいいと思っています。

毎月の給料の約20%を貯められれば、すばらしい達成率です。

20代でも会社が合わなかったり、思わぬ病気をしたり、リストラされて職を失ったりするかもしれません。

やはり職を失っても生きていくためには、最低半年分ぐらいの備えはあった方が安心です。

1番肝心である貯金目標ですが、20代では300万円を貯める目標にした方が、30代でその貯めたお金がゼッタイ役に立つ時がきます。

20代の手取り月収は約20万円あればいいほうですが、20%だと4万円ですから相当ハードル高くないですか?

一人暮らしをしていたら家賃や光熱費や食費などもありますから、全然足りない金額ですよね。

でも「いずれ給料が上がってからでいいか。」なんて期待して貯金をしないのは、問題を先送りしているだけです。

今は残念ながら、ほとんど給料なんて上がらない悲しい時代です。

弱気になってしまう気持ちに喝を入れるためにも、やはり強制力が必要になってくるのです。

お金を貯めるためには、2つのお金の見直しが大切

人間はお金を貯めようと思っても、習慣が身についていないと全然お金って貯まっていきません。

お金をきちんと貯めていくためには、2つのお金の見直しが必要になってきます。

先取り貯金をする

私は銀行にたくさんお金が引き出せる状態だったり、財布に1万円札が入っているのがわかると、仕事のストレスから買い物に走っていってしまう人でした。

だからこそお金を貯める意思が弱いことがわかった時点で、お金に意思を介入させない仕組みづくりを強制的にすることをしました。

その方法が「先取り貯金」です。

給料から天引きで貯金をしてしまえば、自分の意思とは関係なしに引き落とされていきます。

入ったお金の範囲内でやりくりをしなければなりませんから、実に効果的です。

給料口座から自動引き落としで定期預金に3万円、お金を増やすチャレンジ貯金として投信積み立てを1万円などしてもいいと思います。

月4万円ずつコツコツと貯めていけば、1年間で48万円、約6年半弱で300万円貯めることができます。

22歳からコツコツと貯めていけば、なんとか30歳の手前である29歳までには300万円貯まりそうですね。

もしボーナスや臨時収入がある人は、毎月4万円も貯めなくてもいいのです。

4万円って結構大変な額ですから、もっと大きな年間ベースで毎月の金額を出してみた方がいいですよ。

貯める自信がなければ、まずは100万円を1年間で貯めることから実践していきましょう。

1年で100万円を貯金する方法。お金を貯められなかった私ができるようになった理由はこの習慣

毎月の固定費を見直してみる

20代の遊べる時期に、飲み代やデートなどの遊びお金だって、ケチケチなんてせずにもっと多く使いたいはずです。

割り勘をするなどのケチる節約術なんてしていたら、友達や恋人だっていなくなってしまうかもしれません。

だからこそ意識せずにお金を減らせるために、固定費を工夫して大きくカットしてみましょう。

家賃を1万円でも安い所に引っ越してみる。
スマホのムダなオプションをはずしてみる。

保険も、会社にいたおばちゃんに無理やり加入させられたものなどあるかもしれません。

貯蓄性の高い保険に入ったけれど、今から必要だったかどうかをきちんと考えたほうがいいですよ?

固定費の見直しってものすごい労力が入りますが、1度見直しをすれば毎月2万円程度は減らすことが可能になります。

工夫次第で大きくムダをカットできますので、20代からでもぜひチャレンジしてみてください。

通信費の節約はめんどくさがらないことがコツ。ムダを見直すことで、毎月の携帯代を安くできる

20代のうちからお金を貯める習慣が身につけば、一生の財産に

m_gold_okane_20160426

私も20代のうちから、お金を貯める習慣をしてこなかったことを本気で後悔しています。

ドラえもんにもしお願いできるとしたら、私が1番欲しいアイテムは「タイムマシーン」です。

お金は何でもがむしゃらになって稼ぐことはできますが、時間だけは2度と戻ってきてはくれません。

今これを読んでいる間にも、人生が1秒ずつ減っていっているのです。

日々ムダ使いしない節約、ダイエットのための運動、禁煙や禁酒、早寝早起き・・。

お金を貯める習慣だけではなく、習慣っていうぐらいですから、すぐに身につくものではありません。

トレーニング期間を経て習慣が身について元本が増えていけば、お金を勝負して増やす、お金を安定運用するというステップを踏んでいくことができます。

本当はしたくないかもしれませんが、お金を減らすことも20代では思いっきり体験してほしいなと思っています。

その減らしたズキズキとする痛みが、お金について考えるきっかけとなり、お金の知識が失敗から学んでいくことができるからです。

お金の習慣って、気持ちと一緒にプラスになったりマイナスになったりしながら身についていくもんだなと、色々痛みを経験してきた私は感じていますよ。

お金を貯める習慣を20代に身につければ、一生かけがえのない財産に変わります。

最後に強調しておきますが、20代はお金を貯める習慣は大事ですが、お金の貯め過ぎは禁物です。

お金は使うことで、心が豊かになっていくのです。

1度きりの人生です。

20代からケチケチと節約に走るのではなく、心を豊かにするためにお金を使うこともとっても大切です。

お金を貯める習慣をつけることは、ほかにもいろいろありますので、これを機会にぜひ考えてみてくださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。