お金持ちになりたい人はお金の自慢はするな。お金が自らの身を滅ぼして破滅する凶器に変わる

お金がない時は、ほんとうにつらいものです。

お金がないことで自由に使えるお金がなくて、やりたいこともできずに選びたい選択肢もどんどん少なくなってきます。

だからこそ、お金を得て自由に使えるお金をもっと増やすために、お金を稼いでお金持ちになりたい人は多いことでしょう。

お金がないときはとってもつらいですし、貧乏であることを周囲に知られることはとっても恥ずかしいので暗くなってしまいます。

しかし大学を卒業して社会人歴も長くなってくると、経済的に余裕が出てくると自由に使えるお金も増えてきます。

旦那さんが昇格して給料が増えると、家計にも心にも余裕が出来てきて、オシャレなものが欲しくなって、買いたくなってくることでしょう。

しかし、ここで気をつけて欲しいことがあるのです。

あなたのお金への認識が違うと、自らの身を滅ぼすことになってしまうのです。

お金に余裕が出てきたことで、自慢気になっていませんか?

「このバッグ、買ったんだ!どう?かわいいでしょ。」

お金に余裕が出て来きたことで、自分が身につけているものを周囲に自慢したくなってきます。

人間には人にうらやましく思われたい、自分はすごいんだって人に認められたい欲求があるから自慢したくなってしまうのです。

特に最近では実際に会ってではなく、SNS上でアピールするために写真をアップすることって多くありませんか?

Facebook上に高級エステに行った写真、ネイルやレストランで食べた写真、海外旅行で高級ブランドバッグ店に入る写真などなど・・。

SNS上で自慢するために、お金を使って浪費をしてしまっている人もいるのではないかと思えるぐらいです。

しかしこうやって、他人に自分の経済力や豊かさを見せつけて、うらやましく思われたいと思う気持ちが、自ら破滅する道に突き進んでいくのです。

お金の自慢をすることで、お金目当てで人が寄ってくる

mo_2016-03-07 12.32.41

住んでいるマンション、持っている車、高そうな洋服やバッグやアクセサリーなど、外見がいかにもお金持ちそうにしている人がいます。

「自分はお金を持っているのよ。すごいでしょ。」

周囲にお金持ち度をアピールして自慢している人ほど、お金目当てで人が寄ってくるようになります。

あなた自身に惹かれて寄ってくるのではなくて、あなたが持っているお金に興味を持って人が寄ってきます。

見ているのは、あなた自身ではありません。
あなたが身につけている「おカネ」です。

あなたがお金持ちであることがわかると、途端に出てきていかにも知り合いであったかのように振る舞う人も出てくるかもしれません。

「今月お金が全然なくてさ。お金1万円でいいから貸してくれない?」

あなたがお金持ちであることを知った人たちが、あなたのお金目がけて押しかけてくるようになるのです。

お金持ちと自分でアピールしているのですから、貸さないよ!なんて断ることも出来ません。

家の保証人のお願いをされて、いつの間にか何千万円という借金の肩代わりをしていることだってあるのです。

いつの間にか周囲からお金をどんどん吸い取られてしまい、いつの間にか手持ち金がすっからかんに。

お金がエサだけの飢えた野犬から食いつくされたお金なんて返ってくることなんてなく、自らの首を締めることになってしまうのです。

本当のお金持ちは、お金を持っていることをアピールしない

お金がどんどん稼げてきても、本当のお金持ちは決してお金を持っていることをアピールしません。

これが出来る人と出来ない人が、お金持ちになれる差になってきます。

周囲にどれだけお金持ちではないこと悟られないようにすることが、1番難しいスキルなのです。

1度周囲にお金持ち度をアピールしてしまうと、ずっとそれなりのお金持ち感あふれる身なりにし続けなければなりません。

いいものを買い続けることで、たくさんお金が入っても出て行くお金もばく大になってきます。

でも本当のお金持ちは、どんなにたくさんのお金が入っても、身なりは一緒で出て行くお金は増やすことはしません。

洋服も一般量販店のものを身につけ、とても見かけはお金持ちそうには見えず、むしろお金持ちであることはバレないように生活しています。

健康的な手作りお弁当を持参したり、牛丼屋で簡単に済ませてあまった時間をスキルアップの時間に充てたりしています。

でもお金があることで心もとっても豊かであることから、人への感謝のお金は惜しまず、周囲からの人望もとても厚かったりします。

お金持ちであるけれど、その人にはお金目当てに寄ってくるのではなく、その人のステキな人柄がよくて寄ってきたりします。

お金がもし稼げなくなった時に、自慢ばかりしていた人からは、お金がない人になった途端に人はどんどん離れていくでしょう。

しかし、真のお金持ちの人がお金に困った時には、周囲の人達は心から手を差し伸べてくれることでしょう。

お金持ちアピールを控えることで、人からも好かれる人材になれるのです。

お金の自慢をすることと、お金の話をすることはまた違う

mo_okane_20160316

「それじゃあ、お金の話はしない方がいいのかしら?」

いえいえ、お金の話はどんどんしていきましょう。

お金に愛される人は、お金の話はとっても大好きな人が多いです。

私たち日本人は、「お金の話はいやらしい。」という文化のもとで育ってきました。

学校で「お金の使い方」や「お金の貯め方」、「お金の増やし方」なんて教育を受けなかったばかりに、お金の話をする人はとっても悪いイメージを持たれます。

私もよくお金の話ばっかりするので、きっといやらしい人だと思われていることでしょう。

ほんと私ってお金の話ばっかりですよね。
カネばっかりで、うるさいって感じです。

でも私は決してお金の話を隠すべきこと、恥ずかしいことだとは思っていません。

お金の話、メチャクチャ大好きです。

お金は生活を豊かにしてくれる強力なツールです。

お金に気持ちがどす黒く支配されないために、私は真正面から逃げずに向き合っています。

しかしお金に対して興味を持っているはずなのに、お金の話はいやらしい、汚いものだと思っている人は、お金を自分でコントロールする力が不足しています。

「こうすればお金儲けが出来る」という話があるものなら、「これをすれば、お金持ちになれるらしい。」と、考えずに飛びついて大金を使ってしまったりします。

お金に対して他人任せにして自分でまっすぐに考えていない人、斜めから中途半端に真剣に考えていない人は、お金の方からも好かれません。

お金はこんな人のもとにいると大切にされないと思ってしまうため、不安で寄り付いてこなくなるのです。

お金の自慢をすることと、お金の話をすることはまったく違うことです。

常にお金の話をどんどんしていくことで、お金を自分自身の力でコントロールできるようになれるのです。

真のお金持ちになるために、お金に対して見栄を張るのはやめよう

mo_kuro-ba_20160307

お金を周囲よりもたくさん持っているのに、「お金を持ってるぜ!」ってアピールしない精神力ってすごいですよね。

メディアなどで「オレはお金があるんだぜ!」って全面に出てきている人の影で、実はすごい真のお金持ちが潜んでいるかもしれないのです。

お金はただの道具にすぎませんので、お金に意思があるわけではありません。

自分自身で上手にコントロール出来るようにすれば、人生をとてもイキイキと輝かせていけるすばらしい道具になります。

しかし、お金持ちであることを見せびらかし、自慢するために誤った使い方をすることで、人生を破滅させる凶器にも変わります。

とっても難しいですが、お金に気持ちが支配されないトレーニングが日頃から必要なのです。

お金はあっても、お金があることを周囲に見せびらかすことで、面倒なことが多くなってきます。

ねたみやうらみが募って、最悪の出来事も起こるかもしれません。

お金持ちでリア充をアピールしている方は、今後自滅しないためにも今すぐに見栄を張ることをやめていきましょう。

見栄を張ることで、お金がどんどん流れていってしまいます。

心のコントロールを出来る人が、真から好かれる「お金持ち・人材持ち」になれます。

人からもお金からも愛される人を、これからはどんどん積極的に目指していきましょう。

新サイト「ミライクライズ」のご紹介


人生の中で幸せになれる働き方やお金の事がわかるサイト「ミライクライズ」を新しく立ち上げました。

まだ立ち上げたばかりの出来たてホヤホヤのサイトですが、ご興味のある方はぜひお暇な時にでもぜひお越し下さい。

https://miraikurise.com/

4 件のコメント

  • お金のお話し、まさにその通りです。
    私は3000万をだまし取られました。もう年も50過ぎてます。
    私のお金が目当てだったと,痛感しております。
    今はどうやって、心穏やかにと思いますが、誰にも言えなくて頭が変になりそうです。だました人が憎いです。
    でも、おだてられた私もダメです。これから、生活費を捻出しながら生きて行く事に自信がないのです。
    この年で、私はまだバカなんだと思うとつらいです。
    助けてほしいです。

    • さくらさんへ

      お金にだまされると、ほんと憎らしくなってしまいますよね。

      これから立ち直っていけばいいと思います。

      ものすごい悔しいですが、その悔しさをバネに生きていけば必ずいいことありますよ。

      悲観しないでポジティブにお互い頑張っていきましょう。

  • お金の話というか、開業してとあるきっかけで仕事がうまく軌道にのったら同性同年代のベンチャー男性経営者が何人も寄ってくるようになった。
    ある1人の方は、僕が後から開業したのですが自分がまだ駆け出しの時は、金にならない時間は無意味とか、自分の創業相談とかフル無視してたのに
    今は自分の実績や人脈にあやかりたいみたいで、ご協力しますよとか、一緒に何かしませんか?
    本当にしつこい、しかも他人にあいつが開業した時はおれが面倒みてやったとか豪語してるし
    人間不信になりそうです。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    橘 桃音

    東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、多摩地域・PRライター。

    このブログでは私が生きている中で経験してきたことや日々の暮らしに役立つ情報を誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。