貯金もダイエットもできない人が身につけたいこと。お金を貯めて痩せたい人に必要な「金」トレ

「ブッフェに行ったら、元を取らなくちゃ!」

「パンのおかわり自由だから、たくさんパンおかわりしなくちゃ!」

昔から貧乏性で食べに行った時は、払ったお金以上に元を取らなくちゃもったいないと、お腹がいっぱいでも欲望のままに食べていた私でした。

お買い得の限定品。
激安タイムセール。

誰よりも早く買わないとなくなってしまうと、必死に買いあさって、クレジットカード上限いっぱいまで使っていました。

162cm、60kg超のポッチャリ小デブになった私は、貯金もできずに欲望のままに生きるブタのような体系に。

お恥ずかしすぎるダメ人間の過去を持っていますが、お金に失敗しながら身を持って学んできた結果、お金は貯まってスマートな体系を維持できるように!

私が浪費とポッチャリ体質を脱出して、「金」トレをしてマネー筋肉をつけられたのは、一体どういったことを実践してきたのでしょうか?

お金の管理にルーズだった私は、体型もルーズに

20代後半の頃の私は、とにかく外食と飲みに行くのが大好きでした。

ビール、唐揚げ、ビール!

会社の人と毎週のように飲み会を開いては、夜遅くまで飲み歩いて散財しまくりで月収のうち半分以上は使いまくっていました。

制服が支給されていたのですが、Mサイズがビール腹で入らなくなってしまい、総務の人に言ってこっそりLサイズに変えてもらうことに・・。

「桃音さん、太ったんですね(笑)」

コラー!20代の総務男子よ、笑うなー!!

「このままの生活では、LLサイズのデブスカートまっしぐらだ。」

これ以上デブになって総務に笑われたくない私は、今までのアルコールに散財して乱れていた食生活を、一気に改善していくことにしたのです。

体重計に乗るようにして、今の現実を直視するようにした

私はいつ体重計に乗ったのでしょうか?

体重が何キロが知るのが怖くてずっと逃げていましたが、毎朝起きたら計る習慣をつけるようにしました。

現実を直視することって、とっても怖かったです。

でも体重計に乗ることで、体重が増えたから食べ過ぎなんだな、だから食費をもうちょっとコントロールしようという意識につながっていったのです。

ビールを箱買いするのをやめたり、あぶらっこい食べ物をやめたり。

量や食べるものにも気をつけるように食生活を管理するようになっていった結果、みるみる体重は落ちていきました。

こうなると、体重計に乗るのが楽しくて仕方がありません!

体重だけではなく、体脂肪、体組成など、まるごとカラダの中を把握するようにしていきました。

自分の体重を知っカラダを管理したことが、お金の使い方をコントロールできるようにもなっていったのです。

他の人に合わせて食事のメニューを決めることをやめた

「新商品が出たので、食べなきゃ!」

「他の人がいいって言っているから、自分も食べないと。」

新作のスイーツや、ドデカイハンバーガーが出たと聞くと、どうしても気になってしまうかと思います。

でも自分の脳が食べたくないと思っているものには、極力手を出さないようにしました。

周りが食べているからという理由で、食べないようにしたのです。

自分の中で、食に対する軸を持つようにしました。

  • 1日3食の中でコントロールする
  • 定食のごはんは小盛りにする
  • パンおかわり自由でも3個まで
  • 食べ放題は心が満足すればいい

周りに流されて食べたいだけ食べるのではなく、自分が食べたいものを自分が決めた基準で食べるようにしました。

食べたいのか。
食べたくないか。

食べる時の自分基準を持って行動していったことで、他人の行動に流されないようなスタイルに変わっていきました。

ただ安いからと「値段」だけで食べ物を選ぶのではなく、「品質」重視で食べるものも選ぶようになっていきました。

キャビアとかアワビとか、食べたことなんてありませんが、高級なものを食べた方がいいということではありません。

ギトギト脂たっぷりのものを、ただお腹を満たすためだけに食べない方がいいということです。

他人ではなく自分自身が本当に食べたいと思えた食材で、なるべく自分の手で心から楽しんで作ってみる。

健康にもなり、食費も医療費も節約につながっていくことができるようになるのです。

厳しすぎるのは続かないからと、ゆるめる力もつけていった

「絶対お菓子やビールはダメ」

「絶対ファーストフードはダメ」

いくら健康にいいとか、お金の節約になるからと言っても、「絶対に○○はダメ」なんて決めてしまうと、ほとんどの場合は挫折します。

余計に食べたくなってしまってストレスになって、頭が爆発して衝動買いに走って食べ過ぎてしまうことに・・。

罪悪感いっぱいになって結局続かず、さらにダメ人間を極めてしまいかねません。

体重も絶対40kg台なんて、決めないことです。
健康だと思った体重が、ベスト体重なのです。

絶対と禁止するのではなくて、「少量ならOK」とか、「買ってもすぐではなくて後で3粒だけチョコ食べよう。」と、ゆるい基準にしていました。

やっぱりお菓子やファーストフードの新作って、出るだけでもワクワクしますから、心がワクワクする方が長続きします。

体重計も1日、2日ぐらい乗らなくても、だいたい体の体調が変わっていなければOKというようになってきました。

脳が好きだと思ったことは、禁止しない。

世の中のダイエットで「これはダメ、あれもダメ」と言っていても、自分の中でいいと思ったらその基準はゆるっと守るようにしていきました。

「自分軸」をしっかりと持ち、お金と体の管理ができる金トレを!

私は現在、162cm、体重52〜53kgをウロウロしています。

20代後半から、自分らしいダイエット方法と節約術を築きあげてきたことで、この体重と体型はなんだかんだとキープしています。

他人がいいからという基準で、ダイエットをしたり、お金の節約をしても、自分の心がイヤだと思ったら長く続いていかないんですよ。

イライラしてストレスになって、余計に食べて太ってしまいかねません。

ダイエットもお金が貯まる人にも共通していること、それは、

他人基準で動くのではなく、自分基準で決められる人。

「あの人気タレントさんが言っていたから!」なんていう基準で物事を判断して動いているのでは、いつまで経っても痩せません。

「このおうち、食費月2万円だって。我が家もしなくちゃ。」なんて、全然ライフスタイルが違う家庭と同じことをしても、まったく意味がありません。

ダイエットも貯金も、仕事もそうですが、自分の判断基準に合ったものをコツコツとやり遂げた人が成功していくのです。

「金」トレは、継続することで最大のパワーとなります。

筋トレも大事ですが、「金(きん)」トレ(お金を呼びこむ心のトレーニング)は、自分の心を律するメンタルトレーニングの方が大きいです。

「金」トレ、金ピカのトイレではないですからね(汗)

あれがいい、これがいいと迷走するのではなく、しっかりと自分の判断力をどんどん身につけていってくださいね。

体も健康になり、お金もどんどん貯まっていきますよ。

ダイエットでゆる筋トレした結果、私のお腹はこうなりました

30代女性のおうちゆる筋トレダイエット。よく食べて筋トレマシーンを習慣化した結果のお腹写真公開!