女性が40代以降でも現役で仕事を持って一生働き続けたいと思った時に今から身につけておきたい5つのこと

定年が65歳だし、年金も65歳からだから65歳までは最低働く。でも、その後の人生、あなたは年金暮らしで満足できる生活を送れますか?

50年ぐらい前は、寿命は65歳ぐらいだったので、老後の人生なんて言っても1〜2年ですか?

本当にわずかしか老後はありませんでした。

しかし、今の老後って、もはや老後じゃないですよね?

女性の平均寿命は87歳、そのうち90歳、100歳と伸びていくのも時間の問題と言われていますから、「第2の人生」と言っても過言ではありません。

老後が長いからこそ、老後の働き方を考えることって、とっても重要な課題です。

もうすぐ40歳の私もこれから仕事を続けて、40歳以降もイキイキと一生死ぬまで現役で働き続けたい!

私自身が老後も仕事を一生続けていくために、これからの働き方で大事だと思うことを、5つ考えてみることにしました。

1つにこだわらず、何でもやる柔軟姿勢を持って仕事の幅を広げる

「私は事務職だから、他の仕事はやりたくない。」

20代の頃は、自分の仕事はこれ!とキッパリとしていて、他の仕事はやりたくないから、やらない!私にはできないからやらないと突っぱねていた時がありました。

でも現代では、ただ事務だけで仕事ができる時代ではなくなってきました。事務処理なんて、ロボットでもできてしまうからです。

今後40代になったら、事務職になりたいと思う人でも、企画もやります、他社に交渉もできますという柔軟に働ける人が求められてくると思っています。

これはイヤだという条件だけで決めることなく、なんでもやる姿勢を持っていることで、仕事の幅が広がっていきますので、年齢が上がるにつれて柔軟に貪欲に受け入れる姿勢を持っていきたいと思います。

40代主婦の仕事探しは諦めてはいけない。未経験でも激戦区の事務職に就くためにおすすめの職種とは

やりたい事をやっている人と多く出会い、人脈でチャンスを得る

仕事は「人脈」でできている。

こう言い切っても過言ではないぐらい、仕事上で人との関わりははずすことができません。

私が反省しているのは、転職や退職する時に、今までの人脈をすべて切ってきてしまったことです。本当に後悔しています。

せっかくいい人と出会えた人脈を次の道に活かさないのは、とってももったいないです。

私もこれからやりたい事があるのですが、やりたい事をやっている人達が集まる会やセミナーに多く出席し、まずは自分の事をどんどん話してこようかと思っています。

色んな人がいますから、すべてうまくいくとは限りませんが、やはり自分はこんなことやりたい!って周囲にアピールしておくことで、同じ気持ちの人が集まってきます。

もしかしたら心から信頼できる人がいたら、そこからチャンスが広がって、希望の仕事に就けるかもしれません。

やりたい事を少しでも実現していくために、同士の人脈作りをこれから大切にしていきたいと考えています。

資格を取るだけではなく、今まで培ってきた経験もアピールする

新しい仕事をしたい、転職したいと思った時に、アピールできるような資格取得を考えますよね?

私もやりたい仕事に就くために、現在資格取得を頑張ってはいるのですが、やはり40代ぐらいになってくると、資格を持っているだけでは難しいですね・・。

資格持っています!でも未経験です!という人材より、資格は持ってませんが、何でもいいので経験をアピールした方が評価されると思います。

女子はどうしても子育てで1度、仕事を離れてしまう人がとっても多いです。私もその1人です。

PTA活動やボランティア活動でもいいですし、子育て経験だって今は十分にアピールできる時代で、その経験を求めている会社もたくさんあります。

資格を取ったり、今までの仕事の経験をアピールすることも大切ですが、人生で培ってきたプライベートの経験も積極的にアピールしていきたいと考えています。

もう1度働きたい専業主婦の履歴書と職務経歴書の書き方と面接術。子育て経験は決してムダではない

年代ごとの節目で、人生の優先順位を見極めて働き方を選ぶ

20代のシングルの頃は、朝晩の時間のことなんて考えず、とにかくお金だけを考えてバリバリと働きまくっていました。

30歳で子供が生まれて、自分のやりたい事を優先にするのではなく、定時退社や残業なし勤務が可能など、子育てと仕事を両立する働き方を考えるようになりました。

次の40代では、子育てが落ち着いてきたことで、経験を活かしたやりがい重視の好きな仕事をしていきたいと考えています。

人生の中で、優先順位ってやはり違ってきます。

20代、30代、40代とライフステージが変わってくるごとに、自分自身の中でどんな優先順位にしたら、心地よい働き方ができるのか、心のバランスを保てるのかをしっかりと見極めていくことが大切です。

私もちょうど30代と40代の節目にいますので、まずは自分自身の中で何を大切にしたいか、優先順位をしっかりと考えていきたいです。

子育てか仕事かどっちが優先かなんて考えてやりたい仕事を諦めない。人生で遅すぎることなんてない

周りの人に信頼される「人間力」を1番大事にして磨いていく

仕事は「人脈」である通り、仕事をしていく上で「人間力」がもっとも大切であると思っています。

私も何度も仕事でつまづいた時に、上司や後輩、同期の子にまで何から何まで助けられて働き続けてくることができました。

自分の能力不足で仕事ができない時でも、人にお願いして仕事を回していったり、仕事をしてもらったら、多大なる感謝を忘れないようにしたり、人との関係をとっても大切にしてきました。

1人で仕事をするなんて、まったくもって無理でした。

仕事のテクニックなどを磨くことも大切かもしれませんが、やはりどんな人とも柔軟に対応できるようなコミュニケーション能力がこれから必要になってくるかと思います。

人から悪口を言われたり批判されたりしても、すぐに怒らないことも大切ですね。6秒ぐらい脳内で冷静に考えられるワザも身につけたいです。

年齢を重ねれば重ねるほど、人間の強みって人生経験です。デメリットは、人生経験があることで、頭が上から目線でガンコになっていってしまうことです。

年下の子が上司になっても、柔軟に素直に指示を聞く姿勢、これができるかどうかで「人間力」って変わってくるかと思っています。

年齢関係なく周りの人から慕われ、どんな些細な事にも感謝をし、信頼されるような人になれるように、ますます「人間力」を磨いていきたいです。

私は一生働き続けたい!年齢を重ねたからこそある強みを活かす

もうほんと言い訳にしか聞こえてきませんが、やっぱり20代の子の若さって、ものすごい武器です。

もう40代間近の子育てでヘトヘトになったおばちゃんとしては、事務職募集の求人に応募したって、どう考えたって年齢で負けるに決まっています・・。

転職限界年齢「35歳」なんて言われたら、もう顔面に強烈パンチを受けたような気分になって、再就職したい、ずっと働き続けていきたいのに、働く気なんてどこかに吹っ飛んでいってしまいますよね(泣)

でも、私は働き続けたい。一生、死ぬまで働き続けたい!年金生活だけで、ベッドに寝たきりになんてならずに、死ぬ直前までイキイキと働き、人の役立つことをして生きていきたい!

お金を得るだけではなく、働くことでやりがいも同時に実現していきたい。

あきらめたら、そこで人生終わりです。

やるか、やらないか。

この2択しかありません。

だったらやるでしょ!と、私はこの年齢でも決してあきらめないことにしました。今までろくでもない人生だったかもしれませんが、このろくでもない経験が人に役立つこともあります。

人生に無駄なことなんて何1つなく、むしろ無駄に生きてきたことが、人生の中で色んな引き出しにもなリ、小さな経験が大きく花咲く時もあるのです。

年齢を重ねてきたからこそ、「人間力」を武器にしていく!

40代以降も一生働き続けるために、不安になんかなっているヒマなんてありません。

人脈、柔軟性、そしてもっとも重要な「人間力」をピカピカに磨いていき、私はチャレンジ精神だけは忘れずに、ただ前を向いて生きていきたい。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産と生活家電が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。