2017年1月29日 

一人暮らし向けの家探しで人生の価値が変わる。多少無理してでも若い時に都心に住んだ方がいいと思う理由

「一人暮らしをする予定だけれど、一体どこの街に住んだらいいのだろう?」

晴れて大学生になり、一人暮らしを考える時って、とってもワクワクしますよね。

でも、どこの街に住もうかどうか、どこに住んだらいいのか、とっても不安で悩む時があるかと思います。

まして親元を離れて暮らしていくとなると、お金もかかります。だからこそ出来る限り安い家賃で住む場所を借りようと思ってしまうかもしれません。

でも、ここでぜひとも心に留めておいて欲しいことがあります。

春にかけて家を借りようと思った時に、自分の人生の価値をしっかりと考えて物件選びをして欲しいのです。

東京の田舎暮らしをしていた私は、通勤地獄で死にそうだった

私は東京育ちです。

東京育ちと言っても、まったくもって都会ではなく、実家は東京の西部にありました。畑や川が近くに広がっており、ここ本当に東京?という地に住んでいました。

大学も東京の田舎でしたので、ほとんどの人が車で通学。のんびりしている雰囲気もよかったのですが、授業後に飲みに行くこともできず、ただ行って帰るだけの生活が続きました。

大学時代はゼミもサークルも入らず、飲み会に1度も行く機会もなく終わり、未だに友達と言える人もできませんでした。

私の職場は、大都会「銀座」でした。実家から通ってなんと1時間10分です。その後に銀座の勝どきにオフィスが移転して、さらに20分通勤時間が増えました。

自分で自立して安アパートでも借りて住めばよかったのですが、家賃なんてもったいないからと実家からの通勤を選択。

しかし、待ち受けていたのは、JR中央線「通勤特快」の地獄の満員電車でした。

行きは吊革なんておろか、つま先立ちとエビ反りで1時間すし詰め状態で、デッカイ寿司型にギューッと押し固められた地獄絵図のような日々が続きました。

田舎という選択をしたために、私は人との出会い、多くの時間を失うことになってしまったのです。

人生に1度、できれば若いうちに都心に住んだ方がいい

田舎にいた私から言えること、それは人生に1度、できれば若いうちに、できるかぎり都心に住んで欲しいということです。

たしかに都心は、ものすごいお金がかかります。

それでも、激安に借りられるボロボロの木造アパートでもいいですし、寝るだけのような部屋でもいいです。みんなで借りられるシェアハウスなどもあります。

なぜまだ若いあなたに、多少無理してでも都心に住むことを勧めるのか?

それは人生の中で「人との出会い」が1番大切であると思っているからです。

都心は色んな人が住んでいますから、変な人もたくさんいます。でもステキな人もたくさんいます。たくさん人がいるので、色んな人との出会いがあります。

同い年の人、年上の彼や年下の彼女、50歳ぐらいの先輩や16歳ぐらいの後輩かもしれません。

出会った人の数だけ、人生に深みが出てくるのです。

出会った人の中には、もしかしたらあなたの人生を大きく変える人に出会うかもしれないのです。

都心に住んでいれば、おのずと外で遊んで出会いが増える

お金がなくて、都心に無理にでも住めば、どうしても狭くて快適とは言えないような家に住むことになります。

でも実は、それでいいのです。

家になんていられなくて、自然と外に遊びに出たくなってきます。

 

雑誌に載っているような行列ができるラーメンを食べに行ったり、1人で飲み屋さんにも行きます。そうすると、おのずと人とたくさん話す機会も増えていくからいいのです。

私なんて東京の田舎に住んでいましたから、どうしても帰る時間は22時で、地方から渋谷などに出てきた友達は、六本木や新宿などで夜通し遊んでいました。

おそらく朝までずっと飲んでいて、グダグダとくだらない話をしながら様々な出会いを重ねて、一緒に過ごすことが多かったことでしょう。

 

都心は24時間開いているお店も多く、平日の朝から空いている飲み屋もあります。

先日、東京都北区赤羽に行ってきたのですが、赤羽は「OK横丁」と言って、平日の朝から飲み屋街が開いていることで有名です。

 

都会での暮らしは匿名性が高く、田舎特有の「隣の佐藤さん、月曜日の朝から飲んでいたのよ?リストラされちゃったのかしら?」なんてウワサされる心配なんてありません。

ほんと余計なお世話です。

人間関係にヘトヘトに疲れて、憧れの田舎暮らしを断念する人もとっても多いのです。

誰もあなたのことを知らないけれど、周りの人達は誰もあなたのことを知らないからこそ、しがらみある関係から心を開放して暮らすことができるのです。

人間関係が希薄な都会ですが、実は濃すぎる人間関係にストレスを持っている人には、居心地がいい場所なのです。

大学が終わった後でも働く場所なんていっぱいあるおかげで、働く場所を転々としながら、さらに出会いを深められるのです。

同じことをしていても、大都会で出会う数は全然違う

もし東京で働くことになったら、地方と東京では人の入る数が全然違ってきます。

カフェや飲食店を開きたいと思った時に、食べ物を出してお酒を出して、料理を作ってと、やることはどこの場所でも変わらないかもしれません。

でも、人の出入りは歴然と違ってきます。

もし私がカフェをやるとしたら、今の田舎に出店なんてせずに、やっぱり青山とか代官山とか、オシャレで人がどんどん集まる、回転していく街に出店したいです。

そして地方のファミレスで働くより、銀座の一等地のクラブ街で働きたいです。給料も経験値も、人との出会う経験値や情報量で質に差がでてくるからです。

私もずっと東京の郊外でスゴイ少ない人達の中で過ごしてきたことで、もっと都心に出て多くの出会いをしてくればよかったと、とっても後悔しているのです。

人生は出会いと情報で変わってくる。1度でも都心に住もう

私の人生での後悔は、10代、20代で出会いをたくさん作ってこなかったことです。思い切って一人暮らしをして、色んな人に会いに行けばよかったです・・。

人間の心の豊かさは、やっぱり「出会い」「情報量」で違ってきます。

若い時の泥臭い、酒臭い、貧乏臭い経験値が、人生の限界を超えていくことができたり、可能性を大きく広げてくれて、大きなチャンスへと変わっていくことでしょう。

都心に住むなんて怖い、お金がないから住めないなんて言っていないで、どんな小さなアパートでもいいから、1度出飛び出してみませんか?

贅沢な暮らしなんて一切いらないですし、最悪の場合、命と最低限の食べ物さえあれば、何とか暮らしていけます。

部屋なんて、若い時はただ寝るだけでいいじゃないですか!

どんどんキラキラした世界に飛び込んで、人に会いに出かけてみてください。都心には一歩家から出た時点で、出会うチャンスがいっぱいに溢れています。

出会いにどん欲になってみてください。
出会いにがむしゃらになってください。

もう1度言います。

私が20代で一番後悔していることは、学生時代と大学を出てから結婚するまでの5年間、ずっと東京の田舎の実家から通学と通勤したことです。今はそうハッキリと断定することができます。

悪い情報、悪い出会いもあれば、いい情報、いい出会いがある街が東京です。そして、一人でも多くの支えがあって生きていける街が東京なのです。

出会いで、人は変わっていける。

人生を変えていけるような衝撃的な出会いをするために、積極的に行動するのです。

自分の人生です。

自分で取捨選択する力を、ぜひどん欲に育んでいきましょう。

東京に上京して家も仕事も同時に見つけたいあなたへ

「東京に住みたいけれど、家も仕事も探さないといけない。」

生まれた時から地方暮らしをしているけれど、やっぱり東京の魅力を考えると、生きている間に1度は東京に住みたいですよね。

憧れの東京で新生活を送りたい、でも一歩が踏み出せない・・。

家も仕事も探さないといけないのにどうしていいのかさっぱりわからなくて不安でいっぱいのあなたにおすすめなのが、家も仕事も同時に見つかる「TokyoDive(トーキョーダイブ)」です。

仕事に関しては正社員、派遣、紹介予定派遣など様々な条件で仕事を探すことができます。

仕事だけではなく、東京での遊びも満喫したいという人には、自分らしいライフスタイルを大切にしたいあなたにピッタリ合う条件で探すことだってできます。

家探しは通常なら1人暮らしに必要な「敷金」「礼金」「仲介手数料」が一切かかりません!

何かとお金がかかる東京の生活で、30〜60万円程度の初期費用をグッと抑えることができます。

条件にもよりますが、なんと家賃補助まで出るんですよ!

シェアハウスでみんなで一緒に暮らすもよし!
1人暮らしで1人だけの世界を満喫するもよし!

東京に行きたい気持ちが心のどこかでムズムズと沸いてきたなら、まずは行動して動き出してみましょう。

1歩前に進まないと、何もはじまりません。

登録はたったの60秒!はじめたことで、何かが見つかるはずです。

さぁ、東京に行きたい熱い気持ちを、気軽に「TokyoDive」に相談してみて下さいね。

  憧れの東京に住んで働きたい!仕事と住居を同時提供できる「TokyoDive(トーキョーダイブ)」に相談してみる

東京で6万円以下の格安物件を探したいあなたへ

「お金がない!どうしても家賃を抑えたい。」

この安月給でなかなか給料が増えていかない時代、東京で暮らしていくにも、たくさんのお金がかかります。

家賃を安く抑えることで、食事や遊び、旅行やデートなどにたくさんのお金をかけることができます。

東京で格安物件を探しているあなたにぴったりなのが、格安賃貸トップクラスの不動産屋である「部屋まる。」です。

都内最大級の東京で6万円以下の格安物件を扱っており、格安物件専門店のなかでは実績・サービス充実度ともに首都圏トップクラスです。

「安いと、ボロボロのアパート場会じゃないの?」

いえいえ、ご心配なく!格安なのに、デザイナーズ賃貸など他では扱えない物件もたくさんあります。

「部屋まる。」の安心サポートに登録すれば、引越し手続きや入居後のトラブルを一括支援していただけます。

地方から東京に上京したいと思っている学生や新入社員の方は、最初から家賃を抑えておくことで、貯金もグングンいつの間にか貯められる人になっていくことでしょう。

格安でいい物件探しは、いい不動産会社選びが大切です。

ぜひ東京なのに、6万円以下で探せる「部屋まる。」で、あなたにぴったりの部屋探しをしてみてくださいね。

いい物件は、すぐになくなってしまう可能性大です。

すぐに行動して、問い合わせをしてみましょう。

都内で6万円以下の格安物件が豊富な物件の中から見つかる!「部屋まる。」でぴったりの物件を探して問い合わせてみる

都内で一人暮らしをするあなたは、こちらも要チェック!

賃貸で住みたい街ランキングで大人気の赤羽に迫ってきた

首都圏の賃貸で住みたい街ランキングで大人気の赤羽は家賃相場も安い。子育て世帯にも文句なしでお得な街

都内で一人暮らしをする時、部屋選びで失敗しないコツを知っておこう

都内一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツ。ネットに貼り付いて探すだけでは思わぬ落とし穴にハマる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう