私の父が借金地獄で3,000万円を作ってしまった理由。消費者金融にハマってしまうと身を滅ぼすハメに

私の父は、今は誰もが知っている有名な食品メーカーに勤めておりました。

それはもう堅実な仕事っぷりでして、皆勤賞もいただくようなまじめな父でした。

誰からも厚い信頼を得ていて、今の時代では考えられないほどの収入を得ておりました。

しかしどこの時点からか、大金の借金を作って借金地獄に陥ってしまったのです。

その借金額は、なんと3,000万円もの額でした。

どうして私の父は、そんなに多額の借金を作ってしまったのでしょうか?

父はバブル崩壊前は株式投資にハマってしまっていた

時はバブル景気ですから、土地を買ったらすぐに値上がりするような時代でした。

父はそんな景気の風に乗って、証券会社からたくさんの株券を購入していました。

とてもマジメな父でしたが、何度も証券会社の人と電話でコソコソと話しているのを、子供ながら横目でジーっと見ておりました。

今ではネットで買える株式を、電話でやり取りするなんて考えられませんよね。

毎日のように新聞の株式の一覧の面を見て、ず~っとにらめっこしておりました。

しかしそんな穏やかで平凡な時は、ずっとは続いていかなかったのです。

株券が紙くずとなって消えてしまう時代が到来した

誰もが目を疑う時代がきました。
バブルが崩壊してしまったのです。

すべての金券が紙くずと消えていき、土地の価格も崩壊していきました。

そして残った父の借金額が、その時点でおそらく何百万円です。
19歳の子供でしたので、くわしくは教えてもらっていません。

これで父は家族に話して、もうお金を借りることをやめておけば良かったんです。

一生懸命働いて、何とか返せる金額ですからね。

でも誠実な父は、迷惑をかけられないと家族に話せなかったんでしょう。

どんどんと自分1人で悩んでいって、深みにハマっていってしまったようなのです。

もがけばもがくほど、どんどんと借金地獄に・・・。

その出来てしまった株式による損失分は消費者金融にて補填していき、借金を返すために借りてを繰り返して、悪徳な高利貸し業者に捕まってしまいました。

最初は何百万円だったのに、雪だるま式にどんどん膨らんでいってしまい、まさに借金地獄にはまってしまったのです。

借金地獄の結果、膨れ上がった末に出来た借金額が3,000万円でした。

その後の父は、人間としてあってはならない過ちを犯していったのです。

父は借金地獄に耐えることができずに、そのまま帰らぬ人に

誠実な父は、仕事の帰り道に自ら車で橋に激突させて、2度と帰らぬ人となってしまいました。

最後は死にきれなかったらしく、ガソリンを自らかぶって火だるまとなってしまいました。

その日の深夜、警察に事情徴収されていたことだけはっきりと覚えています。

大切な家族との突然の別れ。車の中で燃えて消えた父を見て、過去のつらい経験が今の自分の強さになる

ほんと刑事ドラマのような、あの場面そのままですよ。
かつ丼が出てくるんじゃないのか?って勢いでした。

葬式では顔はグルグルの包帯で巻かれていて、お棺の中の顔を見ることも出来ませんでした。

もう参列者の方々の視線が痛かったです。
何も答えることが出来ませんでした。

決して犯してはならない過ちをした父に対して、私は怒りで涙の一滴も出ませんでした。

私は遺児奨学金で何とか大学を行き続けました。
アルバイトで、死に物狂いで働いておりました。

自分が大学生なんだか社会人なんだかわからない、死闘の4年間でした。

サークルで遊んでいる人達に背を向けて、必死に勉学と仕事を両立させてきました。

毎日テレビドラマと同じような借金取りからの電話や催促が続きました。
それでも負けずに気丈に、そして冷静に対処することは忘れませんでした。

オーストラリアに留学している兄は、まったく頼りになりませんでした。

家庭内暴力をして中学校を放棄し、親にもらったお金で遊んで暮らしているような兄とは、葬式でひと言も話しませんでした。

今でもまったく会っていません。

そして弁護士さんに何とかお願いをして、すべての借金を数年で完済させました。

父が働いていた会社から、多大なる恩恵を受けたことも大きな救いでした。

たぶん、この借金額の半分以上は出たんじゃないかな?
詳しくは怖くて聞けないので、母に聞いておりません。

父は、会社の人にどれだけ慕われていたんだろうか・・・。

ぜひ見習いたい部分です。

やはり会社に誠実に働いていた事が、「大きな人」からの恩恵を得られたのです。

組織で忠実に働くとこうも良い事もあるのかと、私は社会に出る前に学んだのでした。

この支援がなければ、今頃も借金地獄に耐えられず、母と私は一緒に無理心中して地獄に落ちていたかもしれません。

お金に対して自らコントロールしていくことがとっても大事

m_hane_20160402

そして、何とか現在の実家だけは、弁護士さんの手腕で残すことが出来ました。

私と母の命を救っていただいたことに、今でもその弁護士さんには心の底からとても感謝しています。

私はこの借金の件があってから、株式の個別投資にはまったく手を出しておりません。

お金持ちに必要なのはお金に働いてもらうとか、お金持ちはお金のために働かないとかよく聞きます。

しかし私は、お金のために働くことが好きなんだから、そんな金持ちじゃなくてええやん!と。

お金の数値で判断することなく、自分の幸せの価値基準とぶれていなければいいやと思えるようになってきました。

やっぱりこれから貯蓄だけではなく、積極的に投資をすることも必要だと思います。

我が家でも、毎月投信の積立をしているぐらいですからね。

セゾン投信でゼッタイ貯める1億円!年金なんてもうアテにならない!自分の将来は自分の手で守りぬく

ただやみくもに金儲け主義に走れば、自己責任だけでは決して済まされず、自らの命取りになることもあります。

1度おいしい思いをすると、欲が出るのが人間です。
欲を出しすぎて、周りを悲しませることにもなります。

この過去への教訓が、欲望への自制心と安定したココロの維持が出来ております。

この反面教師と言える教訓だけは、父にとっても感謝しております。
反対にお金に対して、非常に興味を持ってしまったことも事実です。

ただ、父に責任がないとわかっていても自分の収入に満足出来ずに、さらにお金に欲を出し過ぎた面に関しては、父に責任があると思っています。

世の中を読む目を養えなんて言うけれど、やっぱり先は誰にもわかりません。

先のことがわかっていたら、みんなが大儲けしています。

安易に周りがやっているからという理由だけで、手を出さないようにして下さいね。

お金で身を滅ぼすことほどつらい事はありません。

自分がつらいだけで済むなら、大いにやってください。

お金を欲しい気持ちはみんな一緒です。

一緒だからこそ、お金に対する気持ちをコントロールしていくことこそ、とっても必要な要素かもしれません。

いくらお金を得てもココロが満たされなければ、それは満足した生活とは言えません。

愛する家族、周りに温かく見守ってくれている人達がいること。

欲望が出てきたら、常に頭に思い浮かべて下さいね。
私はこれからもずっと前向きに生きていきたいです。

誰にも知られずに借金のことを相談したいあなたへ

nature-sky-sunset-man 2

「借金を返済したいけれど、どこの誰に相談したらいいのかまったくわからない。」

あなたは借金のことがどうしていいかわからず、悶々と1人で悩んでいませんか?

その状態、とってもつらくないですか?

「つらいけれど、家族や友人にバレることだけ避けたい。」

実はここだけのナイショの話ですが、匿名で弁護士に無料で相談できるところがあります。

実名も住所も友達登録もメールアドレスもいりません。

24時間スタッフが常駐していますので、悩みを入力すると、すぐに返信が返ってきます。

これはうれしいですね。

なんと画面はLINE風になっていますので、チャットしながらあなたの悩みを誰にもバレずに相談することができます。

悩んでいるだけでは、真っ黒い魔の手からずっと追われるだけの人生になります。

そんなつらい人生のままで、あなたは幸せですか?

つらい悩みは、心から信頼できる人に相談しましょう。

思い切って今すぐに行動することで、あなたに明るい未来が差し込んできます。

あなたのつらすぎるお金の悩みは、ここで解決できるかもしれませんよ?

【無料で相談OK!】信頼できる人につらい借金の悩みを相談してみる

チャット相談はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。