2017年12月21日 

【高級炊飯器】最新5機種人気ランキング2018。おいしさやお手入れしやすさなど店員さんに聞いて調べてきた

「おいしいご飯が食べたい!」と思うのは、日本人の本能かもしれません。

ほかほかのご飯をゆっくり噛み締めて食べたいから、おいしく炊ける炊飯器が欲しくなりますよね。

でも、どの製品を選んだらいいかさっぱりわからないと悩むことも・・。

炊飯器の選び方を知り、製品ごとの機能や用途をしっかりと比較した上で、ライフスタイルに合った製品を選ぶことが大切です。メーカーごとの特徴がわかれば、選ぶポイントもわかってきます。

炊飯器おすすめメーカー5社5.5合炊き上位モデル比較。選び方のチェックポイントを聞いてきた

最近の炊飯器はおいしさを追求して機能が盛りだくさんになったため、10万円以上の機種が出るなど高級化しています。それでもどんどん売れているのが、日々欠かせない炊飯器です。

「高級炊飯器を買って、おいしいごはんを毎日食べたい!」

そんな叫びが聞こえてきそうでしたので、今回は、家電量販店の店員さんに聞いて売れ筋5メーカーから選び、独断でランキングにしてみましたのでご紹介したいと思います。

【高級炊飯器】2018年度 最新5機種人気ランキング

第5位:無水調理もできる!「バーミキュラ ライスポット」

バーミキュラのライスポットは、炊飯器とは思えないほどデザインがシンプルでおしゃれです!まさに「見せたくなる炊飯器」と言えるでしょう。

炊飯のために進化した鋳物ホーロー鍋と、火加減調節を自動化する理想的な熱源の組合せによって、鍋炊きご飯の美味しさを手軽に楽しめる究極の炊飯器です。

調理モードでは炊飯以外に無水調理、ロースト、炒め調理、スチームといった様々な調理に対応し、30~95℃までの温度設定機能で低温調理や発酵も簡単に楽しむことができます。

 

ただし、バーミキュラは保温機能がありませんし、鍋の中にも水の目盛りもありません。

保温用のフタがないことで長時間保温することができず、目盛りがないため油断すると失敗することこの上なし!忙しい人には不向きでしょう。

保温機能がついていないオシャレな炊飯器として、バルミューダの炊飯器もありますが、約3時間で冷めきってしまいましたからね・・。

バルミューダの炊飯器を買って使ってみた辛口レビュー。忙しい共働き4人家族に果たして合う商品なのか?

店員「炊飯器というより、無水調理鍋と思った方がいいですね。」

店員さんいわく、うまく炊けた時はしゃっきりと炊けて格別においしいのですが、うまく炊けないと黄色っぽさが残り、香りもイマイチに炊けてしまうそうです。

 

IHによる加熱コントロールにより調理をラクにし、カレーライスやチャーハン、お肉料理やふわふわのパンやケーキなども作れてしまいます。全100品載ったレシピブック付!

炊飯器としてだけではなく、本格的な無水料理を作りたい人は「バーミキュラ ライスポット」を検討してみましょう。

バーミキュラ ライスポットがおすすめな人
  • 家電もインテリアの一部
  • しゃっきりな炊き方が好み
  • 炊飯器と調理器は1台がいい
  • 究極の炊き方を追求したい

第4位:本格的な土鍋ご飯が炊ける!「タイガー THE 炊きたて」

ご飯のうまさは土にあり!と言うキャッチフレーズの通り、「タイガー」の「THE 炊きたて」は土鍋にこだわっています。

「プレミアム本土鍋」はなんと4回も焼いて高密度化を図り、よりかまどに近い火力を実現させました。お米に素早くしっかりと熱を伝えて、一粒一粒ふっくらと炊き上げます。

まさに土鍋ごはんの真骨頂!昔ながらの土鍋で炊いたような甘みと抜けるような香りのご飯を楽しむことができます。

 

見てください!炊飯器なのに、ボタンが1つもありません!

使う時に必要な情報が点灯する「モーションセンサー」により、「次はどれを押したらいいの?」と迷うことがありません。タッチパネルで操作性がラクラクです。

 

ただし、内釜がとっても重たい!ズッシリ!持ってられません。

店員「フタがあるのは、食卓に炊きたてを持っていくためなんです。」

なるほど、今はおひつ感覚で食卓に持っていくタイプが流行っているとか。

店員「土鍋ですからね。落としたら割れちゃいますよ。」

ヒエェ〜!!ずっしりと重たいゆえに、洗っている時に落として割ってしまったら、また買わないといけません。

結構なお値段がしますが、主に中国の方がよく買われて行かれるとか。

土鍋で重たくてもいいから、炊きたての香り高いご飯を食卓で楽しみたい方は、「タイガー THE 炊きたて」がおすすめです。

「タイガー THE 炊きたて」がおすすめな人
  • 土鍋で炊いたご飯にこだわりたい
  • 甘みや香りにこだわりたい
  • 食卓に土鍋ごと持っていきたい
  • タッチパネルでラクラク操作したい

第3位:非圧力で粒感ありでしゃっきり!「三菱電機 本炭釜」

炊飯器には「圧力型」と「非圧力型」に分類されます。圧力全盛期のなか、三菱だけは非圧力を貫いているのです!

なぜ、非圧力を貫いているのか?

店員「圧力をかけると、ご飯粒が割れてしまうんですよ。」

三菱はもちもち状態を目指したのではなく、圧力をかけないで強めに炊いて、粒感が残った硬めのしゃっきりした食感を目指したのです。

 

三菱の粒感が良くなるヒミツは、釜の密封弁にあります。

蒸気口の下の密封弁が開閉することで、熱をギュッと閉じ込めて、粒立ち良く炊き上げることができます。

 

内釜は「本炭釜」の通り、本物の炭で作られています。遠赤外線効果で芯まで加熱します。

羽の上の部分が他メーカーに比べると、とっても高く作られています。この高さによって激沸騰しても吹きこぼれずに、おいしく香り高く炊き上げることができます。

店員「白くふっくらと炊きあがりますが、もっちり派には、全然おすすめできません。」

もっちもち派は、三菱の炊飯器を買ってはダメですよ?

ただし、しゃっきりしていることで冷めたご飯もおいしいです。毎日お弁当派にはうれしい仕様に間違いありません。

形もコロンと丸くてかわいいですし、しゃっきりご飯が好きな方は「三菱 本炭釜」をおすすめします。

「三菱 本炭釜」がおすすめな人
  • お米は粒がしゃっきり立った方が好き
  • スープカレーやシャリなど作りたい人
  • もちもち食感はイヤ
  • お弁当をよく作る人

第2位:超もっちもち派におすすめ!「パナソニック Wおどり炊き」

パナソニックと言えば「Wおどり炊き」です。加圧・減圧を細かく制御し、お米を上手に踊らせてうまさと甘みを引き出しています。

 

内釜がとにかく軽い!お米が研ぎやすく、お手入れしやすい点もポイントが高いです。

店員「内釜が軽くて丈夫で、凹凸が少なくて汚れが拭き取りやすいのがパナソニックの特徴です。」

 

炊飯器って毎日使いますから、ササッとお手入れしやすいことも考えないといけません。パナソニックはふた、内釜、うま味循環タンク、水容器のたった4点のお手入れでOKです。

パナソニックの内釜はダイヤモンドプレミアムコートがされており、IHの大火力で全面から包み込むように炊き上げます。

 

実は私も「Wおどり炊き」を使ってまして、確かにもっちもちにお米は炊き上がります。銘柄炊き分け機能も付いていますので、お米の種類によって最適な炊き方ができます。

パナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」はメチャうまい!銘柄炊き分けができてふっくら甘みたっぷり

しかし、使い続けてわかったことは、もっちもち過ぎる?

水加減をちょっとでも間違えると、ベチャベチャに炊き上がってしまうこともあり、ちょうどいい具合に炊き上げる方が難しいと思うことも。

三菱のようなしゃっきり感が好みではなく、もっちもちで柔らかめのご飯が食べたい!という方は「パナソニック Wおどり炊き」がおすすめと言えるでしょう。

おいしいスポンジケーキも簡単に作ることができて、おすすめです。

パナソニックの炊飯器「Wおどり炊き」で作る簡単スポンジケーキレシピ。混ぜてボタンを押すだけで開けた瞬間は感動!

「パナソニック Wおどり炊き」がおすすめな人
  • 赤飯やおこわなどを炊飯器で炊きたい人
  • しゃっきり感よりもっちもち派の人
  • とにかく甘いご飯が食べたい人
  • 硬めより柔らかめご飯が好きな人

第1位:もっちり食感ですごい売れてる!「象印 極め炊き」

炊飯器と言えば「象印」というイメージがとても強いのでしょうか?

店員「炊飯器は象印が1位か2位を争うぐらい、とっても売れています。」

各メーカーが新しい機能を付けて次々に参入する中、「象印」の炊飯器は常に安定的に売れているそうです。安定して売れていると、安心して買うことができますよね。

 

南部鉄器の羽釜は、片手で持ってられないぐらいずっしり重たいです。

羽釜の鉄はIHの熱がしっかりと伝わり、お米を豪快にかき回して、炊きムラなくおいしく炊き上げることができます。

ご飯も家族によって炊き方の好みが違うじゃないですか?象印は前回食べたご飯のかたさや粘りの感想を入力すると、炊き方を変えて食感を調製してくれるのです。すごい機能ですよね!

 

内釜はとっても重たいですが、毎回の洗う点数は、二重になっている内蓋2つと内釜のたった3点です!トップパネルも凸凹が少なく、お手入れがとても簡単です。

内釜はすっごく重たいですが、我が家に合った炊き方を追求したい人にとっては「象印 極め炊き」をおすすめします。

「象印 極め炊き」がおすすめな人
  • 南部鉄器のズッシリした内釜で炊きたい
  • 土釜で炊いたような柔らかいのが好き
  • 我が家なりの炊き方を追求したい
  • お手入れは最小限に留めたい

番外編:アイデアがスゴすぎる!「アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き」

高級炊飯器でもうお腹いっぱいになっているかと思いますが、調査していた中で「これ、すっごいアイデアじゃん!」と思ったのが「アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き」です。

炊飯器の難しいところって、水加減だったりするじゃないですか?

花火じゃないけれど、上から?真ん中から?一体、どこから目線が正しいんだよ!と叫びたくなることだってあります。(すみません、上から目線で..)

アイリスオーヤマの炊飯器は、銘柄炊き分けができるだけではなく、水加減も計量することができ、よそったカロリーまで知らせてくれちゃうアイデア満載の炊飯器なのです!

水の量が5cc単位でデジタル表示してくれることで、もう水加減に悩む心配もありません。ダイエットしている人にはカロリー表示機能はとっても嬉しすぎです。

 

あれ?外れちゃう!欠陥品ではないかと思ったほど・・。

店員「IH調理器としても使えちゃうんですよ。すき焼きだってできちゃいます。」

おぉ、これがまさに一石二鳥という発明品ではないですか!もう、テンションMAX!!

 

水加減、カロリー計算、IH調理器・・。今までこんな炊飯器って存在したでしょうか?

大手メーカーでは自由に作れなかった方達が集まって作ったからこそ、こんなに楽しい炊飯器が誕生したのですね。多くの人の夢がギュッと詰まった炊飯器です。

ただ、高級炊飯器と比べると味はイマイチだそうです。3合炊きですので1〜2人向きですね。味よりもコスパや利便性重視の人には、「アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き」がおすすめです。

「アイリスオーヤマ 銘柄量り炊き」がおすすめな人
  • 銘柄によって炊き分けしたい
  • 水加減はおまかせしたい
  • カロリー計算もしたい
  • 3合炊きで十分
  • IH調理器としても使いたい

実際に試食してみた結果、おいしく感じたのが象印だった!

ちょうど試食を行っていましたので、味の食べ比べもしてみました。炊きたてのご飯ではなく冷めた状態のをいただきましたが、もちもち度からしゃっきり度を並べてみたら、以下の通りとなりました。

試食して、もちもち順に並べてみた結果

  1. パナソニック:超もちもちで柔らかい
  2. 象印:もちもち度はちょうどいい
  3. タイガー:バランスがいいもっちり感
  4. バーミキュラ:しゃっきり食感
  5. 三菱電機:粒が立つほどしゃっきり食感

あくまでも個人的な主観ですし、銘柄や水加減や温度、好みによってこの順番は入れ替わると思います。1つの参考意見として見てくださいね。

 

私は超もっちもちが苦手ですので、「象印」のもちもち度がベストです。

粒が立っているのに、程よいもっちり加減を再現しており、やはり昔からの長年培ったメーカーはすごい技術力を持っていると感じました。

子供の頃からずっと食べ慣れているような、そんな懐かしい味わいを楽しめました。

高級炊飯器に明らかにまずい炊飯器はない!好みで選んでみて

今回は高級過ぎるほどの炊飯器をランキングしてみましたが、実際のところ、高い炊飯器はどこも味はたいして変わりません!(と、ぶっちゃけ店員さんが・・)

10万円を超えるような超高級炊飯器であれば「これは食べられない、まずい!」と言ったようなことはなく、操作を間違わなければ、明らかにまずいご飯は炊きあがりません。

各メーカーの高い技術力がいっぱい詰め込まれた炊飯器を買って、「これは失敗した!」ということはほとんどないでしょう。

ただ、たくさんの技術力を詰め込んでいることで、お米を「その炊飯器独自の味」にしてしまうことも残念なことかもしれません。この点は賛否両論あることでしょう。

ただ、炊飯器は毎日使うものです。

予算をケチって毎日ストレスフルになる方が健康に悪いです。毎日食べるからこそ、少し予算を足してでもいい機能の炊飯器を選んだ方が、きっと幸せになれることでしょう。

本当は昔のように、薪を割ってかまどで炊いたおこげご飯が1番おいしかったりするのかもしれませんね・・。みんなで笑顔で食べたご飯は、どれもおいしいものです。

あなた自身がどんなご飯が好きですか?

今まで食べてきたご飯で1番幸せだったと感じた気持ちを大事に、本能に響く炊飯器を選んでみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう