2016年3月18日 

【口コミ】よみうりランド「グッジョバ!!」に行って子どもがモノづくりを体感できる新アトラクションを体験してきた!

2016年3月18日(金)にグランドオープンした、よみうりランドの「グッジョバ!!」

東京都の多摩の緑に囲まれた遊園地内の新しいエリアで、”モノづくり”を体感できる新しいアトラクションです。

我が家は「よみうりランド」からとっても近く、ジェルミネーションや人気No.1コースター「バンデット」などが大好きで何度も通っています。「グッジョバ!!」のオープンもとっても楽しみにしていました。

私はメーカーで長年働いていましたので、モノづくりにはとっても興味があります。子どもにもモノづくりの楽しさを体感して欲しいと思い、6歳の次女と一緒にオープン初日に行ってきました。

「グッジョバ!!」でどんなことを体感できるのか、リアルな口コミをご覧ください。

もくじ

「グッジョバ!!」って、一体どんなエリアなの?

グッジョバ!! にいるキャラクター

「グッジョバ!!」は「GOOD JOB ATTRACTIONS(グッド ジョブ アトラクションズ)」の略で、総工費100億円もかけて作られた遊園地「よみうりランド」内のエリアです。

モノづくりをテーマとした遊園地では、日本最大級の規模!

「グッジョバ!!」は4つの「factory」で構成されていて、自動車・食品・ファッション・文具の4業種があり、15機種の新アトラクションで構成されています。そのうち4機種は、なんと日本初のアトラクションだとか!

いつもの遊園地だと「わぁ〜!」って乗って遊ぶだけですが、「グッジョバ!!」は参加して自分で考えて学んで競いながらと、頭と体をフルに使って楽しむエリアなのです。

私たちの身近にあるモノづくりが、遊びながら体感できるんですね。

説明するより、見た方が早いですね・・。

それでは4つのエリアを、順に回って体感してきましょう!

エリア1:CAR factory(自動車エリア)

グッジョバ!! CAR factory

自動車工場「CAR factory」では、デザインから組立、出荷されるまでの車の製造工程の一連の流れを体感することができます。

全自動変形ロボ「CIRA(サイラ)」

CIRA(サイラ)

入り口からすぐのところに、高さ約4mの全自動変形ロボ「CIRA(サイラ)」が登場です。

 

CIRA(サイラ) 変身

30分に1度、車とロボットと交互に変身していくのです。

 

CIRA(サイラ) 変形の様子

だんだん車に変身していくのを見て、すごいドキドキします。

 

CIRA(サイラ)が車に変身したところ

おぉ、車になりました!

ただ見ているだけでもメチャクチャかっこよくて、母は惚れ惚れしちゃいました。

車両検査ができる「カスタムガレージ」

カスタムガレージにある車

「カスタムガレージ」では、好きなデザインの部品を車体に取り付けて、その車に乗って車両検査をし、試験的に運転するまでを楽しめます。

 

車に乗っている様子

運転は自動で進みますので、子供でも大丈夫でした。

 

車両検査結果

あれれ?

我が家はネジの取り付け不良で、「検査不合格」となってしまいました。

頑張ったのに、何とも残念・・・。

オリジナル自動車を造れる「マイレーシング」

マイレーシングの様子

「マイレーシング」では、車体のタイプやパーツ、カラーリングなどを自由にデザインして、画面上で世界に1つだけのオリジナルな車を作ることができます。

デザインパターンは、なんと約100万通りもあるんですよ。

 

マイレーシング 画面操作

画面の操作は、スマホを操作するみたいにとっても簡単です。

 

ハートとリボンでカスタマイズした自動車

次女は女の子らしく、ハートとリボンでかわいらしい車にカスタマイズしていました。

 

カーレースマシン

自分でカスタマイズした車で、カーレースゲームを一緒に楽しむこともできます。

 

マイレーシングで優勝

「ママ、頑張って〜!」って言われながら燃えて戦って、なんと1等賞を取りました。

母は、車の運転だけは得意なのでした・・。

エリア2:FOOD factory(食品エリア)

グッジョバ!! FOOD factory

「FOOD factory」は、「日清食品」のロングセラー商品「日清焼そばU.F.O.」の工場をテーマにしたファクトリーです。

 

グッジョバ やかんのオブジェ

やかんのオブジェがドドーン!ってすごい存在感があって、風で水しぶきが飛んできてすごい気持ちよかったです。

ボートアトラクション「スプラッシュU.F.O.」

スプラッシュU.F.O. 45分待ち

「スプラッシュU.F.O.」は、4人乗りの映像ゲーム機能付きボートアトラクションです。

1番人気があって、なんと約45分の大行列!

混雑時は、1番最初に並ぶことをおすすめいたします。

 

ポンチョ引換券販売機

ずぶ濡れになりますって書いてあるし、スタッフさんに聞いたら「人によってはものすごい濡れます。」って言っていましたので、100円のポンチョを2枚購入です。

 

スプラッシュU.F.O. に乗っている様子

最初に乗ってベルトコンベアで上がっていったと思ったら、グルグル急回転してもうびっくりです。

 

スプラッシュU.F.O.に乗って屋外へ

「キャ〜〜!怖い〜!」

屋内から屋外に出てまた屋内に入って、メリハリある演出にメチャクチャスリル満点でした。

「服より靴がビショビショじゃないの!」

ゲームをする暇なんてなく、ただゴムボートにしがみついていましたが、体より靴が濡れてしまって長靴が欲しかったです。でも真夏だったら、ビジャビシャに濡れてしまっていいかも!

「U.F.O.バンプ」

U.F.O.バンプ

「U.F.O.バンプ」では、左右にあるレバーで操作して10台のライドがぶつかり合います。

小学生以上の男の子同士で、真剣にぶつけ合って遊んでおりました。

オリジナルのU.F.O.焼きそばが作れる「マイU.F.O.ファクトリー」

マイU.F.O.ファクトリー

「マイU.F.O.ファクトリー」では、デザインシートに好きな絵を書いて、世界に1つだけのオリジナルの「U.F.O.焼きそば」ができます。

 

マイU.F.O.ファクトリー 整理券

整理券が必要でしたので、早速300円を投入して購入しました。

 

マイU.F.O.ファクトリー デザインシート

手を消毒したら、1枚デザインシートを受け取るのですが、全部で11種類あってキラキラ光るやつが出たらレアアイテムなのだそうです。

 

マイU.F.O.ファクトリー 作業スペース

なんと我が家は一番乗りでした。

 

デザインシートにお絵描き

この絵を書く作業がとっても楽しくって、次女は夢中になってお絵かきしていました。

 

マイU.F.O.の具材

具材は12種類の中から4つ、小袋は4つの中から選べて、ゲームに当たれば5つから選ぶことができます。

 

マイU.F.O.パック詰め

キューって真空パックされて出てくる過程に、次女の目は釘付けでした。

 

マイU.F.O.をエアパッケージに入れる

最後はエアパッケージに空気を入れて、ひもを通して完成です。

 

完成したオリジナルU.F.O

ジャジャーン!

こちらが完成したオリジナル焼きそばです。

親子で一緒に会話をしながら、とっても楽しくできました。

エリア3:FASHION factory(ファッションエリア)

FASHION factory

ファッションエリアは、なんともファンタジックなかわいらしい工場で、洋服の工場内で楽しめるアトラクションが2機種あります。

屋内型コースター「スピンランウェイ」

スピンランウェイ

「スピンランウェイ」は、洋服の製造工程を再現した屋内型のコースターで、約30分待ってから乗ることができました。

 

スピンランウェイに乗っている様子

コースターの中のボタンを押して、洋服のコーディネートを完成させるゲームができます。

「うぁ〜!キャー!」

コースターはクルクルすごい速さで回転するし、音と光がピカピカすごくて、メチャクチャ楽しかったです。

 

完成したコーディネート?

なんなの?このコーディネート?!

ゲームが全然ダメな親子でした。

オリジナルの編み物を作っていくアトラクション「マイニット」

マイニットで遊んでいる様子

「マイニット」では、サイクリング、ボートこぎ、ランニングの3種類から選んで、体を動かしながらオリジナルの編み物を作っていくアトラクションです。

 

マイニットで実際に作った編み物

速く動くほど編みあがるのが早くて、最速で約2分半でこんな風な編み物を作ることができますが、運動不足には結構たいへんでした。

エリア4:BUNGU factory(文具エリア)

BUNGU factory

「BUNGU factory」は、コクヨのロングセラー商品である「キャンパスノート」をテーマにデザインされた工場です。

「キャンパスチャレンジ」

キャンパスチャレンジ

「キャンパスチャレンジ」は、「キャンパスノート」の製造工程を知るために7つのゲームに挑戦していきます。

残念ながら小学生以上が対象でしたので、未就学児の次女は見ているだけで楽しんでいました。

「コクヨのえほん」遊び場

「コクヨのえほん」遊び場

「コクヨのえほん」をテーマにした、5つの絵本をテーマにした子供の遊び場があります。

真っ白な動物たちにお絵かきをするなど、小さなお子さんでも夢中になって楽しむことができます。

ボールコースター型アトラクション「ちえくらべ たまゴロー」

ちえくらべ  たまゴロー

屋外には、日本初のボールコースター型アトラクション「ちえくらべ  たまゴロー」があります。

ボウリング玉ほどの大きさのボールを転がして、得点をゲットするアトラクションです。

見てるだけでも圧巻で、すごい迫力満点でした。

小さな子どもでも遊べるアトラクション「カドケシとろっこ」

カドケシとろっこ

屋外にもアトラクションがありまして、「カドケシとろっこ」は小さなお子さんでも楽しむことができます。

所々に、何かの動物が隠れている仕掛けがありますよ。

「えんぴつタワー」

えんぴつタワー

「えんぴつタワー」は、シャープペンシルと定規をモチーフにしたタワー型アトラクションですが、手を使うので体力がかなり必要でした。

「くるくるコンパス」

くるくるコンパス

「くるくるコンパス」は、コンパスと色えんぴつをモチーフにした回転型のアトラクションです。

座席のペダルをグルグル頑張ってこぐとふわふわ〜っと上昇して、まるで空を飛んでいるかのようでした。

「ALSOK」のSKYパトで、「グッジョバ!!」内を回れる

SKYパト

「SKYパト」は、地上約4~5mの高さのレールの上を走る自転車型アトラクションで、 上空からの眺めがとっても気持ちがよかったです。

途中で止まって上からお気に入りの写真も取れますので、ぜひ上空をパトロールしながら楽しんでしまいましょう。

お昼は新しいレストラン「レストラン ラ・ピシーヌ」でランチ!

レストラン ラ・ピシーヌ店内

お腹が空いてきたら、「グッジョバ!!」のすぐとなりにある新装開店した「レストラン ラ・ピシーヌ」でランチを楽しむことができます。

 

ラ・ピシーヌのキッズカレー

「キッズカレー」にはチョコレートムースもついていましたが、6歳の次女にはごはんの量が物足りないようでした。

 

ラ・ピシーヌのオムライス

私は季節限定のトロトロのオムライスを食べましたが、これはトマトソースと一緒に食べてとってもおいしかったです。

だいたい1食1,000円ぐらいですが、ゆったりとした広い席で落ち着いて食べることができました。

屋外ショップでオリジナルグッズのお土産が買える!

グッジョバ!! オリジナルグッズ販売所

「グッジョバ!!」のオリジナル文具や雑貨、お土産にうれしい限定パッケージのお菓子など、よみうりランドならではのグッズが屋外で販売されています。

 

オリジナルの文具を販売しているワゴン

ポップコーンバスケットなどがあったり、「グッジョバ!!」オリジナルの文具がたくさん売っています。

お土産話に買っていくのも、とっても楽しそうですね。

セブンイレブンでお得な割引チケットが買える!

セブンイレブンで割引チケット購入

「グッジョバ!!」オープン後、ワンデーパスの価格がなんと大幅に値上がりしてしまいました。

  • 大人:4,000円 → 5,400円(1,400円UP)
  • 中高生:3,000円 → 4,300円(1,300円UP)
  • 3歳〜小学生以下:3,000円 → 3,800円(800円UP)
  • シルバー(65歳以上):4,000円 → 4,500円(500円UP)

ちょっと値上げしすぎでしょ!

少しでも安く入るためには、コンビニの「セブンイレブン」で前売り割引チケットを買ってから出かけましょう。

ワンデーパスだけだったら、JTBレジャーチケットがお得!

JTBレジャーチケット

ワークショップが不要の方は、JTBレジャーチケットがお得です。

  • 大人 :5,400円 → 5,000円(400円引)
  • 中・高校生 :4,300円 → 4,000円(300円引)
  • 3歳~小学生:3,800円 → 3,500円(300円引)
  • 65歳以上 :4,500円 → 4,000円(500円引)

現地で買うよりもお得な割引価格で買えますので、セブンイレブンのマルチコピー機で購入しましょう。

nanacoで支払いをすれば、1%のポイントがついてとってもお得です。

予約ができる!ワークショップ日時指定券付ワンデーパス

mo_2016-03-17 18.05.04

セブンチケットには、人気のアトラクションである「ev-グランプリ」などのワークショップを並ばずに利用できる、「ワークショップ日時指定券付ワンデーパス」があります。

  • おとな(18歳~64歳):5,300円
  • 中高生:4,300円
  • 3歳~小学生:3,800円
  • シルバー(65歳以上):3,800円

ワークショップに参加するには、各ショップで300円の別料金が必要で、その300円があらかじめプラスになっています。

ワークショップが時間指定で予約できますので、現地で並ばなくても済みますし、とってもお得に買うことができますね!

セブンイレブンで購入できる枚数は、各回10枚限定ですのでご注意ください。

 

発券されたチケット

我が家はワークショップは当日選ぶ予定でしたので、JTBレジャーチケットにしました。

生協のパルシステムで購入すれば、割引チケットが手に入る!

生協の「パルシステム」でもチケットを購入できます。

大人・子ども関係なく、ワンデーパスが3,500円となっています。

  • おとな(18歳~64歳):3,500円(1,900円引)
  • 中高生:3,500円(800円引)
  • 3歳~小学生:3,500円(300円引)
  • シルバー(65歳以上):3,500円(1,000円引)

生協に加入するとほかにもいろいろなレジャー施設の割引チケットが手に入りますので、お子さんがいる家庭ならおすすめです。

私も「パルシステム」に加入していて、ずいぶんお世話になっています。

生協「パルシステム」で1週間分の献立作成術。見やすいカタログを活用すればパパっと簡単に立てられる

年会費無料!「エポスカード」を利用してお得に買う

エポスカード

レジャー施設でお得になる「エポスカード」を作れば、エポスカード会員限定の「エポトクプラザ」を利用することができます。

「ロイヤルホスト」や「魚民」、「笑笑」などのレストランや居酒屋、「イオンシネマ」などの映画館、「ビッグエコー」「シダックス」などのカラオケや温泉施設、美容院やフィットネス、ショッピング施設で優待を受けることができます。

よみうりランドは以下の優待価格となります。

ワンデーパス

  • 大人(18歳以上):5,400円 → 4,900円
  • こども(中学生):4,300円 → 3,900円
  • こども(3歳~小学生):3,800円 → 3,500円

入園料

  • 大人(18歳以上):1,800円 → 1,500円
  • こども(中学生):1,500円 → 1,200円
  • こども(3歳~小学生):1,000円 → 800円

「エポスカード」をお持ちの方は忘れずに持参しましょう。

お持ちでない方は、ぜひ作っておくのをおすすめします。いろいろな施設がお得になるのに年会費無料です。

有名な遊園地や水族館などのレジャー施設の割引多数!年会費永久無料「エポスカード」の申込はこちら

「グッジョバ!!」は、値上げに見合うアトラクションだったのか?

よみうりランド

「グッジョバ!!」は、ふつうの遊園地とは違って頭を使うアトラクションがあったりと、モノづくりを楽しむには持ってこいでした。

次女は、将来イラストレーターやデザイン、ゲーム関係の仕事をしたいと言っていますので、今のうちからモノづくりの楽しさを学ばせたいと思っています。

雨の日になると楽しめない遊園地がほとんどですが、「グッジョバ!!」は屋内アトラクションがメインなので雨でも楽しく遊ぶことができます。

梅雨の時期に予定を組んでも、楽しむことができますね。

さて今回100億円をかけて大幅に値上げしたよみうりランドですが、値上げに見合ったエリアだったのでしょうか?

答えは「グッジョバ!!」だけだったら、バカ高いです!

1日「グッジョバ!!」だけでヘトヘトになるぐらい楽しめますから、「グッジョバ!!」だけ別料金設定をぜひしていただきたいです。別料金で大人1,500円ぐらいだったら、十分楽しめて価格に見合ったアトラクションであると思います。

あとはポンチョが別料金なのは、ほんといただけないです。無料にして全員に着てもらわないと、その後は濡れた服でまったく楽しめなくなってしまいそうです。

遊園地って乗れば機械が動いて楽しませてくれますが、受け身のアトラクションが圧倒的に多いです。しかし「グッジョバ!!」では、自分で知恵を出して考えながら楽しめる点はとてもすばらしいと感じました。

学びだけじゃつまらない、遊びだけじゃ考えない。

学びがわからない時は、わかる人が教え合うチームワークも、とっても大切にされていました。両方のバランスがうまく取れた遊園地が、「グッジョバ!!」だと感じました。

「ママ、とっても楽しかった。また行きたい!」

親子で1日中学べて遊べて、とっても楽しかったです。

また来た時には子供ができなかったことができるようになっていた、そんな成長を見られるのも楽しみです。

ぜひお子さんと一緒に、ワクワクするモノづくり体験に出掛けてみてくださいね。

よみうりランド「グッジョバ!!」の詳細情報はこちら

グッジョバ!! で作ったオリジナルカップ焼きそばU.F.O

  • 住所:東京都稲城市矢野口4015-1
  • 電話:044-966-1111
  • 車:中央自動車道稲城ICから稲城大橋経由で約2km
  • 駐車場:1,500台(1日1,500円)
  • 電車:京王線京王よみうりランド駅からゴンドラで約5分/小田急線読売ランド前駅から小田急バス京王よみうりランド駅行きで約10分、よみうりランド下車すぐ
  • 開園時間:10時〜20時(季節により変動あり)
  • 休み:不定休
  • 入園料:大人1,800円/中高生:1,500円/3歳〜小学生:1,000円/2歳以下:無料/シニア(60歳以上):800円
  • 備考:ベビーカーのレンタルあり。ベビールームは観覧車横にあり。
  • 「グッジョバ!!」HP:http://www.yomiuriland.com/gj/

こちらの記事も読まれています

よみうりランド イルミネーション2016に行ってきた。大混雑の状況やナイトパスの料金、割引チケット、前売り券情報

2019年 関東で子供と一緒に遊びに行きたい最新子連れおでかけ・レジャースポット5選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう