先取り学習はデメリットもあり?進研ゼミ小学生講座をネットで飛び級して申込みをする裏ワザ

子供の通信教育って、学年別に色々工夫されているのは素晴らしいのですが、子供の学力レベルに合っていないと、受講していてもまったく意味ないですよね。

「進研ゼミ」の小学生向けタブレット講座「チャレンジタッチ」の体験会に行ってきた時に、学年を超えて「飛び級」で受講するメリットがあることがわかりました。

次女がタブレット講座に対して、あまりの食いつきの良さに、こんなにやる気があるならやってみてもいいかな?と思い、ネットで早速申込みをすることにしました。

そして早速、飛び級で申込みをしていったのですが・・・。

ネットならではの弊害が起きてしまったのです。

ネットからでは飛び級の申込みは出来なかった

moushikomigamen_20150323-min

講座の選択、住所や氏名や電話、子供の名前と子供の生年月日など受講者情報を順番に申込みをしていきました。

そして確認ボタンを押したところで、こんな画面が出てきてしまいました。

 

damegamen_20150323-min

入力された生年月日の方のお申し込みを承ることができません。

やはりねぇ・・・。

システムで、きちんとエラー処理されているんですね。どんな年齢の人でも申込されては困ってしまうからでしょうか?

「電話で問い合わせをして下さい」って出るのですが、「進研ゼミ」の問い合わせ窓口っていつも混み合っています。

9時に待ち構えているにしても、忙しいお母さん達にそんな時間なんてありません!

一体どうしたらいいでしょうか?

ネットで飛び級の申込みをする場合の裏ワザ

ネットで申込を簡潔したい場合は、生まれ年を1学年上の年に変えるしかありません。

2009年5月生まれだったら、2008年5月生まれにして申込みをします。

そうすると、シスエムエラーされることなく申込が可能です。

当たり前ですよね・・・。

でもこれだと本当の生まれ年ではありませんので、親としては気持ち悪いです。

denwatoiawase_20150323-min

そこで私は、決死の覚悟を決めて20分待って電話で問い合わせをしてみました。

やっとつながった電話にかけたら、

「申込内容変更は、会員専用窓口までお願いします。」

な、なんですと?!

かけ直さないといけないのか・・・。

まだ何も申込をされてない方は、このまま電話応対でOKだそうです。私みたいに先にネットで申込をした方は、会員専用窓口なのだそうです。

仕方なく教えていただいた電話(0120-977-377)にかけました。短縮は学年番号(1)→ その他問い合わせ(7)です。

やはり、混み合ってなかなかつながらない!

10回ぐらいかけましたが、「おかけ直し下さい。」に変わってしまい、まったく歯が立ちませんでした。

もうこれ以上、何回もかける時間なんてありません。

またまたどうしたらいいのでしょうか?

メールで問い合わせたら、すぐに回答が来ました

もう電話は、ダメですね・・・。

メールで朝に問い合わせをしておきました。そしたら回答が8時間後に来ました。

mail_20150323-min

メールだけで、変更対応をしてくれるそうです。

ネットで飛び級の申込が出来ないのは、申込をする人の意思確認が必要だからだそうです。再度名前からカード番号まで書く必要があるから、とてもめんどくさいですが・・・。

時間がない方は、メールで問い合わせをしておくといいですよ。

それにしても飛び級って成長度に合わせて進められるし、早めに受験対策も出来ると思います。

でも本当に、それでいいのでしょうか?先取り学習によるデメリットって、やはりあるのではないでしょうか?

デメリットを考えてみることにしました。

飛び級して先取り学習によるデメリット

1.学校の授業がつまらなくなる可能性がある

やはり教科書に準拠して作られているだけあって、学校の復習がてらにタブレット教材を使うという方法が出来なくなります。

「もうこんな問題知っているさ。」

先に覚えることで、学校の授業の新鮮さがなくなってしまう恐れがあります。知識は増えても、学校の授業を嫌いになってしまっては本末転倒です。

2.共働きなど忙しい家庭では、一緒に見ることが難しい

忙しい共働き家庭では、子供に絵本を読むことや一緒に勉強をする時間でさえ取れないご家庭もあることでしょう。

我が家も実際長女の「スマイルゼミ」はほとんどほったらかしです。それでも自分からやっているので受講を続けていますけれどね・・・。

ただでさえ忙しいのに、先取り学習で難問にぶつかって教えてあげられる時間って取れるでしょうか?

「いま忙しいから、後にしてね。」

こう言ってしまわないか、よく考える必要があります。

3.これから先、難しくなってきて挫折する恐れがある

小学校低学年ならいいのですが、理科や社会などが出てきた場合、対応出来なくなる恐れがあります。

そんな時に、やはりどんどん難しくなってきて勉強嫌いになる恐れがあります。もっと先を見据えて、しっかりと考えてあげる事が大切ですね。

とりあえず何でも試してみる価値はあり

mm_20161030_093422-2

次女は長女の「スマイルゼミ」を借りて遊んでいたりするほど、タブレットにすごい慣れているのです。

でも、いくら慣れているからと言って、やはり先取り学習をするのは良くないかなぁと、考えてしまいました。

やはり学校で習った事を、自分で確認しながら復習することが大切ではないかと思います。

いろいろとデメリットも考えましたが、今はキャンペーンでタブレット代が無料です!

お金がかからないなら、試してみる価値はありますよね?もし合わなかったら、その時点で退会すれば良いのではないかと。

タブレット学習については、賛否両論あると思います。まして先取り学習なんて、もっと賛否両論あると思います。

1番やってはいけないパターンは、周りが飛び級してやっているからと不安になってやり始めることだと思います。

小学生にとって大事なことは、

  • 学校の先生の授業をきちんと聞くこと
  • 人間として生活習慣をきちんと行うこと
  • 家族や周りの人に感謝する心を持つこと

勉強以外に大切なことも、実はたくさんあるかなぁと。

まだまだ子供って、人間として未熟すぎます。

まずは家のお手伝いをしたり、たくさん遊んであげる事の方が今は大事かな?

今年の1年間は、次女の学習方法を通信教育以外の方法も検討しながら、いろいろと試してみたいと思います。

メリットもありますがデメリットもあります。
よく検討してみてから申込をしてみましょう。

親の願いは、伸び伸びと優しい子に育つことであると感じます。

親子で話し合いながら、じっくり考えて検討してみてくださいね。

 小学生の利用者数No.1!「わかる」「解ける」を体感できる「進研ゼミ」小学生講座の無料体験教材・資料を請求してみる

月々500円から学べる!「学研ゼミ」もおすすめ!

mm_gakken_2016-11-19-13-21-19

学研って、子供の頃に聞いたことありませんか?

なんと学研は、創業70年です!大手教育事業者ならではのノウハウがいっぱいに詰まった、オンライン学習サービス「学研ゼミ」があります。

長年にわたり学習サービスを研究開発してきた学研のサービスですから、高い知名度と安心感があります。

 

2016-11-19-15-43-59

実績のあるドリルをはじめ、映像、百科や辞書、子供向け新聞まであり、まさにワクワクするようなコンテンツがいっぱい!役立つサービスで、楽しく成長していけます。

 

2016-11-19-15-52-42

「スマートドリル」は、総問題数44,000問以上!教科書に対応しているため、日常学習のみならず、テスト対策や受験対策もすることが出来ます。

 

2016-11-19-16-20-04

子供って勉強ドリルだけでは、全然学ぼうとしません。やはり勉強だけではなく、情報コンテンツや遊びもたくさんそろっていると、勉強意欲が出てきます。

ポイント交換すると出来るアバターの着せ替えは、我が子も夢中になって取り組んでいました。

学習はPCかiPadのタブレットがあれば、おうちですぐに学び始めることが出来ます。

 

2016-11-19-16-00-47

学び、遊び、ドキドキがいっぱい!熱中できるサービスが、1つでも見つけることが出来ます。

申し込み初月は、なんと無料です!無料期間中は、クレジットカードなどの支払い情報を入力しなくても体験することが可能です。

それぞれのサービスは、月々500円からとっても気軽に楽しめます。もし合わなかったら、その時にやめればいいと思います。

まずは色んな可能性を見つけるために、自分の子供に合った熱中出来るものを探してみてくださいね。

初月なんと無料!オンライン学習サービス「学研ゼミ」を試してみる

「スマイルゼミ」も一緒に資料請求してみよう!

mm_2016-11-03-17-00-16

同じく子供向け通信教育講座に、「スマイルゼミ」があります。受講してみたいなと思われた方は、こちらより無料で資料を請求できます。

もし教材が合わなくて気に入らなかったら、申し込んだ方全員に全額返金保証制度がありますのでとっても安心です。

資料請求は無料です。まずはじっくりと資料を見て考えてみてくださいね。

専用タブレットとペンがバージョンアップ!タブレットで学べる小学生向け通信教育「スマイルゼミ」の資料請求をしてみる

「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」を両方使って比較してみた

子供のタブレット通信教育比較。「スマイルゼミ」と「チャレンジタッチ」を両方使ってわかったメリットとデメリット

「スマイルゼミ」が新タブレットに生まれ変わってさらに進化!

スマイルゼミの新タブレットに交換してみた。スラスラ書けるペンとタフ過ぎる画面に仕様がグレードアップ!