マネーフォワードだけでは1,000万円貯金出来なかった。貯まるExcel家計簿は自分の意思を書き込む未来日記

私は100万円貯めることなんて、無理だと思っていました。

稼いでも稼いでも、家の売却のためにお金が消えて行きました。

「貯金なんてゼッタイ出来るわけがない。」

なんだよ、貯金1,000万円って。
借金額だけなら自慢出来るぞ!

悔しさをパワーに変えて、借金500万円をたった1年で完済させました。

借金500万円をたった1年で完済した時の家計簿公開。返済は地獄だったけどお金の失敗はプラスの財産

そんな私がいま1,000万円以上も貯めることが出来ました。

30代後半で貯金1,000万円がいつの間にか貯まっていた!お金を貯めるために必要な4つの基本的なこと

途中でくじけそうになっても、諦めずに貯めることが出来ました。

借金500万円からどう立ち直って、どのようにして貯めていったのでしょうか?

私が唯一続いた家計簿は自作のExcel家計簿だけだった

何でも飽きっぽい私ですが、唯一続いているものがあります。

それは自分で作ったExcel家計簿です。

研究期間はなんと10年!自分流のExcel家計簿でつける目的とは

結婚してから13年の間、浮気せずにずっと使っています。
いや、ウソです。浮気しながら色々と使っています・・・。

でも「Excel家計簿」は自分で作ったからこそ、とても愛着があるのです。

費目を自由に変えたり、Excelであれば何でも自由に出来ます。
この家計簿には、とにかく色んなシートがくっついています。

このExcel家計簿と同時に使っていたのが「マネーフォワード」という無料の家計簿ソフトです。

でも私は「マネーフォワード」だけで家計管理をしている人って、とてもすごいと思っているのです。

マネーフォワードはリアルタイムに反映されないから把握しづらい

「マネーフォワード」の便利な点は、貯金や株式などの資産を一元管理出来る点です。

銀行や証券、カードや電子マネーなどが一覧で管理出来ますから、いろんなサイトを見る手間が省けます。

でも家計簿として使おうとすると、いくら使ったかがまったくわからなくなる時があるのです。

クレジットカードで支払いなんてすると、いつ明細が上がってくるかが不明です。

カード情報と紐付けして上がってきますので、リアルタイムで表示されないし、ヘタすると2ヶ月後に上がってくることだってあります。

レシートをスマホで撮ることさえ面倒くさい時があります。

クレジットカードとの同期が遅いので、自分で書いちゃった方が早いのです。

自作家計簿では、いくら使ったかがすぐに集計出来る

私の場合、例えばあるカードを使ったら、SUMIF関数でクレジットカードごとに集計するようにしています。

card_bamen_20150620

データ入力のリストで選択して、金額を入力します。

cardkanri_20150620

そうすると、このように使ったカードに1,000円が記入されます。

これを1ヶ月続けると、だいたいこのカードからはどれぐらい支出があるのかを把握することが出来ます。

ほんとだいだいですよ?

カードの締め日、売上計上の日がズレるだけで、実際の支払額なんてズレてきます。

このように、カードごとにだいたいいくら使ったかが、ひと目ですぐにわかるようにしてあるのです。

費目ごとに集計をして、使いすぎを防いでいる

shokuhi_20150620

この下の部分に費目ごとに付ける箇所がありますので、例えば食費1,000円を入力するとします。

shokuhishuukei_20150620

そうすると、食費に1,000円が入って残金が減っていきます。
この残金がマイナスにならないようにやりくりするのです。

ソフトだと、こうやって項目ごとに管理が出来ないのです。
食費と日用品を一緒に買ったら、一緒に計上されてしまいます。

ある程度学習機能で振り分けをしてくれますが、まとめ買いだと思った通りの費目に計上されません。

自分で付けちゃったほうが正確ですし、早いのです。
視覚的に一覧で見ることで、使いすぎを防いでいます。

自作の家計簿にただ記録するだけでは貯まらなかった

でもね、こうやって付けているだけでは意味がないのです。
私は家計簿に、自分の気持ちを書き込むことにしました。

jisaku_1_6_20_150622

たとえば明日の日付の欄に、「今日はお金は使わない日と決めた」と書いてしまいます。

「今日はここに書きたくないなぁ・・・。」

書いてあることで使いたくなくなります。
頭が「使わない脳」に変えてくれるのです。

jisakukaku_2_20150622

1週間前になると、こうやって自分の気持ちを奮い立たせます。

「給料日まであと1週間だから、やりくりがんばろう!」

書くことで、自分の貯めようと思う気持ちをやる気にさせてくれるのです。

貯めたいと思う意思を書くことで、無駄買いしないと洗脳されていくのです。

こうやって自由にメモ書きが出来るからいいのです。

自作家計簿かノートなどのアナログ的な家計簿の良さって、自由に手書き出来る所にあるのです。

家計簿のつけ方がわからない人は「手書き自由ノート家計簿」が簡単でおすすめ!自分流が1番貯められる

私流家計簿は燃える意思を書くこと。全部自動化では貯まらない

「マネーフォワード」などのクラウド型家計簿ソフトで、全自動化して貯まる人はそれはそれでいいのかもしれません。

だって家計簿付けるのって面倒くさいですし、普通は続きません。
FPさんにも「よく13年も続いていますね!」と驚かれたぐらいです。

でもこの13年間の歴史を振り返ると、私が続いている理由はやはり自作家計簿だからです。

それは私にとって、家計簿は記録するだけではなく未来日記であるからです。

「この1年間で、300万円ゼッタイ貯めてやる!」

私の家計簿には、この言葉が至る所に書かれています。

「もう貯金なんて無理。でもこの状況から這い上がりたい!」

こんな嘆きのような叫びまで書いてあったりしました。

未来にこうなっていたい!って思ったことを書くと、それを実現しようと頑張ります。

自動化ではなく、手動で思考化するから貯まっていくのです。

今後細かく付けなくても貯められるように、いますごい家計改善策をしています。

いま明細を付けている部分、ごっそりなくすかもしれません・・・。
貯まる脳を1度身につけてしまえば、実は付けなくても貯まるのです。

時間を省いて貯められることが、今後1番の目標にしたい所ですね。

家計簿に決まりなんてぜんぜんありません。
好きなやり方でどんどん貯めていきましょう。

お金が貯まるコツは、貯める意思力のみ!

私も今年は、さらにお金に好かれる人になっていきます。
一緒に貯めて、未来をもっと明るくしていきましょう!

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。