新築物件値引き交渉術。タイミングを狙って新築マンションや新築一戸建てを大幅に安く買う方法

「4月の子供の入学時期に合わせて、新築マンションを買いたいな。」

卒園や卒業。
入園や入学。

転校や就職。
転勤、異動。

春がもうすぐ近づいてくるのに、なぜだかとてもせつない季節がやってきました。

4月は出会いと別れがとても多いです。人生が変わる時期に合わせて、家探しをする方がとても多いです。

我が家もマンションを買った動機が、長女の小学校入学です。途中での転校はどうしても避けたかったので、購入することにしました。

1月から3月にかけて、不動産の引き渡しラッシュになります。

「4月までに、何とか引越しを済ませたい!」

これから買いたいけれどまだ買っていらっしゃらない方は、3月は大幅な値引きのチャンスかもしれません。

数々の家の購入を経験している私としては、家の値引き交渉に苦戦して希望に合わずに、何度となく諦めて涙したことか・・・。

これから家を買おうとと思っている方は、要必見です!

今回不動産業者から聞いた、新築物件の値引き交渉術をお教えしましょう。

なぜ3月になると大幅な値引きが期待出来るのか?

3月末って、多くの企業が決算日です。不動産業界も同じです。

「在庫処分だ。売れるだけ売ってこい!」

営業マンにきついノルマが課せられて、営業マンもとっても焦っています。

開発業者は建物が完成して数ヶ月以内には、建設費を全額支払う必要があります。

万が一売れ残りがあると、その分は代金が入ってきません。足りない分を借金してまで、建設費を支払わなくてはいけません。

自分資金を調達できない開発業者は、銀行からの借り入れが必要になります。銀行にお金を返さないといけませんよね・・。

ですから、なんとかして完成するまでに売りたいと思ってしまうのです。

人間って、焦るとどうなりますか?

「高いままでは売れないなら、安くしよう。」

安くしてでも在庫をなくして、利益に計上したいわけです。

この焦っている時期が、決算時期です。売れないと、営業マンの営業成績にも響いてきます。恐ろしいですね・・。

3月はケタ違いに焦っている業者さんが多い時期なので、3月になると大幅な値引きが期待できてしまうのです。

でも3月に完成物件を買うのはとっても危険

1月から3月にかけて、新聞の不動産の折込チラシが異様に増えませんか?

年末年始なんてまったく入らなかったのに、日曜日になるとほとんどが不動産のチラシであふれ返ってしまいます。

そこで目に付くのが、

3月完成予定。即入居可!

こんな事が1番デカデカと載っている物件は、買うのはやめた方がいいですよ?

駅近とか環境のことではなく、急いでいるモードがプンプンです。

最近は性能評価が大事ですからあまり見かけませんが、突貫工事で作っている可能性大です。

家を作るのは職人さんという人間です。
この時期職人さんが引く手あまたです。

大量に生産していれば、大量に欠陥が増えるリスクも高まります。

一概にダメとは言えません。

ただ、リスクを避けるために内装はしっかりとチェックした方がいいです。

私は3月着工物件で、クロスがヨレヨレになっている物件をたくさん見てきているからです。

11月、12月ぐらいから着工して、3月に完成ぐらいの物件を選ぶと安心ですよ。

不動産業者から聞いた3月完成新築物件の値引き術

「家は高いから、出来る限り安く買いたいわ。」

それでは3月完成の新築物件の値引き術とは、一体どうしたら出来るのでしょうか?

買う目的をはっきりと伝える

親の近くにどうしても買って住みたい。
子供が進学だからもう落ち着きたい。

家を買う目的を、はっきりと営業担当に伝えることです。

相手はとても焦っています。

このクソ忙しい時期に、買わない人を相手にしているヒマなんて、まったくないのです。

買う意志を見せれば、相手も本気を出してくれるでしょう。

ローン仮審査を通す。必要書類をそろえておく

金銭的に問題ない人であることを、相手にアピールします。

事前にローンの仮審査を通しておく、源泉徴収票、住民票、印鑑証明をそろえておいて、買う気満々ですよ!という態度を相手に見せつけるのです。

書類にちょっとお金がかかりますが、値引き額に比べたら全然安いです。

我が家も仮審査通過の用紙を持っていったことありましたよ。

「資金計画ばっちりですね。」

営業マンの顔色が一瞬で変わったことは、とても記憶しています。

キャッシュで一括で買う

「現金一括で5,000万円払いますよ!」

これ、出来る方いらっしゃいますか?ローンじゃなくて、キャッシュで買うのです。

こいつは買えるヤツだと思われると、さらに値引きをしやすくなります。

業者の方に聞くと、「現金で買われる方は、結構います。」とのこと!

えぇー!世の中、結構おカネ持ってるのねぇ。

不動産を買える人は、キャッシュで買っています。
お金を持っている人は、持っているのが現実です。

こうやって、どんどん金持ち父さんになっていくんですよ。

全額キャッシュじゃなくてもいいんです。頭金は多ければ多いほど、相手は本気になってくれます。

世の中は、金持ちが勝つように出来ているのが現実です。悲しいですが、悪い事は言わないので、しっかりと貯金はしておくようにしましょう。

1年で100万円を貯金する方法。お金を貯められなかった私ができるようになった理由はこの習慣

不動産は心理戦。逃がしたくないと思わせること

不動産には、色んな購入テクニックがあるとは思います。

でも相手も人間です。

「値引きしろ!こっちは早く買いたいんだ。」

こんな客に、果たして家を売りたいと思うでしょうか?自分が売る方だったら、やっぱりイヤになってしまいます。

こっちは買う意志は強い。

買う資金力もある。
買える信用力もある。

魅力的な自分になっておくことが大事です。相手にあなたに買って欲しいと思わせる事です。

「営業さんも、家を売るのって大変ですよね。」

ちょっと相手を油断させます。
その後に値引き交渉開始です。

「500万円引きでどうですかね?」

最初は、思いっきり下げた値段を言ってみたりするのです。

「その値段じゃちょっと無理ですー!」

営業マン、あまりの値段提示にびっくりです。そこからちょっとだけ駆け上がるのです。

「それじゃあ300万円引きなら、かなり前向きに検討します。」

我が家も実は、こうして大幅な値下げに成功しました。

「最後は、350万円引きでどうでしょう?」

下げ切ってから、ちょっと上げる作戦です。

値引きしなければ、近くの競合物件を買うからいいですと、相手に言ってしまうのも手です。

1度の交渉ではいけません。何度も会ったりしてみることも大事です。相手の顔が青ざめてきて汗タラタラになってきたら、こっちのものです。

我が家は最後の最後に、家の価格以外にも、仲介手数料まで下げてもらいました。仲介手数料って値引きができるんですよ。最後まで諦めてはいけません。

値引き交渉術は、恋愛テクニックみたいなものです(笑)相手をメロメロにさせたら、もうこっちのものです。

追うより追われるようにさせる、心理テクニックを身につけるのです。

モデルルーム使用済み住戸や家具付き物件を狙う

値引き交渉術も大切なのですが、値引きされやすい住居を買うこともポイントです。

値引きされやすい物件の例として、「モデルルーム使用済み住戸」や「家具付き物件」というような広告がでてきたらチャンスです。

こんな物件がでてきたら、かなり売り急いでいるサインになります。

通常、完成物件を販売する時は、モデルルームで使ったような住戸は販売しません。

モデルルームに行くと、見栄えがする間取りの住戸をモデルルームにする場合が多いですが、最初にモデルルームを見せて、モデルルームでない住戸を販売するが営業マンの腕の見せ場となります。

見栄えもよくて、売りやすいモデルルーム住戸を販売するというタイミングは、残り数戸という段階でもなければ、焦っている証拠です。これはチャンス!

「家具付き物件」での販売も、実質は値下げ販売です。どうせなら、もう一押ししてみるべき状況と言えるでしょう。

新築マンションモデルルーム見学のポイント!何度も見に行っている私が失敗しないコツを教えちゃうよ

不動産業者に焦らされて買わないことがとっても大事

でもね、この時期に買わなきゃー!って焦らないことです。値段ばかりに頭がいってしまうと、周りがどんどん見えなくなってきてしまいます。

私も家の購入に必死だった時は、周りがまったく見えなくなっていた時期がありました。

「4,000万円と4,500万円ってほとんど違わないよね。」なんて、高い値段だからこそ感覚もマヒしてしまっていました。

感覚がマヒしてしまうと、思わず高値づかみをするリスク、欠陥住宅をつかんでしまうリスクが高まります。

思いきって買う事も大事ですが、もし迷ったら買わずに賃貸でもいいのですよ。

買ってから気に入らないから売りたいなんて、本当に簡単ではないです。私も売るつらさは、死ぬほど大変だったことを記憶しています。

この時期に、色んなことで大変だとは思います。でも大切なことは、自分の意思をきちんと持っている事です。

値引き額だけに、ゼッタイに目を奪われないようにして下さい。

不動産業者に焦らされたら、1度距離を置いてみて下さい。

何だったんだろう?って感じるはずです。大切な資金と家族を守れるのは、冷静になったあなただけです。

ここで、フーッと深呼吸して下さい。

ちょっと楽になりましたか?
だいぶ、楽になりましたか?

とってもいい営業マンは、世の中にたくさんいます。

私なんて不動産マニアになり過ぎた結果、こうやって営業マンと仲良くなって、裏のテクニックまで教えてもらえるまでなってしまいましたから(笑)

家選びでとっても大切なこと、それは、

家選びは本来ストレスになるものではなく、とっても楽しく選ぶものです。

人生色んなことが起きますが、あなたにぴったりなステキな家探しが出来るといいですね!

建売住宅の値引きをするコツと値引き交渉する方法はこちら!

家は値引きができる。建売住宅の値引き交渉のタイミングと数百万円から1,000万円以上お得に買う方法