仕事がつらい時の心が軽くなる乗り越え方。朝や月曜日がしんどいのは嫌いなことをしているから

「朝起きて会社に行くのが、しんどい。」

「日曜日の夜はげっそりで、月曜日がつらすぎる。」

朝起きてから、毎日決まった時間に満員電車に乗ることを考えただけで、げっそりしてきてしまいます。

しかも、1番つらいのが楽しい休日である日曜日が終わった、月曜日の朝ではないでしょうか?

朝と月曜というタイミングというのは、体の中がズッシリと重たい鉛のようになってしまい、足がまったく前に進んでくれなくなる時があります。

朝に起きられなくなってしまう原因は、あなたが低血圧でもないですし、月曜日に起きられないのも睡眠不足のせいではありません。

「ハァ〜・・」ってため息をつきながら会社に向かう原因として、実はこのことに気がついて欲しいのです。

朝と月曜日がつらいという人は、仕事が苦行になっている

densha_20160804_160704

仕事をするのがイヤな人は、会社に行くことをまるで刑務所に向かうような「苦行」と考えている方が多いのではないでしょうか?

もし朝起きて「今日は彼女とデートだ!」って思ったら、すぐに布団から起きてウキウキしてスキップでもしながら、駅まで向かうかと思います。

どんなに月曜日が嫌いでしんどいと思っていても、もし月曜日が休日となっていたら、月曜日だって元気に起きられるはずです。

なぜでしょうか?

仕事がつらくなる原因は、あなたが嫌いなことをしているからなのです。

「仕事=苦行」と考えて自分の貴重な人生を捧げ、イヤイヤながら嫌いなことをしているために、体がしんどくて起きられなくなっているのです。

朝と月曜日の朝は苦行のために動かないといけないという反応になってしまい、ストレスいっぱいで行くために、仕事時間もとっても長く感じてしまいます。

私も以前は、朝と月曜日はしんどくてストレスいっぱいでした。

仕事中は生きた心地がまったくしていませんでしたので、仕事が終わった後に大量のお酒を飲んでストレス発散をしていたのです。

髪の毛がストレスでごっそりと抜け落ちて、暴飲暴食をして太りまくった時期もありました。

「つらい毎日から、私は抜け出したい!」

つらすぎる生き方をやめました。
自分が嫌いなことをやめました。

私が「仕事 = 苦行」から、「仕事 = 楽しい」と言えるほど考えが変わっていったのです。

つらくてしんどかった仕事が、人生の中で趣味と言えるほど楽しくなった解決策とは、一体どんなことをしていったのでしょうか?

自分の心がワクワクするような好きなことをするようにした

仕事が苦行の連続だったワケは、嫌いな仕事をしていたからです。

女性の私は男性のサポート業務しか任せてもらえず、まったく主張ができない仕事ばかりをしてきたことで、ずっとストレスフルな毎日でした。

仕事が嫌いでしたね。
ホントつらかったです。

私の周りには、昨日元気だったのに突然事故で亡くなってしまった方がたくさんいて、自分もいつ死ぬかわからないと思うことが多々ありました。

「いつ死ぬかわからないから、自分のやりたいことやらないとな。」

嫌いなことを続けているだけでも、他人へのねたみやうらみ、苦しみだけがずっと増え続けていくだけです。

「好きなことを仕事にする」というフレーズを見ただけで、ムカムカする気持ちが増えていくだけです。

明日死ぬかもしれないし、嫌いなことをしているなら、今すぐにやめて好きなことをしていこう。

自分の心がワクワクするほど好きな仕事をするようになったら、仕事が趣味と同じぐらい楽しくなって、「仕事 = 人生」と言えるほどになったのです。

朝早く起きて、まるでテニスの朝練に行く高校生のような気持ちで、燃える部活動ならぬ「仕事中毒人間」になっています(笑)

でも仕事をし過ぎて体調不良になったら、時間もお金も無駄になってしまいます。

好きな仕事を死ぬまで続けたいために、おうちでのお酒をやめて、睡眠時間や健康にもかなり気をつけるようになりました。

好きなところで、好きな仕事で働く。

これだけで仕事に対するストレスがスーッとなくなっていき、メンタル的な不調もどんどん改善されていきました。

体調不良で疲れた時、健康は「お金」も「時間」も節約になることを仕事人間は考えた方がいい

嫌いな仕事をしなければならない時は、好きになるように努力

どんなに好きな仕事をしていても、仕事なんて色んなことがありますから、どうしても嫌いな仕事や嫌いな人間としなければならない時があります。

会社に行くのがつらい、仕事が嫌い、あの上司や取引先が嫌いと言っただけで、簡単に仕事を辞めるわけにもいきません。

嫌いな仕事や嫌いな人間と仕事をしなければならない時は、好きになるように努力をするようにしてみましょう。

人の雑用をしなければならないけれど、スピーディーにできたら楽しいな。

あの人の言い方がどうしても嫌いだけれど、ハッキリ言ってくれるからわかりやすいな。

世の中のどんな仕事も人間も、どこかしら1つでも必ず楽しいことやいい所があるはずです。

どんなに嫌いな仕事や人間でも、いいところを探してみると、案外見つかったりすることがあるものです。

私も冷たい態度の部長が大っ嫌いで、もう一緒の部署にいるのがイヤでイヤでしょうがなかったのです。

でも仕事のやり方をズバッと指摘してくれたり、誰も気が付かないミスを発見してくれたおかげで、仕事のやり方や進め方がどんどん身についていきました。

嫌いな仕事や人間関係は少しでも好きになるように努力し、面白いなと感じたことは、自分の成長につながるようにしていきましょう。

たった1つでいいんですよ。

嫌いな部分より、いい部分を探すトレーニングを続けていくことが大切なのです。

仕事がイヤになるほど人間関係がつらい時は、苦しい状況に感謝して人生の修行だと考える

つらい仕事を楽しい仕事に変えていけるのは、あなた次第

mm_pexels-photo-101491

朝起きるのもつらくて、月曜日の朝なんて特につらい時こそ、じっくりと自分の胸に手をあてて考えてみてください。

つらいことから逃げずに、じっくりとじっくりと、何度も自分で考えてみてください。

今のあなたは、嫌いな仕事をしているのではありませんか?
生活をしてくためだけに、今の仕事を選んでいませんか?

本当に好きな仕事をしていたら、朝起きたらワクワクして早く仕事をしてみたくなってしまうはずです。

今の私がそんな感じです。

休日が開けて、早く月曜日の朝になってくれ!と思うほど、仕事がワクワクと楽しくてたまりません。

仕事が趣味であり、仕事が生きがいであり、そして仕事が「人生」なのです。

すぐに今のつらい仕事を辞めましょうと言っているわけではなく、まずは今の仕事を好きになる努力をしてみましょう。

頭の中で1つでも楽しいことを見つけたり、仕事を趣味のようにゲームのように楽しんでみる工夫をしてみるのです。

そうすることで、今まで見えていなかった仕事の楽しさがどんどん見えてくるようになり、仕事がスピーディーにできて段取りもよくなっていきます。

完全に嫌いだったあの人も、「いいところもあるじゃん!」と思うと、心がふわっと軽くなっていくはずです。

考え方をちょっとでも変えるだけで、人生が大きく開拓されていくのです。

つらい仕事を乗り越えるために大切なことは、自分の好きな気持ちにまっすぐに従い、今の仕事に対する考え方や姿勢をちょっとでも変えてみることです。

いい人生はすでにあるものではなく、自分で作っていくもの

つらい仕事を楽しい仕事に変えていけるのも、運でも何でもなくあなた次第で変えていけるのです。