車の買い換えを10回もして大後悔!たった10年で1,500万円浪費したダメな共働きメタボ家計

結婚してから共働きでずっと働いている我が家には、とんでもないぐらい車の買い替え回数があります。

車の買い替えで失った額は、なんと10年間で総額1,500万円にも登ります。

なぜこんなにも多くの車を、わずか10年間という期間で買い換える必要があったのでしょうか?

どれだけ多くのお金を散財してしまったのか、我が家の浪費っぷり家計をここで暴露したいと思います。

保育園送迎のために、共働き我が家には車は必須アイテム

現代では、20代、30代でクルマ離れが進んでいて、都市部での駐車場の空きが深刻化していますよね。

電車、自転車、カーシェアリングを利用すれば良いという風潮が広まっている影響でしょうか?

我が家は夫が朝の保育園の送迎と通勤で毎日使用しているため、車はやはり必須アイテムです。

今までも2箇所の保育園の送迎に車がないととてもじゃないけれどやっていけなかったので、車がない生活は考えられませんでした。

今でこそ長女が小学校にあがったことで、車が何が何でも必要!という環境ではなくなってきましたが、車がなかったらやっぱり今の共働き生活を送っていることは不可能でした。

レジャーに行くときなども、小さな子がいると車のありがたみがわかります。

「電車でぐずられたときは、こっちが泣きたくなるわ!」

電車の中で子どもにギャーギャーと騒がれた時は、大迷惑になってしまうので乗っていられずにすぐに降りてしまいます。

小さい子がいるとなかなか公共の場では思うようにいかず、我が家はずっと1台所有しております。

ただ、DINKS時代はびっくりするぐらい車にお金を使ってきたんですよね。

その車の買い替え回数を、さっと調べてみました。

結婚してからの車の買い換え回数は、なんと10回!

結婚してから今までで、車を何度となく買い換えてきました。

その買い替え回数は、なんと10回です。

それも全て自己欲求を満たすだけのために買い換えてきました。

この車がいいだ、こっちに乗り換えようだ、1年か短い時で半年に1度の交換サイクルで買い換えてきました。

結婚する前は父が焼身自殺で自分で車を燃やしてしまったことで、知り合いからの紹介でコミコミ50万円で車をゲットしました。

必死にアルバイトで貯めたお金で、中古車を何とか1台買うことが出来ました。

結婚してからは貯金50万円しかなかったのに、ふと見に行った三菱のお店で軽自動車が気に入ってしまって衝動買いしてしまいました。

当時出たばかりのディスチャージヘッドライトのすごさに魅了されて、なんと150万円のローンを組んで購入してしまったのです。

それから長女を妊娠して、また車を買い替えました。

「もうちょっと大きなタイプの車じゃないとね。」

軽自動車を売って、3列シートミニバンに乗り換えです。
ここで売ったお金の差額200万円のローンを組みました。

「やっぱり隣の車をぶつけると困るから、スライドドアがいいわ。」

3列シートミニバンのスライドドア式のタイプに乗り換えです。

差額の100万円のローンを組みました。

カーローンを組み過ぎたことにやっと気がついて、下取りに出して小さい車に乗り換えです。

次女を出産して、赤ちゃんが2人いる状態になりました。

「チャイルドシートが入らない。やっぱりこれでは小さい。」

また下取りに出して、チャイルドシートが設置できる大きなミニバンに乗り換えです。

やっぱりここでは、200万円のローンを組みました。

「燃費が悪い!ガソリン代節約だぁー!」

さらに燃費のいいミニバンに乗り換えです。

好き勝手に買い換えた結果、売ったり買ったりして車に費やしたであろう金額は、ざっと10年間で1,500万円にものぼります。

共働き浪費家おバカは、一体 何をしていたのでしょうか?

自分自身の欲望のためだけに車を買い換えてきたことで、多額のお金を垂れ流してきてしまったのです。

20代の車選びは間違いだらけで失敗と後悔の連続。我が家の10回買い換えた車の購入履歴

悔しいと思う気持ちを、これから底知れぬ原動力に変える

mm_iraira_20160816

このお金があったら、最低1,000万円は住宅ローンの支払いに充てられたかと思うと本当にくやしい気持ちでいっぱいです。

何も考えずに使ってきた自分が、本当に情けなくてお恥ずかしい限りです。

共働きで、家計に余裕があったから?
使ってもお金が入ると思っていたから?

キモチがゆるゆるでいたことが、

とーっても悔しいです!

自分がしてきたバカな過ちが、心の底から悔しすぎます。

10回買い換えて、今はやっといいと思えるミニバンに出会えて3年が経過しましたが、今までの失敗を振り返って1つわかったことがあります。

失敗することが、今後のお金の使い方をうまくするということです。

若い時にたくさん失敗したことで、車の買い方、売り方、売りやすい車を勉強することが出来ました。

お金の使い方で失敗してしまったことは、もうどんなに後悔しても仕方がありませんが、これからは失敗を繰り返してはいけません。

この失敗をして悔しいと思ったことが、現在のお金を貯めたいと思う底知れぬ原動力になっています。

今の車をさらに大事にして、今までの失敗経験を無駄にしないように、楽しい車選びをこれからはしていきたいですね。

新車の見積もりは、業界トップクラスの「オートックワン」へ

mm_kuruma_20161125

「新車が欲しいけれど、一体いくらぐらいで買えるんだろう?」

新車を買いたいけれど、忙しくて色んなディーラーなんて回っていられません。

色んな知らない営業さんと話すのも時間がかかってヘトヘトに疲れるし、見積もりを1つ取るだけでもしんどすぎます。

そんな時は、ネット上で新車の見積もりが無料で取れるサイト「オートックワン」が便利です。

「オートックワン」への加盟ディーラー数は、なんと4,000店舗!月間見積もり数がなんと65,000件と、業界トップクラスの見積もり件数を誇っています。

事前に見積もり金額を把握することができますので、価格交渉もスムーズにすることができます。

他にも、最新の自動車の比較情報や購入ノウハウなどの情報も満載ですので、初めての方でも安心して車選びをすることができます。

「電話は正直なところ、苦手なんだよね・・。」

大丈夫です!

しつこい電話攻撃にあうことなく、メールだけでディーラーの方と事前相談もすることができます。

ネットでの入力時間は、最短60秒でOKです!

多くの見積もりを取って比較検討することが、新車購入時に損しないポイントです!

忙しい毎日だからこそ、新車の見積もりはネットを使って無料でサクサク済ませて、お金も時間も大いに節約するようにしましょう。

ネットで見積りが簡単に比較できる!「オートックワン」で無料オンライン新車見積りをしてみる!

車を買いたいあなたは、カーセンサーで中古車も検討してみよう

mm_kurumaerabi_20160810

「子供と楽しくドライブができる、我が家にピッタリの車ってないかしら?」

家族で楽しくドライブができるような車選びは、車種なども大事ですが、値段ももちろんとっても大事です。

家賃や住宅ローン、子育て費用ってとってもかかりますからね。

車選びは高い新車だけではなく、程度のよい中古車も検討してみてください。

中古車情報誌カーセンサーのwebサイト「カーセンサーnet」には、中古車台数が全国完全網羅で30万台以上も載っています。

検索しやすい機能満載で、相場情報も充実!

車選びで成功するポイントは、色んな車を比べて見積もりを取ることが大事です。

家族が幸せになれるようなぴったりの1台を、ぜひ「カーセンサー」で見つけてみてくださいね。

30万台の中古車物件が掲載!家族で楽しめるとっておきのお得な1台を「カーセンサーnet」で探して、見積もりを取って比較してみる

今の車をどこよりももっと高く売りたいと思っているあなたへ

「新しい車が欲しいけれど、今の車ってどうしたらいいの?」

車を売りたいあなたは、今乗っている車の査定依頼をしてみましょう。

大事なお車の査定依頼をするのであれば、買取業者より15%~25%高い買取価格を実現できる「カープライス」がおすすめです。

100%独自のオークションシステムがあり、直近のオークション価格に基づいたリアルな査定価格がでてきます。

かんたんな入力で概算価格を知ることができますので、車選びの参考にすることができますよ!

査定時間は、たったの30秒!

会員登録料も無料、査定自体も無料ですから、あなたはまったく損はしませんので、ぜひお気軽にネットで査定をしてみて下さいね。

「え?こんなに高い価格で売れるんだ!」って、ビックリするかもしれませんよ?

買取業者よりも15%~25%高い買取価格!安心した依頼ができる「カープライス」に査定依頼をしてみる

車の買取り査定額が、なんと30万円もUPした体験談です

車の買取査定価格で30万円の差が出た体験談。中古車を少しでも高く売りたいなら最後まで粘れ!

自動車保険で、私が絶対つけた方がいいと思う特約とは

自動車保険の見積もりで私が価格だけで選ばない理由。2度とこんな目に遭わないために付けたい特約

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立した生活家電と不動産が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。