2015年5月20日 

賃貸物件探しのコツ。いい物件の選び方は繁忙期の時期をはずせ!人気の掘り出し物件は5月がチャンス

1年のうちで、人生に転機が訪れやすい時期っていつですか?

それは卒業、就職、転職、進学などが多い3月から4月です。

人生の転機は、賃貸物件もシーズンまっさかりです。特に1月から4月にかけては、メチャクチャ忙しい時期なのです。

物件数もこの時期はとても多いのですが、部屋を探す人も同時に多いので、人気の物件は瞬間的にすぐに埋まってしまうことが多いでしょう。

「急な転勤が決まって、仕方なくこの部屋しか選べなかった。」

本当は住みたい物件があったのに、先客がいて選べなかった。
悔しい思いをされている方が多いのではないでしょうか?

実はその狙っていた人気物件って、時期をちょっと外すと途端に空くことがあるのです。

それはこの5月の時期にとっても関係してくる話なのです。

5月の時期って何だか心が疲れていませんか?

「何だか仕事に行く気がしない。疲れてぜんぜんやる気が出ない。」

この5月の時期になると、途端に体調が優れない人が多く出て来ます。

朝方になると、仕事に行きたくない。
行きたいんだけれど、体が動かない。

よく寝られず眠気がひどくて、頭がボーっとする。

4月に新しい会社に入社、新しい部署、そして思い切って転職して、ふと落ち着いてきた頃に出る病、それがいわゆる「5月病」って言われているやつです。

今はその症状に気が付かずに、長引いて梅雨のウツウツした時期まで引きずる「6月病」までいます。

ひどくなると頭から良い物質が出なくなり、「うつ病」に進行してしまう人も多いのが現実です。

このような人が新しい地で続けていくことが出来ず、逃げ出してしまうことが多いのです。

転勤や部署の異動がある会社勤めの人は、大企業であることが多い

転勤や部署の異動がある会社勤めの人って、どのような方ですか?

会社の規模が10〜50人程度で、自社しかない規模の会社に転勤や部署異動はほとんどありません。

転勤や部署の異動で引越しをしなければならない人達って、実は大規模の会社に勤めている人が多いのです。

平均的に年収も高く、いい部屋に住んでいる事が多かったりします。

それはあらかじめ会社側で、いい部屋を抑えていることが多いからなのです。

会社に文句を言いたいけれど、言えずに無理やり転勤してくる方もいることでしょう。

まじめ過ぎて言いたいことも言えずに、組織の中で我慢してしまう。

地方から東京に出て来たけれど、やっぱり大都会になじめない。反対に東京から地方に出たけれど、1人ぼっちでさびしい。

結果的に、気まじめな人ほど「5月病」にかかりやすくなっているのです。

いい部屋がポン!と空くことがある、それは組織に従順でまじめな人が、心が病んで出て行ってしまうことが多いからなのです。

繁忙期を外して時期を見て探せば、家賃の交渉が可能に

1月から4月には契約済みであった物件も、このように5月から6月にかけていきなり空いたりします。

年中いつでも引越しが可能な方は、この時期に不動産屋さんに依頼しておくといいですよ。

大家さんもいきなり部屋が空いてしまって、困っているかもしれません。

「この部屋に住みたいんですけれど、家賃下げてもらえたら即決します!」

大家さんが困っている時こそ値引き交渉のチャンスです。
大家さんは、空き部屋があるのが1番のリスクなのです。

「すぐに入居してくれるなら、5,000円下げてもいいですよ。」

固定費である家賃が5,000円も1万円も下がるって、すごいうれしいことです。

いい部屋でしかも3月は強気であった値段が、安く住めるチャンスなのです。

引越し業者もこの時期は狙い目。値引き交渉の大チャンス!

引越し業者が1番空いている時期って、やはり繁忙期が終わった5月頃です。

ゴールデンウィークが終わった5月中旬ぐらいが狙い目です。

もしいい部屋にどうしても住みたい!って思っているのでしたら、4月から本気で探し始めましょう。

この時期に空いたらすぐに申込後、家賃交渉をしてください。引越し比較サイトで探した後、値引き交渉をしてみましょう。

ネットや賃貸情報雑誌に空き部屋が見つかってからでは、遅いのです。こういった掘り出し物件は、不動産屋さんじゃないと得られません。

こまめに電話やメールなどでやりとりして、いい旬の情報をゲットして素早く行動するようにしましょう。

実はこれは夫の体験談であって、5月にポン!と空いた東京の池袋にある賃貸マンションを2万円の値引きに成功したそうです。

しかも引越し業者への値引き交渉も成功して、ダブルで成功して入れたそうです。

諦めないで探し続けることって、実は大切なことなのかもしれません。

賃貸情報には、常に敏感になっていましょう。

物件を問い合わせて入居すると、引越し祝い金1万円がもらえる賃貸情報サイトキャッシュバック賃貸というのもありますから、ぜひ問い合わせをしてお得にゲットしてみてくださいね。

物件探しで大切なことは、1人で悩んで無理しないこと

このように5月には、人気物件がポン!と空くことで、いい物件探しをしている人にはお得な住み替え時期に間違いありません。

ただし、素直に喜んではいられません。

同じ働くものとして、なじめずに心が病んでしまっている人がいるからです。

うまくいかなかったからと言って、落ち込む必要はありません。ほとんどの人は、たくさんの失敗や挫折を経験しているからです。

1回失敗をしただけで「もうだめだ。」と思わないで下さい。

はじめからうまくいかないことを知り、たくさんの間違いをすることで、正解に近づいていくことでしょう。

1度や2度、いや、3度4度失敗したって、死にやしません。

そんな風に思えば多少の失敗なんて、なーんだと思えてきます。もっとおおらかな気持ちで楽しく生きていきたいですね。

失敗の数だけ、あなたは魅力的になれます。

失敗しなければ、前に進めません。
失敗したから、前に進めるのです。

いい物件を探せた人、また新たな道を選択した人、双方にハッピーな選択が出来るといいですね。

都内一人暮らしの賃貸物件選びで失敗しない部屋選びのコツはこちら!

都内一人暮らしで失敗しない部屋探しのコツ。ネットに貼り付いて探すだけでは思わぬ落とし穴にハマる

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう