シミ取りレーザー失敗!やればやるほどシミが濃くなってしまった理由と私のイケない行為

毎日家事に育児に仕事にと、他の事で精一杯になって生きてきたせいか、美容なんて全然無頓着に生きてきてしまいました。

ふと気がついたら、シミが段々と増えてきてしまったことで、思い切ってシミ取り治療をすることに。

シミ、くすみ、しわ、たるみ、ハリ、ニキビだけではなく、脱毛までカバーしてくれるという「BBL(ブロードバンドライト)」という光治療を半年間受けてきました。

シミを消したい!皮膚科でレーザー治療「BBL光治療」と通常より約20倍効果があるイオン導入を受けてきた

最初の3〜4ヶ月ぐらいはシミがポロポロとむけてキレイな肌になって、まさにシミのない肌になって美魔女気分を楽しんでいました。

しかし!

この1カ月ほどで、シミが急激に悪化してしまったのです。

シミがどんどん悪化してしまったので、先生の元に駆けつけた!

この1カ月ぐらいで急激に悪化してしまったシミの状態が気になってしまった私は、すぐに美容皮膚科の先生のもとに行きました。

美容皮膚科の先生とは長年のお付き合いですが、心の底から絶大な信頼を寄せている先生です。

私は今度アゴの手術を大学病院で受けるのですが、先生は形成外科の分野では名医でして、私の執刀医でもあるのです。

顎変形症の手術日と入院期間が決まる。すっごい怖いけれど乗り越えないとはじまらない

シミ治療に通っている理由は、入院中に少しでもキレイな肌になっておこうかと思っているからです。だって、お見舞い来た人にシミだらけのスッピンを見られるのって恥ずかしいじゃないですか!

少しでもキレイになっておこうかと思ったのに、なぜか入院1カ月前にしてシミが悪化です。

 

「せんせー、見てください。急に悪化してしまいました!」

先生にスッピンをジロジロと見られた結果、先生いわく、

「レーザーの出力が強すぎたのだろうね。あと肝斑が混じっているシミだわ。」

せんせー!そんなに強い光を当てていたのですか!

確かに私は結構痛みには強い方でして、シミが取れるのであれば強い治療なんて耐えるわという意気込みで、バチンバチンという痛みにも耐えながら治療していました。

私自身がきちんと伝えなかったことで、レーザー治療失敗・・。

強い出力でレーザーを当てすぎてしまったために、肌のメラニン細胞が活発化してしまったのです。

濃くなってしまったシミをレーザーで取りたくなってしまいますが、レーザーをこれ以上当てるとさらに悪化するとのこと。

私のシミは、レーザーを当てるとさらに悪化する「肝斑(かんぱん)」も混ざっているシミでした。シミって色んな種類がありますので、治療方法にも気をつけないといけません。

レーザーの出力が肌質よりもかなり強い光を当てていたことで、やればやるほどシミがどんどん濃くなってしまったのです。

レーザーの出力だけではない!レーザーの当てる時期に失敗

でも先生は、レーザーだけではこんなにシミは濃くならないということでした。

「何かプールに行ったとか、外に出かけることが多かったとかない?」

先生、やっぱりするどい指摘です!

実は1ヶ月前のBBL治療の2日後に、私は何を血迷ったのか屋外プールに行き、日焼け止めをほとんど塗ることなくガンガン日差しを浴びてしまったのです。

私自身、街歩きが趣味です。

大好きな街だと、線路は続くよ〜ど〜こまでも〜っ♪て、どんどん歩いていってしまうことも・・。

真夏の太陽がサンサンと浴びる中で汗だくで歩き回り、日差しをガンガン浴びまくってしまいました。日焼け止めなんて全部落ちてしまい、顔も腕もややこんがりと焼けてしまったのです。

「それじゃあ、より悪化させるためにレーザー打っているもんだよ。」

ガーン・・(泣)

夏場も外出が多い人は、紫外線が強い夏場をわざとはずして、冬場に集中的にレーザーを受ける方がいいそうです。

 

強い出力によるレーザーの当て過ぎと、夏場の紫外線の当たりすぎというダブル要因で悪化!

もちろん日頃のストレスや睡眠不足、食べ物も関係していることでしょう。

レーザーを当てた肌は紫外線をかなり吸収しやすくなっていますので、いつも以上に日焼けに注意をしないと、よりメラニン細胞を悪化させてしまうということでした。

 

「先生のせいにしてすみませんでした。私の日頃の行いがイケなかったのです・・。」

先生ありがとう。人のせいにして、ごめんなさい。

レーザー治療だけで悪化したわけではなく、私の日頃の紫外線対策と行いが悪すぎたことで、さらにシミを濃く悪化させてしまっていたのです。

日焼け対策をもっと真剣に考えないといけなかったと、大人になって深く反省した次第なのでした。

 おすすめの日焼け止め5選!顔にも子供にもOKで海や日常にも使える紫外線レベル別UVカットアイテム

悪化してしまったシミを薄くしたい!レーザー以外にするシミ対策

「でも、先生、このままではイヤです。何か対策はないですか?」

先生いわく、この状態でレーザーを当てると余計悪化してしまうとのことで、夏場はレーザー治療をお休みすることに。

体の中が薬漬けになることに抵抗がありましたが、どうしても悪化してしまったシミを薄くしたかった私は、内服薬を処方してもらうことにしました。

「ビタミンC」、「ビタミンE」、美白効果がある「トランサミン」、皮膚代謝の働きを高める「ハイチオール」の4種類を出して下さいました。

朝、昼、晩の3回飲み続けることで、シミがどんどん薄くなっていくそうです。

自分で選んだサプリメントとは違い、きちんと先生に私の肌の状態を診てもらった上で処方していただいたので、まずは90日間毎日続けてみることにしました。

ハイドロキノンの17倍の効果があるスキンケアコスメにも挑戦!

シミの治療と言うと、「ハイドロキノン」が昔から有名ですよね。

私も「ハイドロキノン」を試したことはあるのですが、「肌の漂白剤」と言われているほど強い成分であり、敏感肌の人は肌荒れしてしまうことも。

「ハイドロキノン」は色素細胞に対する毒性がとても強く、長期間に渡って使用すると肌が白抜けしてしまう危険性もあります。

私自身も肌のターンオーバーを促す「トレチノイン」と一緒に使ったら、肌が真っ赤っ赤になってヒリヒリしてしまい、泣く泣く治療を断念した覚えがあります・・。

 

そこでシミに絶大な効果がある美白スキンケアコスメで有名な「ルミキシル(LUMIXYL)」を先生に勧められて試してみることにしたのです。

「ルミキシル」は米国スタンフォード大学の皮膚研究者によって開発された新しい美白成分「Lumixylペプチド」を配合した美白クリームです。

「Lumixylペプチド」は天然のアミノ酸からなるタンパク質ですので、「ハイドロキノン」のように毒性がなく、敏感肌でも安心して使うことができます。

「ハイドロキノン」は皮膚のバリア機能を損なわないため、日中でも使うことができます。まさに紫外線を浴びることが多い私にはうれしすぎる!

ハイドロキノンの17倍のメラニン抑制作用(美白効果)があるため、低濃度でも効果を十分に得ることができるのです。

 

いつもスキンケアなんてシンプルすぎて、美白成分にほとんどこだわってなかった私ですから、こんなすごい高価なスキンケアクリームを試すだけでガクガクです・・。

でもすごい素敵なデザインで、持っているだけでうっとり!いかにもシミに効きそそうです。

 

ルミキシルクリームを出す時はとっても簡単でして、クルッとシルバーのフタの部分を回せばノズルが出てきます。後は白いポンプの部分をプッシュすれば出てきます。

 

濃厚な美白成分がギュッと詰まったようなクリームでして、顔につけると塗りづらそうと思っていたのですが、意外にもスルスル〜ッと伸びてくれました。

つけると、とっても気持ちがいいです!

さすが医療機関で進めているスキンケアコスメだけあって、「ルミキシル1本だけで、かなり薄くなりましたよ。」と、仲の良い看護師さんが言っていました。

使い続けてすでに1週間が経ちますが、肌がブツブツすることなく、濃かったシミが少しずつ薄くなっているのが実感できます。すごいよ、ルミキシル!

「Amazon」を見てみたら、売っているじゃないの!医療機関で買うより全然お得価格なので、これからはネットで買います。先生、ごめんなさい(汗)

先生に「たっぷりつけた方が効くのですか?」と聞いてみたのですが、

「たっぷり塗ってもあまり意味がないです。こすったり塗り込まずにそっと適量を塗ってください。」

塗りまくるぐらいだったら、もっとビタミンCを積極的に取って、体の中から改善していった方がいいとのこと。処方した内服薬に加えて、飲む日焼け止めなども効果があるということでした。

 

先生に言われてすぐに、「Amazon」で「飲む日焼け止め」を購入してみました!内側からの改善も必要なのですね。

たっぷり塗ったり、濃いシミに塗り込みたくなってしまいますが、むしろ肌を刺激しないようにそっと触れるぐらいがいいのですね。

私の心から頼れる先生、とっても勉強になりました。しっかりと飲み続けたいと思います。

シミは人生の勲章。でも出来る限り薄くして自信を持って生きたい

レーザー治療のやり過ぎと日頃の私のお肌に悪いいけない行いにより、シミがどんどん悪化してしまった私です。

当たり前のことですが、どんなこともやり過ぎはよくないことがわかりました。大反省です・・。

高性能な機会や高価なスキンケアに頼ることも1つの手段ですが、いくらお金があってもキリがありません。追求すればするほど、美容代にどんどんお金がかかってしまいます。

シミが1つ、2つ、3つとあったところで人間としての価値も変わりませんし、シミが毒性じゃない限り死にもしません。

むしろ美容を気にしすぎてストレスフルになってしまい、毎日の生活がつまらなくなってしまう方がよっぽど心のシミにつながっていきます。

人間は、誰でも老いていきます。

こればっかりはどんな治療や薬を使っても、どうしても避けることができません。体にシミや傷ができようとも、「人生の勲章」として堂々としていた方が、人間としてはるかに魅力的でしょう。

でも、でもですね、

やっぱり汚いよりは、美しい肌でいたい!

女性はいつの時代も美を追求してしまう生き物。この追求する心を失ってしまったら、きっと私は一気におばさん化して心まで老けていってしまいそうです。

シミは今まで色々な人生を歩いてきた勲章でもありますが、出来る限り薄くして自分自身に自信を持っていきていきたいです。

少しでもシミを薄くして、これからの人生もっと楽しく生きていきたい。

いい先生に出会えた奇跡に感謝しつつ、自分の行いを大いに反省しつつ、心に黒いシミを作ることなく、イキイキと生きていきたいです。ステキな笑顔が似合うおばあちゃんになりたいな。

自分で作ってしまったシミ、頑張って薄くするぞ〜!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう