2015年2月7日 

高い家を買って失敗して後悔なんてしたくない!不動産営業マンが絶対に教えてくれない大切なこと3選

「新築一戸建てを買いたいけれど、絶対に失敗したくない!」

人生で最大級の買物が「家」です。

高いお金を出して家の購入に失敗すると、どんなに頑張って節約したとしても、金額が大きいだけに、後で追いつかないほどの痛手になり兼ねません。

買って後悔して失敗するのが、とっても不安で怖いですよね。

我が家も実は、新築一戸建てを建てて住んで後悔したことがあります。

我が家が新築一戸建て購入を失敗し、借金500万円を作った理由

「もっとよく見ておいた方が良かったなぁ。」

入居してから気がついたことが実はいっぱいあり、後悔したことがあり過ぎて書ききれないぐらいです。

家を購入する時って、不動産屋は本当に大切なことを一切教えてくれません。

だから、リアルに住宅を購入して失敗した経験がある私が、この場でお教えします!

「これだけは絶対見ておいた方がいい!」という、不動産の営業マンが絶対教えてくれない3つのポイントをお教えしたいと思います。

その1. コンセント、スイッチの位置に気をつけよ!

「ねぇ、ポットのコンセントを指す所がないんだけれど?」

家探しの時、コンセントの位置まで確認されたことってありますか?

実はコンセントの位置が、普段生活をする上で1番重要だったりします。

気がついたら、いつの間にか家中が延長コードだらけになったりして、使いたいところにコンセントがないと、イライラしてとってもストレスです。

壁の上を這うようにつけたりして、家中コードハウスになっちゃいます。

自分の持って行く家具がコンセントの位置に当たらないかどうかを、きちんと確認することが大切です。

コンセントと同じく、照明のスイッチの位置もとても大切です。

スイッチの部分がタンスに隠れてしまい、電気が付けられなくなっちゃいますからね。

最悪コンセントの位置を移動するか、家具を買い換えるハメになります。

数はきちんと足りているのか、ぬかりなくチェックするようにしましょう。

その2.窓の数に気をつけよ!

「うぁ!窓の数が多くてステキ!」

とってもゴージャスな注文住宅が建てられている住宅展示場に見学に行った時に、窓の広さや多さに憧れる方もいらっしゃることでしょう。

確かに窓が多いと明るいですし、開放感も抜群ですよね。

とくに角地にあるようなヨーロピアンな六角型の小窓って、とっても素敵じゃないですか!

しかし、ここで注意点があります!

窓が多いと言うことは、何かもが多くなります。

わかりますか?

そう、カーテンやブラインドをたくさん買わないといけないのです。

カーテンってむちゃくちゃ高いんですよ。
既製品で済むなら安くあがるとは思います。

しかしほとんどの場合すき間が開いてしまったり、長くなったり、お隣さんと同じ柄で気にくわなくなったり・・・。

「もうヤダこの柄。オリジナルなカーテンが欲しい!」

そこでオーダーカーテンの登場です。

オーダーカーテンって、新築一戸建ての相場は30~50万円ぐらいです。しかし、生地や形にこだわり過ぎると100万円以上かかる場合もあります。

カーテンは予想外に高いです。
決して侮ってはいけません。

窓の多さに魅了されて、お金が吹っ飛んでいきます。

日当たりと窓の数を重視したばかりに、1日中カーテン閉めっぱなしの家にしないようにしましょう。

その3.収納スペースの広さに惑わされるな!

「収納は広ければ広いほどいいですよ。」

必ずと言っていいほど気になる室内の収納です。モデルルーム見学の時に、クローゼットの戸を開けたり閉めたりすることってありますよね?

「おー、メチャクチャに広ーい!」

ウォークインクローゼットなんかがあると、テンション上がってしまって「ステキー!」って思ってしまいますよね。

「これだけ収納が広くて数があれば、収納に困ることなんてないわよね。」

ちょっと待った!!

そこの場所に、本当にそんなに多くの収納が必要ですか?

特にキッチンが典型的です。

お箸、スプーン、爪楊枝。
お弁当カップや箸置き。
お皿にコップやマット。
乾物や缶詰に保存食。

意外とキッチンって、収納が細かいものが多いです。

これをきちんと収納可能なように作られていないと、とってもストレスフルな生活に陥ります。

私は床下収納は不要派です。

収納して保存しておいても、おそらく化石にしてしまう自信はたっぷりあります(笑)

むしろ、本当にそんなに大量のモノを家の中に買って置いておく必要があるのか考えてみましょう。

モノを置いておくスペースにも、実はお金がかかっているのです。

大切なのは収納の広さや数ではなく、使うべき所にきちんと配置されていることが重要なのです。

不動産の営業マンなんていい事しか言わない

家に見学に行く時は、営業マンと一緒に見学に行くことがほとんどだと思います。

でも、いい事はたくさん言うけれど、悪い事は言ってくれない方が多いです。

当たり前ですよね・・・。

営業マンは自信を持ってその家を売ることが仕事ですから!

「このお風呂、とっても広くていいですよね。」

お風呂は広すぎても、掃除が大変でイライラしませんか?

「子供部屋が2つもあって勉強はかどりますね。」

本当に子供部屋って、2つ必要ですか?リビングで学習させる予定とかないですか?

「ところで、資金計画はどのようになっていますか?」

お金の話にすぐ持って行くような営業の方からは、家を買うことは止めましょう。

客=お金としか思っていない営業マンが、この世の中にどれだけ多いことか・・。

そんな人から買ったら、本気で後で後悔しますよ?(経験者)

高い家を買って失敗して後悔しないために大事なこと

家を買って失敗して後悔しないコツが、あなたはわかってきましたか?

見学時に大事なことは、冷静な心を養うことです。自分に合う仕様かどうか厳しく見る目を養うことです。

実際に住んだ後に、自分たちの生活がイメージ出来るかどうか、見学の時に住んだ後のシミュレーション力が必要です。

今回は外装ではなく内装についてお話しましたが、中身はいつでも取り替えられますからご安心して下さい。

取り替えるには、やっぱりお金が必要ですけれどね・・・。

お金なんて、どんな仕事でも働けば入ってくるじゃないですか!我が家も家の売却で作った借金は、汗水垂らして返しましたよ?

借金500万円をたった1年で完済した時の家計簿公開。返済は地獄だったけどお金の失敗はプラスの財産

生活動線に合わせた家選びはとても大切ですが、完璧な家なんてそもそも存在しません。

ライフスタイルもどんどん変わっていきますし、家選びで失敗してもうダメだー!なんて思わないで下さいね。

失敗しないと、大切なことって見えてきません。

でも購入に失敗したとその時は思っても、そのうち愛着が沸いてくるかもしれませんので、買った家を心から愛して住むようにしてみて下さい。

「失敗して買った家を売ったお前に言われたくなーい!」

ごもっともですね(_ _;)申し訳ない

こんな私の失敗談が、あなたの住宅購入時にお役に立てられたら、私はとても嬉しいです。

家って迷っているとどんどん買えなくなりますし、チェックすればするほど迷うハメになります。

最後買うときのポイントはズバリ、

「インスピレーション」と「買う度胸」です!

あなたに合ったステキなおうちが、これから見つかると良いですね。

未公開物件多数!自分の希望にぴったりの家探しをしませんか?

niwa_20160605

「家を買いたいけれど、どうやって選んだらいいかわからない。」

家選びは一生に1度あるかないかの大事な高額な買い物なのに、どうやって選んだらいいのかわからない方が多いかと思います。

住みたい街の大切な情報は、心から信頼できる不動産会社から届けてもらいたくありませんか?

そんなあなたにとってもおすすめなのが、信頼できる不動産会社が全国で300社以上も登録されている「タウンライフ不動産売買」です。

ここには、世の中にはまだ出てきていない「未公開物件」が多数掲載されているのです。

実は、広く知られている大手不動産検索サイトなんて、売れ残りの物件ばかりが公開されています。

本当に売れる物件は、世の中にわざわざ公開なんてしません。

誰もが欲しいと思えるような家は、宣伝なんてしなくてもすぐに売れてしまうからです。

一戸建てやマンション、土地や投資用の収益物件まで、不動産検索サイトにはない物件選びができるのです。

あなたの希望条件にぴったりな物件情報を届けてくれます。

不動産選びに失敗している私は、もっと早くこのサイト知りたかったです!

このサイトは信頼性抜群なのに、ほとんど知られていないサイトですので、本気で家探しをしているなら登録しないと後悔してしまいますよ?

住みたい都道府県を選ぶだけで、あとはたったの60秒で簡単に無料で登録することができます。

誰よりも先に物件情報を知ることが、家選びに成功するコツです。

まだ誰も知らないような新しい未公開物件情報を受け取って、どこの誰よりもいい家探しをしてみてくださいね。

無料会員登録はたったの60秒!信頼できる不動産会社からまだ誰も知らない未公開物件情報を送ってもらう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう