ネットで家は買える!中古一戸建てを1度も見学しないで購入しようとしていた話

中古マンションの売り物件

一戸建ては、不動産会社で対面販売で買う。これが通常の家の買い方かもしれません。

しかし、私は、今から10年以上前に、中古一戸建てを1度も見ないで購入しようとしたことがあります。

何千万円もする物を、ネットで見ただけで買おうとしたのです。

なぜ、そんな恐ろしいことをしようとしていたのでしょうか?

新築一戸建て購入に失敗してから、新築購入が怖くなった

建売住宅

小さい頃から”マイホーム”に対する憧れがとても強かった私は、大人になったら、家族全員が安らげるような家を建てることが夢の一つでした。

結婚してからお金を貯めに貯めて、自分の家を建てることが決まったときは、完成するまでがとても楽しみでした。

ピカピカの家が完成し、新しい生活がスタートしたものの、すぐ近くの工場や基地の騒音に悩まされ、軽いうつ病を発症してしまいました。

結局住むことが難しくなり、入居後たったの1ヶ月で売却。多額の借金を背負うことになってしまいました。

失敗原因は、不動産会社の営業マンに「他の人もこの物件狙っています。今買わないと損しますよ!」と、巧みな言葉にうまく乗せられてしまったのです。

あんなに恋い焦がれていたマイホームへの思いが一気に冷めてしまい、きちんと調べてから買わなかったことを大いに悔やみました。

新築一戸建て購入失敗は、今でも私の人生の中で最大級の黒歴史となっています。

「新築一戸建てなんて、2度と買わないと!」と、マイホームに対する恐怖心が芽生えてしまったのです。

興味は新築一戸建てから中古一戸建てへ

新築一戸建て購入に失敗し、あんなにつらい思いをしたのに、借金を完済して数年が経つと、再び「家が欲しい」という思いがふつふつと芽生えてきたのです。

しかし、1度マイホーム選びに失敗しているからこそ、新築一戸建てを再び購入する気には到底なれず..。

新築は買った途端に2割以上ガクンと下がることを身をもって知っているため、次は手頃な価格で、値下がりしにくい「好条件の中古一戸建て」に目をつけたのです。

中古一戸建ての場合、すでに住んでいる方がいらっしゃいますので、周辺の環境やご近所情報も聞くことができます。

私の興味は、新築から中古物件にどんどんシフトしていき、住宅情報サイトも中古住宅に絞って探してみることに。

不動産会社に対しても疑心暗鬼になっていたため、問い合わせをしまくり、信頼できる不動産会社を探しまくったのです。

信頼できる不動産屋をついに見つける

不動産屋さん

不動産屋には絶対に騙されたくない一心で、あらゆる不動産屋さんとコンタクトを取り、信頼できる営業担当を探しまくりました。

何度かやりとりしているうちに、家の情報をスピーディーに送ってくれる不動産屋さんを発見!メールの連絡も迅速で、欲しい情報を的確に送ってくれたため、この人なら信頼できるなぁと。

中古のお宝物件が出た場合、すぐに教えてもらうようにしました。

突如として出てきたお宝物件。早く抑えなきゃと必死に

中古マンションの売り物件

一つのことにのめり込んでしまう性格ゆえに、物件を探しだしたらもう止まりません。

不動産会社の担当に物件を探してもらいつつも、自分でも物件を探してみることにしました。

探し出して3ヶ月。住宅情報サイトにて、ようやく希望に近い物件が見つかったのです。

築20年が経過していますが、メンテナンスもしっかりされていますし、駅距離が徒歩3分。新築一戸建てだったら、この立地では見つからないような物件です。

中古一戸建てで、場所も価格も希望通りの物件で、まさに「お宝」物件です。

きちんと室内の見学に行けばよいのに、現在の住宅情報サイトは、間取りを見ることはもちろん、室内の様子は3D映像で見ることができます。

外の様子と室内の様子、両方とも掲載されており、遠方からわざわざ見学に行かなくてもあらゆる角度からわかるようになっています。

室内もとてもきれいに使われており、これは「買いだ!」と思ったら、もう止まりません。

新築一戸建て購入に失敗したときの痛手は、一体どこに行ってしまったのか?

誰かに取られてしまったら困ると、すぐに不動産会社の担当に電話してみることにしました。

ついに価格交渉に!

電卓をはじく

「ネットに掲載されているこの物件が買いたいんですけれど」

家の買い方についてある程度熟知していた私は、家をまるでネットショッピングで買うかのように、不動産会社の担当に買い注文をしてしまったのです。

まずはお会いしてから相談しましょうと言われるかと思いきや、「売り主と相談してみます」と。

「見学もせずに家を購入される方っていらっしゃるんですか?」と聞いてみたところ、ネット上に公開されている物件なんてほんの一部ですし、いい物件は公開される前に売れてしまうため、ネットの情報のみで購入される方は多くいらっしゃるそうです。

不動産に同じ物件は2つとありません。

いい物件は誰よりも早くおさえる必要があるため、日頃から狙っている物件の周辺はあらかじめ見学しておけば、あとは出た瞬間におさえる人が多いとか。

不動産屋さんと1度もお会いしたことがないのですが、ネット上のやり取りで信頼感が持てる方でしたし、周辺情報は熟知していたため、すぐに価格交渉に入りました。

価格交渉をして100万円、200万円ほど下げてもらい、リフォーム代に充てるつもりでいたのです。

しかし、思うようにはいきません。

私自身は買う気満々だったものの、価格交渉で折り合いがつかず、最終的に購入するまでには至らなかったのです。

ネットのみで住宅は購入できるけれどおすすめできない

家を売る

不動産屋さんに1度もお会いすることなく、ネットの情報のみで家を購入することは実際にはできます。

不動産屋さんと信頼関係を構築し、ある程度不動産の情報に詳しい人であれば、ネットだけの取引で済ませてしまうのも一つの手です。

車もネットオークションのみで買われる時代。家もネットのみで買える時代なのです。

しかし、実際にはまったくおすすめできません。

むしろ何も見て買わないなんて、恐ろしすぎます。一体、私はあの頃何をやっていたのだろうと思うぐらい、猛反省しております。

家は何千万円もするほど高額な買い物。室内をバーチャルで見ることができても、部屋の日当たりや室内のニオイなどは、実際に見ないとわかりません。

遠方でどうしても見学ができない、人気物件すぎて早くおさえる必要がある、投資用の物件として購入する予定など、よっぽどの理由がない限り、実際に見てから買われることをおすすめいたします。

大事なことは、家の購入より前に、信頼できる不動産の営業担当を見つけることです。

私もこの不動産の営業担当とこの後も連絡を取り合い、最終的にとても気に入った中古マンションを購入することができましたから・・。

不動産購入は人生を左右します。

急いで買いたくなったときも、ゆっくり落ち着いて慎重に、自分にぴったりな家を見つけてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう