年収600万円の共働き子育て家計。頭金ゼロで住宅ローン4,500万円は返済していけるのか?

家を買って住宅ローンを組むなんて、人生に1度あればいい方かもしれません。

「住宅ローン、35年間も払っていけるのかしら?」

マイホームを買いたい気持ちはあるけれど、やっぱり心配なことって「お金」のことだと思います。

住宅ローンがある時突然払えなくなって、住宅ローンで破綻してしまったら、もう生きていけないかもしれない・・。

一生かけて何千万円というお金を払っていくからこそ、不安な気持ちを通り越して、夜も眠れなくなってしまうほど悩んでしまうことだってあるのです。

年収600万円で約4,500万円の住宅ローンは返済していけるか?

今回、共に30歳の共働き夫婦の奥様の方から、「住宅ローンをこれから契約して払っていけるかどうか?」というご相談をいただきました。

お2人のお子様(6歳、3歳)は保育園に通われているということで、4人家族で4,300万円の新築一戸建てを購入されるということです。

銀行に仮審査をしてもらった結果、4,660万まで借り入れが可能で、頭金なしで月々12万円(ボーナス時 + 5万円)の35年ローン返済を予定しています。

年収は夫婦合わせて約600万円で、契約は来月に入ってからする予定だそうです。

「住宅ローン破綻」というテレビ番組の特集を見てから怖くなったということで、私のサイトにご訪問いただき、ご相談いただきました。

いやもう、FP(ファイナンシャルプランナー)でもなんでもないお金大好きなだけの主婦に、ご相談いただきましてありがとうございます。

私も、実はこの特集を興味津々で見ました。

視聴率を取りたいテレビ番組ですので、それはもう恐ろしい特集に仕上がっていましたが、あれも多く起こっている現実なので、否定のしようがありません。

本題に戻って、こちらのご夫婦は、住宅ローンを払っていけるのかどうか、経験者の目線から見ていくことにしましょう。

住宅ローンをなぜ人は、限度額いっぱいまで借りてしまうのか?

mm_interia_20160812

私も住宅ローンを組む時は、年収の何%ぐらいが適切なのだろうと思って、FPのプロの方に色々聞いたことがあります。

住宅ローンの返済額は年収の35%までにした方がいいとか、年収の6倍も組んだら破綻するなど、もう色んなアドバイスをいただきました。

それを聞いて周りの人や私に相談される方を色々見ていると、35%まで借りられるならと、限度額いっぱいまで借りてしまう方がとっても多かったです。

なんでそこまで家にかけられるのかって、やっぱり家って一生に一度買うかわからないぐらい一大イベントですから、お金をかけられるだけかけていい家が欲しいという人が多いのではないかと。

買えるお金の範囲が明確にわかると、その範囲内で買えばいいのかという思考になってしまうのです。

私も最初に買った時はその通りで、年収800万円で4,500万円の家を買おうとしていましたからね。

住宅ローン破綻は人ごとではない。4,500万円の借入れはゼッタイやめた方がいいとの指摘に感謝した日

実際に家を買って家計を管理していると、この住宅ローンの限度額を決める35%とか5〜6倍までという数値って、私はまったく意味がないと思っているのです。

借り入れ可能額から借りられるかなんて、どうでもいい話

相談者さんの借り入れ状況で、仮に金利1%で頭金ゼロ円で「フラット35」で借り入れ可能額を計算してみると、約6,200万円も借りられることになります。

実際の話、こんな額を銀行が貸してくれるかは別問題でして、実情は4,660万円が可能額ということですよね。

借り入れ金利が低ければ低いほど、年収から借り入れられる額はどんどん上がりますが、年収の10倍もする額を借りる人なんていないと思います。

それにこの借り入れ可能額から年収の35%とか5〜6倍以内と言われても、仕事内容や住む地域や家族構成、家計でどの費目にお金を使うかで、まったく違ってきます。

借りる時の参考にはなりますが、一般論すぎてまったく意味がないのです。

私も家の事だけしか見えていない時は、何%までOKとか気にしていましたが、もし限度額いっぱいまでローンを組んでいたら、ストレスフルな節約生活を続けていたかもしれません。

節約にも限界がありますから、フル稼働で仕事をするようでしょう。

家だけにお金がかかるわけではありません。

これから住宅ローンを組んで暮らしていこうと考えた時、住宅ローンの返済ができるかどうかは、こう考えた方がいいと思っています。

住宅ローンが返せる額は、人生のリスク時に払えるかどうか

年収600万円ですと、恐らく手取り額が約420万円、月収だと多くて35万円ぐらいになるでしょうか?

その中で住宅ローンが毎月12万円かかるとなると、生活に使えるお金は約23万円です。

ボーナス時期はプラス5万円増えることで、ボーナスによる高額出費の予算を削る必要も出てきます。

今の暮らしの中で、貯金って毎月きちんとできていますか?

住宅ローンを借りた後に、今の貯金額が現状維持できるかどうかがポイントとなってきます。

賃貸から一戸建てに引越しをするとなると、食費・日用品や光熱費、そして将来お子さんの教育費がどんどん上がっていくと予想されます。

確実に毎年何十万円という固定資産税がかかってきますし、戸建てだと自分で修繕積み立て金を積み立てていく必要があります。

我が家も小学生になってから減るかな?貯め期かな?と思っていたらとんでもなく、塾代や習い事代で保育園代以上にお金がかかっています。

共働き子育て世帯のリアルな教育費用の実態。習い事や放課後にはどれぐらいのお金をかけているのか?

でも住宅ローンって1度借りるとなかなか減らすことなんて難しく、反対に今の低金利だと上がる可能性の方が高いです。

住宅ローンの支払いは変えられないのに、支出がどんどん上がっていくので、払うに払いきれなくなって「住宅ローン破綻」を起こす人が増えているのです。

私の周りでも「憧れの家買ったんだ!」とウキウキしていた友人がリストラされたり、思わず離婚したりしてしまった友人を何人も知っています。

旦那と離婚したい時に簡単にはできない理由。マイホーム購入前に考えておきたい35年住宅ローン返済というリスク

家を売りたいと思っても、土地代や建物代が買った時より下がっていることが多く、貯金がないことで売るに売れないことで、任意売却せざるを得なくなるのです。

これを防ぐには、どうしたらいいのか?

一番支出が高い時期でも、一番収入が減った時期でも、ほぼ一定額の貯金を保てるかどうかが大事なのです。

仕事を辞めて共働きではなくなるかもしれない、子供がもう1人増えて育休を取るかもしれない。

子供を私立中学に入れたいと、将来思うかもしれない。

もしかしたら片働きの収入になった時、産休や育休に入って収入が激減した時でも、ほぼ固定の住宅ローンの額を支払うことができて、なおかつ貯金および現状維持ができるかどうかです。

「おそらく、私は定年まで働く気がないわ。」とちょっとでも思われているのであれば、その時に払えるかどうかを計算してみてください。

リストラ、休職、教育費の増加などのリスク時に、住宅ローンを払えるかどうかを考えることが大切です。

自分には関係ないわと思っていることが、実は1番リスクが高いのです。

結論:家をこのまま買っていいかどうかは、家に対する思いで違う

mm_render-1477041_1280

現段階ではまだ本契約の前のようですので、不安な中で契約を白紙にするかどうか悩まれているかと思います。

計算だけで判断すると、年収600万円で今の状態で生活するにはギリギリであろう額を借りてしまうと、収入が少しでも下がった場合は、将来のリスクは相当高くなると思っています。

頭金ゼロ円で借り入れしている点や、貯金が毎月きちんと出来ているかもとっても気になります。

でも1年分の生活資金として貯金を取っておくために、頭金を入れないというのは理にかなっていますので、頭金を多く入れればいいってわけでもありません。

希望のライフプランからきちんと細かいシミュレーションをしたりすることも大切ですが、専門家の私からではないアドバイスをすると、以下のようになります。

その家を本気で心の底から愛してやまないほど欲しいと思っていたら、買いましょう。

家に対する思いって、人それぞれ違います。

童話に出てくるようなレンガのような家を建てることが子供の頃からの夢であったならば、その夢が叶うためにお金を使ってもいいのではないでしょうか?

お金への不安はあるかもしれませんが、夢が実現したのですから、他の支出をやりくりしてまで、家を大事に大事にしながら、その家に住む家族も大事にすることでしょう。

住宅ローンで破綻するパターンは、家も欲しい、海外旅行もしたい、私立小中学校にも行かせたいって思っている欲張りさんだからです。

でもしっかりと将来のリスクを見据えて、そして今の家が本気で欲しいと思っているなら、買う方向でいいと思います。

でも収入が減るリスクがあり、買った家がどう考えても将来売れないリスクありというリスクの方が多いと判断した時は、家の購入は見送った方がいいでしょう。

気持ちだけではなんとも決められないのが、「家」という高額な商品です。

家を買う目的を夫婦でしっかりと考えて、もしどうしても不安だったら金融のプロにシミュレーションを詳細に出してもらいましょう。

家って一生に一度じゃなく、何度も住み替えできますし、大切な家族が毎日の楽しい生活を送るための単なる「ツール」だと私は考えています。

大事なのは、家の中に住む「人」です。

どんな立派な「ツール」を手に入れても、住む人によって「ピカピカに輝く黄金の剣」にも「悪臭を放つゴミ」にも変化します。

家を契約する前で不安な気持ち、経験者としてものすごいよくわかりますので、ご主人とよーく、よーく相談してみてくださいね。

買わないと決めたら「家の勉強が出来た」と思い、ご縁がなかっただけだなと思うことです。

家計が破綻しようか、家を失おうが、一生懸命考えた末に万が一失敗したとしても、死なないかぎりは何度も人生やり直せますよ!

いい家に恵まれて、楽しい生活が送れますように。

自分に合った住宅ローンがよくわからなくて不安なあなたへ

mo_juutakuloan_20160311

「住宅ローンがまだたくさん残っているから、何だか心配。」

「自分に合った住宅ローンって、組むことが出来るのかしら?」

住宅ローンって金融機関の選び方次第で、数百万円単位で変わってきます。

新しく借りたいけれど、どこの銀行に申し込んだらいいかわからない、金利が高くてどこに借り換えたらいいかわからない時は、複数の金融機関を比較してみましょう。

「住宅ローン一括審査申込サービス」を使えば、無料で複数の金融機関と比較することができます。

どうしていいか迷っている間に、あなたはどんどんお金を失うことになります。

たった1%の金利差で、貯金するよりはるかに高い節約効果が出てくるのです。

迷っていたら今すぐ行動して、住宅ローンの比較をしてみましょう。

あなたに最適な借り手が、ここで見つかるかもしれませんよ?

住宅ローン一括審査の無料申し込みをして、家計への負担を少しでも安くする

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立した生活家電と不動産が大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。