新築マンション購入15年後の恐怖!大規模修繕工事が始まると家になんてまったくいられなくなる

私は現在のマンションを購入してから、早くも4年が経過しようとしています。

実際には新築マンションではなく、築10年経過した中古マンションを購入したのですが、ついに築15年目を迎えることになったのです。

買いたいマンションでしたので、今まで特に大きなトラブルもなく過ごしてきたのですが、今、超絶に泣きたくなるぐらい、ストレスフルな生活を強いられています。

新築マンションを買う時は、ピカピカの建物や室内のレイアウトばかりを気にして買われる方が多いかと思います。

しかし、突然「10年目の洗礼の日」は訪れます。

実は築10年目辺りから、こんな恐怖体験がやってくるかもしれないのです。

新築マンションも劣化する!大規模修繕工事の時期がやってきた

あなたは「大規模修繕工事」という言葉を聞いた事がありますか?

名前の通り、マンションを大規模に直していく工事のことなのですが、マンションの経年劣化などに合わせて計画的に実施される修繕工事のことを言います。

建物や設備が古くなって、重大なトラブルや不具合の発生を防ぐために、管理組合が主体となって長期修繕計画にもとづいて計画的に修繕を行っていきます。

日頃から小さい傷や破損などを直すこともありますが、工事内容が大規模で高額で、長期間に渡ってかかる工事を「大規模修繕」と呼んでいます。

自分自身も、肌の劣化なんてヤダなぁ〜!と思っていましたが、マンションも同時にボロボロに劣化していくんですね・・。

私が入居した時はすでに築10年が経過していたので、外壁やバルコニーには結構な汚れがありました。

「大規模修繕工事をすると、塗り直すのでキレイになりますよ。」

不動産の営業担当に大規模修繕のメリットを言われて、立地が抜群という資産価値と値引き額を考えたら「安い、これは買い!」と思い、納得して購入したのです。

入居したばかりですでにボロボロ状態でしたので、大規模修繕工事がまだかまだかとずっと待ち遠しくてたまらなかったのです。

当初は築10年目の計画だったはずが、築15年目に変更になった理由

新築マンションを購入する時に、将来直すために取られるお金が「修繕積立基金」です。

数十万円ほど取られることが多いですが、きちんとメンテナンスしていくためには必要なお金です。

基金以外にも、毎月修繕積立金を取られますが、これも計画によってはどんどん増えていくので注意が必要です。毎月1万円でも、家計にズシリと負担が増えますよね・・。

私の場合は中古で購入しているため、新築時に買った売主さんがきちんと積立をしておいてくれましたが、この積立がきちんと貯まらないことが本当に多いです。

家族で決めればいい一戸建てとは違い、他人同士の意見がまとまらないと決められないことがマンションのデメリットと言えるでしょう。

大規模修繕工事は、管理組合の理事会とは別に設けられることが多く、私のマンションでも住民から5人程度役員が選出されました。

当初築10年目で大規模修繕工事を行う長期計画が立っていましたが、積立金が貯まっていない、工事を請け負う会社が決まらない、急いでやる必要がないなど、委員会の中で揉めに揉めたようです。

結局、築9年目から議論を交わし、多くの人の意見がまとまるのに6年という歳月がかかってしまったのですが、ようやく大規模修繕工事が始まることになったのです。

大規模修繕工事がいよいよスタート!びっくりするほどゴミの山

大規模修繕工事がいよいよはじまり、マンションの壁には計画表が貼られ、何号室は本日洗濯NGなどの日々の計画までがわかるようになっています。

マンションのバルコニーは共用部分のため、基本的に私物は置いてはいけません。

マンションの敷地内に、”バルコニーに置いてあるものはすべて出してください”というお知らせがポストに入れられていたのですが、我が家はスリッパとエアコンの室外機ぐらいしか置いてありませんでした。

しかし!!

出てくる!出てくる!

マンションの敷地内は、植木でいっぱいになり、バーベキューやテーブルセット、物置きが数台に、ウッドマットが山積みになってしまったのです。

「ここは植物園か?!」と思えるぐらい、みんなバルコニーで花や植木を育てていることがバレバレです。

全部処分されちゃうのかと思うと、花や植木がかわいそうになってしまうぐらい・・。

でも、ここで何もせずに放置しておくと、

問答無用で強制撤去です!

大規模修繕が始まるまでの準備だけで、こんなにも大変なのかとつくづく感じてしまったのでした。

大規模修繕工事はメチャクチャうるさい!

バルコニーの余計なものの撤去が終わり、早速マンションの外に足場が組まれることになりました。

この足場は、工事をする方がスムーズに作業をするため、そして大事な命を守るためにもとっても大切なものです。

でも、でもですね・・。

メチャクチャうるさい!!

ガンガン!ガンガン!キーン、ブルブルブル!!ブブブブブーー!

こんな音がひっきりなしに伝わってきて、頭がガンガン痛くなるほどの音量なのです。

これがなんと平日でも土曜日でも、朝の8時頃から作業が始まるので、在宅ワークをしている私としてはたまったものではないです。

耳栓やヘッドフォンをすれば、音の問題は何とか解決できそうですが、実はそれ以上にものすごい恐怖なことが大規模修繕には潜んでいるのです。

えぇ、スパイダーマン?!いきなり人がバルコニー内にいる恐怖!

それは大規模修繕工事が1ヶ月ぐらい過ぎた日のことです。

子供達も夫も学校と会社にそれぞれ行き、私も家事を終えてフーッとひと息ついて、ゆっくりとコーヒーでも飲もうかと思っていた時のことです。

カーテン越しにいつもは感じられない、ただならぬ気配を感じたのです。

コン、コン、コン・・。ん?なんで窓が鳴っているの?

ふと、窓を見てみたら、

 

人が窓に張り付いているーー!

後ろを振り向いたら人がいて、もう、びっくりしすぎて凍りつきました。

赤と青の服装だったのでスパイダーマンでも我が家にやってきたのかと思ったぐらい・・。いや、そんなヒーローじゃなく、元とび職の泥棒でもやってきたのかと思いました。

よく見てみたら、工事担当の方3人が、窓枠をドンドンと叩いていたのです。

こんな高層階に、どうやって入ってきたのかしら?足場をつたって屋上からやってきたのでしょうか?

もう体がびっくりして、その場でブルブルと震えちゃったほどですよ。

作業をしている最中に嫌がらせのように厚いカーテンの方を締めることは失礼だと思い、ただぼう然と作業が終わるのを待っていたのです。

でもたった1日だけではなく、ふと気がつくとバルコニーに人がいて、もう怖くて怖くて・・。家にいるのが怖くて、在宅で仕事がほとんど出来ない状態です。

何とか近くのカフェに逃げて作業をしたりしていますが、かなり仕事に影響が出ているため、今は在宅恐怖症にまで陥ってしまっているのです。

大規模修繕中は洗濯が干せない!洗濯乾燥機は必需品

音がうるさくて、人がいきなりバルコニーにいる恐怖はあるのですが、生活をしていく上で1番困ることは洗濯干しではないでしょうか?

工事が始まってしまうと、洗濯がほぼ干せなくなります。

室内干しをするか、浴室乾燥機で乾かすかの方法しかなく、これが生活をしていく上でメチャクチャストレスになっています。

布団も干せないのでコインランドリーに持って行っていますが、忙しい人は乾燥機付き洗濯機は必須ですよ。

我が家でも使っていますが、これがなかったら死んでるのではと思えるぐらい、かなり重宝している神家電となっているのです。

ドラム式洗濯乾燥機のかしこい選び方とおすすめ機種はこれ。忙しい共働き子育て世帯が選ぶポイント

新築マンションを買ったら、15年目ぐらいには覚悟せよ!

早く大規模修繕工事がはじまって、キレイになったらいいなと工事をあんなに楽しみにしていた私ですが、こんなにもストレスフルな生活が待っていようとは思ってもみませんでした。

特にマンションのバルコニーに人がいることは、とてつもない恐怖を味わうに間違いありません。

そして外にも自由に出られず、洗濯ものも干せず、日常生活まで制限が思いっきりかかってしまうのが大規模修繕工事です。

私なんて、まだマシな方かもしれません。

生まれたばかりの赤ちゃんがいたり、資格試験勉強中の方や受験勉強中の学生がいる家庭では、ブチ切れて引越し計画を立てているかもしれません。

急に近所のファミレスやカフェに、人が増えたのは気のせいでしょうか・・?

困っているのは、私だけではないようです(汗)

新築マンションを購入する時って、本当にいいことしかいいません。10年〜15年目にこんな苦痛過ぎる生活が待っているなんて、誰も教えてくれませんよね。

自分の思い通りの計画で家を直していきたいと思われる方は、やはり一戸建てがおすすめです。

修繕なんてめんどくせー!って思われた方は、家なんて買わずに賃貸生活を満喫するようにしましょう。

ただし、賃貸にも大規模修繕工事はありますけれどね。でも賃貸なら、工事が始まる前に気軽に引越しすることができちゃいます。

はぁ、ほんとこんな恐怖でストレスフルな生活って、いつまで続くのでしょうか・・?

もう2回目の大規模修繕がきたら、おそらく耐えられないです(泣)

引越したい衝動に駆られつつ、いつかキレイでピカピカになる日を夢見て、大規模修繕工事と戦いを続けていきたいと思っています。

早く大規模修繕工事、終わってくれーー!!

これから行くミライの働き方応援サイト「ミライクワーク」のご紹介


これから行くミライの働き方応援サイト「ミライクワーク」を新しく立ち上げました。

まだ立ち上げたばかりの出来たてホヤホヤのサイトですが、働き方にご興味のある方はぜひお暇な時にでもぜひお越し下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、多摩地域・PRライター。

このブログでは私が生きている中で経験してきたことや日々の暮らしに役立つ情報を誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。