退職による恐怖や不安と戦う私。慣れた環境を離れ、自分で選んだ道なら間違いないという確信を持つ

会社員を辞める事について書いたのはつい最近です。でも実は、会社員の退職を決めたのはもう半年以上も前です。

会社員を辞める準備を、私は着々と進めてきました。自分の本能の赴くままに、兼業生活を続けてきました。

今年の3月に吹っ切れて、開業届を出すまでになりました。

20万円以上副業で稼ぐサラリーマンの税金対策。個人事業開業届、青色申告届を税務署に直接提出

もう悩みに悩んで出した結論です。

もうキレイさっぱり悩みも不安もないと思いますか?

いやいや、そんなことはまったくないです。むしろ反対に恐怖と不安で戦う毎日です。

安定収入が途切れるというお金の心配

会社員のメリットは、決まった定期収入です。仕事に行ってその時間を過ごせば、決められた収入が入ります。

半年頑張れば、ボーナスという臨時収入もあります。辞めたらボーナス時期に楽しみがなくなってしまいます。

これから下手したら収入がゼロ円になるかもしれない。住宅ローンが払えなくなってしまうかもしれない。

それ以上にかわいい子供達に、無理を強いることになるかもしれない。

お金の不安は、人生への不安につながります。自由を得る事は不自由の始まりであると実感させられます。

毎日行くところ、会う人がいなくなるという不安

毎日の満員電車、知らない人とのぶつかり合いで、毎日通勤することはとてもストレスだらけです。

イヤな人とも仕事をしなければならない、精神的なつらさもありますが、良いところは毎日行くところがある安心感です。

「毎日自分自身を、空気のように受け入れてくれる所がある。」

これは組織に属しているメリットと言えるでしょう。

すごいイヤな人もいれば良い人もいます。良き人と関われば良き影響をもたらします。

これらの良きメリットがなくなる不安は、とっても大きいです。

自由に行ける楽しさもあり、不安もある。関係の煩わしさがなくなるけれど、寂しい面もある。

いわゆるないものねだりですね。
子供みたいな心境になります。

不安な本日、嬉しく元気になることもあった

でも本日、とってもうれしい電話をいただきました。

アメリカ赴任中の先輩からです。

「桃音さんは、ほんと色々と会社に貢献してくれたからね。」

「落ち着いたら本気で戻ってきなよ。冗談じゃなくてさ。」

こんな風に真剣に言われたことが、私はとっても嬉しかったです。

先輩は海外赴任が決まった時、奥さんが仕事を辞めてついてきてくれたそうです。

やはりこの決断は、本気で良かったとおっしゃっていました。奥さんがいなかったら、自分がダメになっていたそうです。

子育ては時間ではないと思いますが、やはり接するに比例して愛情も深まるとは感じています。

「決断してその道を信じて、ひたすら歩むことも大切なことだな。」

エピソードを聞いて、心の中がポカポカした日となりました。

失うものもあるけれど、得られるものもある

慣れた職場環境。
慣れた人間関係。

10年間居た場所を失う不安は、非常に計り知れないですが、不安と引き換えに得られるものもあると思います。

学校行事に参加出来る時間。
家事や買い物に行ける時間。
家の中を片付ける時間。

今まで作ることが出来なかった時間を、たくさん作ることが出来るようになります。

サッカー大会、調理実習、保育や授業参観など、有給休暇が足りなくて泣く泣く行くことが出来ませんでした。

これからは子供の行事に参加したりすることが、実はとても楽しみで仕方がありません。

料理もワンパターン化していました。買いっぱなしの料理本をひっくり返して、色んな料理に挑戦していきたいです。

後は家の中のゴミ山を整理して、オフハウスで売ってきたいです。家の中のムダなものを排除して、すっきりした家にしたいです。

色んなやりきれてないものが、たくさん見つかってきました。これからの事考えたら、実はとてもワクワクしてきました。

自分で選んだ道なら間違いないと確信を持つ

先人の方達は、一体どうやって不安を払拭していったのでしょうか?このような恐怖や不安は、やはり同じようにあったのでしょうか?

きっと色んな葛藤を乗り越えて、自分の道を手探り状態で進んでいったのかもしれません。

誰に何を言われようとも、自分で決めた道ですし、この先失敗してもすべての責任は自分にあります。

でもいつまでも不安になっていては、まったく前に進めません。

「やっていけるだろうか?」ではないです。「やっていけるぜ!」に変えていくべきですね。

言葉の最後を変えるだけで、こんなにもポジティブになれます。言葉の力って、本当に威力があるなと考えさせれます。

自分で選んだ道だから間違いない。
もっと自信を持って歩いていこう。

これが一家の大黒柱だったら、もっと不安かもしれません。

数年前までは夫を支える立場だったのに、もう私が大黒柱じゃなくても良くなったのでしょうか・・?

がむしゃらに働き過ぎた人生でしたので、ちょっとだけでいいからゆっくりしたいです。

これが本音です。

この状況を作ってくれた夫に、大変感謝したいです。夫が心の病から回復してくれたことに感謝したいです。

そしてお世話になった会社にも、心から感謝したいです。

人生にムダなことなんてないと思います。色んな道を歩いてきた事が、今につながっていると感じています。

ほんと心から書くことが大好きなのですね。
書いているとあっと言う間に時間が過ぎます。

会社では「あと3時間もある!」とか言っているんですけれどね。

24時間寝なくて良かったら、ずっと書いていそうです、私・・・。

書いていたら、不安や恐怖がどんどん和らいできました。自分の心の中を見えるようにすることって大事ですね。

あまり深く考え過ぎないところが、私の良さかもしれません(笑)

この人生には解決法なんてないんだ。あるのはただ、前進していく力だけだ。その力を創造しなければならない。そうすれば解決策などひとりでに生まれてくる。

サン・テグジュペリ 「夜間飛行 (新潮文庫)」

やるべきことが見つかったのだから、前を向いていくだけでいいかな?

不安になって、後ろを振り向いている場合ではないはずです。

前を向いて進んで行ったら、解決策が見つかってくるはずです。自分自身がイキイキとしていたら、それが見つかった答えなのです

幸せなんて目に見えないじゃないか。
幸せなんて目に見えないからいいのだ。

不安や恐怖を感じている時間がもったいないです。

もっと自分に自信を持って、私はひたすら前に突き進んでいこう。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、多摩地域・PRライター。

このブログでは私が生きている中で経験してきたことや日々の暮らしに役立つ情報を誰にでもわかりやすくお届けしていく予定です。