世帯年収1,000万円の貯金できないダメ家計簿。住宅ローンと保育料で家計が破たんする人の考えとは

世帯年収1,000万円もあったら、十分過ぎるぐらいの収入ですよね。

都市部では共働きが多いため、世帯年収800万円から1,000万円ぐらいの世帯が多いと思います。

うらやましいぐらいの収入額ですが、実はフタを開けると火の家計であることが多いのです。

十分な収入があるのに、貯められない。
気がついたら貯金が0円と恐ろしい事態に。

貯金0円ならまだいいのですが、住宅ローンが払えず家計が破たんしてしまうこともあるのです。

実際にあった恐ろしい話があります。

こんなダメな家計簿が、破たんへの道まっしぐらなのです。

年収1,000万円の共働き世帯のよくある事例

世帯年収1,000万円の都内で働く共働き家計で、よくある事例を作ってみましょう。

夫婦でメーカーに勤めていて、保育園に2人の子供を預けています。

保育園に通っているものの収入が多いため、まったく安くありません。

23区の共働きが多い人気エリアに住んでおりますので、周りは銀行や一流の商社、公務員などばかりが暮らしています。

5,000万円の新築タワーマンションを購入したとします。

このような共働きの家計簿は、一体どのようになるのでしょうか?

年収1,000万円、月収55万円の共働きメタボ家計簿はこちら

このような暮らしぶりの家計簿は、以下のような家計簿が予想されます。

費目費用
住居費170,000円
食費70,000円
光熱費30,000円
通信費30,000円
保険代50,000円
教育費80,000円
車代30,000円
嗜好品費10,000円
夫婦のこづかい50,000円
レジャー費20,000円
合計支出540,000円

年収1,000万円で手取り月収約55万円だとすると、まさにギリギリのメタボ家計簿です。

住宅ローンは5,000万円クラスのマンションを35年ローンで購入すると、駐車場代や管理費・修繕積立金を含めて月々15〜20万円ぐらいすると思います。

毎月15〜20万円の住宅ローンは、払い終わるまでずっと続く固定費です。

車も所有すると、車代もガソリン・駐車場・保険料も含めるとかなり高額になります。

都内だと駐車場代だけで3〜5万円はしますからね。
住居費、車代だけですでに20万円かかっています。

現在保育園代などの教育費が8万円前後でも、安心できません。

成長するにつれて、さらなる悲劇が待ち受けているのです。

生活環境に合わせて、私立小学校や塾や習い事に通わせ始めるととんでもないことに

都内のタワーマンションなどでは、共働きの方は子供に教育熱心であることが多いです。

私の保育園のママさんたちも、常にバレエや英会話、ピアノの話題で持ちきりです。

「◯◯ちゃん、英会話スクールに通いはじめたんだって。」

同じような年収なのに、他の子は英語やピアノを習わせていると知ると、途端に焦りだしてしまいます。

自分の子だけ公立で置いてきぼりにならないか?
どうしても他の子と比べて不安になってきます。

私立小学校なんかに通わせようと思ったら、入学金だけで100万円、授業料だけでも月3〜5万円はかかります。

寄付金なるものもあって、一口50万円かかる学校もあったりします。

小学校から中学校に行ったら、もっとすごい事になってしまいますよね。

住宅ローンの支払いと、私立小学校・塾代と合わせるとそれだけで月60万円以上の支出になってまさに赤字家計に突入です。

おでかけなんてどこにも行けないし、お父さんのおこづかいも減らされて、500円のランチ代も我慢しないといけないかもしれません。

洋服も外食も諦めて、お楽しみがどんどん減ってしまいます。

家と車と学校だけは立派でも、ストレスだらけの貧しい生活に陥ってしまうのです。

どうしてこういったことになってしまうのか?
とある油断心理が、こうなってしまうのです。

無理にでも買ってしまう心理は、自分が普通より上であるという油断

年収1,000万円ぐらいの人がなぜ住宅ローンや教育費などにお金をかけてしまうかというと、「普通より上の収入なんだ。」という変な油断意識です。

「うちは平均より上の収入だから大丈夫。」

平均年収700万円ぐらいを超えると、世の中の年収が500万円と知って自分が上だと思ってしまうのです。

いい家、いい教育、いい車がどうしても欲しい、でも買えてしまうから買ってしまいます。

住宅ローンも夫婦の収入を合わせたら、新築マンションで5,000万円の住宅ローンも組めてしまいます。

これがメタボ家計に陥ってしまう原因です。
自分の家計がこうだったので、頭が痛いです。

景気が悪くなった、妻が育休に入ってそのまま仕事辞めちゃったというパターンになると、恐ろしいぐらい破たん家計におちいります。

実際に5,000万円超の新築マンションを買って、仕事を辞めた保育園ママさんがいて、泣く泣く家を売るハメになった人を知っていますから本気で恐ろしいのです。

最悪のパターンとして、「住宅ローン破綻」に陥る可能性だってあるのです。

貯金なしでマイホーム購入はまさにギャンブル。借金地獄で住宅ローン破綻しないために大切なこと

こんな破たんする家計に陥らないようにするためには、一体どうしたらいいのでしょうか?

年収1,000万円でも住宅ローン&私立で破たんせずに暮らしていく方法

5,000万円超の新築マンションも買って、車も所有して子供も塾や私立に通わせるなんて、年収1,000万円でも破たんまっしぐらです。

どう考えても維持するのは無理です。

こういった家計では、住居費、車費、教育費だけではなく、食費やレジャー、保険代、嗜好品・趣味費なども総じて高くなる傾向があるからです。

都内に暮らすこと、私立小学校・中学校を諦めるか、車を手放すかなどどれかを選択するしかありません。

我が家も5,000万円級のマンションを買って、23区内に住みたかったのですが泣く泣く諦めました。

どれもこれも普通以上の生活を送りたいと思ったら、共働きの生活を続けていくことは必須です。

家を買う前に勝手に妻は仕事を辞めない、育休を取って子育てや家事を夫婦で乗り切っていくなどの体制が不可欠になってきます。

住宅ローンの金利が高かったら、住宅ローンの借り換えを検討してみることをおすすめします。

最悪家計が破たん寸前で自分で何とかできなかったら、弁護士に相談するなどして任意売却をする必要がでてきます。

家の売却は住宅ローン返済中でも出来ます!不動産での大きなお金の痛い経験が人を大きく成長させる

こうならないために、一体どうしていったらいいのでしょうか?

家計の中で月1万円をシビアに考えよう。人生エンジョイしないともったいない

どちらかの収入がなくなると維持できないような生活レベルにまで引き上げてしまうと、人生のどこかで破たんします。

特に住宅ローン・私立小中学校の問題は、自分のライフプランに合わせてよーく考える必要があります。

我が家も家の購入で失敗していますから、毎日のように何だかんだとお金談義していますよ(笑)

月1万円の固定費が、10年後には120万円、30年後には360万円にもなります。

こんなお金があったら、私はレジャーランドの豪華ホテルのお泊りツアーに子供たちを連れて行ってあげたいです。

東京都内は何でも高いですから、働くのも生活していくのも大変です。

でもとても働く所はいっぱいありますし、利便性もあって暮らしやすい所です。

せっかくの高収入なのですから、もっと家計を工夫して人生をエンジョイしないともったいないですよ?

自分は普通以上という油断の意識を捨てましょう。

いつ人生の中で、どう転ぶかなんてわかったものではありません。

どん底の時が来ても、我が家は乗り越えていけるというパワーを持ちましょう。

我が家も何とか這い上がってきたので大丈夫です!

今すぐ意識を変えて、楽しい生き方を目指していきましょう。

住宅ローンで困ったときは、無料で相談をしに行こう!

「住宅ローンって、どうしていいかよくわからない。」

「マイホームのお金って、どうやって用意したらいいのかしら?」

これから新しく住宅ローンを借りたり、借り換えたりしたいけれど、どうしていいかわからないことってありませんか?

そんなあなたには、全国エリアで活躍するファイナンシャルプランナー、もしくは同等の経験と相談実績があるプランナーに、相談の申し込みをすることができるサービスがあります。

しかも相談することは無料です。

1度住宅ローンの審査に落ちてしまっった人でも、大丈夫です。

電話、メール、面談など、相談方法はあなたの好きなようにすることが可能です。

まずは無料で、気軽に相談してみましょう。

あなたの家計の悩みが、ここで解決するかもしれませんよ?

住宅購入・ローンに関する無料相談!【住宅本舗】に相談してみる

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

このブログは家計管理や貯金などお金との向き合い方、自分らしい生き方や働き方を見つけて人生をプラスに変えていける方法を誰にでもわかりやすくお届けしていきます。