月収50万円共働き夫婦が5ヶ月で見直した後の筋肉質家計簿公開。我が家が食費を節約せず上げた理由

つい2年前までは、私は超がつくほどの浪費家一家でした。

家計管理をきちんと意識してから、みるみる貯金が出来る体質に変わってきました。

節約主婦向け雑誌には載っていないぞ!共働き4人家族 我が家のリアルな平均的月間家計簿公開

家計簿の費目の見直しを常にしながら、浪費体質を改善しながら何とか貯まる体質に変わってきました。

貯金を頑張る我が家の家計簿は、今は一体どうなっているのでしょうか?

8月から5ヶ月経った我が家の家計簿は、かなり筋肉質な家計簿になりました。

メタボ浪費家計を脱出して、ちょっとスマートに?!

そんなダイエット後の見直した家計簿が、こちらです。

費目見直し後の我が家の筋肉質家計簿公開

こちらが見直した後の家計簿です。

わかりやすいように、見直し前の家計簿と比較してあります。

費目見直し前見直し後差額
住宅ローン77,000円77,000円0円
管理・積立費27,000円27,000円0円
駐車・駐輪代5,900円5,900円0円
保育園代20,000円17,000円−3,000円
学童代6,000円6,000円0円
給食代3,500円3,500円0円
小遣い(夫)25,000円25,000円0円
小遣い(妻)10,000円10,000円0円
食費50,000円55,000円+5,000円
日用品費10,000円8,000円−2,000円
光熱費25,000円22,000円−3,000円
交通費10,000円8,000円−2,000円
通信費8,000円6,000円−2,000円
教育費5,000円5,000円0円
レジャー費5,000円5,000円0円
医療費10,000円12,000円+2,000円
被服費5,000円5,000円0円
特別費50,000円30,000円−20,000円
合計352,400円327,400円−25,000円

前回と違って、わかりやすいように貯金分である積立投資については省いてあります。

5ヶ月間の費目別による平均値を取り、端数処理をしてあります。

なんとたった5ヶ月で、25,000円も削減することが出来ました。

5ヶ月間で、平均12万円も削減出来たことになります。

手取り月収50万円の我が家の場合ですと、月平均15~17万円の貯金が出来る計算になります。

さて、どのようにして削減していったのでしょうか?

5ヶ月の間に見直しが出来た項目とは

この5ヶ月間の間に、固定費である保育園代が下がりました。

医療費控除の提出を忘れていたためだけです。
何か努力したわけではございません・・・。

日用品、光熱費、交通費も意識をしてちょっとずつ平均支出額が減っていきました。

そして、見直しをした項目はなんと言っても通信費です。

現在の通信費は、夫婦のスマホ2台6,000円とみまもりケータイ3円のみです。

医療費に関しては反対に上がって、歯医者や大腸検診、そして夫の「病」など、色々とかかりました。

こればっかりは仕方がない半分、健康的になることは我が家の課題ではございます。

私のお小遣いは1万円と決めていますが、ほとんど使いません。

共働きだからってお金を浪費して散財しないぞ!朝と夜ご飯も自炊!私の平日1ヶ月の財布からの驚きの支出額

理由はめちゃくちゃ意識を改革したからです。
おこづかいは、翌月に繰り越すことが多いです。

特別費も毎月からほとんど出すこなく、貯金から振替で購入するようにしました。

それが毎月の平均予算を押し下げる結果となりました。

大型特別費は、年度計画が非常に大切であることがわかりました。

そして、気になる増えている項目ですが、食費の予算が5,000円ほどアップしました。

「食費の節約って大事でしょ?」

どうして食費を節約せずに、我が家は予算をあげたのでしょうか?

我が家の食費に対する思い

実は私自身が、食費だけは減らしたくないと考えています。

お菓子とかジュースとか無駄だなと思うものは、一切買わないですよ?

どうしてもお肉か魚か迷うと、どちらかというとお肉になってしまいがちで、節約を考えると、安い豚こまかムネ肉になってしまいがちです。

でも魚から取れる栄養素をもっと取り入れたいのですが、平日はまったく買いものに行くことができません。

だからどうしても干物や冷凍魚だけになってしまいますので、せめてお休みの日ぐらいは生魚を食べさせたいと考えています。

でもね、魚コーナーに行くとやっぱりお肉より魚の方が高いのです。

この時期には旬の脂がたっぷりとのった、プリップリのブリが売っています。

しかし、冷凍コーナーで1切れ98円の冷凍の塩鮭が売っています。

こんなときに思うこと。

m_2016-04-17 19.03.42

迷うことなく、ブリを気持ちよく選べるようになりたい。

旬な食べ物を食べるって心にも体にもとっても重要ですし、旬のものだからこそ栄養もたっぷりと含まれています。

「ぶりって冬はとってもおいしいね。」

食卓でそんな旬な会話を楽しみたいですし、食べ終わった後に魚の図鑑で話を広げたいです。

子どもたちに旬のものを食べるおいしさや楽しさを、私は教えていきたいです。

買えないというストレスに変えたくないですね。

そんなストレスフリーなライフスタイルを送るには、多めの食費予算を取ることが大事です。

「まだまだ予算たっぷりあるからね。」

「今日はまぐろのお刺身にする?」

節約ばかりしていた時は「ダメよ!高いから!」とずっと言っていて、そのたびに夫婦ゲンカを勃発させておりました。

5,000円の予算をあげてからは、お刺身をこころよく買えるようになりました。

そして食費に関してケンカをすることが、ほとんどなくなりました。

節約し過ぎて必要な部分まで削りすぎないこと

m_kakei_20160412

節約のために食費を削りすぎると、元気がなくなってしまいます。

栄養面でも偏った食事となり、健康にもよくありません。

食卓での会話も何だか弾みませんよね。

だから笑顔を削るまでの節約ばかりしていると、どんどん暗くなってしまいます。

節約のために不幸になっては、何のためにお金を節約しているのか分からなくなってきます。

どんな風になりたくて節約するのか?
今一度胸に手をあてて考えてみましょう。

節約するために幸せを奪っては意味がありません。

幸せになるために節約をするのです。

頑張り過ぎない節約生活を続けて、幸せなお金持ちを目指していきましょう。

お金を貯めたいなら「お金の教養講座」でお金の知識を!

mo_okanekyouyou_2016-02-28 09.35.18

「毎月節約をしているのに、なかなか貯金できない。」

「お金の貯め方、使い方、増やし方を学びたい。」

お金がどうしても貯められなくて、不安で困っていらっしゃいませんか?

そんなあなたにとってもおすすめなのが、ファイナンシャルアカデミーの人気講座「お金の教養講座」です。

私も実際に行って講義を聞いてきて、目からウロコが落ちるほどの衝撃を受けてきました。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に行ってきた。お金の貯め方を学びたい人は1度聞いて来よう

お金の正しい管理の管理の仕方が、なんと無料で学べてしまうとっても貴重なチャンスです。

お金のことって、学校では決して教えてはくれませし、周りの人になかなか相談しづらいものです。

だからこそ、自分自身でお金の知識を増やして行く必要があるのです。

間違ったお金の管理をしているあなたこそ、「お金の教養講座」を聞いて正しい知識を付けてきましょう。

なんと講義は無料で聞けますので、あなたが損することはまったくありません。

今すぐに行動した人が、お金持ちになれるチャンスをつかめるのです。

ここでなにもしなければ、あなたの「将来の不安」はずっと消えませんよ?

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」を無料で聞いてお金の知識をつけてくる

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産のことが大好きなブロガー兼ライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。