4人家族で暮らすマンションの間取り選びのポイント。3LDKタイプの中で我が家がこだわったこと

「マンションを買いたいけれど、どんな間取りがいいのだろう?」

マンション選びをする時に、4人家族で住む時に気になるのが間取り選びです。

2人暮らしの新婚の時なんて、1DKでも2LDKでも夫の家にそのまま暮らしていても良かったかもしれませんが、子供が生まれるとギューギュー詰めになってきます。

大きくなってきたら、子供が寝たり勉強したりする部屋を作ってあげたくなってきますよね。

我が家も子供が2人増えて小学校入学前に、今の中古マンションを購入しました。

買う時に何十件と色んなマンションを見学に行ったのですが、その中でマンションの間取りで色々と悩みながら選んできました。

これからマンションを買おうと思われている方の参考になればと、我が家のマンションの間取りでこだわったポイントを、ご紹介したいと思います。

4人暮らしでもマンションは4LDKではなく、3LDKにこだわった

4ldkmadori_20160318

参照:http://www.madori-pro.jp/

4人家族ともなると、部屋がたくさん必要になってきます。

夫婦だけの寝室、2人の子供部屋などを考えると4LDKが理想的のように思えます。

4LDKとは、ズバリ4つの部屋とリビング・ダイニング・キッチンがある間取りですが、我が家は3LDKにこだわりました。

なぜかというと、やはり4LDKのマンションは平面である以上、専有面積がかなり必要であることからものすごい価格が高いのです。

無理やり平面に4つの部屋を取るのですから、専有面積が小さいと1つ1つの部屋がすごい狭くなってしまいます。

また我が家では女の子2人であるため、性別によるトラブルもないかなと思いましたので、子供部屋は1人1人いらないかなと。

4LDKだったら、2階に3部屋が大きく取れる一戸建ての方がいいかなと思いましたので、我が家では3LDKにこだわって選ぶことにしました。

収納スペースは、ウォーキングクローゼット

mo_walkinclozet_20160315

間取り選びで大切なのが、収納スペースです。

子供がいるとどうしても色んなものが増えてきますので、収納場所は広い方がいいのですが、その分部屋も狭くなってしまいます。

開けた時に一面見渡せる「壁付けタイプ」か、中に入って探せる「ウォークインクローゼット」か悩みました。

それでも収納って入れるだけではなく、出し入れしやすいことが1番大切ではないかと思い、我が家ではウォークインクローゼットがある部屋を探しました。

奥行きがありますので、中に衣替えした衣装ケースも上の段に収納出来ますので、非常に重宝しています。

和室はありタイプか?なしタイプか?

mo_tatami_20150312

1番悩んだのが、和室ありかなしかということです。

和室があると寝転んでくつろげますし、洋室にすると子供の机などを置くことができます。

これは意見がとっても分かれると思いますが、我が家では和室ありタイプにしました。

子供が中高生ぐらいだと、洋室で子供の机などを置いた方がいいかもしれませんが、我が家が購入した時はまだ小さかったので、子供と一緒に寝そべりたいなと。

子供と一緒にゴロゴロとくつろぎたかったことを優先して、和室ありタイプを選びました。

畳に関しては入居する前にリフォームをして、い草ではなく「高級和紙」を使った畳に変えました。

変色しづらいため、3年経った今でも鮮やかなグリーンでとっても気に入っています。

子供がもっと大きくなったら、リフォーム資金を貯めて置き畳タイプか思い切って洋室にリフォームしたいなと考えています。

キッチンは対面式か?壁付けタイプか?

mo_kitchen_20160313

やはり女性にとって、キッチンは家の中でもとっても重要な場所です。

私は料理はそんなに得意ではありませんが、キッチンは対面式か壁付けがいいのかとっても悩みました。

キッチンって意外と油汚れでベトベトに汚くなりますから、壁付けにして掃除のしやすさを優先するべきか悩みました。

でもまだ子供が小さいので家族との目線を大事にしたかったこと、対面式だとテレビを見ながらお皿洗いなどができるかなと思い、対面式を選びました。

キッチンからリビングに向かって「ごはんできたよ~!」って言うと、子供たちがキッチンのカウンターからお皿を運んでくれて、とっても助かっています。

キッチンは対面式を選んで正解だったなと思いました。

共働きだからこそ、水回りを固めて生活動線をスムーズに確保!

daidokoro_20160315 (1)

参照:http://suumo.jp/

やはり忙しい共働きには、生活動線の小回りのしやすさは欠かせません。

賃貸に住んでいた時に、台所と洗面台とお風呂が1番対角線の遠い場所にあってとっても大変な思いをしたことで、水回りはギュッと近くに固めたいと思っていました。

リビングからキッチン、洗面台に置いてある洗濯機やお風呂場がすべて1箇所にまとまっていることで、朝の忙しい時間の節約ができます。

キッチンから直接洗面所に出入りできると、キッチンからすぐに子どもの歯磨きや手洗いの様子が見られます。

バタバタに忙しい共働きだからこそ、家事動線の確保はかなり優先順位を上にあげました。

リビングは1番長くいる場所だから、リビングはワイドスパンに

wide_span_20160314_1

参考:http://realestate.yahoo.co.jp/

「リビングだけは、日当たり良く大きく取りたい!」

やはり家の中で1番長くいる場所って、リビング・ダイニングですから1番重要視したい居場所です。

リビングが居心地がいいと、子供たちも自分の部屋に閉じ込もってしまうことないかなと考えて、リビングは窓に大きく接するタイプの「ワイドスパン」タイプを選びました。

他の部屋も本当は日当たりを当てたかったのですが、むしろ他の部屋は寒いこともあって、子供たちは自然とリビングに集まってきます。

縦長だとどうしても奥の部分に日当たりが当たりませんが、ワイドスパンになったことで日差しがリビング全体とキッチンにも当たって快適です。

部屋に子供がこもらない作戦を取ったことで、リビングで子供たちも勉強したり遊んだりするようになりました。

寝る時のプライバシー確保のために、両面バルコニーに

ryoumen_baru_20160312_1

参照:http://suumo.jp/

実は1番間取りで重要視したのが、寝室の上の通路がないことです。

以前賃貸マンションに住んでいた時に、寝る部屋の頭上を人がバタバタと大声出して通ることで、人の声で起きてしまって睡眠不足に悩まされていました。

バルコニーが両面だと共有廊下がないため、寝室の上を人が通らないのでとっても静かに寝ることができます。

また、玄関の正面が壁であるために、人が来ても部屋のグチャグチャ具合を見られることはありません。

外からのプライバシーが保てることで、とっても快適なのです!

部屋までの開口部が広いことで、北側の部屋にも日差しが十分に入るんですね。

プライバシーを重視して落ち着いて住みたい方は、両面バルコニーは本当におすすめですよ。

間取りは何とか変えられる。もっと大きな視点を持って選ぼう

間取り選びって、ほんと難しいですよね。

実際に住んでみないと、使いやすいかどうかなんてわかったものではありません。

我が家では中古マンションを探していましたので、間取りも新築マンションのように自由に選ぶことが出来ませんでした。

しかし、売主さんが実際に住んでいたことで、部屋の日当たり具合や使い勝手などを聞くことが出来た点は、購入時に非常に大きなメリットでした。

それでもやっぱりキッチンのスペースが使いづらいなとか、実際に住んでみないとわからないことは出てきていますので、完璧な間取りなんてないのが正解ですね。

今回間取りだけを見ましたが、部屋の位置によっても使い勝手がだいぶ違ってきます。

たとえば角部屋だと窓を3方向に取れるため、東西の部屋にも日当たりがよくて温かく、風通しもよくなります。

しかし、プライベート感は高くなりますが、同時に値段も高くなります。

マンションの階数によっても、日の入り方やプライバシーの保ち方も違ってくることでしょう。

マンションを選ぶ時ってどうしてもキッチンやお風呂の設備や間取りなど目が細かいところにいってしまいがちですが、選ぶ時はもっと大きな視点で見ることが大切です。

マンション選びでは、間取りは1番最後でいいかもしれません。

なぜなら間取りはお金を出せばリフォームして大体を変えることが出来ますが、マンションの立地や階数や方角などは変えることが出来ません。

家族構成が変わるたびに住み替えができればベストですが、1度住んでしまうと引っ越し代や不動産仲介手数料など、余計なお金もかかってしまいます。

マンション選びは何を優先するべきかを、ご家族でよく話し合って決めてくださいね。

間取り選びは、あなたの「暮らし選び」そのものです。

人の意見は参考程度にして、どんな暮らし方をしたいかをイメージしてから選ぶようにしましょう。

家族が笑顔になれるようなステキなマンションが、見つかるといいですね。

住宅ローンは比較してから決めないと何百万円と損するかも?!

mo_juutakuloan_20160311

「住宅ローンってどこの銀行で組めばお得なのだろうか?」

住宅ローンって金融機関の選び方次第で、数百万円単位で変わってきます。

住宅ローンを組みたいけれど、どこの銀行に申し込んだらいいかわからない方は、複数の金融機関を比較してみましょう。

「住宅ローン一括審査申込サービス」を使えば、無料で複数の金融機関と比較することができます。

どうしていいか迷っている間に、あなたはどんどんお金を失うことになります。

たった1%の金利差で、貯金するよりはるかに高い節約効果が出てくるのです。

迷っていたら今すぐ行動して、各銀行同士を比較検討してみましょう。

あなたに最適な借り手が、ここで見つかるかもしれませんよ?

住宅ローン一括審査の無料申し込みをして、家計への負担を少しでも安くする

あなたの住みたい街のマンションの適正価格を調べてみよう

m_bill_20160422

あなたが住みたい街の家の価値って、調べたことってありますか?

新築、中古マンションの価格妥当性がわかる「住まいサーフィン」では、一般的な不動産情報サイトにはない「価格情報」「評価」をチェックすることができます。

モデルルームにわざわざ行くことなく、自宅で簡単に買いたいマンション価格を調べることができます。

機械的な価格ではなく、実際にマンションに住んでいる人からの評価やデベロッパーからの評価や評判までが載っています。

値段が下がりにくいマンションや住み心地、アフターサービス度など、買ってから調べたら後悔してしまいそうなネットには載っていない情報まで知ることができます。

欲しいマンションは高すぎないか?
売り出し価格は適正価格なのか?

一緒に一度しかないような、慣れないマンションの購入を手助けしてくれます。

調べないで買ったら、多額のお金をムダに使って一生後悔するかもしれませんよ?

会員登録は無料ですから、ぜひ気軽に調べてから購入は検討してみましょう。

新築、中古マンションの価格妥当性がわかる「住まいサーフィン」で、住みたい街の適正価格を調べてみる

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。