おサイフケータイに「iPhone 7」が「Apple Pay」として対応開始!おすすめのクレジットカードと注意点

多くの人たちが、この日をどれだけ待ち望んでいたことでしょうか?

2016年10月25日(火)より、「iPhone7」がおサイフケータイとして使えるようになりました。いよいよiPhoneで、電子マネーを使える時代がやってきたのです。

おサイフケータイでは、電子マネー「nanaco」、「WAON」、「楽天Edy」などが定番ですが、iPhoneで使えるのは「Suica」と「iD」、「Quicpay」の3つのみです。

厳密にはおサイフケータイではなく、「Apple Pay(アップルペイ)」という独自の決済サービスになり、クレジットカードが必要となってきます。

「どんなクレジットカードを使ったらいいのかしら?」

そこで、iPhoneでApple Payを使うなら持っておきたい、おすすめのクレジットカードとおサイフケータイを使う上での注意点をご紹介したいと思います。

 電子マネーの中で発行枚数で最大なのが、IC型乗車券「Suica」

mm_2016-10-25-17-21-34

電子マネーの中でも発行枚数で最大なのが、IC型乗車券「Suica(スイカ)」です。

JR東日本を利用する方は、ほとんどの方が利用しているのではないでしょうか?

Suicaのカードを、「モバイルSuica」というおサイフケータイで利用できたら、スマホを改札にかざすだけで、サクサクッと通ることができます。

 

mm_applewatch_-2016-09-09-13-19-48

アップルウォッチなら、スマホを出さずに腕時計をかざすだけで、大混雑する朝でもストレスなく通れてしまいます。

「iPhone7」で「モバイルSuica」を使う方法は、あらかじめチャージに使うSuicaカードかSuica定期券に乗せて、データを転送して使用します。

Apple Payという仕組みで、クレジットカードからチャージして使うようになります。

現時点では、楽天カード、アメリカンエクスプレス、JCB、MasterCard、オリコカード、セゾンカード、MUFGカード、三井住友カードなどが対応しています。

モバイルSuicaといえば、ビューカード以外では年会費が1,080円かかるのですが、この辺りはまだ不明です。

現在のところ、Apply Payに対応しているクレジットカードは限られているようです。

  • アメリカンエクスプレスカード
  • JCBカード
  • MasterCard
  • イオンカード
  • Au
  • オリコカード
  • セゾンカード
  • T3キュービックカード
  • dカード
  • ビューカード
  • 三井住友カード
  • Softbankカード
  • MUFGカード
  • 楽天カード

私が使用しているREXカードの表示はないので、まだ対応が決まっていないのでしょう。

1,000万円以上貯めた主婦が1枚選ぶ!家族でお金が貯まるおすすめのクレジットカードの選び方

国際ブランドが「Master Card」か「JCB」であれば問題なさそうですが、REXカードは「VISA」だけなのですよね。

まだこの辺りの情報は、これから出てくることでしょう。

楽天カードがApple Payに対応。おすすめクレジットカードは?

mm_dcard_2016-09-09-10-39-07

ギリギリになって、「楽天カード」がApple Payに対応しました。楽天カードは発行も比較的早く、ポイントの使い勝手が良いのでおすすめです。

楽天カードは最強の1枚としておすすめのクレジットカード。ポイントがためやすくて使いやすくてお得!

ドコモ「dカード」は、年会費無料でiD決済におすすめです。

iDは元々ドコモのおサイフケータイ機能で、ドコモの料金にまとめて支払える仕組みでした。

「iPhone7」でiDが使えるということは、ドコモの「dカード」はおすすめです。「dカード」の還元率はいつでも1.0%ですし、年会費が無料のカードではなかなか優秀です。

その他、dカードの特約店であるガソリンスタンドの「ENEOS」では「100円ごとに2ポイント」たまり、還元率は2.0%になります。

さらに、ドコモのdカードGOLDの場合、ドコモの携帯電話料金・ドコモ光の利用料金の10%がたまります。年会費は10,000円かかりますが、ドコモやドコモ光をセットで契約しているのなら、還元率だけで年会費は十分もとが取れますね。

コンビニのローソンで使うと、なんといつでも3%割引になるすごいカードです。

ドコモユーザーじゃなくても、「dカード」と「dポイントカード」は、持っておいてまったく損しないカードと言えるでしょう。

dポイントカードを入手してきた。ローソン、ドコモ、マクドナルドでの入手方法と登録方法を解説!

おサイフケータイ(Felica搭載機種)は、売却時に注意しよう!

「iPhone 7」がおサイフケータイに対応することで、今までは端末を初期化すれば、譲渡や売却などが自由に行えました。

「iPhone 7」になり、電子マネーのデータがiPhoneに記録されるようになったために、譲渡や売却するときには、必ず消去してからでないと譲渡や売却が出来ません。

現段階では、iPhoneからの削除の方法はわかっていませんが、Androidおサイフケータイの場合、キャリアショップで削除する必要があります。

AppleのiPhoneなのでキャリアショップに依存せず、自分で削除が出来るようになっているとは思いますが・・・。

ここら辺に関しても、要確認が必要になってくることでしょう。

iPhoneはApple Payに対応するけれど、本体代に要注意!

iPhoneユーザは日本ではとっても多いですので、今後Apple Payには対応しないよっていうわけにはいかないと思います。

ただ、Suicaチャージの際にポイントがたまるかどうかはまだわかっていません。この辺りは、クレジットカード会社によって対応が分かれるところでしょう。

Appleがどれだけの手数料分を持っていくかっていうところなのかもしれませんけれどね。

これから、iPhoneによるApple Pay対応が普及してくると、お得な電子マネーなどについても今後考えて見たいと思います。

ただし、iPhone自体はかなり高い機種です。

スマートフォンは使いたいけれど、機種代や毎月の料金も抑えたい、といった場合には、やはりおサイフケータイではなく、格安スマホのAndroidを使用したほうがコストは安くできます。

iPhoneはAppleから購入しても8万円以上しますが、格安スマホのAndroidでしたら2万円くらいから購入できてしまいます。

カード入れつきの格安スマホ向けケースを使うなどすれば、スマートフォンでタッチして電車の乗り降りもできてしまうのです。

おサイフケータイができたからお得になると思っても、本体代がかかりますので、すぐに飛びつかずによく考えてから買うことが大切です。

本体代を投資するだけの効果はあるかどうかはまだよく見えていませんが、おサイフケータイが使えるってだけで、何だかワクワクしてきますよね。

iPhoneを買う本体代はともかく、便利なことにお金を投資することはとっても重要です。

Android派だったあなたも、ぜひ「iPhone 7」に搭載されるFeliCa機能に大いに期待していきましょう。

Apple PayとSuicaアプリの両方に対応しているおすすめのカードはこちら!

Apple Pay(アップルペイ)とSuicaチャージに両方対応しているおすすめのクレジットカード3選!

電子マネーと相性のよいおすすめのクレジットカード5選!

今さら聞けない電子マネーのお得な活用術。電子マネーと相性の良いおすすめクレジットカード5選

おサイフケータイで楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換する方法

おサイフケータイで便利な電子マネー「楽天Edy」活用術。楽天スーパーポイントを楽天Edyに交換する方法

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音

東京都在住の小学生2人の娘を持つ母。長年の会社員生活を経験したのち独立したお金と不動産を日々研究しているフリーライター。

このブログでは、人生で大切なお金や家のこと、毎日の生活に役立つことを自分の経験から誰にでもわかりやすくお届けしていきたいです。