2015年7月22日 

頭金なしで家を買うことは無理だというけれど、こんな理由があれば新築一戸建てを買ってもいいと思う

「我が家は頭金がないから家が買えないわ。」

お金がないから家を買うことを諦める人が多いと思います。

世間ではマイホームの予算は年収の5倍以内が適切であるとか、頭金は2割以上入れるべきと言われています。

正しい答えで常識のことなのかもしれませんが、私はそうは思っていません。

どうしてそう思うのでしょうか?

家を購入するときには、ある程度のお金が必要なことは確かです

新築一戸建ての価格が「3,500万円」と広告などに表示されているのを見たことがあると思います。

でも家ってこの価格だけでは買えませんよね?

家の申込み時に必要な手付金や住宅ローンを借りるのであれば保証料、不動産仲介業者や司法書士への手数料などたくさんのお金が必要です。

ほとんどが現金での支払いが必要です。

諸費用ローンも銀行で組めますが予算オーバーの原因になります。

住宅価格に充てる「頭金」はなくても、諸費用や引っ越し代、家電や家具代などへのお金は用意しておいた方がいいのは確かです。

頭金ゼロで変動金利35年はリスクが高いからやめた方がいいと言うけれど・・・

アベノミクスがちょうど始まったころでしょうか?

「これからどんどん金利が上がるから、変動金利から固定金利に切り替えた方がいい。」

このような情報が世間で飛び交っていました。
借り換えた方も多いのではないでしょうか?

「こんな低金利がいつまでも続くわけがないですよ。」

10年以上も前にこのようなことが言われていましたが、結局史上最低金利が続いています。

頭金なしで35年変動金利なんかで借りることがリスクだなんて、先のことなんて専門家でもわからなかったという結論なのです。

今後どれぐらいリスクになるかなんて誰にもわからない

このまま低金利がずっと続くかもしれませんし、今後暴騰するかもしれません。

リスクになる可能性は高いけれど、リスクになるとは断定出来ないのです。

これは自分自身で判断するしかないのです。

相場なんて予想出来ないと思っていたほうがむしろ健全な考えです。

不動産は投資と考えて変動金利にし、もしこのまま低金利で払い終わってしまえば、わずかな手数料で済むのです。

そんな不安な状態が耐えられないという人が、固定金利にすればいいと思います。

だから家なんて自分が頭金なしで買ってもいいと思えば、私は買えばいいと思います。

リスクについて自分の軸をしっかりと持つことが、とても大事なことであると思います。

本当は家が欲しいのに我慢するのは後悔が残ることになる

「一戸建てを買うとリスクになるから買うのはやめよう。」

心からそのように思っていますか?
本当は買いたいと思っていませんか?

私の知り合いは家の購入が怖くて、安い家賃の社宅から家賃10万円する木造アパートに最近引っ越しをしました。

高い収入があるのに、手数料や利息がもったいないとわざわざ隣りの声が筒抜けのような場所に引っ越したのです。

本当は新築一戸建てが欲しかったのに、持ち家と賃貸の損得を考えてやめてしまったのです。

でもこの2つってやっぱりお金だけでは比べられません。

今は値段が高くても、環境によって下落することもあります。

いま収入が少なくても、将来ビジネスにおいてビックチャンスが訪れるかもしれません。

どうも家購入時にリスクはマイナス要因ばかり考えて、買いたい家を我慢するのは将来後悔が残る要因にもなるのです。

子供が小さい時にしか一戸建てでは出来ないことがたくさんある

一戸建ての良さって、子供が小さい時にすごい威力を発揮します。

家の中でボッコボコにケンカしていても、下の階の人に文句を言われることなんてありません。

子供が自転車で遊びに行きたいとなれば、玄関を出てすぐに乗って出掛けることが出来ます。

大きなペットを買ったら、庭があればおもいっきり遊ばせることが出来ます。

庭で家庭菜園も出来ますし、自分の好きなようにDIYが出来ます。

 

sparkler-532838_128

私が子供が小さい時に最大の夏の一戸建てのお楽しみだと思うのが、「花火」「バーベキュー」「ビニールプール」です。

これだけはね、マンションでは共有施設が充実していない限り実現するのはとても難しいです。

私が子供の時に、一戸建ての実家で花火をやったりビニールプールで遊んだ思い出だけは鮮明に覚えています。

30年以上も経って覚えているぐらいですから、よっぽど楽しかったのでしょう。

そんなに大きな庭ではありませんでしたが、芝生の上で寝っ転がって食べたりして得たワクワク体験は一生の財産になっています。

子供の時しか出来ないことがあることも、十分に頭に入れておいたほうがいいでしょう。

一戸建てを持ってこんなことしたい!という強い理由があれば買えばいい

たしかに頭金がなく家を買うことは、頭金がある人に比べてリスクが高くなることは事実です。

住宅ローンで破綻する人のパターンで多いのが、身の丈に合わない物件を買う場合がほとんどです。

でも頭金が貯まることを待ってずっと我慢して耐え忍ぶ生活を続けていたら、このような一生記憶に残る資産を逃してしまうことも知っておいた方がいいですよ。

「私は一戸建てを買って子供と庭で思いっきり遊びたいんだ!」

このような強い夢があるのであれば、頭金がなくても払っていけるような田舎の物件を安く買って、のんびりと過ごす選択肢もあります。

自分で支払い可能な住宅ローン額、年額住居費を出して毎月払っていければ、細かい損得なんて気にしないことです。

なんとかなりますよ。

不動産に何度も失敗している私が何とかなっているのですから、大丈夫です。

強い希望があれば家を維持するために「どんな仕事でもがんばろう!稼ごう!」って気になりますから(笑)

通勤にとても苦労するかもしれませんが、自分のしあわせ基準がどこにあるかを考えることが大切です。

全部満足する家なんて手に入れられません。

頭金がないから諦めるじゃなくて、思い切って買って幸せが得られるなら諦めないで買いましょう。

人生の失われた時間は2度と取り戻せません。

あっという間に40代、50代、そして土に帰っていきます。

「あの時買っておけば、子供と手持ち花火が楽しめたのにな。」

子供が大きくなって親元から巣立って行く時に、後悔しても遅いのですよ?

予算と満足度をしっかりと天秤にかけながら、飛び込む勇気も持って下さい。

しあわせの尺度は、あなただけしかわからないのですから。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう