貯金をする意味って何?貯金は強力な「精神安定剤」だからこそ1,000万円を残す意味を考えてみる

「私はなぜ貯金をしようとしているのだろうか?」

私がこのブログを立ち上げた目的は、年間貯金額300万円を達成するためでした。

なぜ年間貯金額300万円を目指しているのだろうか?
私がお金を貯める目的って、一体何のためなのだろう?

「お金がないと将来が不安だから。」

改めて自分に問いただしてみましたが、お金がないと不安になる気持ちになってしまことは確かです。

お金を貯める目的をしっかりと持っていないと、ただやみくもにお金を貯めるだけになってしまいます。

一体なんのために、貯金を頑張っているのでしょうか?

我が家の1番の貯金の目的とは

我が家が何よりも1番貯金をする目的として最大の目標にあげているのが、住宅ローンの完済です。

借りたお金はしっかりと返す。

少額だと返さない人間も多々おりますが、お金の恨みは食べ物の恨み以上に恐ろしいです。

住宅ローンの完済のために変動金利が1%以下であれば、繰り上げ返済はせずに貯金をするようにしています。

年間300万円という数字にこだわっているのは、10年後の住宅ローン完済時に1,000万円以上の預貯金を残すことが目標だからです。

「住宅ローンを完済しましたー!

早くこの言葉が、このブログ内で言ってみたいです。

言いたい、言いたい、早く言いたいー!
今から練習しておくか?←必要ない。

でもいざ住宅ローンを完済した時、貯金がすっからかんでは心もとないですよね。

そのために逆算して出した貯金の目標の数値が、年間300万円という計算値でした。

我が家のキャッシュ・フロー上では、住宅ローン完済時にはちょうど長女が高校受験時期です。

その頃に1,000万円以上の貯金があれば、きっと精神的にとっても安心でしょう。

でもなぜ1,000万円以上だったら、安心だと思うのでしょうか?

それはなぜだか考えたことがありません。

貯金が安心感につながる?
あなたもそう感じますか?

なぜお金があると、人はホッと安心するのでしょうか?

1,000万円の貯金額は夢を実現するために必要

「貯金額は、やっぱり1,000万円目指したい!」

きっと誰もが憧れる目標値でしょう。

我が家も新婚時10万円の貯金からスタートして、マイナス500万円家計に陥りました。

我が家が新築一戸建て購入を失敗し、借金500万円を作った理由(その1)

2013年の去年からようやく安定してきました。

住宅ローン完済時に、1,000万円を残しておくには理由があります。

転職するとき。
子供が進学するとき。
車や家電の買い替えのとき。
離婚するとき(!?)。

貯蓄がなくて生活に不安があれば、せっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません。

1,000万円の貯金というのは、自分の夢、家族の夢を実現させるために必要であろう金額なのです。

最初から貯められる人なんていません。
達成するためにはコツコツが大事です。

たった10万円から始まって、100万、200万と目標を変えていく。

100万円まで貯まると、貯めるスピードがアップするのはホントです。

なぜなら100万円達成した人は、貯めるしくみがわかった人だからです。

その貯めることを時間をかけて積み重ねると、1,000万円まで貯められるようになるのです。

今月、来月焦ったところで貯まりません。
夢を実現するためには時間が必要ですね。

貯金は強力な精神安定剤。心から温まる貯金ライフを!

kawareru_20160518

「お金って、ただ貯めておくだけではまったく意味がない。」

お金というのは、使って初めて意味を持つといいます。

しかし、果たしてそうでしょうか?

私は使わないお金にも、やはり意味があると思います。

それは貯金があるだけで、精神安定剤の役割をしてくれるからです。

借金500万円を抱えた時、働いても働いても通帳残高が0円でした。

不安で将来が心配で、寝られない日々が続きましたし、寝られなくてうつ病になりました。

治療費が膨大にかかって、もっとつらい思いをしました。

「貧乏の気持ちがわからないお金持ちはキライ。楽していい思いばっかりしている。」

愚痴と妬みだけに侵されて、ものすごい自分自身の性格が悪くなりましたが、借金を完済してお金が貯まってきたら、心がスーッと楽になりました。

借金500万円をたった1年で完済した時の家計簿公開。返済は地獄だったけどお金の失敗はプラスの財産

貯金がある程度あると、穏やかな気持ちになれるから不思議です。

世の中の平均貯金額ぐらい貯まると、ちょっとだけ胸を張って歩けるようになります。

自分や家族に投資して使うことも必要だけれど、ある程度残しておくことが精神がおかしくならないコツだと思います。

ココロの安定をもたらし、精神安定剤のような「薬」の役目を果たすお金です。

私にとってみたら、お金は「ビタミン剤の役割」もあります。

お金を持っていると、心から元気になってパワフルにしてくれるからです。

10年後に安定した心を持っていられるように、1,000万円という常備薬を持っていたいです。

あなたの精神安定剤はいくらですか?
持ちすぎても投薬過剰になりますよ?

適切な薬箱の大きさを自ら決めて、心からポカポカと温まる貯金ライフを目指しましょう!

お金を貯めたい人は、1度無料のマネー講座を聞きに行ってみよう

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に行ってきた。お金の貯め方を学びたい人は1度聞いて来よう