私が福袋を買わない理由。でもお金と時間が無駄になると思っても福袋を買うことを否定しない理由

上手くいかなかったこと、失敗しちゃったなと思ったこと、人生ってほんとつらいことばかりですよね・・。

悲しいこと、楽しいことが色々とあった年が終わり、年始めのお楽しみと言ったら「福袋」ですよね!

デパートやショッピングモール、家電量販店など、ネットでも店舗でも大々的に行われていて、まさにお正月の風物詩となっています。

最近では中身が見える福袋、温泉旅行などの体験型の福袋が出てきて、福袋の選択肢が大きく広がってきています。

あなたは、福袋を買う派ですか?それとも買わない派ですか?

年末年始って通常の時以上にお金がかかりますから、おそらくどうしようか迷っている方も多いかと思います。

えぇと、私ですか?

私は以前、福袋にものすごいのめり込んでしまい、福袋に対してこんな風に考えるようになっていったのです。

家電量販店「ビックカメラ」の福袋事前予約に参戦した結果

私、ものすごい家電が大好きなのです。家電マニアの世界に入るほど、家電量販店は私のワクワクショッピングセンターです(汗)

家電量販店で福袋と言えば、「ビックカメラ」や「ヨドバシカメラ」が有名ですよね。

ビックカメラの福袋には、iOSタブレット袋やノートパソコン袋、Windowsタブレット袋、一眼レフカメラ袋など、欲しい商品が目白押しにそろっています。

ビックカメラの福袋を買うために、事前に予約が出来ると知って、予約時間にネットに張り付いて買ったことがあるのですが、サーバーがダウンしてつながらず・・。

ものすごい時間、ずっとパソコンの画面をリロードしてみたのですが、同じ思いを持った人たちでアクセスが集中してしまい、一向につながりません。

ヤケになって2時間ぐらいネットに張り付いていたのですが、つながりだした頃には完売!なんだったの、この2時間は!!

「こうなったら、大みそかに並んででもゲットするしかない!」

悔しい気持ちのまま年は越せないと思い、紅白歌合戦も見ずに19時には寝て、ビックカメラの福袋に深夜から参戦することにしたのです。

ビックカメラの福袋を買うために、前日から並んだ結果

まだ日付が変わる間際ぐらいでしたので、そんなに行列していないだろうと、タカをくくっていました。

 

mm_2016-01-01-02-13-50

しかし、見事に大行列!

ブルブルと寒い中耐えながら、買えるかどうかわからない不安な気持ちのまま、外にシートを引いて並ぶことにしたのです。

 

mm_2016-01-01-07-22-48

明け方になって、先頭から順番に整理券を配布していき、やっと自分の番が回ってきたと思ったら、欲しいiOSやノートパソコンなどは即完売!

何だったんだ〜!私のブルブル凍りながら待っていた時間は〜!時間返せ〜!

 

mm_2016-01-01-08-23-46

その場で色々考えるヒマもなく、私はロボット掃除機ルンバ袋の引換券を選んだのです。

 

mm_2016-01-01-10-14-44

正月早々我が家に、念願のロボット掃除機が来ることになったのです。

福袋でロボット掃除機をゲットして、失敗したなと思ったこと

mm_2016-01-01-10-20-06

福袋でゲットしたロボット掃除機ですが、実際にイメージしていた最新型のロボット掃除機ではなく、ビックカメラ限定モデル「ルンバ539」でした。

金額にして3〜4万円と激安価格で販売しているのですが、これが全然性能がいまいちなのです。

 

mm_20160925_093256

テーブルの端っこの塗装を削ってしまったり、コードを見事にクルクル〜ッて丸めてしまったりと、掃除をしているのか、掃除機が遊んでいるのか、よくわからない状態に・・。

 

mm_2016-09-27-16-16-44

エラーばかり起こして、ものすごいストレスになり、結局新しいルンバのロボット掃除機「ルンバ980」を我が家は買うことになったのです。

そうです、私が本当に欲しいと思っていたロボット掃除機ではないものを手にしたことで、福袋代が無駄買いになってしまったのです。

長時間の寒さと戦って座っていた時間。
欲しくないものを買ってしまったお金。

アチャ〜!やってしまった〜!と、その当時はどれだけ自分の行いを反省したことか・・。

お金も時間も無駄に浪費してしまったことで、私は「失敗してしまったなぁ〜」と、クヨクヨと落ち込んでしまったのです。

福袋を買わなくなった理由は、お金以上に時間も浪費するから

福袋ってものすごい心を魅了しますし、やはりお金を浪費してしまう要素がとても多いです。

でも、本当はお金の浪費が本質ではなく、「時間」を浪費してしまうのです。

お金は稼げば再び戻りますが、時間は2度と戻ってきません。

昨日も、今日も、明日も、1日何となく過ぎ去ってしまいますが、24時間当たり前のように過ぎていて、時間の貴重さに気づきにくくなっています。

時間は大切、時間は有限なんて言っている私でさえ、今日も明日も何となく日が登って沈むだけの日々を繰り返していて、時間の大切さに気づくことが少なくなっています。

おそらく人生の最期に、「もっと、時間を大切にして生きればよかった。」なんて、人生の中で「時間の大切さ」に初めて気がつくのかもしれません・・。

福袋を買うことだけではなく、買い物ってものすごい時間がかかります。

買うためにネットサーフィンをしたり、新聞広告やカタログや雑誌を見たり探したりと、探す時間、調べる時間って結構な時間を要します。

買い物は、お店に行く時間もかかります。まして福袋なんて徹夜覚悟ですから、相当な時間を要します。体力も精神面でも色んなものを奪っていきます。

「運」を買いに行ったのに、買ったものがまったく買いたくもない「不運」を買いにいったとしたら、それは単なる時間を「消費」しに行っただけです。

小さすぎて着られない洋服、嗜好に合わない食料品、趣味に合わないアクセサリーやバッグ、使い物にならない家電・・。

まさにゴミやガラクタを買いに行っただけですから、浪費したことに対してストレスがたまり、不用品に囲まれているだけでイライラします。

家電なんて、捨てることは今は大変な時代ですから、断捨離にも苦戦します。

下調べ時間、移動時間、行列時間、ものを管理して保持していく時間。

「お正月ぐらい、激混みする福袋の争奪戦なんて行かずに、家族と一緒にゆったりと過ごそう。」

福袋はお金を浪費する以上に、人生でとっても貴重な時間をどんどん失ってしまうことで、私は福袋を買わないと決めたのです。

福袋を買っても、無駄遣いとはならないと思う理由

私は福袋は買いませんが、福袋自体を買うことに対して全面的に否定的ではありません。福袋を買うことが無駄遣いと思うかどうかは、人によってまったく解釈が違うからです。

福袋は特に当たりハズレが多く、「消費」のつもりで使ったお金が、「浪費」に変わってしまうことがあります。

「あぁ、無駄遣いしちゃったなぁ。」と、自分を責めて罪悪感いっぱいになってしまうことが多いかと思います。

でも、福袋を買ったことによって、ストレスが発散した、福袋を買うことでドキドキ感やワクワク感を得られたと思えば、それは無駄遣いではありません。

毎日の生活が退屈でつまらないと思っている時に、こういったワクワク体験にお金を使うことはとっても大切なことです。

「非日常」を、お金を出して買うのです。

一般的に見て、無駄遣いと思えるかもしれませんが、自分自身が「体験」にお金を使ったと思えば、それは価値あるお金の使い方と言えるのです。

福袋をゲットするという「目的」を達成するためにお金を使えて、とっても気持ちよくありませんか?難しいゲームをクリア出来たかのように、達成感を感じませんか?

こんなの入っていたよ、ちくしょー!と笑い話に出来るほど、周りとの楽しいコミュニケーションツールにもなります。

自分はいらないけれど、他の人が欲しいと思っている人と、物々交換をすることができます。福袋を買ったもの同士で、楽しい一体感、連帯感が得られます。

一般的に見て無駄遣いと思えるものでも、無駄遣いかどうかは「自分の中での価値」で決まるのです。

福袋を買うことは、人によっては「無駄買い」にも「価値あるもの」にも変わってしまうのです。

お金をムダ買いしないポイント。心から欲しいものを買うこと

mm_okanetojikan_20151228-2

福袋争奪戦の失敗から私が学んだこと、それは周りの雰囲気に流されてものを買ってはならないということです。

やはり年末年始ともなると、あらゆる所で「限定セール」「早い者勝ち」などという言葉がいっぱい溢れ出していて、買わないと損してしまう気持ちになってしまうと思います。

福袋は典型的な例でして、数量限定で早く買わないとなくなってしまう、急がなきゃという心理状態になってしまいます。

買う時に、本当に心から欲しいと思えるものを買わないと、後で気に食わなくなり、それが浪費につながってしまうのです。

特にお正月は金銭感覚がマヒしてしまうワナがたくさん仕掛けられているからこそ、心をキュッと引き締めて落ち着いて行動することが大切です。

バーゲンだろうと限定セールだろうと、そんな時期に関係なく、心の底から本当に欲しいと叫んだものをじっくりとよく考えて買うことが、浪費を防いでいけるのです。

頑張っている自分にごほうびが欲しい、今買わないと後悔しちゃう、ものを買わないと世の中の景気がよくならないから〜、なんて単なる言い訳です。

欲望に負けてついつい買ってしまうクセがあると、お金に好かれる人になんてなれません。

流行りもの、周りが欲しいと思うものを買う行動が、節約の一番の敵になります。

でも、節約の敵になるものを買ったとしても、本当に自分が欲しいと思ったものなら、買うに値するものです。

お金って、貯めておくだけのツールですか?違いますよね?

お金は、使ってこそ意味あるものです。お金を使うことは本来のお金の目的であり、本当はとっても気持ちのいいことなのです。

お金を使うことによって、スカッとして元気が出てきます。お金は人間のビタミンチャージとなります。

無駄買いか、無駄買いじゃないか。現実は、考え方1つで180度変わります。

本当にこれが欲しい!と思ったもの、心がワクワクするものを買うことで、心が大満足するものを手に入れることができるのです。

あなたは、福袋を買いに行きますか?

お金の節約も大事ですが、毎日頑張っているのですから、お正月ぐらいゆるい気持ちになることも必要です。

お金の使い方に完璧を求めないことが、お金に好かれる人になれるコツです。

福袋が本当に欲しいと思ったら、「お金の使い方が上手に出来た〜!」といっぱい自分自身を褒めてあげてくださいね。

私もワクワク体験をするために、やっぱり福袋買ってみようかなぁ?(あれ、買わないんじゃなかったの・・?)

心が満足する買い物をして、1年の始まりをすがすがしい気持ちでスタートしたいですね。

ABOUTこの記事をかいた人

橘 桃音(たちばな ももね)

東京都多摩地域在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。
このブログでは、生きていく上では欠かせないお金や家のこと、自分らしい生き方や働き方など、1度きりの人生を前向きにシンプルに変えていける方法をお届けします。

人生相談も無料で受付中です。https://momonestyle.com/life-counseling