後悔先に立たず。あなたは今まで生きてきた人生の中でひどく後悔して悔やんでいることってありますか?

あなたは今まで生きてきた中で、ひどく後悔していることってありますか?

私は今まで数え切れないほどあります。

もう37歳?
まだ37歳?

生まれてからこう考えているうちに、時間が1秒ずつ流れていきます。

「もっと若いうちにこうすれば良かった。」

27歳の派遣社員の時代に、ずっと心の中で後悔していることがあります。

「何でこんなことしちゃったんだろう。」

泣いたって時間は戻らないもどかしさでいっぱいで、悔やんでも悔やみきれない後悔があるのです。

派遣社員時代にとても仲が良かった社員の子がいました

「ミキちゃん、今度の休み遊びに行こうよ!」

私が派遣社員時代の時、とっても仲がいい正社員の子がいました。

名前を「ミキちゃん」としておきましょう。

ミキちゃんは高卒から働き初めて3年目の21歳でして、芸能人で言うと宮崎あおいさんみたいな感じです。

さわやかで礼儀正しくて、とても真面目で仕事熱心でした。

メガネかけて目立たないからために、私が遊びに引っ張っちゃったのです。

そしたらすごい心開いてくれて、とっても仲良しになってしまいました。

旅行や買い物に行ったり。
バーベキューに行ったり。

派遣社員と正社員という垣根を越えた同士という、とってもめずらしい間柄に。

職場で出会っただけでしたのに、とっても仲のよい姉妹のようでした。

実は夫の弟のお嫁さん候補になっていた

「ミキちゃんって彼氏いないの?」

聞くところによると、全然男の子にモテないそうです。

職場内結婚が多い職場だったのですが、ミキちゃんは職場ではとっても暗いのです。

お正月休みの時に夫の実家に行った時に、ミキちゃんの話題が出たのです。

「え?それじゃあ今度お見合いなんてどう?」

夫の弟も彼女歴ゼロでしたし、ミキちゃんも彼氏歴ゼロです。

夫の両親もすごい気に入ってしまって、ゼロゼロ同士で結婚話にまで発展してしまいました。

弟さんのお見合い写真を、ミキちゃんに持って行ったこともありました。

「えぇー!もったいないですー!」

あ、社交辞令?

すぐに遠慮されてしまいました・・・。

「ミキちゃんが妹になったら楽しいだろうな。」

ミキちゃんは、私の妹にしたいほどの温かくて優しくて頼りがいのある人柄だったのです。

しかし、そんないい状況はずっとは続きませんでした。
ある時からそんないい間柄は崩れ去ってしまったのです。

私が正社員になりたいことをずっと知っていた

「私さ、この職場で正社員になりたいなぁ。」

ミキちゃんに相談したところ、ミキちゃんは真剣な顔をしてこのような返事をしてきました。

「でもここの人事はむごいよ。やめた方がいいよ。」

給料は低い。
女性は差別。

男性は転勤ばかりです。

仕事以外にやることも多いし、社員になっても良いことないよと。

ここら辺からでしょうか?

段々と派遣と正社員とのミゾが出来ていってしまいました。

遊ぶ回数も段々減ってきてしまい、いつしか職場内だけの関係に戻ってしまったのです。

あまりにも待遇がうらやましくて言ってしまったひと言

本当はミキちゃんと同じ立場になりたかったのです。
私はその思いで、いっぱいだったんだと思います。

でもある時に、私の中でミキちゃんへの「信頼の糸」が切れてしまったのです。

それは社員の方のボーナス支給日に、ミキちゃんがボーナス袋を自慢げにヒラヒラと見せびらかしていたことでした。

我慢の尾が切れて、とっさに言ってしまったのです。

「私にはボーナスなんてないから!」

派遣社員にボーナスなんてない。
ミキちゃんは知らないようでした。

お互い埋められない溝を、さらに深く掘ってしまいました。

溝がさらに深まっていって、亀裂となって真っ二つになってしまいました。

雇用形態の違いだけで引き裂かれてしまった2人でした。

本当は家族になるまでの仲だったのに、こんなことで亀裂が入ってしまうとは思ってもみませんでした。

私が突然この職場との契約更新をやめてから、ミキちゃんとは1度も会っていませんし、連絡も取れていません。

大切な妹になるかもしれなかった人との出会いでしたが、たったひと言で関係が台無しになってしまったのです。

後悔を悔やむのではなく次に活かせばいい

drop-of-water-351778_1280

「お金を使い過ぎちゃった。」

「勉強して資格を取れば良かった。」

こいういう後悔って、いつでも取り返しがつくことだと思います。

私も借金してしまいましたが、何とか頑張って返済することが出来ました。

借金500万円をたった1年で完済した時の家計簿公開。返済は地獄だったけどお金の失敗はプラスの財産

ずっと生活するので手がいっぱいだったのですが、今から勉強して資格だって取ることが出来ます。

お金なんて使い過ぎちゃっても、また働けばお金は入ってきます。

勉強だって80代の方だって現役ですし、資格だって受験資格さえあればいつでも挑戦出来ます。

でも人間関係人との出会いはなかなか修復出来ません。

「あの時言わなければ良かった。」

「もっとあの時の出会いを続けていれば良かった。」

誰でも後悔ってあると思いますし、後悔は否定してはいけません。

悩むことは人生の無駄なようで、実はとっても大切なことです。

後悔で悔やんだことを、その後の人生でどんどん活かして行けばいいだけです。

私はこの件で派遣社員の方の気持ちが、痛いほど知ることが出来ました。

反対の立場になった今、2度と同じ過ちを犯さないようにしています。

派遣社員ってほんとボーナス時期グッと耐えているんです。
周りがニヤニヤしている顔を見るのがとても辛いのです。

自分が傷ついたことは、人も同じように傷つきます。

ずっと後悔して悔やんでいたけれど、後悔しているヒマがあったらまた連絡してみようかな。

もう時間が経過しているから、忘れちゃったかもしれません。

悲しいと感じたことは、こうやって人の心を深くしていきますね。

生きている中で無駄な後悔なんて1つもない

後悔したことは次に活かせばいいですし、後悔したことは次から気をつければいいのです。

ちょっと意識しているだけで、後悔がだんだん少ない人生が送れるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう