2015年3月20日 

20代はお金が貯まらない時期だけれど、金銭感覚を磨いて浪費グセを直してお金を貯める最大のチャンス

20代って本当にお金がかかります。
飛ぶようにお金が出ていきます。

はっきり言ってお金は貯まりません。
私もまったく貯まりませんでした。

20代で数々のお金で失敗してきた私ですが、若いうちに失敗をたくさんしてきたおかげで、今では貯金1,000万円を貯める事が出来るようになりました。

 30代後半で貯金1,000万円がいつの間にか貯まっていた!お金を貯めるために必要な4つの基本的なこと

20代のお金の使い方次第で、貯められる人になれるかの運命が分かれると思っています。

20代でどのようなお金の使い方をすれば、貯められる人になるのでしょうか?

私の20代の経験から、こうすれば貯められる人になるという事を考えてみました。

20代のうちに一人暮らしを経験する

社会人になっても親元で暮らしている人と一人暮らしをしている人では、金銭感覚がまったく違うことに気づかされます。

社会人になってから親にお金を取られるかもしれませんが、やはり家賃があるかないかの違いはとても大きいです。

でも親と大家さんとでは、厳しさが全く違います。

親は支払いを待ってくれるかもしれませんが、大家さんは待ってはくれません。

支払いが滞納しても親は追い出しはしないかもしれませんが、大家さんは最悪追い出しが可能です。

「なんとか節約して生活していかなければ。」

生きていくために、お金に対して真剣になれます。

どうしたら生き延びていけるか、お金の感覚が必然的に身につきます。

親元にいると安心ですし、お金はかかりません。でものちのち苦労することにつながります。

ひとりで家計をやりくりする感覚を、20代のうちに磨くことがとっても大事です。

20代のうちに投資をして失敗をしておく

20代のうちに、株などで投資をしておくといいです。

どうやったらお金が儲かるのか、どうやったらお金が吸われていってしまうのかを肌と心で感じるのです。

ここでおいしい思いとつらい思いを、2つとも経験しておくことが大事です。

100万円単位で持っていかれる勢いで、思いっきり失敗してみてください。

私はバリバリの元デイトレーダー。仕手株でたった1分で10万円稼いだ私が株式投資から足を洗った理由

失敗をすると本気で悔しいですよ。

一生懸命稼いだお金が一瞬でなくなりますからね。

でもこの悔しさが、のちのお金を貯められる原動力に変わります。

結婚してから投資に失敗してみるとわかります。最悪離婚危機に立たされることになるでしょう。

だから独り身のうちに、どんどん失敗するのです。誰にも迷惑かけませんから、自分がイタイ思いをするだけです。

相場を知ることで、世の中のしくみも覚えていきます。

あ、怖いことばかり言ってしまいましたね。

でも相場を知るには、やはり投資をする必要があります。ぜひ少額からでもいいので、投資を積極的にしてみましょう。

貯金を最低100万円は貯めておく

20代は付き合いや本などの自己投資などで、お金はなかなか貯まらないかもしれません。

でも貯金ゼロでもいいやには、私はまったく賛成が出来ません。20代では最低100万円はしっかり貯めておいたほうがいいです。

「なんで20代のうちにお金を貯めておかなかったんだろう。」

本気で30代になってから貯金がないことを後悔します。年間100万円を目標に貯めるには、毎月約8万円も必要です。

これは一人暮らしには相当ハードルが高いです。

だから時間を味方につけるのです。22歳から30歳まで8年間もあるのです。

30歳までに100万円で、毎年約12万円です。毎月1万円の積立定期をしておくだけでいいのです。

これなら何とか可能なのではないでしょうか?

できれば割安なインデックス投信積立がおすすめです。

複利でお金が増えていくため、毎月引き落としされて自動的に100万円貯まっています。

30歳になった時に100万円と同時に投資力もついています。これは本当に今からでも積立したほうがいいですよ。

毎年給料がアップしたら、その分積立を増やすのです。もしかしたら300万円も本気で夢ではありません。

「SBI証券」などのネット証券がとっても便利です。なんと毎月500円から積立が可能です。

悪いことはいいません。
すぐにやりましょう!

短期間で儲けようと思わない。焦ってはいけない

「早くお金持ちになりたい。」

最短の方法で最速にお金を貯めたい気持ちはわかりますが、お金を貯めるために焦ってはいけません。

焦って稼いだお金は、早くダメになる可能性が高いです。

5年、10年の間にたくさんの挫折、失敗、悲しみを経験して、ようやく貯められるようになっていきます。

時間をかけて失敗と成功を繰り返した人は、その後はそう簡単には失敗しません。

私もたくさん失敗してきたからこそ、これから失敗する気はないです。

20代の貧乏時代は、将来の「金運」を貯めている時期と思いましょう。

20代は金銭感覚を磨いてお金を貯める最大のチャンス

私も振り返ると、20代のうちに家を買って車を買ってと散々お金を使ってきました。

そしてお金をもっと増やしたい、それもラクに増やしたいという悪知恵が働いて、株に大量にお金を突っ込んで相当精神を消耗してきました・・・。

「あの時にお金を貯めておけば良かった。」

今の私、このように悔やんでいると思いますか?

確かに後悔はとってもしましたが、あの時に散々浪費をして良かったと思っています。

あの時に浪費を散々して失敗したことが、実は今の貯められる要素につながったのだと思います。

20代で何百万円も失敗して悔しかった事が良いリバウンドとなり、今の貯める闘争心に変える事が出来たのだと思います。

20代って火山が噴火したかのように、とっても忙しい10年間です。

でも休火山になる日が必ずやってきます。

活発にドロドロの溶岩を噴出している時期だからこそ、失敗も灰にすることが出来ます。

「浪費グセ」というマグマは、「自己投資」「経験」によって、カチカチの灰に変わることでしょう。

「また使ってしまったー!次から気をつけよう。」

浪費グセは、早ければ早いほど治りやすいです。悔しい思いをチャンスに変えていきましょう。

20代の失敗は一生の財産になります。
30代への黄金のバトンに変わります。

20代の失敗を経て、30代の成功につなげていきましょう。

毎月コツコツ積立すればお金がほったらかしで貯まる!「セゾン投信」の資料請求や口座開設はこちらから

【投資信託】セゾン投信(資料請求)【長期投資】

貯金2,000万円を貯めた私がいつも行ってるお金の習慣はこちら

お金を貯める方法に裏ワザや特別なテクなんてない!貯金2,000万円貯めた主婦が日々実践する10個の習慣

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう