節約主婦向け雑誌には載っていないぞ!共働き4人家族 我が家のリアルな平均的月間家計簿公開

あなたは他の人の家計簿って、興味ありますか?

私が20代の頃は、食費、日用品費、雑費など、ネットや本を凝視するほど他の人の家計簿に興味津々でした。

「素敵な奥さん」や「サンキュ」などのいわゆる節約主婦向け雑誌を凝視し過ぎて、ボーっと燃えて穴が開くんじゃないかと思うぐらい明細を見ていました。

毎月キレイに集計された家計簿は、それでも今でも興味津々でとっても参考にしています。

もしかして我が家の家計簿に、興味津々ですか?

家計管理をメインに書いている上で、我が家の家計がどれぐらいか目安があった方がいいと思いましたので、我が家の毎月の平均的な家計簿を載せておきたいと思います。

これが我が家の平均的な毎月の家計簿です

端数を切った方がわかりやすいと思ったので、切ってあります。

毎月驚くほど変動しますが、1年間の平均を取って金額はならしてあります。

費目金額
住宅ローン77,000円
管理・積立費27,000円
駐車・駐輪代5,900円
保育園代20,000円
学童代6,000円
給食代3,500円
小遣い(夫)25,000円
小遣い(妻)8,000円
小遣い(子供)2,000円
食費50,000円
日用品費10,000円
光熱費25,000円
交通費10,000円
通信費8,000円
教育費5,000円
レジャー費5,000円
医療費10,000円
被服費5,000円
特別費50,000円
積立投信50,000円
合計402,400円

特別費に関しては、年間平均をならしています。
積立投信は、老後資金として積み立てています。

これを見てあなたは多いと思いますか?
それともとっても少ないと思いますか?

我が家はどう削ろうと、どう頑張ろうと、ケチケチせずに楽しく暮らすためには、毎月40万以上は、ゼーッタイかかります!

食費や日用品をあと少し減らせても、せいぜい1万円ぐらいです。

はい!夫の収入だけではまったくと言っていいほど暮らしていけません。

40万円超えの家計簿なんて、節約雑誌から執筆オファーなんてゼッタイこないでしょ?

でもこれが現実です。

老後まで楽しく貯めて生きていくためにも、積立は必須ですので、5万円の積立は支出だと思っています。

貯金かと思いますが、「将来の支出」を「今の支出」として管理しています。

あ、でも貯金として振替えてはいますけれどね。
毎月必要費目であることに変わりありません。

我が家は、通常ある家庭の生命保険料がないのですよ?

精神的な病で通院歴があって入れなかったこともありましたが、必要なしと有料診断のFPの方に判断していただいてから、保険には入っていません。

手厚い国の「保険」に入っているから、いらないやー!と。

それでも毎月特別費(税金、車検、保険料、レジャー費)も含めて平均でならすと、こんな家計簿が普通だと思うのは私だけでしょうか?

主婦向けの節約雑誌は平均家計簿じゃない?

だって、主婦雑誌の方々は、なぜか住居費がものすごい安いです。

あれはわざとそういう方々を選んでいらっしゃるのでしょうか?

社宅、公営や公共住宅、同居などで家賃が2万円とか、高くても5、6万円です。

東京都に住んでいるだけで、やっぱり住居費はどう頑張っても高いです。

地域性がやっぱり出ているのか?
東京都の地価が高すぎるのか?

あと収入額に児童手当を入れられている方で、児童手当は毎月振り込まれるのでしょうか?

それとも12で割って、ならしてあるのでしょうか?

こちらは年に3回だけですので、毎月の収入には入れられないですけれどね。

毎月児童手当が出るのであれば、是非収入に入れたいです。

そしてやっぱりフルタイム共働きという家計簿が、節約雑誌には非常に少ないです。

共働きは、お金が貯まって当たり前だからでしょうか?
当たり前じゃないからみんな悩んでいるのですけれどね。

そしてフルタイムで働いているからこそ、特売品、半額品なんて買うことなんて不可能に近いです。

ほとんどが平日の昼間のタイムサービスとかで、行きたくても行けません。

だからストレスになる広告を見ることをやめるために、私は新聞購読をやめました。

新聞購読をやめたおかげで、固定費の削減に成功しました。

そして、さらにストレスになる主婦向け雑誌を読むこともやめました。

私が唯一参考にしている記事は、料理記事だけですかね。

苦手なものに関しては、食い入るように見るようです(汗)。

お金を使う前にどれだけ「使う価値」を見いだせるかが大事

財布からお金を出すときに、瞬時に「使っても良いという判断する力」を見出すことが大事です。

お金を稼ぐ力を鍛え、そのおカネ力を鍛えるのです。

私の家計管理方法は、お金を使う前の思考力の方を重要視しています。

ほとんどが自分のお金に対する脳みそを鍛えるために書いているんですけれどね。

家計管理は、人生管理です。

人生に迷いがあった時点で、お金も逃げていきます。

だからまずは、生き方を幸せにメンテナンスすることが、必然的にお金が寄ってくることにつながると信じています。

無理に節約と細かい事を気にするよりも、夫と共に稼ぐ力をアップして、長く仕事を続けていくことが、今の我が家には1番お金が貯まる道であると考えています。

この支出額を見て、まだまだ無駄な支出を削れる部分があるような気がしてきました。

我が家では夫婦でさらに話し合い、モチベーションをアップして家計管理にこれからもっと本腰を入れていこうと思います。

お金を貯めることを諦めてはいけません!

貯金力をモリモリと鍛えて、一緒に家計管理頑張っていきましょう。

お金を貯めたいなら「お金の教養講座」でお金の知識を!

mo_okanekyouyou_2016-02-28 09.35.18

「毎月節約をしているのに、なかなか貯金できない。」

「お金の貯め方、使い方、増やし方を学びたい。」

お金がどうしても貯められなくて、不安で困っていらっしゃいませんか?

そんなあなたにとってもおすすめなのが、ファイナンシャルアカデミーの人気講座「お金の教養講座」です。

私も実際に行って講義を聞いてきて、目からウロコが落ちるほどの衝撃を受けてきました。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」に行ってきた。お金の貯め方を学びたい人は1度聞いて来よう

お金の正しい管理の管理の仕方が、なんと無料で学べてしまうとっても貴重なチャンスです。

お金のことって、学校では決して教えてはくれませし、周りの人になかなか相談しづらいものです。

だからこそ、自分自身でお金の知識を増やして行く必要があるのです。

間違ったお金の管理をしているあなたこそ、「お金の教養講座」を聞いて正しい知識を付けてきましょう。

なんと講義は無料で聞けますので、あなたが損することはまったくありません。

今すぐに行動した人が、お金持ちになれるチャンスをつかめるのです。

ここでなにもしなければ、あなたの「将来の不安」はずっと消えませんよ?

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」を無料で聞いてお金の知識をつけてくる

お金を節約するだけではいつまで経ってもお金持ちになれませんよ?

家計簿を節約しなきゃ、諦めなきゃと思っているだけではいつまで経っても貧乏生活から抜け出せない

22 件のコメント

  • 通りすがりのものですが。
    ものすごく共感したので、コメントせずにいられませんでした。

    私もいっつも思ってました。
    家計簿公開見ると住居費が安すぎますよね。
    我が家も共働き4人ですが、住宅ローンは10万払ってます。
    その前に住んでいた賃貸住宅でも家賃12万。

    なんか私もずっとモヤモヤしてた事だったので、そう!と共感してしまいました!

    • ゆりさんへ

      通りすがりでも、コメントいただけるだけでとーっても嬉しいです。
      本当にありがとうございます!!

      節約雑誌と~っても気が引き締まるので、実は大好きなんです♪

      我が家マンション管理費も含めたら住居費は11万円ですからー!
      固定費の高さはやっぱり雑誌には掲載出来ないようなレベルですね(笑)。

      共働き向けの時間の節約雑誌みたいなのを発刊したらきっと面白いだろうな~と
      いつも思っていますよー!

      こうなったら作ってしまうかーー!!

  • こんばんは!
    まさしく主婦向け雑誌は大好物ですが、
    修業の領域になっている家計簿が参考にならないneronaです。
    住宅ローン毎月14万円という時点で
    白い目で見られます。
    我が家もトータルは月40万円オーバーですね。
    保険料払い過ぎ疑惑がありますが、払える間は放置してます。

    • 私も実は主婦向け雑誌、と~っても好きなんです。

      なんだろ、あのタイトルの付け方が凄すぎる!
      なんかブログをするうえで、あのキャッチコピーはマネするべきではないかと。
      って、どこを参考にしているんだと言った感じですが・・・。

      住宅ローン、夫の会社の人で、開発された三井の分譲住宅地を5000万円だして、
      毎月15万円以上払っているツワモノ、ゴロゴロと知っていますよー!

      あ、共働きではなく。
      どうやって家計管理しているのか、実はそっちが気になったりしてーー!!

      参考になる所は参考にして、上手に節約雑誌は取り入れていきたいですね♪

  • はじめまして。在米の兼業主婦です。私も節約しなくちゃ・・・とネット・サーフィンしてブログに辿り着きました。

    家は、住居費だけで25万円($2500)越えです。それもうちの周囲で比較するとかなり安いほう。。。アメリカ都市部ではみんな$3000~$4000は住居費がかかります。住居費が安いのは、家の頭金を目いっぱいいれたからですが、銀行の人にここまで頭金を入れる人は見たことがない!と言われました。

    おまけに公共の交通手段がほとんどないので、車2台持ちですし、通勤のガソリン代も自腹です。

    でも一番の問題は非終身雇用社会という点でしょう><;。既に夫婦そろってリストラ経験済みです。

    我が家も削りに削って、生活費70万円($7000)越えですが、これからも勉強しつつ頑張ります。(でもあまり削ると家族からクレームが来るんですよね。。。それが悩ましいところです。><;;)

    • 久美さんへ

      Hello! my name is momone!

      いや、違う!違う!

      日本語が通じるんやった・゚゚・.(/□\*).・゚゚・

      初めまして!!なんかもう、嬉しすぎる!
      はるばるアメリカからコメントいただけるなんて!

      なんともグローバルな所から読まれているんだぁーー!!

      ほんと感謝、感謝です。

      と、やはり!!アメリカは何でもビック!だと思っていたら。

      住居費もビック!!
      それでも安いとは、日本だったら破綻してしまう金額ですわ!!

      日本の家計簿しか見たことがない私には、いや、きっとこのブログを
      ご覧の人達は、みんな参考になりますよ。

      確かに、日本は恵まれています。
      なんだかんだ言っても、終身雇用がまだまだ多く、根強く残っています。

      私も外資系の会社に新卒で入りましたから、すごいよくわかります。

      我が家も夫婦でリストラ経験済み!!

      リストラーカップルですよ!!
      ちょっとかわいい名前を付けて前向きに生きていますよ!

      気に入らない、使い物にならないってところであっさりリストラです。

      日本の会社では考えられない対応です。

      何だかアメリカンな雄大なハートに、私はとても勇気づけられました。

      お金を削りすぎないこと、家族の心も削りすぎなことが1番家計管理で
      難しく、おもしろい部分であると感じています。

      • 桃音さん、返信ありがとうございます!

        これから年末年始は何かと物入りですよね~。家なんてダンナがキリギリスだから(あと普通のアメリカ人もみなキリギリスだから)、これからの出費は毎年頭が痛いです。

        家のダンナの口癖は「ぽっくり死んだらどうするんだ!いつ死んでもいいように後悔しないように生きるんだ(=欲しい物は買うぞ~!人生エンジョイするぞ~~!!)」と言ってます。結婚して12年ですが、最初の頃は本当に酷くって、急いで私が家計を握りました。でないと破産一直線><;;;

        でもこのポジティブさというか、大雑把さ、リストラされても大丈夫という変な自信?のおかげ??でリストラも何とか乗り切れました。

        周囲のアメリカ人を見て思うのは、我慢しないというか、江戸っ子のように宵越しの金は持たずに使っちゃう。それがアメリカ経済、引いては世界経済を牽引しているんだなぁ・・・ってヒシヒシと感じます。だから節約というより、いかに増やすか、そして欲しい物・したい事をする・・・って感じですかね。

        • 久美さんへ

          こっちらこそ!!再度お越しいただけただけですごいうれしいです!!
          めっちゃくちゃうれしいです!!

          日本人はちょっとまじめ過ぎますね。
          世界中で1番まじめで不安がっている人種だと思います。

          将来を心配し過ぎて、余計なストレスかかえて。

          もっと視点をグローバルに私はなりたいと思っています。

          節約ばっかりしていても、いつか死ぬ。

          そんな時にポジティブに、おおざっぱにでも楽しく生きていたほうが
          断然トクだと思っています。

          したいことをするためにいかに増やすかってそのアメリカンな精神があるからこそ、アメリカが経済を中心に動いていっている。

          もっと斬新な発想力を日本に教えて欲しい!!

          リストラされて、思い詰めてしまって、自殺する日本人がどんなに多いことが・・・。
          私はこういう人を助けたいと言う思いはずっと持っています。

          アメリカと日本の良さをミックスすればバランスって保てるのかなぁ?

          ほんとためになります!!

  • 通りすがりました(笑)
    内容に共感してしまいまして…
    つい出来心でコメントしてしまいました。
    だって!本当に雑誌のモデル家計は参考にならないんですよ…
    って思ってる方がこんなに居たなんて!
    支出に国民健康保険書いてないし、とか。
    (社会保険がうらやましい)
    貯金出来てるのボーナスあるからじゃん、とか…
    (うちの旦那はボーナスない職人業なので(泣))
    実家の親に子供預けて…ってうちの実家遠いしー!

    あまりにかけ離れてる家庭ばかりでこんなこと言い出したらキリがない(笑)

    もういっそのこと作っちゃってください。
    その実態に迫った雑誌!

    • 梅っぺさんへ

      桃音ストリートへようこそヾ(*´∀`*)ノ

      通りすがりでもコメントいただけるのは本気で嬉しいです!!
      本当にありがとうございます´∀`*

      私、節約、実は得意ではないんです。
      ほんとストレスが凄すぎて全然出来ていません・・・。

      節約なんてしなくても幸せな家庭が築けるのであれば、そうしていきたい。

      本当は生きていくのにたくさんのお金が必要だから。
      そんな生きていくために必要なお金を削っていくなんておかしいのでは?と。

      私のブログでは、そんなことを定義していきたい!!

      いろんな家庭があるのは事実だけれど。
      せめてもっと気楽に生きていこうよと。

      幸せってどうしたら得られるんでしょうね?
      もっと現実の家庭はこうだよ!って私は堂々と定義していきますよ!

      安心して見ていてくださいね!!

      桃音家計簿雑誌、ここで出していきますからーー!!

  • 私は24歳で専業主婦{働いていない}になりたてですが、今まで外食ばかりしてきた為料理は全く出来ず料理は嫌いな位です。
    現実的に考えて月50位は普通に出費してしまいます。
    旦那にはもう少し考えて使えと言われますが、節約とか言う言葉も大嫌いです。
    批判的にみられるかもしれませんが、東京に住んでいても何にも出来ない質素な生活はまっぴらごめんです。

    • まなみさんへ

      桃音と申します。
      コメントいただきまして、ありがとうございます。

      私も東京に住んでいて、やはり節約ばかりの生活はとってもキライです。
      とってもステキな考えをお持ちの方で、とっても安心しました。

      いいんですよ、お金は使うためにありますし、料理だって最初から得意な人なんて1人もいません。

      私も不器用ながらに何とか頑張っていますが、お互い一緒にゆるりと頑張っていきましょう。

  • こんにちは
    いゃー❗感激です。我が家も40万以上ないと
    生活できません。22歳、18歳の子どもがいます。
    住宅ローン、学費、光熱費、保険(国保込み)通信費
    月30万位はそれで消えます。その他食費、雑費
    貯金はできません。本に載ってる家計簿、絶対無理。同じように思ってる人がいて、本当に感激。
    他の人たちに知ってほしいな。

    • めんこさんへ

      桃音と申します。

      コメントいただきまして、ありがとうございます。

      お子様大きいのに、頑張っていらっしゃって素晴らしいです。

      私も色々と試しましたが、やはり月20万円代になんておさまったことありません。

      1番お子さんにお金がかかる時期だからこそ、1番貯まりませんよね。

      こういう本当の割合が多い家計簿雑誌が増えることを、私は望んでいます(笑)

  • はじめまして。
    50代の主婦です。雑誌に載っているのは20-30代の元気なお母さんとご家族ばかり。
    全く参考になりませんでした…
    娘が2人いますが大学と大学院の費用が莫大(!)でした。平均すると月に30万かかりました。1人は地方の大学に進んだので生活費も入れてです。大学院に入る時も入学金が必要。もちろん大学の入学金も高いです。
    今年から2人とも就職したのでやっと学費から解放されました。
    大学費用は高すぎです。
    今の奨学金の問題も費用があまりにもかかるので起きていると思います。

    • みかちゃんさんへ

      はじめまして、桃音です。

      ほんとそうなんですよね、あの雑誌類は20代の結婚したての方向けの本ではないかと思っています。

      大学院の費用、月30万円もですか!!
      リアルなとっても貴重すぎる情報です。

      ほんとうはみかちゃんさん世代の方が作ってきたリアル家計の実態を特集したような雑誌を作るべきだと思っています。

      ほんと大学費用って高すぎますよね。

      私もこれから本番を迎えますので、とっても勉強になりました。
      貴重な情報をいただきまして、ありがとうございました。

  • こんにちは。
    私はももねさんと同じ年で、2人の子どもがいる主婦です。
    ももねさんのブログ、大好きでいつも見てます。同じ年なのにすごいなあーって。
    私も節約主婦向け雑誌、大好きでつい見てしまうんですけど、家賃や食費の安さはおかしいと思ってました。
    食費、あんなに安いと栄養足りてないですよね。期間が短ければ頑張れるかもしれないけど、家庭でずっと一生あんなご飯ばかりではストレスになるし、絶対病気になるって思いません?
    今ではそう思えるようになりましたが、私も結婚したばかりの約10年前には、できる主婦はみんなしていることなのだと思ってました。
    そして、節約主婦向け雑誌を教科書のように見習って、その少ない食費を守らないといけないと必死に頑張ってましたね。
    でも、買えるのは同じ食材で同じような食事。味付けや調理法を変えたって我慢してるんだからストレスで長続きしない。
    食費は安ければ安いほど良くてすごいというのは、違う。もっと長続きするようにしないとって考えられるようになるまで時間がかかりましたね。
    お金が貯まってもストレスや家族の不満を溜めたら、それは間違った家計だと思います。
    今は子どもも大きくなり、教育費が高くなってきました。だんだん家計もその時の家庭に合わせて変化させていかないと。
    他人の真似をするのではなく、自分の家に合った家族が幸せになる家計目指して、日々頑張ってます。
    そのためにいつもももねさんのブログ、参考にさせていただいてます。ありがとうございます。
    これからも楽しみにしているので、頑張って下さいね。

    • ひろさんへ

      コメントありがとうございます。

      ほんと節約雑誌を見ていると、ものすごいストレスになってくることってありますよね。

      自分にはできないことばかりで、私も自分らしくお金を使ったりしていけばいいことに気がつきました。

      子供が大きくなってくると、ほんとお金かかりますよね。
      大きくなってくると、話せる分、一緒に考えていくのもいいですよね。

      お互い色々と大変ですが、幸せ家計を目指して一緒に頑張っていきましょう〜!

  • こんにちは。たくさんの方々と同じ通りすがりのものです。我が家も子供二人(小1/3)の4人家族。とても参考になりました。私は、あまり物欲がないので、子供の教育費のためにできるだけ貯金をと思って毎日過ごしてます。転勤族で、子供が未熟児だったり、喘息だったりでなかなか出産後、働けませんでした。ただいま38歳再就職しようと試みてますが、5時退社を条件にするとむつかしいものがあります。再就職をあきらめたわけではありませんが、いつでも動き出せるように、いったん家計の見直し(プロバイダや定期預金の整理など)に注力しようかなと思っています。子供の習い事や投資の話がもっと聞きたいです。

    • 恐竜ママさんへ

      お金のことだけではなく、健康や働き方など、総合的にライフプランを考えていく必要ってありますよね。

      再就職も視野に入れておくと、家計の節約ばかりせずにゆとりある人生を送れると思います。

      ぜひ今後の記事作りに参考にさせていただきますね。

  • お金の学校、私もお試しで行きましたが。

    正直、新手の詐欺と言うか、原野商法の合法版と言う印象でした。(投資は自己責任でと言っているので合法)

    空き室リスクの多い物件を安く買って安くリフォームして、ペット可にして貸しましょうとか。
    普通の話を大金取ってそれらしく話だけ。

    空き室リスクの本当のリスクヘッジは語られないし、何より問題なのは、お金の欲しい人(今、お金が無い人)にお金借りて賃貸して返しましょう、との話。

    最悪、人生滅茶滅茶になるリスクの高い事を勧めているのが問題だと思います。

    節約雑誌も大事な点をぼかしているけど、お金の学校も同じようなものと思いました。

    • あやこさんへ

      お金の教養講座は、ほんと参考程度に行くのがいいですね。

      ホントその通りで、まっすぐに鵜呑みにすることなく、一歩引いて考えることって大事だと思います。

      お金のいい面、悪い面、講義を受けてどちらも考えるきっかけになればいいと思います。

  • ABOUTこの記事をかいた人

    橘 桃音

    東京都在住小学校2人の娘を持つ母。機械メーカーで10年間勤務した後に独立。Webサイト運営、ブロガー、ライター。

    このブログは家計管理や貯金などお金との向き合い方、自分らしい生き方や働き方を見つけて人生をプラスに変えていける方法を誰にでもわかりやすくお届けしていきます。