2015年4月28日 

子供の日のメニューはこれで決まり!人気レシピから簡単でかわいい2品を実際に保育園児と作ってみた

「子供の日こそ、子供が喜ぶことをしてあげたい。」

どんな親でも自分の子供はかわいいものです。
子育ては毎日大変ですが、楽しさもあります。

いつも怒ってばかりで罪悪感バリバリだけれど・・・。
子供の日ぐらい子供が「うぁっ!」って喜ぶ顔が見たい。

子供の日である「端午の節句」の日でも、女の子でも一緒に楽しみたい!

いつもよりちょっと楽しくご飯を作れば、それだけでも楽しめること間違いなしです。

今回は食育も兼ねて、保育園児の次女と一緒に2品作ってみました。

子供の日に作ってみたい人気レシピひとつ目はこれ!

今回こどもの日に作りたい人気レシピから選んだ1品目はこちらです。

こどもの日のチーズ揚げ♪

cheeze_20150423-min

こどもの日のチーズ揚げ♪ by nyaop

クックパッドで話題入りした人気レシピです。

春巻きの皮がカブトの形になっているのです。
見ただけで一目惚れしてしまいました。

ただし!我が家の次女はジャガイモが大嫌いなのです。
そこで少し中身をアレンジして作ることにしました。

早速保育園児の次女と一緒に作ってみましたよ。

 

2015-04-27 18.00.15-min

春巻きの皮を半分に折ります。

 

2015-04-27 18.00.37-min

さらに45度の頂点に向けてこのように折ります。

 

2015-04-27 17.53.58-min

上下を返して、角を更に頂点へ折り返します。
その後、斜めに1/2を折り返してつのを作ります。

つのは水を付けてから折ると作りやすいですよ。

 

2015-04-27 17.57.14-min

ここで、じゃがいもではなくスライスチーズとハムを1/2に切ったものを入れます。

 

2015-04-27 18.02.27-min

次女も頑張って入れていましたよ。

 

2015-04-27 18.41.39-min

ここで節約ワザは、フライパンで170度の少ない油でカリッと揚げることです。

 

2015-04-27 18.49.52-min

こんなかわいらしいカブトの形の「こどもの日に作りたい♪チーズハムインかぶと春巻き」が完成しました。

このレシピどうでしょうか?

難しいと思いきや、とっても簡単ですよね。

 

2015-04-27 18.50.25-min

「お母さん、これ超絶においしい!あと3つ食べる!」

長女と次女が競い合って食べていました。
これはお酒のつまみにもぴったりです。

保育園児の次女でも折り紙感覚で作っておりましたので、ぜひ作ってみて下さいね。

さて、次は2品目です!

こいのぼりおにぎり♪

onigiri_015-04-28

こいのぼりレシピはこちら

子供の日と言ったら、こいのぼりははずせません。
簡単に作れてかわいく出来るやつがいいですよね。

そんなあなたにぜひおすすめなのが、こいのぼりおにぎりです。

やっぱりお米ですよ、子供の成長にはお米が必要です。
おうちにある材料を駆使して作ってみることにしました。

 

2015-04-28 19.03.38-min

丸いうつわにラップを引いて、ご飯を半分入れます。

 

2015-04-28 19.04.05-min

今回中に入れたのは、市販で売られている肉そぼろです。
中身が見えづらくて大変申し訳ございません・・・。

半分のご飯を更に乗せます。

 

2015-04-28 19.06.36-min

キューっと丸めて、丸いおにぎりを作ります。

 

2015-04-28 19.08.50-min

普通の味付けのりの片側を三角の切り込みを入れるようにします。
なんかさ、これってうさぎの形のりんごじゃない?!

 

2015-04-28 19.12.44-min

溶けないタイプのスライスチーズを大小の丸い形の型で繰り抜きます。

私は何も型がなかったので、計量スプーンとストローで代用しました。

 

2015-04-28 19.15.02-min

こんな感じで出来上がりです。

「お母さん、こいのぼりがいる!」

おぉー!長女にはこれがこいのぼりってわかってくれたのね。
それだけでお母さんはうれしいよ。

しかし食べる時、ボロボロになってしまいました・・・。

もう少し小さい形のを作ると、子供は食べやすいかもしれません。

でもみんな楽しそうに食べていました。

私もお腹いっぱいです。
ごちそうさまでしたー!

子供の日こそ子供と一緒に料理を作ろう!

このように、子供の日こそ子供と一緒にご飯を作ると楽しいですよ。

保育園の次女は4歳ぐらいから一緒に料理をし始めて、6歳になった今では包丁も使えるまでになりました。

まだ見ていて怖いぐらいですが、子供が料理をする姿はまさに真剣そのものです。

子供の事を考える「子供の日」こそ、一緒に料理を作ってみてはいかがでしょうか?

子供の日に何を作ろうか迷いましたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

お母さんの株がうなぎのぼりになること間違いないですよ!(だからこいのぼりだってば!)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう