35歳以上で子持ちの女性の転職はもう諦めるべきか?孤独との戦いの日々でまずは始めてみたいこと

つい先日まで、私は会社員をしていました。

定年まで勤めるつもりで入った会社を、辞めざるを得ない理由で辞めた私です。

やっぱり子育てとの兼ね合いも考えて、辞めたことは人生の区切りとしてとっても良かったと思っています。

会社員を辞めてフリーランスになってから、いつ収入が途絶えるかわからない恐怖と戦いながら、本当は毎日ビクビクしています。

やはりこの生活は精神的にかなり堪える生活であることは、間違いないと感じているのです。

フリーランスになって最初に訪れるであろう孤独感

毎日バタバタしながらも、会社に行っている生活が今となってはとても懐かしいです。

まだ1ヶ月しか経っていませんが、家族3人が外に行ってしまった後はとてつもない孤独感を感じます。

会社員時代のように行って普通に仕事をこなせば、とりあえず定期的な収入がいただけていた生活と比較すると、やはり圧倒的に精神的なゆとり度は違います。

今日からいただけるはずの給料がなかったことは、ほんとつらかったですね。

「みんな行く所があっていいなぁ・・。」

通りすがりの人達が駅に向かって行くのを見ているだけで、行く所があることにうらやましさを感じてしまいます。

家にポツンとなって、家の中がシーンとしているとまた孤独が襲ってくるのですよね。

いちを会社員と同じように過ごそうと考えておりますので、9時から17時までは仕事タイムと決めています。

ですが、やっぱり家にいると落ち着かないので、どこか外に出てフラフラしています。

「フリーランスになった人って、やっぱり最初はこんな感じなのかな?」

19歳から働き詰めであった私が、家の中で初のカルチャーショックを受けている状態です。

新卒で入った会社の人と連絡が取れてメチャクチャうれしかった

1ヶ月ほど家族以外とは、ほとんど会わないで過ごしていた私です。

もう声が出なくなってしまうのでは?と考えていた矢先、新卒で入った会社の同僚から電話がありました。

「ひさしぶり、元気?」

その方は今は起業されていて、上場されたベンチャー起業の社長になった方です。

最近テレビにも出ていたりして、もうびっくりしてしまいました。

実は最近どうしているのかな?と、その方の会社の問い合わせフォームに書いて送ってみていたのです。

もう忘れられちゃったかな?と思っていたら、こんなに気軽に電話をいただけるとは思ってもみませんでした。

何だか懐かし過ぎて話がはずんで、思わず30分以上も長電話してしまいましたよ。

2児のパパで子育てを頑張りつつ、社長をやっているってすごいことだなと。

日中ひさしぶりに、口から声を出したことがとても嬉しかったのです。

新卒でいた会社の人達とFacebookで今もつながりがあるようで、今度飲みに行く約束をすることが出来ました。

これも外で人と一緒に働いてきたからこそ、今でもつながりがあるのだと感じてしまったのです。

自分の職業が世間でどう言っていいのかわからない

今こうやってライター依頼やブログを書くことで、収入を得られています。

でもね、今1番困っていることが、自分の職業が周りに言えないことなのです。

「今どんな仕事をしていらっしゃるのですか?」

セミナーや不動産見学や取材に行くと、必ず聞かれるのですが、よくわからない仕事内容なんて言えないですよね。

はっきり言って今の私ってニート?プー太郎?

夫には自営業って言えば?って言われていますけれど、自営だって幅があり過ぎますしね。

ブロガーなんて世間でまったく認知されていませんから、本当に困っているのです。

ブログでご飯を食べている人って、どうやって世間に伝えているのか知りたいぐらいです。

今悩んでいるのって、おそらくこれですね・・・。

全体の労働人口の9割がサラリーマンである中で、何だかものすごい肩身が狭い思いをしている自分がいるのです。

もう1度転職活動をしたいけれど、37歳子持ちでは無理かも?

今日こうやって、起業した元同僚と話をして何だか組織っていいなと感化されてしまいました。

もう1度組織で働いてみたいと思ってしまった私は、やはりないものねだりとしか思えません。

夫にも何度も相談しているのですけれどね、

「37歳の子持ちで、今から雇ってくれる所なんてないよ。」

夫も35歳の時にメチャクチャ頑張って転職活動をして、全部落とされたのは年齢のせいだと、転職エージェントにはっきりと言われたそうです。

たしかにスキルが一緒で37歳のおばちゃんと25歳のキレイな若い子どちらを採るかと言ったら、そりゃ後者を採りますよねぇ・・・。

それにまた会社員ブロガーとして同じ過ちを犯したら、もう私本気で生きていけないです。

失敗から色々と学んでおりますので、同じ過ちは犯しませんけれどね。

うん、でもやっぱり怖いなぁ。
トラウマになっていますから。

会社員で副業を上手くしている人って、ほんとどうしているんだろう?

色々考えることが山積みのようにあるのですが、やっぱり動いてみないとわからないことってあるような気がするのです。

とりあえず転職サイトに登録して話でも聞いてこようと思う

私は先日このような記事を書きました。

自分のやりたい仕事がわからない人は、まずは目の前にあるどんな仕事でもベストを尽くせば道は開ける

自分でも人の相談業務やFPなどのお金関係の仕事には興味があるのですが、お金をいただいて仕事にするって、本当に大変なことだと感じています。

それでも何か一歩踏み出さないと、ここで立ち止まってしまうと思っているのです。

どこかに所属するために、別に働かなくても実現は出来ます。

近所のサークルでもいいんじゃないかと、実は思っているかも・・・。

でもどうしていいかわからないので、とりあえず転職のプロに相談に行ってこようと思います。

転職サイトに登録することだけは無料なので、気軽にして自分を見つめるきっかけになればいいな、と。

話を聞いた結果、やはりこのままでもいいやと思えばこの道を突き進めばいい。

でももしもっと自分が違う可能性があるのだったら、挑戦してみてもいい。

まだ次女が保育園に通っていますので、仕事選びはほんと難しいですね。

残業出来ないし、遠くに勤められないし。

37歳で子持ちで女性が、また組織で働けるのかな?という不安が根底にあるのは事実です。

人生の中で選択していくことって難しいなぁ。
でもやらなかった後悔だけは、したくないですね。

誰かこれを見て私に興味をもってくれないかなぁ。
いやー、こんなヘンテコなやつ誰も雇わないか。

来年4月辺りがまた自分の人生のターニングポイントかなと、今では感じてます。

でも1つ言えるのは、今やっていることはメチャクチャ楽しいです。

9時17時じゃなくて、1日20時間ぐらい働いている時もあるし・・・。早く寝なさいよ!

寝なくてもぜんぜん疲れを感じないんですよ。
本気で好きなんだなぁと日々感じています。

「楽しいんですが、孤独も感じてるよー!」って、ひとりごとのように言いたかっただけです。

やっぱり自分のことを人に伝えるのって、ほんと難しいなぁ。
全然頭の中がまとまっていませんが、今の私はこんな状態です。

何だか文字にしたら、気持ちがすっきりしました。
明日からまた少しずつ頑張れそうな気がします。

仕事を辞めずに家庭と両立してずっと働き続けたいあなたへ

momone_joseito_ryouritu_20150121

女性はどうしても仕事と育児、家事などの家庭との両立が、人生の中でとっても大事なターニングポイントとなってきます。

でも世の中に出ている求人って、女性にやさしい働き方がとっても少ないのが現状です。

会社員でキャリアを積んでいきたいと思ったら、キャリア女性向け転職サービス「LiBzCAREER(リブズキャリア)」がおすすめです。

業界初のキャリア女性に特化した会員制転職サービスで、「リブズキャリア」ならではの豊富なルートで女性の転職を手厚くサポートしていただけます。

無料会員登録をすれば、厳選された100社及び200人のコンサルタントからスカウトを受け取って、サポートを受けながら転職活動を乗り切ることが可能です。

人生はまだまだ長いですから、せっかく築き上げてきたキャリアを失わずに、出来るかぎり長く働き続けていきたいですよね。

「リブズキャリア」に登録をすれば、あなただけに合ったステキな「うれしいお便り」が届きますよ。

キャリア女性向けの転職サービス「LiBzCAREER(リブズキャリア)」の公式サイトはこちら

2 件のコメント

  • 桃音さん

    ご無沙汰しています。
    kojikojiです。
    いつも、楽しくブログを拝見させていただいています。

    私は以前にもコメントした通り、駆け出しブロガーですが、フリーランス歴は長いです。
    フリーランスになる以前は、会社勤めのWEBエンジニアでしたが、色々あって、フリーランスのエンジニアになりました。
    当時は、それまで勤めていた会社から外注で仕事を頂いていたのですが、いつ仕事が途切れるか不安で仕方がありませんでした。
    まだノマドなどが流行する前の話なので、今のようにコワーキングスペースなどもなく、自宅で孤独に作業する日々でした。
    桃音さんの記事を読んで、当時の記憶がよみがえってきました。

    35歳以上で、子持ちであっても、十分に再就職は可能だと思いますよ^^
    桃音さんは、ブログで実績があるので、WEBライティング関係などから引く手数多ではないでしょうか。

    ブログを書く作業も、コワーキングスペースを利用すれば、エンジニアやデザイナーといった職種の方と顔なじみになれるので、そのつてで就職先が決まることも多々あります。
    是非、頑張ってみてください!

    私もフリーランスになった当時は、職種欄に何て書こうか悩んだものです^^

    • kojikoji様

      桃音です。
      コメントいただきまして、大変ありがとうございます。

      kojikojiさん、フリーランス歴が長いとは!
      ものすごい勉強させていただいております。

      コワーキングスペースって行ったことがなくて、実はすごい興味があるのです。

      会社って実は同じ目的で働きにくる人が多いけれど、やっぱり金銭的な問題が絡んできますから、どこかで歪んで来たりするんですよね。

      まぁ、生活がかかっていたらそんなこと気にしないで働かないといけない時が来ますからね。

      フリーランスの人ともっとお知り合いになって、そこから何かつながりが持てると、確かにステキだなぁ〜と思います。

      なんかちょっとずつですが、見解が広がってきました。

      そうなんですよね、フリーランスって職種じゃないから、ほんと困っています。

      すごい勇気が持ててきました。
      いつもありがとうございます。