2016年1月9日 

30代の会社員。お金や将来が不安で転職したいと思った時、今の仕事を選択した理由を明確にせよ

「今の仕事が合っているか不安だから転職したい。」

今の仕事にやりがいが感じられない。
職場の人間関係もイヤで仕方がない。

今の仕事が果たして自分に合っているのか、このままこの職場で一生を終えてしまっていいものかどうか、ふと不安になって立ち止まって考えてしまう時があります。

「この道をこのまま歩いて行っても、本当にいいのだろうか・・。」

転職してみたいけれど、お金もないから生活が出来なくなってしまうかもしれない。

そんな時、一体どうすればいいのでしょうか?

30代後半の会社員。転職したばかりだけれど不安なことばかり

今回仕事やお金の面など、将来が不安な方からご相談をいただきました。(仮名に変更及び一部詳細なことは省略)

はじめまして。
田中と申します。

いつもブログ楽しみに拝読させて頂いています。

今回ご相談させて頂きたい事があり、メールさせて頂きました。
私は去年の12月に転職して、現在新しい職場にて丸1ヶ月になります。

前職を続けていきたかったのですが、会社の都合もあり1年ほどで退職してしまいました。

4ヶ月就職活動をしてようやく決まった今の職場なのですが、実際に入社してみると最初の面接時に話された内容と待遇など違うことが多くちょっと心配になり悩んでいます。

「ちょっと早まったかな・・・。」と後悔する事もあるのですが、不安になりながらも現在は通っています。

この会社に10年勤めていた方が1月末で退職するのですが、全体の業務の約7割を担当しておりそれを私が引き継ぐ事になっていますが引き継ぎ業務が多すぎて精神的に不安です。

職場の人間関係が同族意識が強く、自分のことだけやってさっさと帰る人がいてとても腹が立っています。

年齢も37歳で「この職場でずっとは働けないな・・・」と直感的に感じるのですが、転職回数も3回あるので辞めた後に次の職場を見つける事ができるのか確証はないのでとても悩んでしまっています。

私も桃音さんと同じく若かりし頃にお金で苦労した事もあり今も貯金は少ないので、より一層金銭面でも不安に拍車がかかっている状態です。

「人の下で働く事が向いていないのかな?」と思うことがあるのですが、すぐに独立してお金を稼げるスキルもないので、これからどうしようかと考えている状態です。

よろしければ、こんな私にアドバイスいただければ幸いです。

私とほとんど同い年じゃないですか。
何だか親近感が湧いちゃいましたよ。

転職したばかりなのにその職場が自分に合っているかどうか不安で、転職したいけれど転職回数が多いから、これ以上動くことを悩まれています。

お金の不安もあるし、この先どうしたらいいのやらと・・。

うーん、まだ転職されてから1ヶ月ですか。

頑張って転職したのに、合わなくて精神的にも不安になってる方へ私なりのアドバイスです。

転職を繰り返すごとに比べてしまうから、不安になるのは当たり前

もう37歳で転職も3回されていますから、色々考えて会社を移られたと思われますが、やはり不安なのですよね。

以前の会社も1年ほどしか在籍されておりませんが、転職直後も同じように不安ではなかったでしょうか?

住む所も働く所も変えたら、以前と比べてしまって良い所と悪い所が見えてくるのは当たり前です。

むしろ新卒で入って周りの会社を知らない方が、比べる対象がない分幸せと思えるかもしれません。

年齢を重ねるごとに色んなことを知りすぎてしまって、色んな職場を見てきてしまった結果、比べることによって不安が生まれてきてしまうのです。

周りもどんどん辞めていくし、この会社ヤバイんじゃない?って思うのも当たり前です。

でも人は人です。
自分は自分です。

比べなければ、不安なんて起きなくなります。

「前の方がよかった。」

「他に移ればよくなるんじゃないか。」

過去と比べてばかりいると、他がよく見えてしまう「青い鳥症候群」になってしまいます。

将来が不安な気持ち、私もとってもよくわかります。
でも将来どうなるかなんて誰にもわからないことです。

不安に思っていても何も解決しませんので、次のステップに進みましょう。

今の仕事を選択した理由とは、どんな理由ですか?

転職活動をするとき、転職理由が必ずあると思います。

あなたが今の仕事を選んだ理由とは、一体何だったでしょうか?

「仕事が合わなかった。」

「人間関係がイヤだった。」

転職の理由がネガティブな人は、転職後も失敗する事がとても多いです。

えぇ、私も何回も転職に失敗していて、1日や1週間で仕事を辞めたことだっていっぱいあります(笑)

あの時はどん底で泥まみれでしたが、今は何とか楽しく生きています!

「もっとスキルアップしたい。」

「あの人の元で働いてみたい。」

転職理由がポジティブな人は、働く目的がとっても明確であるために転職に成功することが多いです。

今の職場で働こうと思ったとき、どのような目的で転職されましたか?

「正直な話、生活するためにお金が必要だから。」

この転職理由って、別に悪くも何でもないです。
お金のために働いている人がほとんどですから。

仕事なんて好きで働いている人の方がほんと少ないです。
むしろ働きたくなんてないさー!って人がほとんどです。

あなたがお金のために働いているという理由も、正々堂々とした働く目的なのです。

胸を張っていいんですよ!カネのためさ〜!って。

もし生活のために働いているのだったら、割り切りましょう。
どんな職場でも無職でお金がゼロ円になるよりはまだマシです。

人間関係もつらいですが、どこにいっても変なヤツは必ずいます。
10社以上渡り歩いてきて、変なヤツがいなかった事はありません。

お金が働く目的なら周りなんて気にせず、働くことでお金を得ることがあなたの心の安定につながります。

1番いけないのは、目的もなく働いていることです。

好きなことをしてやりがいを持ちたいがために転職したいのか、お金を得て生きるために割りきって今の仕事に就いたのか。

今の仕事を選択した理由を、自分の内面と思いっきり対話して明確にすることが大事です。

独立して1番大変なことは人脈を築き上げること

人の下で働く事が向いていないと考えるのは、組織に疑問を持つことがあるからでしょう。

イヤな上司に言われたことだけをやることほど、つらいことはありません。

だから1人で自由になって思った通りに働きたいと思う気持ちも、とってもよくわかります。

ただ独立して1番苦労することは、組織がないことです。
会社に行けば勝手に組織に入れますし、お金も得られます。

自由であることが、反対に不自由になってきます。

しかし独立してフリーになると、組織なんてないですから自分から人脈を積極的に作りにいかなければなりません。

会社に行けば組織が出来上がっているのに、フリーだと有料の会に行ったりムダな会合に行ったり、ムダなような有益なようなそんな形で手探り状態で人脈を作っていくようになります。

大変な分、色んな人とつながれて面白くやりがいもたくさんありますが、精神が強くないとヘトヘトに疲れ果てることに・・。

独立した後の方が、あらゆる人との信頼関係がとっても重要になってきます。

まさに私が今、コレを実感しています(汗)
今でも日々模索しながら、生きています。

信頼できる人との関係を十分に築いてから、独立することをぜひともおすすめします。

仕事の選択は生きる選択と同じ。後悔がない選択をしよう!

road-nature-lines-country

30代後半になってくると、転職もほんと厳しくなってきます。

35歳を過ぎると、年齢で弾くことが多いと転職エージェントの担当によく聞きます。

夫のように転職せずに、今の会社で働き続けていくというのも選択肢の1つです。

リストラ整理後の会社に残った夫。転職活動の結果で家族で決断したこれからのその後の人生のこと

ただし、働く目的はお金を稼ぐこととは言っても、仕事は人生の大半をしめる要素です。

仕事がつまらないことは、人生がつまらないことと同じことです。

どんな働き方をするかは、どんな生き方をするかと一緒です。
仕事の選び方次第で、人生の豊かさは大きく左右されます。

「お金のためだけれど、行くのもつらいしもうつまらない!」

イヤでつまらない仕事を一生続けていれば、退屈で不満ばかり言うつまらない人生で終わってしまうことでしょう。

そこにいる意味はまったくありません。
いますぐ動く準備をし始めましょう。

あなたの経験というエネルギーを、必要とする所があるからこそ動く必要があるのです。

「この仕事が好きだから、ここで働き続けていきたいんだ!」

仕事がきつくても生きがいを感じる仕事を選べば、不満なんて言う暇もなく喜びでいっぱいの人生になることでしょう。

仕事の選択は、人生の選択です。

仕事の選び方によって、人生の満足感が変わります。

まずはどんな仕事をしたいかではなくて、どんな人生にしたいかを考えてみましょう。

人生のイメージを叶えるために、必要な仕事を選ぶのです。
理想通りになんていきませんが、近づく努力をするのです。

年齢なんて関係なく、後悔がないように全力で当たることが大切です。

この時にしか出来ないことをしないことほど、悔いが残る後悔はありません。

まして今の会社がずっとある保証なんてありませんから、いつでも自分を客観視しておくことは重要です。

1人でどうしていいかわからず、心の安定を求めるのであれば、自分自身を知るために転職エージェントに相談するのも1つの手です。

自分の人生を、これ以上攻めないでください。

自分の生きる人生を愛せ。
自分の愛する人生を生きろ。

ボブ・マリー(ジャマイカのミュージシャン)

「オレってすっごい頑張ってるな〜!」と、もっと自分自身をほめてあげましょう。

旅人よ、道はない。
歩くことで道はできる。

アントニオ・マチャド(スペインの詩人)

あなたの直感とフィーリングに従って前に進んでいけば、それがあなたが歩むべき道なのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう