2015年5月30日 

手作りバターの作り方。バター不足なら自分で作ってしまえ!材料2つあればたった10分で簡単に完成

「バターを海外から緊急輸入だって!?」

クリスマス頃にバターがなくなるのは、恒例行事になっています。

どこのスーパーに行っても売ってなかったため、バターなしでもルーなしでも作れる「バターなし節約シチュー」を作ってみました。

シチューの素&バターなしでも大丈夫!安いムネ肉で作る濃厚簡単節約クリームシチューレシピ

国内バターが減っている理由として、日本の酪農家の減少が指摘されています。

大変ですよね、牛さんをお世話して育てるって。
みんなキツイ仕事をしたくなくなっているのです。

暑いと色んなものが値上がりするし、デリケートなチーズや牛乳から作らないといけない事はとってもよくわかります。

でも主婦はバターがないと困るのです。
値段が高いバターなんて買えないわよ。

「バターがないなら、自分で作ってしまえ!」

バターって作るの難しいんじゃないって思っていたら、とっても簡単に出来ましたので、ご紹介したいと思います。

簡単手作りバターの材料はたった2つだけ

用意する材料は、たった2つです。

  1. 生クリーム(乳脂肪45%前後):200ml
  2. 塩:2g

 

2015-05-30 09.39.53

生クリームは低脂肪のタイプではなく、乳脂肪が45%くらいの濃厚な純生クリームを用意して下さい。

冷えてなかったら、ちゃんと冷蔵庫で冷やしてくださいね。

冷やすことで、早くバターに変えることが出来ます。

 

2015-05-30 14.04.57

私の近くの近所のスーパーでは40%のしかありませんでしたので、これで作ってみます。

 

2015-05-30 09.43.16

あとはご家庭にある塩を2gだけです。

なんてシンプルな材料なんでしょう。

他にペットボトル、はさみ、スプーン、探究心があれば作れます。

全部準備が出来ましたか?それでは一気に作っていきましょう!

ペットボトルで簡単に出来るバターの作り方

2015-05-30 09.43.52

まずはペットボトルに生クリーム、塩を入れましょう。

ロートを使わなくても、生クリームパックの開けた先を尖らせてしまえばそのまま入ります。

 

2015-05-30 09.44.22

入れたてだと、こんなサラダラ状態です。ここから一気に強く5分頑張って振ってみます。

 

2015-05-30 09.44.50

「お母さん、振るの疲れたぁ・・・。」

長女➜次女➜母へのフリフリペットボトルリレーが始まります。

 

2015-05-30 09.46.39

「何だかぜんぜんバターになる気がしないんだけれど。」

5分経ってもまだドロドロの状態でしたので、本当に出来るか心配になってきました。

この後娘たちは疲れてダウンしましたので、母が懸命にダンスを踊りながら5分ほど振り続けました。

ここで諦めたらバターにならないのです。
なると信じてひたすら振ることが大事です。

そしたら、本当にいつの間にかですよ?
ふわっと固まったような感触がしたのです。

 

2015-05-30 09.56.09

「お母さん、バターになってるよ!固まっている!すごい!」

長女の目がパッと開いて驚いていました。

たしかに、バターになっています。
これはすごいことが起こりました。

 

2015-05-30 09.59.30

余分な水分(ホエー)をここで捨ててしまいます。

 

2015-05-30 10.00.33

「お母さん、すごい。がんばったね!」

あなた達はほとんど見ていただけでしょ!

何とかバターが出来上がりました。
早速ペットボトルを切ってみましょう。

ペットボトルを切ってみて、中のバターの量を測ってみた

2015-05-30 10.02.04

ペットボトルをカッターで切り取り、中をのぞいてみました。

市販で売っているバターより、ぜんぜん柔らかくて白っぽい色をしています。

 

2015-05-30 10.03.57

計りではかってみたら、なんと200gあった生クリームが140gに減っていました。

60gほど水分(ホエー)で出ていったのですね。

それにしても、やわらかくって濃厚ですごいおいしそうなバターが出来上がりました。

お、おいしそうー!

でもなんでこうやってバターが簡単に作れてしまうのでしょうか?

なぜ生クリームと塩からバターが出来上がるの?

生クリームがなぜバターになるのでしょうか?

生クリームの脂肪分って分散している状態なのです。

この生クリームの脂肪球膜を振ることで壊してあげれば、脂肪をくっつけてあげることが出来ます。

これがバターが出来上がるしくみです。

バターは生クリームに入っている脂肪同士がくっついて出来上がるのですね。

私は塩が何か固まることに関係しているのかと思ったのですが、そうではないのですね・・・。

この手法を「チャーン製法」と呼びます。

チャーハンじゃないですよ?チャーン製法ですよ!

すごい事がペットボトルの中で起きていたのですね。

私も腰をフリフリすれば、脂肪が固まってくれるのかなぁ・・・。

手作りバターは賞味期限が約3日と短いです。
保存料なしですから早めに使いきりましょう。

子供と一緒に作ると、とっても楽しいですからぜひ試してみてくださいね。

自家製バターで作ったサクサククッキーの作り方はこちら

もうバター不足で悩まない!手作りバターで作ったサックサククッキーで子供の食育と社会勉強をしよう

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう