楽天ランキング1位獲得!鹿児島県産黒豚100%「角煮まんじゅう」は甘辛くてとろけるような柔らかさ

迫力満点の祭りの魅力やご当地グルメやスイーツなど、日本全国のふるさとを体感できるイベント「ふるさと祭り東京」に、私は今回初めて参加してきました。

踊っているのも楽しいけれど、全国各地のおいしそうなグルメに目移りしてしまい、どれにしようか迷ってしまうぐらい、見ているだけでもワクワク楽しめちゃうイベントです。

イベント中にたくさんのグルメを堪能してきたのですが、歩きながらでも気軽に食べられて、「これ、メチャクチャおいしい!」と感動した、素敵なグルメに出会えたのです。

なんと楽天ランキング1位を獲得し、メディアでもたくさん取り上げられている、鹿児島県産黒豚100%を使用した「角煮まんじゅう」をご紹介したいと思います。

鹿児島県産「角煮まんじゅう」のブースはこちら!

「おいしそう〜!」

肉まんよりもさらに甘辛い香りにつられて、角煮まんじゅうのブースを発見!

鹿児島県志布志町(しぶしちょう)で、角煮まんじゅうや焼き豚、大学いもやとんこつ味噌煮などを販売している「株式会社萬來(ばんらい)」のブースです。

 

なんと、楽天ランキング1位の文字が!

これは何だかとっても期待できそうな予感です。

 

楽天市場の「食品 > 中華惣菜・点心部門」リアルタイムランキング1位を獲得!楽天うまいもの大会では常に上位を受賞するほどの人気商品です。

 

テレビでも、多数取り上げられるほど!これはかなり期待できます。

 

こんなに照りっ照りの分厚い豚の角煮が!

このままかぶりつきたくなるほど、メチャクチャおいしそうです。

 

イベントでたくさん食べたかったですし、冷凍も冷蔵保存も可能のようでしたので、お持ち帰りをしようと思ったのです。

でも、今すぐ食べたい!

甘辛い香りと角煮の照り照りに心を奪われてしまった私は、早速オーダーすることにしました。

これが楽天ランキング1位を獲得した「角煮まんじゅう」だ!

ふっかふかに蒸しあがった角煮まんじゅうが、まるで温泉から出たばかりのように、白くほわっほわに並んでいます。

 

「すみません、1つくださーい!」

食べ歩きように1つだけ注文することに。「はい、少々お待ち下さいね!」と、店員さんが笑顔で対応してくださいました。

 

まんじゅうには、「萬来」の文字が刻印されています!

 

鹿児島の黒豚をじっくり煮込んだタレが、パオにも染み渡っています。

パオはひとつひとつ手作業で作られており、角煮を挟むために、中央部分の厚さを薄くして角煮を挟みやすくしています。

とっても持ちやすくて、これは機械ではなかなかできない熟練の技がキラリと光っています。

 

鹿児島県の黒豚100%で作った角煮のジューシーな脂部分が、チラッとお目見え!

もう、このままガブリとかぶりついてみましょう!

 

めちゃくちゃ、柔らか〜い!

パオのふわっふわの柔らかさに、口の中で角煮がホロッととろけてしまいます。こんなに柔らかい角煮ができ上がるなんて、本当にびっくり!

 

でも、結構味がしっかりしていて甘いので、甘いのが苦手な方はカラシをつけることをおすすめします。

これ、ラーメンと一緒に食べたいなぁ。

餃子の代わりに角煮まんじゅう!と思えるほど、とろける角煮のおいしさに心もお腹も大満足!

イベント中に、もう1個買いたいと思えるほど、私は角煮まんじゅうのトリコになってしまったのでした。

角煮まんじゅうは楽天市場以外にもふるさと納税のお礼品もあり

ふるさと祭り東京に行って、偶然出会えた角煮まんじゅうですが、こんなにとろけるほどおいしいとは思ってもみませんでした。

イベントなどの食べ歩きにはちょうどいい大きさで、小腹が空いた時にもぴったりのサイズです。

冷蔵で約1週間、冷凍で約3ヶ月間おいしく食べられますし、蒸し器で約10分、電子レンジだと約50秒で簡単にふかふかのまんじゅうにすることができます。

うぁ、あの時に1個だけじゃなくて、持ち帰りで買ってくればよかったなぁ・・。大後悔(泣)

しかし、角煮まんじゅうは楽天市場でランキング1位を獲得した通り、楽天市場でも購入することができます。

他にも「鹿児島県 志布志市」にふるさと納税をすることで、お礼の品として「角煮まんじゅう」がもらえます。あの照りっ照りに輝いていた黒豚角煮のセット品です。

これはふるさと納税で、お得にゲットするしかないですね。

ふるさと納税の仕組みを簡単にわかりやすく解説!魅力的なポイント3つと申し込みからお礼品受け取りまでの流れ

イベントに参加できなかった方でも、ふわっふわでとろっとろにおいしい鹿児島県のふるさとの味を、ぜひお気軽にお取り寄せしてみてくださいね。

おいしい日本のふるさとのお味をありがとうございました。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう